投資知識

【危険】「信用取引はやめとけ!」やばいと言われる5つのデメリット

悩み人
悩み人
信用取引のメリット、デメリットを知りたい

本記事では、「信用取引」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

信用取引は、少ない資金で効率良く投資できる点が魅力。

自己資金の最大3.3倍まで投資できるため、資金が少ない投資家に嬉しい取引方法です。

但し、信用取引には「やめとけ」、「やばい」など酷評する声も少なくありません。

このため、信用取引に関してメリットだけでなくデメリットもしっかりとチェックしておきましょう。

本記事の要点まとめ

①信用取引は自身の担保を元にレバレッジ取引が可能

②保証金の約3.3倍まで取引できる

③売り取引できるのも強み

④但し、信用取引は「最悪借金になる」、「長期投資に不向き」など課題が存在

⑤本記事の注意点もしっかりとチェックしよう

「信用取引」とは?

まずは、信用取引の基本についてチェックしましょう。

信用取引とは?
自分の資産や株券を「担保」に、レバレッジをかけて売買する取引

保証金に対して、約3.3倍取引ができるため少額の資金を効率よく投資をしたい方におすすめの制度と言えます。

一方、レバレッジ取引は損失額も大きくなるため、すべての方におすすめできる投資手法とは言えません。

また、現物取引であれば株を購入することで企業の株主となります。

信用取引の場合、自身資産を担保に証券会社より株を借りている状態であるため株主ではありません。

この点も、現物と信用の大きな違いと言えるでしょう。

【補足】信用取引の目的

信用取引には、売買高を上げるという目的がある

信用取引制度により、市場への参加者を増加させ株式の流動性を高めることが目的。

流動性が少なくなると、僅かな売買高でも株価が大きく動いてしまうため、取引の安定性図るために導入されています。

「信用取引」4つのポイント(メリット)

続いて、信用取引の4つのメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

①保証金の「最大3.3倍」取引が可能

信用取引は、保証金の「最大3.3倍」まで取引が可能です。

例:資産100万円の場合⇒最大330万円分

少ない資金で効率良く投資が出来る点はメリットと言えるでしょう。

②売り取引が可能

株式投資は「買い」取引を行うことが一般的です。

但し、相場全体が下落している市況の際、買い取引では利益を上げることができません。

一方、信用取引は売り取引ができるため、相場下落時も収益を上げることが可能。

市況に左右されずエントリーができるのは信用取引の強みと言えるでしょう。

楽天証券より引用

③取引手数料が安い

信用取引を活用すれば取引手数料を抑えることができます。

例:SBI証券アクティブプラン
1日の約定代金合計 通常 大口優遇※1
0円~100万円まで 0円 無料
100万円~200万円 880円
以降100万円増加毎に 440円ずつ増加

※1:1日の信用約定代金3,000万円以上

1日の信用約定代金合計100万円までは、手数料無料で取引することが可能です。

④審査がある

信用取引を行うには、証券会社の審査を受ける必要があります。

一般的には「年齢」、「資産」、「投資経験」などで合否が決定。

また、最低委託保証金として30万円以上証券口座へ入金をする必要があります

このため、30万円未満の資金では信用取引が出来ない点は注意しましょう。

こんなメリットがある信用取引ですが、デメリットが存在します。

【危険】「信用取引やめとけ」と言われる5つのデメリット

信用取引のデメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

デメリット①借金になる可能性がある

信用取引は、資産以上にマイナスとなり「借金」になる可能性があります。

シミュレーション例

資産30万円で約100万円の株式を購入

1週間後50万円まで評価額が減少

信用取引リスク

この場合、資産30万円に対して損失50万が発生するため、証券会社に不足分を返却する必要があります。

元本以上にマイナスとなり借金となる可能性がある点は十分注意しましょう。

(補足)投資家保護を目的に、保有資産を下回る前に強制決済が行われる

但し、株式投資では「いつ何があるか分からない」というリスクがあり

  • 大震災による災害リスク
  • 企業の不祥事
  • ウイルスの感染拡大

など、「買い手が付かず売りたくても売れない」場面では、多額の借金となる場合があります。

デメリット②長期投資には向かない

レバレッジを掛けた信用取引は、証拠金維持率により強制決済が行われるため長期投資に不向きです。

現物取引であれば、含み損でも配当金を受け取りながら株価の回復を待つことができます。

また、売り取引の場合特に注意が必要です。

相場の格言で「買いは家まで売りは命まで」という言葉がある
  • 買い取引:最悪株価は0円
  • 売り取引:株価上昇は無限大、命まで奪われる

信用取引は、頻繁に株価チェックが必要なため、取引に対するストレスも高く長期投資には向きません。

特に、売り取引をする際は十分注意しましょう。

デメリット③金利が発生する

信用取引は「金利」、「貸株料」が発生します。

  • 買い取引:金利
  • 売り取引:貸株料
例:楽天証券の場合以下の通り
制度信用取引 年2.80% 優遇金利 2.28%
一般信用取引「無期限」 年2.80% 優遇金利 2.10%
一般信用取引「いちにち信用」 年1.80%(100万円未満)
年0.00%(100万円以上)

(例)年利2.80%、制度信用で6ヶ月保有していた場合

  • 100万円:1.4万円
  • 1,000万円:14万円

手数料が必要なことから、信用取引はデイトレードなど短期売買に利用されることが一般的。

金利、貸株料が発生する点も長期投資に不向きと言われる要因です。

デメリット④信用売りは「配当落調整金」が必要

信用取引は保証金を証券会社に預け、株式を借りている状況です。

このため、投資家本人が株式を保有しておらず所有者は証券会社。

買い取引の場合「配当落調整金」として、信用取引でも証券会社より配当金を受け取ることができます。

一方、売りの場合証券会社に配当落調整金を支払う必要がある

「権利付最終日の大引けの時点で売り建玉を保有していること」が条件のため、権利前の取引には注意が必要です。

デメリット⑤株主優待は貰えない

信用取引で購入した場合、株主は証券会社となります。

このため、日本独自の制度である株主優待を受け取ることができません。

信用取引は、「短期売買用」としてキャピタルゲイン(売買益)を狙うツールという点を理解しておきましょう。

「信用取引」を始める方におすすめな5つの対策

信用取引を始める方におすすめの対策は以下の通りです。

  1. 余裕資金で信用取引を行う
  2. 保証金の限界まで投資をしない
  3. 現引きを活用する
  4. 損切りラインを事前に設定
  5. テクニカル分析を勉強する

順番に解説します。

対策①余裕資金で信用取引を行う

最悪無くなっても良い資金量で開始

信用取引はリスクが高い投資手法です。

このため、自身のリスク許容度に合った投資金額で始めるようにしましょう。

「最悪0円になってもやり直しができる」ぐらいの余裕資金で始めることが大切です。

対策②保証金の限界まで投資をしない

自身が持っている保証額の1.5倍以内に留める

信用取引は最大3.3倍まで投資をすることが可能。

但し、最大までレバレッジを効かせた場合、証拠金維持率を下回り追証となるリスクが高まります。

維持率が20%を割り込むと追証が発生

このため、自身が持っている保証額の1.5倍程度に留めることをおすすめします。

対策③現引きを活用する

長期保有をする銘柄は現引きを活用する
現引きとは?

反対売買により決済をするのではなく、自分の手元にある現金で株式を引き取ることを「現引き」と言う(品受けとも呼ばれる)

信用取引は「金利が掛かる」、「株主優待が貰えない」などデメリットが存在します。

このため、長期保有をする場合「現引き」を活用し、株式を引き取ることも検討しましょう。

対策④損切りラインを事前に設定

注文と同時に損切りラインを設定する

信用取引を行う場合、注文と同時に逆指値注文をするようにしましょう。

(参考)逆指値注文の仕組み│楽天証券

逆指値を設定することで、損失が限定される点は強みです。

いざ「損切をしよう」と思っても、損失を確定させる行為はストレスが掛かります。

このため、感情を入れずに損切りができるよう、逆指値注文を忘れずに行うようにしましょう。

損切ラインを考えるポイントとして、以下記事もおすすめです。

要約まとめ「オニールの成長株発掘法」から学ぶ株のベストな売り時とは? 本記事では世界的ベストセラー本「オニールの成長株発掘法」から学ぶ株のベストな売り時を解説します。 オニールの成長株発掘法は...

対策⑤テクニカル分析を勉強する

信用取引は短期売買がメインであるため、テクニカル分析の活用も大切です。

テクニカル分析には様々な種類があるため、あなたと相性の良い分析方法を活用しましょう。

代表的なテクニカル分析
  • 移動平均線
  • 移動平均乖離率
  • ローソク足
  • ポリンジャーバンド
  • 一目均衡表

あまり多くの指標を活用せず代表的なもので練習することをおすすめします。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...
動画で信用取引のメリット、デメリットを知りたい方は以下も合わせてチェックしてみましょう

株シミュレーションアプリを活用して短期トレードを練習してみよう

信用取引を検討している方は、シミュレーションアプリを活用したトレード練習をしてみましょう。

当サイトでは、無料シミュレーションアプリ「株たす」を推奨

株たすの特徴は以下の通り

  • 本物の株価を使用しリアルなデモ体験
  • 取引銘柄は3,600以上
  • 漫画で株式投資が学べる

3,600以上の銘柄から投資対象を選択する事ができます。

株価も本物のデータを活用しているため、投資の練習として最適です。

また、クイックモードが用意されており移動平均線を活用した短期トレードの練習にも活用することができます。

アプリを活用して短期トレードを練習してみましょう。

ダウンロードは以下からどうぞ(無料で遊べます)

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

株たすについては以下記事で詳しく解説しています。

デモトレードアプリ「株たす」とは?使い方、評判を解説│株の練習に最適(PR) 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 当サイトでは、リスク無く株取引体験ができるこ...

信用取引メリット、デメリット【まとめ】

本記事では「信用取引」をテーマにメリット、デメリットを解説しました。

信用取引のポイント(メリット)
信用取引のデメリット

信用取引にはデメリットがあるも「効率よく投資ができる」、「売り取引できる」など魅力があります。

このため、リスク管理ができる投資家であれば活用価値があると言えるでしょう。

但し、「一発逆転を狙ったギャンブルトレード」はおすすめできません。

リスク許容度は投資家によって異なるため、「自身には信用取引が向いているのか?」をしっかりと考えた上で活用してみましょう。

以上、信用取引メリット、デメリットまとめでした。

【関連記事】株式投資の勉強法について解説しています。

【株式投資の勉強】独学で一人前の投資家になる方法10選【初心者卒業】 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 株式投資を始める場合、「企業分析」、「チャ...

【関連記事】株シミュレーションアプリを活用して練習を行いましょう。

【2023年最新】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーション」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、「配当...

【関連記事】投資企業の分析にスクリーニングアプリの活用がおすすめです。

【厳選】「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ9選【無料ツールの活用】 本記事では、「株スクリーニングアプリ」をテーマに筆者が実際に活用しているおすすめツールを紹介します。 株式投資において、銘...