保有資産公開

【資産公開】2021年4月末時点の資産と持ち株公開

こんにちはイチリタです。

2021年4月末時点の保有資産公開です。

当ブログの投資方針は以下の通り。

  • 長期投資(1度買ったら鬼ホールド)
  • インデックス投資メイン
  • 個別株は高配当株中心
  • 資産1億円に向けて毎月15万円前後積立

結論、「インデックス+高配当株」の長期投資家です。

「先物取引で大儲け!」などエキサイティングな展開は無いのでお許しを(‘◇’)ゞ

本記事での内容

  • 2021年4月相場振り返り
  • 2021年4月末時点の資産状況
  • 2021年4月まとめ

2021年4月相場状況

2021年4月相場状況は一時3万円台を付けるも中旬以降急落と軟調相場

となりました。

【日経平均株価チャート(4月1日~31日)】

  • 4/1初値29,345円
  • 4/5高値30,149円
  • 4/21安値28,461円
  • 4/30終値28,812円

4月のポイントは以下の通り

  1. 国内感染者拡大を背景に日本株は買い手不在(軟調)
  2. 国内の新型コロナウイルス感染症の流行が収束せず
  3. 米国株は上昇も日本株は厳しい展開

【参考】NYダウ平均株価

5月以降の日本株は新型コロナウイルス感染者数推移に注目ですね。

米国株と日本株の動きをチェックすると、日本株の弱さが目立ちます。

この点を踏まえると、海外の機関投資家が日本の株価指数先物を買う動きは考えずらいかと。

しばらく厳しい相場が続くと思っていますが、長期投資家にとっては安く購入できるタイミングと考えチャンスを狙っていきましょう(‘◇’)ゞ

【資産公開】2021年4月末時点の資産と持ち株公開

先に結論書きますね。

定期購入にて評価額アップも、日本株下落の影響で評価損益は僅かにマイナスに。

評価額 評価額 評価損益
楽天証券① 2,686,713円 493,397円
楽天証券② 829,479円 148,953円
SBI証券① 1,856,411円 454,685円
SBI証券② 880,572円 167,366円
確定拠出年金 1,466,177円 444,380円
合計 7,719,352円 1,708,781円
前月比 +266,776円 -10,912円

【買付】

  • つみたてNISA 33,333円✖︎2
  • 投資信託S&P500 41,000円
  • 確定拠出年金 27,167円
  • 米国株「RIDE」143,000円

合計277,833円

米国株「RIDE」の購入にて、先月より多めの買付となりました。

2021年目標1,000万円まで後228万円

以下、証券口座別の状況が続きます。
(興味あるとこだけ流し読みしちゃって下さい)

楽天証券①

評価額 評価損益 評価損益
楽天証券① 2,686,713円 493,397円
前月比 +92,649円 -52,160円

【新規買付】

  • ローズタウン・モーターズ(RIDE)143,000円
  • S&P500投資信託 1,000円

新規で米国株「ローズタウン・モーターズ」を購入。

世界初「EVピックアップトラック」の製造~販売を予定している会社です。

【発売予定EVピックアップトラック】

某インフルエンサーの紹介も有り、Twitterでも大人気に。

株価は一時30ドルを付けるもショートレポートの影響で現在10ドル前後を推移しています。

この手のインフルエンサーが紹介した銘柄は一切触れないのですが、「総悲観」の状況を見て購入。

とはいえ、「SPAC銘柄」は超ハイリスクのため、ポートフォリオの2%程度と倒産してもOKな金額のみ投資をしています。

リスクを軽視して、「SPAC銘柄」に投資している方もいるのでは?と考え詳細を以下で解説しています。(よければどうぞ)

大ブーム【SPAC上場とは?】メリット、デメリットを解説│夢あるもリスク大こんにちはイチリタです。 本記事では今大ブームになっている「SPAC」について徹底解説していきます('◇')ゞ 本記...

楽天証券②

つみたてNISAメインの口座です。

評価額 評価損益
楽天証券② 829,479円 148,953円
前月比 +44,783円 +12,450円

【新規買付】

  • つみたてNISA 33,333円

米国インデックスファンドを中心に好調継続です。

SBI証券①

こちらも、つみたてNISAがメインの口座。

評価額 評価損益
SBI証券① 1,856,411円 454,685円
前月比 +61,771円 +28,564円

【新規買付】

  • つみたてNISA 33,333円

相変わらず米国株に救われている状況です。

SBI証券②(ジュニアNISA)

こちらは6月に開設したジュニアNISA用口座。

評価額 評価損益
SBI証券② 880,572円 167,366円
前月比 +32,698円 -7,294円

【新規買付】

  • SBIバンガードS&P500 40,000円

日本株の下落影響を受け、評価損益はマイナスに。

確定拠出年金

企業型+個人型で毎月27,167円を積み立て中。

現在外国株式60%、国内株式25%、外国債券15%の比率です。

評価額 評価損益
確定拠出年金 1,466,177円 444,380円
前月比 +34,875円 +7,528円

結論、インデックス投資が最強かと。

定年時の評価額が楽しみですね。

2021年4月末時点持ち株公開まとめ

本記事では、2021年4月末時点の資産をまとめさせて頂きました。

まとめると

評価額(前月比)26万円プラスも、評価益1万円マイナスの結果に。

要因は日本株の下落。

日本株の下落を、米国株の上昇でカバー。

こういった相場を見ると、「投資銘柄分散」の大切さを感じさせてくれます。

もちろん、逆に「米国株が不調」という事もあるため分散性を意識したポートフォリオを継続します。

来月は「セルインメイ(株は5月に売れ)」の格言に負けじと上昇相場になって欲しいものです。

とはいえ、インデックス投資家は現在の株価に左右されずルールに沿って定期買付のみ。

ルールを変更せずに投資継続を行っていきましょう!

以上、2021年4月末保有資産公開でした(‘◇’)ゞ

それではまた来月!

【関連記事】「SPAC銘柄」について知りたい方は以下記事をどうぞ。

大ブーム【SPAC上場とは?】メリット、デメリットを解説│夢あるもリスク大こんにちはイチリタです。 本記事では今大ブームになっている「SPAC」について徹底解説していきます('◇')ゞ 本記...

【関連記事】「積立NISA」をおすすめしない人の特徴を解説しています。

【注意】「積立NISA」やめたほうがいい人の特徴5選│具体的対策有りこんにちはイチリタです。 本記事では、「積立NISAをやめたほうがいい人の特徴」について徹底解説していきます。 「積立N...

【関連記事】「投資信託やめとけ!」と言われたらこちらをどうぞ。

「投資信託やめとけ!」おすすめしない理由5選【結論:銘柄選定が重要】こんにちはイチリタです。 本記事では「投資信託やめとけ!」と言われる理由について深掘りしていきます。 なぜ「投資信託やめ...

人気アプリまとめ記事