投資知識

アート投資「ANDART」評判、やり方を解説│デメリットも正直レビュー

悩み人
悩み人
アート投資を検討している。但し、アート投資のやり方がよく分からない・・・簡単な方法を教えて欲しい。

本記事では、アート投資をテーマに「ANDART(アンドアート)」を活用した具体的なやり方を解説します。

有名アーティストのアートは、資産価値が数倍になる事も少なくありません。

但し、一般投資家がアートを購入することは簡単な事ではなく、目利きや真贋鑑定など高いハードルがあります。

こんな方におすすめなのが「ANDART」の活用です。

そこで、手軽にアート投資が可能な「ANDART」を実際に登録して感じたメリット、デメリットを解説します。

【本記事の結論】

ANDARTは少額から有名アーティスのアートに投資ができる新しいサービス。
アートに関するメルマガが無料で受け取れるため情報ツールとしても有効。
投資方法の1つとして、魅力や注意点を理解しておきましょう。

「ANDART」とは?

まずは「ANDART」について基本を解説します。

ANDARTとは?

少額(1万円)からアート作品のオーナーになれる共同保有が可能なプラットフォームです。

アート投資をしたいと思っても

  • どこでアートを購入したらいいのか?
  • 高額な資金が準備できない
  • 偽物を購入するリスク

など、手軽に購入できない現実があります。

そこで、ANDARTを活用することで、複数の投資家でお金を出し合い共同保有することで「少額から投資」、「投資家間で売買」などが可能になりました。

最近では、「NFTアート」の登場もあり、デジタル上で資産を保有するという動きは、今後拡大が期待できます。

気になる方は一度公式サイトもチェックをおすすめします。
ANDART公式サイト

【参考】ANDART公式動画も合わせどうぞ

続いて、会社概要を解説します。

「ANDART」会社概要

会社名 株式会社ANDART
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル10F-B
代表者 代表取締役CEO 松園詩織
設立 2018年9月
資本金 1億4201万4480円(資本準備金含む)
事業内容 共同保有プラットフォームサービス事業
EC事業
アートコンサルティング事業

設立は2018年と新しいサービスです。

代表者の松園氏は元サイバーエージェントグループ出身の起業家。

出身の流れからか、サイバーエージェント代表取締役「藤田晋氏」も株主として出資されています。

ANDARTのサービスは、新しい投資サービスのためメリットだけでなくデメリットもあるため以下で詳しく解説していきます。

「ANDART」に投資をする6つのメリット

メリット①1万円から気軽にアート投資ができる

有名アーティスのアート購入には、高額な資金が必要になります。

このため、一般投資家が「アートに投資をしたい」と思っても手軽に投資をするのは困難です。

そこで、ANDARTのサービスを活用することで、「1万円」から少額で

  • パブロ・ピカソ
  • バンクシー
  • ジャン=ミシェル・バスキア

など、世界的に有名なアートに投資をすることができます。

また、ANDART公式サイトでは「アーティスト情報」、「平均落札価格」など投資をするために必要な情報が網羅されています。

落札価格の推移や他の作品などをチェックした後に、投資を検討してみましょう。

メリット②アートに関する情報が得られる

「ANDART」に登録をすると、アートに関するメルマガが定期的に配信されます。

アートに関する情報を日頃収集するのは簡単ではないため、1つの情報ソースとして登録するのも有効です。

登録するだけであれば、管理費用など一切不要で使えるためご安心下さい。

※以下、実際に届くメールの一例

ANDARTメルマガ登録

メリット③アート投資は資産拡大の魅力がある

アート投資には資産拡大という魅力があります。

以下、株式指数「S&P500」と「Artprice100」を比較したチャートです。
※Artprice100とは:Artprice社が選定した100名の代表作家の平均値上がり指数、アートの株価指数

結論、「S&P500」を大きく上回る価格上昇となっています。

また、他にも高額な値上がりとなった事例を紹介します。

バンクシーの作品(風船と少女)は1億5,000万円で落札後、自動作動されたシュレッダーにより断裁。

バンクシーのオークションに対する疑問が込められた行為ですが、機械の不良により途中でシュレッダーが停止。

結果的に、歴史に残るアートして3年後25億円で落札されています。

アートは1点ものであることから、大きな価格上昇が期待できる点も魅力の1つです。

【参考】バンクシーアート裁断

メリット④オーナー限定の優待を受けることができる

ANDARTで共同オーナーになることで、様々な優待を受けることができます。

あくまで一例ですが以下の通り

すべての保有オーナー

  • オーナー名記載
  • デジタル証明書の発行
  • 作品に関するアンケート参加

3枠以上の保有で受けられる優待

  • オーナー限定イベントへの参加

「バンクシー」や「KAWS」など人気の共同保有作品の展示。

豪華ゲストを招いてのトークイベントなど開催されています。

詳しくは過去開催動画をどうぞ

10枠以上の保有で受けられる優待

  • オーナー限定イベントVIPご招待

イベントによっては参加者の上限を設け抽選を行っていますが、VIPの方は抽選不要で参加できるようです。

詳しくは公式サイトをどうぞ
メリットがいっぱい!ANDART オーナーの優待とは?

メリット④偽物を購入してしまう心配がない

アート投資は魅力はあるも「偽物が存在する」という悩みがあります。

初心者が真贋鑑定をするのは困難な現実があるため、注意が必要です。

この点、ANDART側で真贋鑑定を行うため安心して購入できるのもメリットと言えます。

メリット⑥自身が保有しているアート作品を出品できる

ANDARTは購入だけでなく、自身が保有しているアート作品を出品することができます。

完全に売却することも可能ですが、作品の一部をオーナーとして継続保有することも可能です。

アート作品を保有している方も一度利用を検討してみてはいかがでしょう。

ANDART無料登録こちら

「ANDART」4つのデメリット

ANDARTにはデメリットもあります。

デメリット①手数料が高い

ANDARTの手数料は、「購入するオーナー権の総額に対して原則10%」必要になります。

個別株や投資信託などと比較すると「手数料が高い」と気になる方も少なくありません。

但し、アートという性質上「現物保管」や「イベントの開催」が必要なことから、高すぎる手数料という事でもありません。

デメリット②サービス外で売却が行われる可能性がある

ANDARTには「サービス外売却」というルールがあります。

サービス外売却とは、「最低保証期間」を超えた場合オーナーへの決議を通して、運営がアートの売却を行えるというものです。

共同保有であるため、「継続保有をしたい!」と思っても他のオーナーが同意をした場合、サービス外で売却が行われます。

このため、長期間保有を続けたいと思っても、売却が行われてしまう可能性があるという点は覚えておきましょう。

デメリット③オーナー権の売却はテスト段階

2021年11月現在ANDARTのオーナー権売買はベータ版です。

このため、今後改良されることを期待しましょう。

売買には「買いたい人」、「売りたい人」が存在して成立。

オーナー権を売りたいと思っても、作品によってはなかなか売れない・・・という危険性もあります。

この点は、ANDARTの認知度が更に上がり利用者が拡大することで、解決するデメリットだと考えています。

デメリット④確定申告が必要

オーナー権の売買で発生した利益は「雑所得」となり、総合課税扱いとなります。

このため、アート投資で得た利益は「確定申告が必要」です。

オフィスワーカーの方で、日頃確定申告をしていない方にはデメリットと言えます。

「ANDART」購入方法

ANDARTの購入方法はとっても簡単です。

ANDART公式サイトへ移動する

②ANDARTで新規登録を行う

  • メールアドレス
  • パスワード
  • メールが届いたら認証する

以上で新規登録完了です。

③取扱い作品一覧から気になるアートをチェックする

④アート作品詳細
➤オークション落札実績などを参考にする

⑤購入数量を選択し、注文ボタンをタップ

⑥支払い情報を入力

以上で購入完了です。

「ANDART」口コミ、評判まとめ

ANDARTを利用する方の口コミ、評判をまとめました。

ANDARTのイベントに参加して、大変勉強になったと高い評価をされていました。

ANDARTへの投資をきっかけにアートに興味を持ったという方の口コミです。

イベントを通して、注目アーティストの作品が見れる点が評価されています。

ANDARTへ投資をしている方をチェックすると、「純粋にアートが好き」という方が多くみられます。

共同保有を通して、「好きなアーティストのアートをデジタル上で保有したい」という方におすすめしたいサービスです。

また、「アートに関するメルマガを受け取りたい」という方にも無料情報ツールとしておすすめします。

「ANDART」まとめ

本記事では、「ANDART」をテーマに評判、やり方を解説しました。

メリット、デメリットをまとめると以下の通り

【ANDARTメリット】

【ANDARTデメリット】

ANDARTを活用することで少額からアート投資を行うことが可能です。

利用者をチェックすると「純粋にアートが好き」という方が多いのも特徴と言えます。

好きなアーティストのアートをデジタル上で共同保有したい方は一度活用してみてはいかがでしょう。

また、情報ツールとしても活用できるためメルマガを受け取るのも有効です。

以上、アート投資が気軽にできるANDART評判、やり方まとめでした。

気になる方は一度公式サイトもチェックをしてみましょう。
ANDART公式サイト

【関連記事】次にくる新しい投資商品について紹介しています。

【次に来る?】新しい投資商品まとめ8選│ポートフォリオの分散に最適 本記事では「次に来る投資商品」をテーマに新しい金融商品を解説します。 現在、積立NISAを中心にインデックス投資を始める投...

【関連記事】アート投資以外にも不動産クラウドファンディングへ投資をするという方法もあります。

「COZUCHI(コズチ)の魅力とは?」評判と口コミを解説│不動産クラウドファンディング 本記事では、不動産クラウドファンディング「COZUCHI(コズチ)の魅力」をテーマに評判やメリット、デメリットを解説します。 ...

【関連記事】1万円を増やすをテーマに具体的な方法を解説しています。

「1万円を確実に増やす方法とは?」10万円、100万円にする方法を解説 本記事では「1万円を確実に増やす」をテーマに具体的な方法を解説します。 現在、様々なキャンペーンやアプリを活用する事でお得...
関連記事