投資知識

【検証】「1億円あったら何年暮らせるか?」投資商品別5つのシミュレーション

悩み人
悩み人
1億円あれば何年暮らせるのかな?FIREという選択肢も可能だろうか?

本記事では、「1億円あったら何年暮らせるか?」をテーマに投資商品別のシミュレーションを解説します。

貯蓄をしている方にとって「1億円」という資金は大台と言えるでしょう。

マーケット分類でも「富裕層」という位置づけであり、世間一般的に「お金持ち」と言われる層になります。

現在、「FIRE」という言葉もブームになっており、お金を貯めて経済的自由を手にするという動きが拡大。

そこで、資金1億円をテーマに「投資商品別に何年暮らす事ができるのか?」を深掘りします。

本記事の要約まとめ

①1億円はマーケット分類上「富裕層」

②普通預金だけでは利回りが低くリタイアには不安

③「投資+支出額年360万円以下」で早期リタイアも可能

④但し、投資は単年度で見るとマイナスの年がある点は注意

⑤リタイア後も最低限の収入が確保できる状態が理想である

資産1億円のマーケット分類は「富裕層」

まずは、1億円の金融資産が日本のマーケットでどの位置に当たるのかをチェックしてみましょう。

野村総合研究所発表マーケット分類は以下の通り

野村総合研究所より引用

1億円以上を保有している方は、マーケット分類上「富裕層」

日本の全世帯上位2.4%に当たるため「お金持ち」と考えて間違いないでしょう。

このため、富裕層である1億円があれば「一生遊んで暮らせるのでは?」と考える方も少なくありません。

但し、1億円という資金でも支出額や投資商品によっては注意が必要です。

そこで、本記事では投資商品別のシミュレーションを深掘りします。

支出額別シミュレーション表

「1億円あれば何年暮らせるのか?」の答えは、毎月の支出額によって大きく異なります。

月間支出額 年間支出額
月10万円 年120万円
月30万円 年360万円
月50万円 年600万円
月70万円 年840万円
月100万円 年1,200万円

いくら1億円という大金を保有していたとしても、

  • 高級車を頻繁に乗り換える
  • 高級時計を買う
  • 家賃の高い物件に住む

など、浪費癖がある方は数年で資金が不足。

具体的な年間支出額別のシミュレーション表は以下の通りです。

年間支出額 1億円の取り崩し期間
年120万円 83年間
年360万円 27年間
年600万円 16年間
年840万円 11年間
年1,200万円 8年間

年1,200万円年間支出がある方は、8年あまりで資金がショートします。

1億円という大金でも、支出額によっては安心できる資産額ではないと言えるでしょう。

1ヵ月当たりの生活費目安

金融審議会発表の生活費目安は「約24万」と言われています。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書より引用

但し、資産条件に課題が残ります。

試算条件は以下の通り

  1. 夫婦無職世帯
  2. 年齢:夫65歳以上、妻60歳以上
  3. 子供は経済的に独立
60代以上の高齢かつ子供がいない家族での試算

このため、子育て世帯や交際費の割合が高い40代~50代の方は更なる生活資金の確保が必要と言えます。

また、1億円以上の資産を保有する方であれば、日頃の生活水準も高い傾向にあります。

「1億円あえば何年暮らせるか?」のシミュレーションは自身の支出状況から判断する事が大切です。

「1億円あったら何年暮らせるか?」投資商品別5つのシミュレーション

本記事でシミュレーションする投資商品は以下の通りです。

順番に解説します。

記載のリターンは参考であり実態とは異なる可能性がある。あくまでシミュレーションとして確認しよう

①普通預金

期待リターン年0.001~0.1%

普通預金は元本保証という魅力があります。

但し、超低金利の現在1億円の保管場所としてはおすすめできる選択肢ではありません。

取り崩しシミュレーション結果は以下の通り

年間支出額 1億円の取り崩し期間
年120万円 83年間
年360万円 27年間
年600万円 16年間
年840万円 11年間
年1,000万円 10年間

年間支出額及び年齢次第ですが、「一生安心して暮らせる」という期間ではないと言えるでしょう。

40代かつ子育て世代では定年を迎える前に資金がショートする

②投資信託

期待リターン年5%

広く分散されたインデックスファンドを購入する事で、年5%程度の利回りを得る事が期待されます。

取り崩しシミュレーション結果は以下の通り
※税金は考慮せず

年間支出額 1億円の取り崩し期間
年120万円 資産減少なし
年360万円 資産減少なし
年600万円 36年間
年840万円 18年間
年1,000万円 14年間
(参考)支出額年360万円資産推移

理論上、複利の影響で資産を減らす事なく生活する事ができます。

但し、銀行預金のように元本保証ではなく、単年度で見ると大きくマイナスになる年もある点は注意が必要です。

(参考)「投資信託やめとけ!」おすすめしない理由5選【結論:銘柄選定が重要】

③高配当株

期待リターン年4%

配当金には不労所得としての魅力があります。

経済的自由を目指す場合、高配当株を少しずつ購入するという方も少なくありません。

取り崩しシミュレーション結果は以下の通り
※税金は考慮せず

年間支出額 1億円の取り崩し期間
年120万円 資産減少なし
年360万円 資産減少なし
年600万円 27年間
年840万円 16年間
年1,000万円 13年間

例:1億円を4%の高配当株に投資をした場合

  • 税引き前:400万円
  • 税引き後:320万円

税金を考慮した場合、年間320万円以内の支出で抑える事ができれば理論上資産は減りません。

「高配当株+支出を抑える」というのは、早期リタイアの王道と言えるでしょう。

(参考)【対策あり】「高配当株投資はおすすめしない」と言われる5つのデメリット

④不動産投資

期待リターン年2%~6%

不動産投資は優良物件を購入する事で、安定したインカムゲインを受ける事ができます。

築古戸建であれば10%を超える利回りという事も珍しくありません。

一方、都内マンションなど価格高騰が続いており、表面利回りでも4%前後と投資対象として魅力が減少しているのも事実です。

不動産投資の利回りは物件条件により大きく異なる点は注意しましょう。

取り崩しシミュレーション結果は以下の通り
※税金は考慮せず
(スマホの方はスライドできます)

年間支出額 2% 4% 6%
年120万円 資産減少なし 資産減少なし 資産減少なし
年360万円 40年 資産減少なし 資産減少なし
年600万円 20年 28年 資産減少なし
年840万円 13年 16年 21年
年1,000万円 11年 13年 15年

不動産投資の場合、「物件のリフォーム費用」、「空室リスク」、「固定資産税」なども別途考慮する必要があります。

このため、シミュレーションにはリスクも考慮した試算が必要です。

投資物件の選定が難しい方は、「不動産REIT」を購入する方法も検討してみましょう。

(参考)【注意】「REIT(リート)はデメリットあり?」おすすめしない6つの理由

⑤債券

期待リターン年0.05~2%

債権はミドルリスク、ミドルリターンの投資商品として人気があります。

特に、国内債券は元本保証であり安全資産である点は魅力です。

但し、個人向け国債の利回りは低金利であり資産拡大に期待できない点は注意しましょう。

また、米国債券に投資をする方法もおすすめです。

米国投資適格債に分散投資が可能な「AGG」であれば年2%程度の利回りが期待できます。

上記を加味してシミュレーションをチェックしてみましょう。
※税金は考慮せず

年間支出額 国内債券
(変動10)
米国債券
年120万円 83年 資産減少なし
年360万円 27年 40年
年600万円 16年 20年
年840万円 11年 13年
年1,000万円 10年 11年

債権の場合、利回りの低さが気になります。

このため、ポートフォリオの一部に組み入れるなど、守りの資産として保有するのがおすすめです。

(参考)米国債券投資信託(AGG、BND)どっちを買うべき?違いは?

「1億円で早期リタイア」大切な3つのポイント

上記投資商品別シミュレーションから分かる、早期リタイアに向けて大切なポイントは以下の通りです。

  1. 投資商品の購入は必要
  2. 年間支出額に注意
  3. 早期リタイア後も収入の確保を検討する

順番に解説します。

①投資商品の購入は必要

1億円という資金で早期リタイアを検討する場合、投資商品の購入は必要と言えるでしょう。

仮に月30万円で生活した場合でも27年間で資産がショート。

人生100年時代と言われる中、長生きを楽しめないのは課題です。

また、少しずつ保有している資金が減少するのを見るは辛いと感じる方も少なくありません。

このため、資産寿命を少しでも拡大できるよう投資商品の購入は必要不可欠と言えます。

60歳を超えて急に投資を始めるのではなく、早期から投資経験を積む事をおすすめします。

②年間支出額に注意

年間支出額には注意しましょう。

いくら1億円という大金を保有していても、年間支出額によっては短期間で資金がショートします。

このため、早期リタイアを目指す場合、年間支出額を抑えた生活水準を続ける事が必要です。

年間360万円以下が理想

一方、急に生活水準を落とす事は簡単な事ではないため、家計簿アプリを活用して毎月の支出額を事前にチェックしておきましょう。

【2022年12月】おすすめ無料家計簿アプリ人気ランキング10選│10秒診断ツール付き本記事は、2022年12月記事更新を実施 2022年12月7日マネーフォワードME仕様変更に伴いランキングを変更 本...

③早期リタイア後も収入を確保する

早期リタイアではなくセミリタイアを目指し、資産寿命を拡大させる事もおすすめです。

セミリタイア:最小限のアルバイトや個人事業を継続する

数万円でも収入を得る事で、資産減少を抑える事ができ安定性が高まります。

このため、最低限の収益が確保できるルートを事前に確保しておきましょう。

ライフプランシミュレーションを行ってみよう

「家族構成」、「収入」に応じて将来必要な資金は大きく異なります。

このため、将来必要な資金額をシミュレーションを行う事が大切です。

そこで便利なのがライフプランシミュレーションアプリの活用。

例:おかねのコンパスライフプランシミュレーション

アプリ内「そなえる」からライフプランシミュレーションが可能。

「車の買い替え頻度」、「子供の結婚式」まで細かくシミュレーション入力ができます。

年齢別のキャッシュフローとグラフもあり。

おかねのコンパスは「医療費の試算」など、細かなライフプランシミュレーションに対応しています。

無料アプリを活用して自身の資産シミュレーションを行ってみましょう。

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

posted withアプリーチ

他にもライフプランシミュレーションに最適なアプリを紹介しています。

家計診断「ライフプランシミュレーション」おすすめソフト、アプリ10選 本記事では「ライフプランシミュレーション」をテーマにおすすめのソフト、アプリを解説します。 幸せな老後を送るには、将来必要...

「1億円あったら何年暮らせるか?」【まとめ】

本記事では「1億円あったら何年暮らせるか?」をテーマに投資商品別のシミュレーションを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通り

  1. 1億円はマーケット分類上「富裕層」
  2. 普通預金だけでは利回りが低く資産額としては不安
  3. 「投資+支出額年360万円以下」で早期リタイアも可能
  4. 但し、マイナス年度がある点は注意
  5. リタイア後も最低限の収入が確保できる状態が理想である

1億円という金額はマーケット分類で見ても上位2%に当たる大金です。

但し、投資信託や債券などの金融商品を保有しない場合、年齢によっては早期リタイアには不安な金額と言えるでしょう。

このため、早い内から投資経験を積む事が必要です。

一方、定年後であれば年金支給があるため、自身の年金額を把握し事前にシミュレーションしておく事をおすすめします。

以上、「1億円あったら何年暮らせるか?」まとめでした。

【関連記事】株式投資を独学で勉強する方法を解説しています。

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業です 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 すべての投資に共通することですが、最低限投...

【関連記事】高配当ポートフォリオの作り方を解説しています。

【不労所得】高配当ポートフォリオ3つの作り方解説│月数万円のお小遣い 本記事では「高配当ポートフォリオ」をテーマに具体的な作り方を解説します。 高配当株の魅力は不労所得。 月1万円配当金...

【関連記事】買ってはいけない高配当株をテーマに注意点を解説しています。

【危険】「買ってはいけない高配当株とは?」注意点と見分け方を解説 本記事では「買ってはいけない高配当株」をテーマに注意点と見分け方を解説します。 高配当株の魅力は不労所得であるという点です...