NISA

【13万円損してまで】学資保険からつみたてNISAに変更した理由

こんにちはイチリタです。

今回は、学資保険を解約してつみたてNISAに変更した理由」についてです。

タイトルの通り、学資保険の満期前の解約に伴い、約13万円損をしています。

損失を発生させてまで、変更に踏み切った理由をご説明させて頂きます。

こんな方に読んでほしい

・学資保険を検討している方

・つみたてNISAを検討している方

・学資保険とつみたてNISAのリターンの違いについて知りたい方

学資保険からつみたてNISAに変更した理由

13万円の損をしてまで、変更した理由はシンプル。

リスクの割に得られるリターンがあまりにも少ない

と感じたためです。

・子供が生まれたらとりあえず学資保険入った方が良いよ!

・普通預金より利率が良いからお得だよ!

と言われた事ないですか?

ちなみには、私は会社の上司から子供が出来たら入るべき!とオススメされました。

上司と話しあい

そのため、子供が生まれたら学資保険に入る事は普通だと思って加入を決めました。

入った学資保険は以下の通り

・長女:かんぽ生命 学資保険

・次女:ソニー生命 学資保険

ちなみに、ソニー生命の保険加入については営業マンの面談が必須。

「学資保険に入りたい!」と伝えたましたが、おすすめ保険として終身保険の営業を30分間以上説明頂きました(´;ω;`)

イチリタ
イチリタ
ありがた迷惑・・・
営業を受ける男性

掛け金は、毎月約15,800円ずつ10年払い込み

選んだ基準は、「返戻率」が高い保険から探しました。

但し、かんぼ生命の学資保険については、近くに郵便局が有り返戻率がそこそこ・・・という事だけで加入。(これは今考えてもあまりにもヒドイ)

学資保険について

ソニー学資保険を例に、メリットとデメリットを説明します。

18年間積立で返戻率105.5%。

たしかに、10年間支払いを続ければ、学費が高い大学授業料の一部になりますね。

なにより、返礼率が高く払込保険料より約10万円も多く貰えるのか!と喜んでいました。

学資保険のメリット

・元本割れのリスクが無い

・保険料払込免除特約が有る

・銀行預金より金利が良い

・引き落とし設定をすれば、強制的に貯める事ができる

特に、契約者(親)が死亡または高度障害になった時、保険料の支払いが免除され満期のお金を貰える点がメリット。

学資保険のデメリット

・途中解約の場合、元本を大きく下回る返戻率

・返戻率を高めるためには、期間を短く(10年払い込みなど)にする必要がある

学資保険の最大のデメリットは、途中解約時の返戻率の悪さ。

元本100%のお金を回収するには約13年待つ必要がある・・・

仮に、5年以内に解約をした場合元本の80%未満など大きく元本が目減りします。

結果、私の場合2社の学資保険解約を行い、払い込み金額から13万円のマイナスとなりました。

変更をした理由は?

学資保険からつみたてNISAへ変更した理由は以下

①定期預金と比較しても、学資保険のリターンは大きく変わらない

②つみたてNISAと比較して、得られるリターンが小さい

この2点を理由に、損失を出してでもいち早く変更するべきと行動をしました。

理由①定期預金と比較しても、学資保険のリターンは低い

学資保険と比較して、銀行預金と定期預金の金利差について見ていきます。

学資保険の返戻率105.5%については、年利ではなく18年間の成果

105.5%の数字だけを見ると大きく見えますが、年利換算にすると実は約0.5%」

各金利比較すると以下の通り

大手銀行 0.001%
ネット銀行 0.1%
定期預金1年 約0.2%
定期預金10年 約0.03%
個人向け国債変動10年 0.05%(但し変動)

たしかに、学資保険は銀行金利や定期預金と比較すると金利は高いです。

但し、定期預金・国債は途中解約しても元本は保証されています

万が一、急な出費が必要となった時払い込みのお金が減る事はない。

学資保険の大きなデメリットである途中解約の元本割れに対して、年利0.5%のリターンは魅力は感じられませんでした。

理由②つみたてNISAと比較して、得られるリターンが小さい

つみたてのNISAの長期分散投資の期待リターンは「年5%と言われています。

金融庁調べによると、過去歴史から見て5年間の短期間積み立てでは元本割れリスク有り。

但し、20年の長期となると年5%のリターンが期待できるといった結果になっています。

金融庁より引用

これを踏まえて学資保険とつみたてNISAの期待リターンを比較してみましょう。

学資保険

・毎月15,788円積み立て

・10年払い込み、18歳時受け取り

・総払込み額:1,894,560円

・受取総額:2,000,000円(105.5%)

続いてつみたてNISA

つみたてNISA

・毎月15,788円積み立て

・10年積立ストップ、18歳時売却

・総払込み額:1,894,560円

・受取総額:3,622,125円(191.1%)

同条件での試算で、つみたてNISAが約162万円リターンが多い結果となりました。

私の場合、2人の子供に対して学資保険に入っていたため、期待リターン差は倍の324万円

結論としては、324万円の期待リターン得るため、13万円の損を出してでも学資保険を解約したという事です。

しかも、つみたてNISAは以下メリットがあります。

・途中解約しても評価損が無ければマイナスではない

・利益に対して非課税

・幅広く分散投資ができる

という点にあります。

想定されるつみたてNISAの課題

つみたてNISAを進めるにあたり、想定される課題と回答は以下の通り。

課題①そもそも投資ってなんか怖い・・・

悩み男

保険会社も契約者からのお金を債券や投資信託など購入しています。

このリターンから契約者への返戻金に充てています。

違いとしては以下の通り

学資保険:本人⇒保険会社⇒投資信託や債券の購入

つみたてNISA:本人⇒投資信託や債券の購入

つまり投資をするという行為は同じにもかかわらず、間に保険会社が入るか入らないかの違い。

それって必要がありますか?

課題②契約者が亡くなった時つみたてNISAが保証がない

万が一契約者(親)が亡くなった場合、「保険料払込免除特約」にて学資保険は支払いがストップします。

つみたてNISAは契約者が亡くなった場合、当然保障はありません。

この点については、「掛け捨ての生命保険」でカバー。

学資保険分の200万円であれば月数百円でカバー可能です。

課題③投資をするのが手間

つみたてNISAは、毎月決められた日に自動積立を行う事が出来ます。

つまり、学資保険と同じく一度設定してしまえば後はやる事がありません。

課題④すでに学資保険に入ってしまっている

満期まであと数年・・・という場合はそのまま契約継続で良いと考えます。

私のように、加入後2~5年程度であれば損失を出してでもつみたてNISAへの切り替えをオススメします。

まとめ

今日のまとめ

・学資保険の返戻率は年利で見ると高くない

・学資保険は途中解約のリスクが大きい

・つみたてNISAと学資保険を比べると、得られるリターンが大きく異なる

ぜひ、学資保険を検討されている方!

そのお金でつみたてNISAを始めてみませんか!

イチリタ
イチリタ
私のように、途中解約で大きな損を出す人が一人でも減りますように・・・

最後まで読んで頂きありがとうございます。

まだ、証券口座を持っていない方はこちらから↓

【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!こんにちはイチリタです。 今回は、【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!についてです。 「株式投資や...

結論、つみたてNISAなら「楽天証券」です!

ブログランキング参加中!

現在こちらのランキングに参加しています!
他の方の魅力的なブログが一杯有りますよ!

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

RELATED POST