投資知識

【注意】「信用取引はやめとけ!」メリット・デメリットを徹底解説

悩み人
悩み人
信用取引が気になる。少ない資金で効率良く投資ができる点に魅力がある。メリット、デメリットを教えて欲しい

本記事では、「信用取引はやめとけ!」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

【記事の結論】

信用取引は保有資金以上に投資ができる制度。
リスク管理ができる投資家であれば効率良く資産を拡大することが可能。
但し、投資初心者の方には注意点が多くリスクをしっかりと認識しましょう。

イチリタ
イチリタ
リスクが高い投資法のため、正しくメリット、デメリットを理解しましょう。

株の信用取引とは?

まずは、信用取引について解説します。

信用取引とは?

自分の資産や株券を「担保」に、レバレッジをかけて売買する取引

信用取引のポイントは以下3点

  • 保証金の最大3.3倍取引が可能
  • 売り取引が可能
  • 「年齢」、「資産」、「投資経験」など審査が有る

ポイント①保証金の「最大3.3倍」取引が可能

信用取引は、保証金の「最大3.3倍」まで取引が可能。

例:資産100万円の場合⇒最大330万円分

信用取引説明

少額から保有資産以上に投資できるのがポイントです。

ポイント②売り取引が可能

株式投資は基本的に「買い」取引を行うことが一般的です。

但し、相場全体が下落している市況では、買い取引では利益を上げることができません。

この点、信用取引は「売り」取引が可能なことから効率よく利益を上げることができます。

ポイント③審査がある

信用取引を行うには、証券会社の審査を受ける必要があります。

一般的には「年齢」、「資産」、「投資経験」などで合否が決定します。

また、注意点として最低委託保証金として「30万円以上証券口座へ入金」をする必要があります。

つまり、資産10万や20万では信用取引はできません。

信用取引制度の目的

信用取引制度は、「売買高を上げる」という目的があります。

つまり、資金が少ない投資家も株式市場に参加できるようにし、流動性を上げています。

流動性が少なくなると、僅かな売買高でも株価が大きく動いてしまうリスクがあるためです。

信用取引は「取引の安定性を図る意味がある」という点は覚えておきましょう。

「信用取引」メリット

信用取引のメリットは以下の通りです。

メリット①相場が下落局面でも利益を稼ぐ事ができる

現物取引では買い取引のみのため、すべての市況で投資を行うことができません。

このため、多くの株式が暴落する○○ショックなど、市況が厳しい時は買い取引はお休みです。

その点、信用取引であれば売り取引ができるため、どんな相場環境で利益を上げるチャンスがあるという点はメリットです。

また、買いポジションは保有を継続し、売りポジションを取るなど「両建て」という方法でリスクヘッジをする投資家も存在します。

メリット②少ない資産で大きく投資できる

信用取引の最大のメリット、3.3倍までレバレッジをかけた取引をできる点です。

このため、少ない資産でも効率良く投資をすることができます。

証券口座に30万円入金すれば約100万円まで取引ができるため、少額投資家でも大きく投資をできる点はメリットです。

「信用取引」デメリット

信用取引にはデメリットもあります。

デメリット①借金になる可能性有り

信用取引は、資産以上にマイナスとなり「借金」になる可能性があります。

例:資産30万円で100万円の株式購入
1週間後50万円まで暴落した方の場合

信用取引リスク

この場合、資産30万円に対して損失50万が発生するため、証券会社に不足分を返却する必要があります。

元本以上にマイナスとなり借金となる可能性がある点は注意をしましょう。

投資家保護を目的に、保有資産を下回る前に強制決済が行われます。

但し、株式投資では「いつ何があるか分からない」というリスクがあるという点は認識が必要です。

  • 大震災による災害リスク
  • 企業の不祥事
  • ウイルスの感染拡大

など、株価連続ストップ安になった場合、「買い手が付かず売りたくても売れない」という危険性があります。

デメリット②長期投資には向かない

レバレッジを掛けた取引は長期投資に不向きです。

また、売り取引なら損失は無限大という点は十分ご認識を。

相場の格言でも「買いは家まで売りは命まで」という言葉があります。

  • 買い取引:最悪株価が0円
  • 売り取引:株価上昇は無限大、命まで奪われる・・・

信用取引は、頻繁に株価チェックが必要なため、取引に対するストレスも高く長期投資には向きません。

デメリット③金利が発生する

信用取引は「金利」、「貸株料」が発生します。

  • 買い取引:金利
  • 売り取引:貸株料

証券会社によって異なりますが、楽天証券の場合以下の通りです。

制度信用取引 年2.80% 優遇金利 2.28%
一般信用取引「無期限」 年2.80% 優遇金利 2.10%
一般信用取引「いちにち信用」 年1.80%(100万円未満)
年0.00%(100万円以上)

手数料が必要なことから、信用取引はデイトレードなど短期売買に利用されることが一般的です。

信用取引のリスクをしっかりと認識しよう

上記でも解説した通り、信用取引にはメリット、デメリットがあります。

結論、投資初心者の方は信用取引はやめましょう。

信用取引を上手く活用する事で、少ない資産で大きく利益を出す事ができます。

但し、リスクも相関して高まるため注意が必要です。

また、信用取引は短期売買がメインとなります。

短期売買の場合、勝負している相手は「機関投資家」など投資のプロ。

「資金量」も「知識」も圧倒的に上回る相手がメインです。

このため、一部の方を除いて資金を大きく減らす方も少なくありません。

一発逆転のギャンブルトレードは控え、安定した資産形成を行うことをおすすめします。

「信用取引」を始める方におすすめの対策

対策①シミューレーションアプリで勉強する

シミュレーションアプリを活用して新しい投資手法を試してみましょう。

シミュレーションアプリのメリットは

  • お金を掛けずに新しい手法を試せる
  • ノーリスクで投資練習が可能
  • マンガや動画を活用してアプリで勉強できる

など活用価値があります。

無料でシミュレーションが出来るアプリで悩んだらまずは「株たす」をおすすめします。

対象銘柄も幅広く上場している3,600銘柄以上にデモトレードが可能。

ちなみに、漫画で株式投資について学べます。

ダウンロードは以下からどうぞ(無料で遊べます)

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

株たすについては以下記事で詳しく解説しています。

デモトレードアプリ「株たすとは?」使い方、評判を解説│株の練習に最適 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 筆者はデモトレードアプリを多数利用、レビュー...

対策②資金管理を徹底する

信用取引はリスクが高い投資法です。

このため、以下3点の資金管理を行いましょう。

  1. ポートフォリオの一部で信用取引をする
  2. 証券口座への入金は必要最低限にする
  3. 貯蓄と投資の比率を見直す

感情的にならずに冷静に取引ができる資金量で投資することをおすすめします。

また、貯金と投資の比率を考え、リスク取り過ぎないに注意しましょう。

「貯金と投資」理想的なバランスとは?│年齢、生活環境、生活防衛資金で解説 本記事では「貯蓄と投資のバランス」をテーマに最適解を解説します。 記事をチェックする事で、年齢や家族構成別でのベストな投資...

対策③テクニカル分析を勉強する

信用取引は短期売買メインです。

このため、テクニカル分析を行い、投資銘柄やエントリータイミングを図りましょう。

悩み人
悩み人
どうやって勉強したらいいだろう・・・

と悩んだらテクニカル分析に便利なアプリ、ツールの活用がおすすめです。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析の勉強」をテーマにおすすめアプリ、ツールを紹介します。 無料で使えるアプリ、ツールを紹介してい...

(まとめ)信用取引はやめとけ!

本記事では「信用取引やめとけ!」をテーマにメリット、デメリットを解説をしました。

ポイントをまとめると以下の通り

【信用取引メリット】

【信用取引デメリット】

信用取引にはメリット、デメリットがあります。

本記事では「やめとけ!」という解説をしていますが、リスク管理ができる投資家の方であれば効率良く利益を上げることができるのも事実です。

但し、注意点として「一発逆転を狙ったギャンブルトレード」は絶対に辞めましょう。

貯金と投資比率をしっかりとルール化し、リスクを抑えて信用取引を活用することをおすすめします。

以上、信用取引まとめでした。

【関連記事】株式投資の勉強法について解説しています。

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業です 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに具体的な方法を解説します。 すべての投資に共通することですが、最低限投資の勉強は必要...

【関連記事】株シミュレーションアプリを活用して練習を行いましょう。

【2022年】株シミュレーションアプリおすすめ11選│ゲーム感覚で練習できる! 本記事では「株シミュレーションアプリ」をテーマにおすすめを解説します。 シミュレーションアプリは株式投資の練習、勉強に最適...

【関連記事】投資企業の分析にスクリーニングアプリの活用がおすすめです。

「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ8選│無料活用できるツールのみ厳選 本記事では「株スクリーニングアプリ」をテーマにおすすめのツールを紹介します。 すべて無料で活用できるのでご安心を! 株の...

人気アプリまとめ記事