保有資産公開

【資産公開】2022年5月末時点の資産と持ち株公開

こんにちはイチリタです。

本記事では、「2022年5月末時点の持ち株」を公開します。

筆者の投資方針は以下の通り

  • 長期投資(1度買ったら鬼ホールド)
  • インデックス投資メイン
  • 個別株は高配当株中心

結論、「インデックス投資+高配当株」をメインとした長期投資家です。

「デイトレードで数千万円の利益!」のような凄腕トレーダーではありません。

将来のために資産形成を行っている方々に対して

「今月はどれぐらい損益が変化したんだろう?」

「どんな銘柄に投資をしているんだろう?」

など、何かのきっかけになれば嬉しいかぎりです。

イチリタ
イチリタ
毎月の定例報告であり特に有益性はありません。記録的なものなので気軽にチェックをどうぞ。

2022年5月相場状況

まずは2022年5月の相場を簡単に振り返りましょう。

2022年5月の日経平均株価は「前月比432円高」と月間で1.6%高

2022年5月トピックスは以下の通り

  • 株主優待相次ぐ廃止発表
  • 米国ハイテク株を中心に売り優勢
  • 為替131円で反発

5月は個人投資家から高い人気を得ている「オリックス」が株主優待の廃止を発表。

2024年3月末時点の株主に送付するのを最後に廃止する

ふるさと優待というカタログギフトを毎年楽しみにしている投資家も多く、大きな反響がありました。

(参考記事)オリックス株主優待内容

その他、「JT」、「マルハニチロ」なども同様に優待廃止を発表しています。

優待廃止の背景は、「株主の不平等」と「配送コストの増加」が要因です。

海外機関投資家からすれば、株主優待制度など全く恩恵がありません。

株主優待を手配する資金があるのであれば、配当金で還元する方が平等と言えます。

また、昨今の配送費、人件費高騰も要因です。

むしろ、配当金として還元を受ける方が使い道に制限がないため、今後も株主優待廃止の流れは加速する事が予測されます。

イチリタ
イチリタ
とはいえ、株主優待を受け取る楽しみはプライスレスであるため、なんとも寂しいものです・・・

また、米国ハイテク株の下落が止まりません。

QQQ6ヵ月チャート

一部投資家から人気を得ている「レバナス」などハイテク株へのレバレッジ商品を購入している方には厳しい相場です。

投資セクターの好不調は必ず存在するため、こんな時こそ焦らず一定ルールで買い増しを行うのも有効と考えます。

それでは、5月の資産状況を報告します

【資産公開】2022年5月末時点の資産と持ち株公開

先に結論書きますね。

評価額15万円増加、評価益1万と減少

「証券口座別保有額」は以下の通り
※スマホの方はスライドできます

評価額 評価損益
楽天証券① 3,077,890円 772,519円
楽天証券② 1,283,792円 262,036円
楽天証券③ 611,717円 61,717円
SBI証券① 2,417,154円 407,897円
SBI証券② 1,889,688円 454,484円
確定拠出年金 1,904,158円 529,190円
不動産クラウド
ファンディング
300,000円 0円
合計 11,484,399円 2,487,843円
前月比 +156,193円 ▲8,536円

【買付】

  • 積立NISA 33,333円×2
  • 投資信託S&P500 81,000円
  • 投資信託全米株式:16,667円
  • 確定拠出年金 27,167円

合計191,500円

今月の買付も毎月定期購入している投資信託のみ。

米国株の下落を受けて厳しい収支を予測していましたが、結果大きな変動はありませんでした。

要因は日本株の上昇です。

改めて、投資国分散の大切さを学ぶ5月でした。

以下、証券口座別の詳細状況です。
(興味あるとこだけ流し読みしちゃって下さい)

楽天証券①

評価額 評価損益
楽天証券① 3,077,890円
772,519円
前月比 +82,236円 +81,237円

【新規買付】

  • S&P500投資信託 1,000円

高配当ETF「SPYD」の上昇(42.7ドル→44.5ドル)が目立ちます。

キャピタルゲインは期待していない高配当ETFであるため、この展開は有難いかぎりです。

高配当株は基本逆張りであり、多くの投資家が狼狽売りしている時に買い向かうものだと考えています。

このため、追加投資ができる状況ではありませんが、素直に配当金を受け取り続ける予定です。

(参考)米国ETF「SPYD」で夢の配当金生活は可能か?結論7つの危険性あり

楽天証券②

評価額 評価損益
楽天証券② 1,283,792円
262,036円
前月比 +21,234円 ▲12,099円

【新規買付】

  • 積立NISA 33,333円

ヤマダホールディングスの株価が上昇(387円→454円)

5月6日の決算で発行株式数24%あたる2億株の自社株買いを発表した事が要因です。

100株保有で「年間1,500円分の割引券+配当」が貰えるため特に売却予定はありませんが、株主還元の強化は有難いかぎりです。

(参考)「ヤマダ電機」の株主優待内容は?いつ届く?

楽天証券③(ジュニアNISA)

評価額 評価損益
楽天証券③ 611,717円
61,717円
前月比 +29,622円 ▲11,378円

【新規買付】

  • S&P500投資信託 40,000円

米国株の下落を受けて、評価損益は僅かに下落です。

武田薬品は急落前水準でもみ合いの展開。

高配当株であるため、急落が無ければOKです。

SBI証券①

評価額 評価損益
SBI証券① 2,417,154円 407,897円
前月比 ▲5,850円 ▲55,833円

【新規買付】

  • 積立NISA:33,333円
  • 投資信託全米株式:16,667円

国内株は堅調に推移するも、米国株の下落が目立ちます。

特に、グロース株であるビヨンドミートの下落(36.88ドル→28.63ドル)が止まりません。

2019年の新規株式公開で設定された25ドルを初めて割り込む場面もあり厳しい展開。

「米国のグロース株との相性は良くない・・・」と改めて感じさせてくれる銘柄。

筆者は素直に叩き売られている、優良国内企業の買付が良さそうです。

SBI証券②(ジュニアNISA)

評価額 評価損益
SBI証券② 1,889,688円 454,484円
前月比 +15,444円 +15,477円

【新規買付】

  • SBIバンガードS&P500 40,000円

日本株の好調が目立ちます。

特に、KDDIは4,335円→4,486円と上昇が継続。

1,050円で買付を狙っていた良品計画は反発(1,370円)と後一歩届かずという残念な結果に。

以下、良品計画3ヵ月チャート

確定拠出年金

企業型+個人型で「毎月27,167円」を積立中。

現在外国株式60%、国内株式25%、外国債券15%の比率です。

評価額 評価損益
確定拠出年金 1,904,158円 529,190円
前月比 +13,507円 ▲13,660円

可もなく不可もなくという状況です。

投資期間が長いため、収益率も高く安心して見ていられます。

不動産クラウドファンディング

評価額 評価損益
不動産クラウド
ファンディング
300,000円 0円
前月比 0円 0円

「COZUCHI」で不動産クラウドファンディング投資を継続中。

色々と投資先が一覧で見れるので公式もどうぞ
(公式)https://cozuchi.com/

ポートフォリオのリスク分散で購入していますが、日々価格変動がないため安心して保有できる点は強みです。

不動産クラウドファンディングにはデメリットもあるので、気になる方は以下記事も合わせてチェックをおすすめします。

「COZUCHI(コズチ)の魅力とは?」評判と口コミを解説│不動産クラウドファンディング 本記事では、不動産クラウドファンディング「COZUCHI(コズチ)の魅力」をテーマに評判やメリット、デメリットを解説します。 ...

2022年5月末時点持ち株公開まとめ

本記事では、2022年5月末時点の資産をまとめました。

資産状況をまとめると以下の通り

評価額15万円増加、評価益1万と減少

合計 11,484,399円 2,487,843円
前月比 +156,193円 ▲8,536円

2022年5月は「セルインメイ」の格言通り米国ハイテク株を中心に厳しい展開となりました。

但し、日本株の上昇に支えられ収支は可もなく不可もなくという結果です。

1月から厳しい展開が続いているため、そろそろ市況の反転を期待したいという状況。

米国投資家を中心に厳しい状況ですが負けじと頑張っていきましょう~

イチリタ
イチリタ
以上、2022年5月末保有資産公開でした。

それではまた来月!

以下、5月新規記事紹介です。

VIX指数をテーマに手軽にチェックできるツールを紹介しています。

VIX指数(恐怖指数)チャートアプリ、ツール5選│確認方法を解説 本記事では「VIX指数」をテーマにチャートが確認できるアプリ、ツールを解説します。 VIX指数は米国S&P500の...

「怪しい権利収入」をテーマに特徴と作り方を解説しています。

【詐欺】「怪しい権利収入の特徴とは?」正しい3つの作り方を解説 本記事では「怪しい権利収入」をテーマに見分け方と対策を解説します。 権利収入には不労所得という魅力があります。 会社...

労働収入をテーマに依存する注意点を解説しています。

【危険】「労働収入には限界あり」注意するべき5つのデメリット【行動しよう】 本記事では「労働収入の限界」をテーマに労働収入におけるデメリットと対策を解説します。 収入には大きく分けて「労働収入」と「...