投資知識

【株の信用取引はやめとけ】メリット・デメリットを解説│対策有り【投資初心者必見】

こんにちはイチリタです。

信用取引という制度が有ると知りました。少ない資金で大きく勝負できるところが魅力で。初心者でも信用取引を始めて大丈夫ですか?

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

株の信用取引とは?

まずは、信用取引について解説しますね。

信用取引とは、自分の資産や株券を担保に、証券会社から株券を買ったり株券を借りて売ったりする取引です。

信用取引のポイントは以下3点

  • 保証金の最大3.3倍取引が可能
  • 売りから取引が可能
  • 「年齢」、「資産」、「投資経験」など審査が有る

例:資産100万円の場合⇒最大330万円分の取引きが可能

信用取引説明

買いだけでなく、売りからからも取引が可能

注意点としては、

最低委託保証金として30万円以上証券口座へ入金をする必要が有ります。

つまり、資産10万や20万では信用取引はできません(‘◇’)ゞ

信用制度の目的

株式市場の売買高を上げる事が目的です。

資金が少ない人も株式市場に参加できるようにし、流動性を上げています。

流動性が少なくなると、僅かな売買高でも株価が大きく動いてしまうリスクがあるため。

こんな理由で、信用取引制度はあります。

信用取引のメリット

結論としては、投資初心者の信用取引は非推奨です。

が、投資を知るという意味で信用取引のメリットについて解説しますね。

信用取引のメリットは以下の通りです。

  • 相場が下落局面でも利益を稼ぐ事ができる
  • 少ない資産で大きく稼ぐ事ができる

順番に説明しますね。

メリット①相場が下落局面でも利益を稼ぐ事ができる

現物取引では買い取引のみ。

2020年のコロナショックなど、下落相場時は現物投資家は利益を上げる手段が限られます。

その点、信用取引であれば売り取引ができるため、どんな相場環境で利益を上げるチャンスが有るという点はメリット。

メリット②少ない資産で大きく稼ぐ事ができる

信用取引の最大のメリットはこれですね。

保証金の最大3.3倍取引できるため、少ない資産でも大きく稼ぐ事ができます。

証券口座に30万円入金すれば約100万円まで取引ができるため、資産が少ない人もチャンス有り。

信用取引のデメリット

信用取引のデメリットは以下の通りです。

  • 借金になる可能性有り
  • 長期投資に不向き
  • 金利、貸株料が発生する

デメリット①借金になる可能性有り

信用取引は、最悪借金することも有り。

少ない資産で大きな利益を出せる反面、非常にリスクが高い取引です。

資産30万円で100万円の株式を購入

1週間後50万円まで暴落したAさんの場合

信用取引リスク

この場合、資産は30万円に対して損失50万ですから、証券会社に不足分を返却する必要が有ります。

但し、基本的には資産の30万を下回る前に強制決済されます。

が、株式投資ではいつ何があるか分からないというリスクが有り。

たとえば、

  • 大震災による災害リスク
  • 企業の不祥事
  • ウイルスの世界的拡大

などで、株価連続ストップ安になった場合、買い手が付かず売りたくても売れないという危険性が有ります。

これが、最大のデメリットです。

デメリット②長期投資に不向き

これも当たり前ですが、レバレッジを効かせた取引は長期投資できません。

現物株なら最悪塩漬けで長期ホールドも可能ですが、信用取引なら強制決済です。

また、売り取引なら損失は無限大ですからね。

相場の格言でも「買いは家まで売りは命まで」という言葉が有ります。

言葉の意味は、

  • 買い取引:最悪株価が0円
  • 売り取引:株価上昇は無限大、命まで奪われる・・・

に株価チェックも必要なため、取引に対するストレスも高く長期投資には向きません。

デメリット③金利が発生する

信用取引は金利、貸株料が発生します。

  • 買い取引:金利
  • 売り取引:貸株料

証券会社によって異なりますが、楽天証券の場合以下の通りです。

制度信用取引 年2.80% 優遇金利 2.28%
一般信用取引「無期限」 年2.80% 優遇金利 2.10%
一般信用取引「いちにち信用」 年1.80%(100万円未満)
年0.00%(100万円以上)

手数料が高いため、信用取引は短期売買推奨です。

投資初心者は株の信用取引はやめとけ!

結論、投資初心者は信用取引やめとけ!!です(‘◇’)ゞ

信用取引を上手く活用する事で、少ない資産で大きく利益を出す事が可能。

が、それだけ売買のタイミングや銘柄選定の力が必要になります。

また、勝負している相手は機関投資家など投資のプロとの勝負です。

資金量も知識も圧倒的に違いますから、勝ち続ける事は困難。

個人的には、投資というよりギャンブルのようなイメージかと。

私が、信用取引を体験して感じた事は、

ストレスがすげぇ!

ですね。

必要以上に相場チェックをしてしまい落ち着いて仕事ができませんでした・・・

投資初心者は素直に現物株を購入する事を強くおすすめします。

投資初心者におすすめの投資方法

投資初心者におすすめの投資法をご紹介します(‘◇’)ゞ

①投資の初めては「少額」×「現物」トレード

最近では、単元未満株(1株)から投資ができる証券会社も有ります。

単元未満株なら有名企業もこの価格です

  • KDDI:約2,700円
  • トヨタ自動車:約7,000円
  • 任天堂:約58,200円

株式投資=大金が必要というイメージ有りますが、もっと手軽にチャレンジ可能。

現状は手数料の点で「SBIネオモバイル証券」がベストです。

特徴については以下で解説しているので良ければどうぞ。

単元未満株アプリ【SBIネオモバイル証券】口コミ、デメリットなど徹底解説こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 単元未満株アプリ【SBIネオモバイル証券】とは? ...

②お金をかけずに株式投資の練習が可能

シミュレーショントレードができるアプリが有り。

具体的なおすすめアプリはこちら

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

無料でデモトレードが出来るアプリです。(悩んだらまずコレ)

他にも、シミュレーション取引ができるアプリを紹介しているのでよければどうぞ。

【2021年】株シミュレーションアプリおすすめ11選│ゲーム感覚で練習できる!株式投資についてこんなお悩み有りませんか? 株を始めるのは怖い お金をかけずに練習したい ゲーム感覚で体験して...

信用取引まとめ

本記事では信用取引やめとけ!をテーマに解説をしました。

内容をまとめると

【信用取引メリット】

  • 相場が下落局面でも利益を稼ぐ事ができる
  • 少ない資産で大きく稼ぐ事ができる

【信用取引デメリット】

  • 借金になる可能性有り
  • 長期投資に不向き
  • 金利、貸株料が発生する

こんな感じです。

たしかに、信用取引の魅力は有りますが、資産形成をしたいなら長期投資をおすすめします。

以上、信用取引やめとけ!でした(‘◇’)ゞ

株式投資で損失がでてつらい時はこちらをどうぞ

【株つらい】そんな投資家必見!株のストレス解消方法4選│含み損との向き合い方を解説こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します 本記事の内容 株つらい事例4選 株のスト...

投資のスタイルに悩んらだらこちらをどうぞ

投資方針
【初心者必見】あなたに合った投資スタイルとは?│株を始める前に方針決定は大切こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 株の始めると一言でいってもスタイルは様々。 始める前...

正しい資産形成に悩んだら投資本「敗者のゲーム」をどうぞ

【要約】敗者のゲーム〈原著第6版〉から学ぶべきポイント7選│私の人生を変えた本こんにちはイチリタです。 本記事では「敗者のゲーム〈原著第6版〉」の学ぶべきポイントを要約します。 「敗者のゲーム」は世界的...

人気アプリまとめ記事