ブログ情報

【ブログやる気でない】ブログモチベUPの方法4選【現実を知ろう】

こんにちはイチリタです。

今回は【ブログやる気でない】ブログモチベUPの方法4選【現実を知ろう】についてです。

現在ブログ開設1ヶ月半、記事数32。

正直いうと、ブログがやる気が低下中です(´;ω;`)

1ヶ月目を100とすると、現在は75ぐらい。

まだ「さぁブログ書くぞ!」という気持ちは有るものの半年後、1年後も継続できているか心配・・・

理由はこんな感じ

書いても書いてもPV数は増えません。他のブロガーと比較して自分ってセンスないのかも・・・

ブログ界隈のモチベーションは高い。

「最近やる気落ちてきてます」なんて言う人はほとんどいない。

そのくせ、ブログを辞める時は静かにいなくなりがち・・・

イチリタ
イチリタ
実はモチベーション下がってるけど言い出せない方!ブログの現実を見て一緒にモチベーションを高めましょう(笑)

ブログやる気がでない3つの理由

ブログのやる気がでない理由は3点。

①目先の目標がなくなる(難しくなる)

②理想と現実が違う

③他のブロガーと比較してしまう

①目先の目標がなくなる(難しくなる)

ブログを1ヶ月目は、新しい目標ばかりで楽しいですよね。

私の場合、以下目標を掲げていました。

・グーグルアドセンスの合格しよう!

・まずは記事数!○○記事書く、PVなんか気にしない

・収益1円でも発生したら嬉しい!

グーグルアドンセス合格はブログを始めた方の登竜門ですよね。

何度も申請とリライトを繰り返し、合格した時の達成感はすごい!

問題となるのは上記目標がクリアされた2ヶ月目。(現在の私)

分かりやすい目先の目標を失う・・・

Googleからの検索流入となると、相当な時間がいる。

分かりやすい次の目標を失いモチベーションが低下。

②理想と現実が違う

始めたばかりの時は、SNS経由で数人の方に見て貰えるだけで嬉しいですよね。

でも、1ヶ月経過してこう考えました。

自分のやりたい事ってこれなのかな・・・

やっぱりブログの醍醐味は、者のお悩み解決」

自分の記事を読んでもらい、「役にたった!」、「悩みが解決できた」と感じて貰いたい。

こうなると、Googleからの検索流入が欲しいと思いますよね。

だって、悩みがあるから検索するわけですから。

但し、現実はドメインパワーや記事数も足りなく検索上位は皆無。

そもそも、記事のクオリティも低い・・・

Google先生に認めて貰うには、半年以上など時間がかかるとの事。

目先の分かりやすい目標が無くなった2ヶ月目からが本当の闘いと知りました。

ちなみに、1ヶ月目運用結果はこんな感じ↓

【2020年7月】1ヶ月目ブログ運営報告【PV・収益などすべて公開】こんにちはイチリタです! 今回はブログ運営報告です。 6月22日に初めて記事をアップして早いもので1ヶ月となりました! ...

③他のブロガーと比較してしまう

1ヶ月目で「3,000PV行きました!」、「2ヶ月目で10,000PVいきました!」

SNSでこういった報告有りますよね。

こんなすごい報告を見て

自分ってセンスないのかな・・・むしろウソと言って欲しい。

こんな事を思うようになりました。

ツイッターなどSNSはモチベUPと同時に、使い方によってはモチベDOWNにも繋がりがち・・・

以上をまとめると

・目標の喪失と達成の困難さを知る

・思っていた以上に結果はついてこない現実

・ついつい、同時期の始めたブロガーと比較してショックを受ける

この3点が、自分のモチベーションダウンにつながる要因だと考えました。

ブログのモチベーションを上げる方法4選

ブログのモチベーションアップの方法として、以下方法を考えてみました。

基準は超甘口なのでお許し下さい(笑)

①ブログの現実を知り、少しでも自分のすごい所を探す

②達成しやすい目標を掲げ、成功体験を積み上げる

③他のブロガーと比較しない

④疲れた時は休む!

①ブログの現実を知り、少しでも自分のすごい所を探す

そもそも、ブログを始めた事自体すごくないですか?

・自分は文章力が無いから無理

・年齢が若くないから無理

・ブログ自体レッドオーシャンもうやる意味ない

言い訳探したら一杯有りますよね。

「ブログは始めてみませんか?」と言われて実際に行動をする人は、100人中3人いたら良い所。

まず、新しいチャレンジを始めた自分自身を褒めてみませんか?

続いて、ブログの継続率について

ブログ開設後 1ヶ月目が最も低く、新規開設ブログの約1/3は、翌月には更新されなくなっている。開設 2ヶ月目以降、更新継続率は次第に上昇するが、6ヶ月後にも更新されているブログは、新規開設ブログ全体の 24.3%にとどまる。

ブログの実態に関する調査研究から引用

ブログ開設後約1/3は翌月に更新がストップしているようです。

1ヶ月ブログが続いた私とそこのあなた!

既にブロガー2/3(66%)に残ったという事。

ブログを始めて1ヶ月間続いたという事は実はすごい事です。

PV数なんかほっといて素直に自分を褒めましょう!

ちなみに、半年続くのは4人に1人のようです。

半年続けられたら、シャンパンでも空けちゃいましょう!

しかし、ブログを始めてみて辞めていく人の気持ちもよーくわかる・・・

②達成しやすい目標を掲げ、成功体験を積み上げる

一般人がブログ開設しても、そもそも誰も見ないのは当たり前。

私の場合、現実を知らず少し高すぎる理想を持っていました。

理想:すぐに4桁PV、Googleの流入も少しはある!

現実:3桁PV、Googleからの流入ほぼなし!

これは現実を知らなさすぎですね。

ブログの1日あたりの平均PV数は以下の通りのようです。

2013年ライフメディアリサーチバンクより引用

ブロガーの約60%近くは、1日PV10以下という結果。

これを見るとそこまで、自分のPV数を見てショック受ける必要は無いと思いません?

現在、私のブログはPV数は平均1日20前後。

このPV平均数を見ると、むしろ自分を褒めるべき数字ですね!

1日PV50超えたら、回らないお寿司でも食べて自分を褒めましょう!

SNSではPV数の多い成功者ばかりが目立ちますが、現実はこんな感じ。

そんな成功者も、始めたばかりは同じ道を通ってきているはず。

まずは、高すぎる目標を掲げるではなく、『前月の自分を超える!』というような小さな目標から進めていこうと思いました!

この事から、ブログ継続で意識することは

・現実は厳しい事を再認識する

・結果がでるには時間がかかる

・前月の自分を超える!など達成感を得られやすい目標を掲げる

この3点を意識してモチベーションを維持しましょう!

③他のブロガーと比較しない

他のブロガーと比較する必要ってそもそも無いですよね。

ブログのジャンルは様々

・旅行のブログ

・趣味中心の雑記ブログ

・芸能人の不倫などトレンドブログ

ブログの内容は人それぞれ全く違う。

旅行や食事ならより多くの方がペルソナとなるが、特化ブログであれば少ない。

トレンド記事なら一時的なアクセスも集めやすい。

また、昔に無料ブログをやっていた・・・など経験値も違う。

それにも関わらず他のブロガーと比較して、「自分ってセンスない・・・」と思ってしまう事自体おかしいですよね。

人は人。自分は自分。

大事な事なので、モチベーションが下がっている自分に再度言い聞かせると

他人と比べるのでは無く、前月の自分と比較しよう!

④疲れた時は休む!

毎日更新できている方は素晴らしいですよね。

更新頻度が少ない自身の姿を見て、不安になる事ってないですか?

でも、考えて欲しいのは人それぞれ生活スタイルは違う。

・本業の仕事が有る

・子育てで忙しい

・時間はあるけどやる気でない

それって言い訳ですよね?

イチリタ
イチリタ
ハイ、言い訳です(笑)

結果がでやすいのは、やはり毎日更新など頻度が高い人。

ブログ有名人の方の多くが毎日更新されていますよね。

但し、ブログを辞めてしまう理由として、「ブログで何かを信する事が楽しい」からいつの間にか「ブログが作業となり嫌になる」。

こんな方も多いと思います。

必死に更新頻度を高めようと、睡眠時間を削って生活を続ける・・・

でも結果はすぐにでないのが現実。

本業にも影響が出だしたら、もっとブログが嫌いになると思うんですね。

つまりは、しんどい時はしっかり休む。

本業や家族に迷惑かけるほうがストレスになります。

もちろん、毎日更新ができる人はそれを続けるのがベストだとは思います!

まとめ

今回のまとめ

・ブログを継続するという事は想像以上に難しい

・半年間続けられる人は4人に1人!

・平均PV数は実はみんな多くない

・PV数が多い人は結果として露出が増えている、そこと比較しない

・まずは、半年間継続を目指す

・疲れたら迷わず寝る(笑)

たまには、こんな風にSEOなんか意識せずに好きな事書いてみるのもいいじゃないですか?

改めてブログで何かを発信する事が楽しいと思わせてくれるはず!

嫌になったら記事をリライトするだけ!

イチリタ
イチリタ
一緒にブログ半年継続を目指しませんか!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資