投資知識

【驚愕】株式上場廃止で起こるマネーゲームとは?│夢はあるも触るな危険

こんにちはイチリタです。

個別株のリスクとしてあるのが上場廃止。

上場廃止前には様々な憶測から株価が何倍にもなるマネーゲームが繰り広げられます。

本記事では、そんなマネーゲームの危険性について解説します。

【驚愕】株式上場廃止で起こるマネーゲームとは?

株式上場廃止前にはテンバガーなど驚愕のマネーゲームが発生します。

結論としては、マネーゲームへの参加は厳禁

という注意喚起の記事です。

冗談抜きでリスク大きすぎて退場しますよ(‘◇’)ゞ

まずは、株式上場廃止になる原因を解説しますね。

株式上場廃止となる原因

上場廃止となる原因は以下の通り

  1. 債務超過及び破産
  2. TOBによる企業買収や子会社化
  3. 流通株式数、時価総額が基準を下回る

①債務超過及び破産

債務超過とは負債の総額が、企業の資産の総額を上回る事。

簡単にいうと、会社のすべての資産より借金が多い状態ですね。

日本の証券取引所ルールとして、

連結決算が2年連続債務超過となると上場廃止

というルールが有ります。

よく新聞で○○社が「民事再生法」申請などがこれですね。

②TOBによる企業買収や子会社化

いわゆる株の公開買付ですね。

最近の場合、(3938)LINE株式会社が株式公開買付にて上場廃止が決定。

ソフトバンク株式会社(コード:9434、市場区分:市場第一部)及びNAVERCorporation(東証非上場)(※)(以下「公開買付者」と総称する。)が実施する同社株式の上場廃止を前提とした公開買付けについて、賛同の意を表明しました。

東京証券取引所整理銘柄よりより引用

但し、TOBの場合はマネーゲームは無し。

決められた公開価格にサヤ寄せした後は、変動は有りません。

TOBについてはこちらで解説しているのでよければどうぞ。

【TOBとは?】株価はどうなる?あなたがとるべき対応をわかりやすく解説こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 TOB(株式公開買付)とは? まずは、TOBについて解説。 ...

③流通株式数、時価総額が基準を下回る

上場している市場によってルールが異なります。

詳細は以下をどうぞ。

日本取引所グループ:上場廃止基準より引用

例:二部上場銘柄の場合

  • 流通株式数:2,000単位未満
  • 流通株式時価総額:5億未満

この基準を下回った場合、

「監理銘柄」「整理銘柄」

となり約1ヶ月後上場廃止となります。

以上、3点が上場廃止になる要因です。

株式投資マネーゲームの事例2選

株上場廃止のマネーゲームは夢が有ります。

たとえば、1円の株を10円で売れば単純に株価10倍ですからね。

但し、超ハイリスクです。

仮に利益が出ていても、注文量が多すぎて処理が追い付かず売れない・・・

なんて事も十分あり。

そんなリスクのある上場廃止前マネーゲームを具体的な2銘柄で解説します。

今回紹介するのは以下2銘柄です。

  1. イーター電機
  2. タカタ

順番に解説しますね。

事例企業①イーター電機

イーター電機は2016年7月に上場廃止となりました。

事業は、スイッチング電源を販売。

2016年3月末に2回目の債務超過となり、ジャスダック市場から上場廃止に。

イーター電機のマネーゲームは以下の通り

5月18日 債務超過が発表され売りが殺到 株価55円⇒24円
6月24日 上場廃止が決定
6月27日 株価9円からマネーゲーム開始
7月6日 株価35円に(1週間で4倍)
7月22日 上場廃止 株価6円

イーター電機チャートinvest-jpイーター電機チャート参照

6月27日株価9円からの突然のマネーゲームで株価4倍です。

株価が上昇する材料はもちろん有りません。

続いて、タカタです。

事例企業②タカタ

タカタは2017年7月に上場廃止となりました。

事業は、シートベルト、エアバッグなど製造販売。

特に、エアバッグが主力事業で全世界でシェア20%と優良企業でした。

ご存じの方も多いと思いますが、エアバッグの不具合が見つかり米国市場最大(3,400万台)のリコールが発生。

結果、民事再生法を申請し上場廃止となりました。

タカタのマネーゲームは以下の通り

6月16日 民事再生法申請の情報流出
6月26日 民事再生手続き開始
7月7日 株価15円からマネーゲーム
7月14日 株価153円(10倍に)
7月26日 株価18円で上場廃止

タカタチャートinvest-jpタカタチャート参照

1週間でテンバガーに。(やばいですよね)

上場廃止8営業日前に連日のストップ高。

出来高4059万1600株と恐ろしい過熱感となりました。

結論:マネーゲームは触るな危険

色々、マネーゲームの魅力をお伝えしましたが

マネーゲームは触るな危険

です!

株価が上昇する材料は皆無。

単純に投資家達の短期的な「利ザヤ」を得るための白熱した戦いです。

例えるなら、いつか爆発する爆弾を回している感じですね。

たしかに、マネーゲームに運よく勝利すると短期間で資産は何倍にもなります。

が、注目するべきは上場廃止時の株価です。

  • イーター電機:35円⇒6円
  • タカタ:153円⇒18円

大きく儲けた投資家の裏に、大損をしている投資家達が沢山います。

最悪の場合、買い手がつかないなんてリスクも有りますよ。

また、一度美味しい思いをしたら、

次のマネーゲームも参加してやる!

となるのが人間。

結論、マネーゲームは触るな危険です!(‘◇’)ゞ

株式上場廃止で起こるマネーゲームまとめ

本記事では株式上場廃止でおこるマネーゲームをまとめました。

本記事をまとめると以下の通り

  • 上場廃止前にはマネーゲームが発生
  • マネーゲームは最後は誰かが損をするチキンレース
  • 資産形成をしたいならマネーゲームは触るな危険

ちょっとした小銭を稼ぎのつもりでも参加するのは辞めましょう。

完全なる「投機」トレードですので。

以上、上場廃止前マネーゲームは触るな危険についてでした(‘◇’)ゞ

【関連記事】正しい株式投資の勉強をまとめています(ご参考まで)

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業ですこんにちはイチリタです。 本記事では株の具体的な勉強法を解説します。 そもそも、投資を始める前に「勉強は必要か?」と...

【関連記事】投資管理に悩んだらこちらのアプリをどうぞ

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ11選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマに筆者が実際に利用しているおすすめアプリを紹介します。 最近は投資管理に便利なアプリが...

人気アプリまとめ記事