投資の知識

【日本の現実】日本人が投資をしない理由4選【投資家を増やすには?】

こんにちはイチリタです。

今回は【日本の現実】日本人が投資をしない理由4選【投資家を増やすには?】についてです。

こんな人に読んでほしい

・投資を検討している方

・投資は怖いもの、難しい事と考えている方

・新しい投資家を増やしたいと思っている方

先日、会社に確定拠出年金の運用結果が届きました。

そんな事から、近くにいた後輩社員と運用について話に。

後輩
後輩
イチリタさん確定拠出年金は何に投資しているんですか?
イチリタ
イチリタ
インデックス投資の外国株式60%、国内株式25%、外国債券15%だよ
後輩
後輩
えっ株式ばっかり!?先輩ギャンブラーですね(笑)
イチリタ
イチリタ
そうかな・・・ところで後輩くんは何投資してるの?
後輩
後輩
僕は損したくないんで定期預金100%です!
イチリタ
イチリタ
・・・

こんな流れ。

まだまだ日本人の中には「投資=ギャンブル」「貯金=正義」という考えが根強いと思い、日本人の投資をしない理由について考えてみました。

日本の投資人口について

まず、日本の投資人口について見ていきましょう。

日本証券業界証券投資に関する全国調査より引用

驚くべき預貯金比率!

株式保有率は以下の通り

保有比率

・株式12.6%

・投資信託9.2%

投資をしている人口は約10人に1人程度。

また、驚いたのが「NISA」、「つみたてNISA」など非課税制度が導入されても平成27年から保有比率は増えていない点・・・

続いて口座保有者数について

日本証券業界調査概要より引用

株式と投資信託を保有している人口は以下の通り

保有者数

・株式   約1,266万人

・投資信託 約913万人

人数だけみる多くの方が保有していますね。

但し、比率としては日本全体の約12%前後とまだまだ少ない状況です。

証券投資の必要性をアンケートで調べたところ、約25%の方が必要と答えています。

何かしらの原因で、投資をやらない(できない)・・・という人がいると考えられます。

それでは、日本人が投資をしない理由を考えていきます。

日本人が投資をしない理由4選

日本人が投資をしないと考えられる理由は以下4点です。

①預貯金が大事と子供の頃から教えられてきた

②投資をする資金が準備できていない

③投資=ギャンブルだから怖い

④投資に関して十分な知識を持っていない

①預貯金が大事と子供の頃から教えられてきた

小さな頃から「貯金しなさい!」と言われた事があっても、「投資をしなさい!」なんて言う親はなかなかいないですよね。

貯金をすすめる理由は以下2点

①太平洋戦争の敗戦

戦争に敗れた日本は強い経済を取り戻すため新たな政策を始めました。

それは、国民がもっている預金を集める「救国貯蓄運動」です。

簡単にいうと、政府主導で広告を出しお金を銀行に預金させる事を推奨した運動

その結果、敗戦国から日本は急激な経済の成長を果たしました。

この貯蓄運動から、「貯蓄=正義」というマインドが現在も根付いていると考えられます。

②学校教育にて金融教育を行っていない

皆さんの経験からも学校で投資教育が無かった事が理解できると思います。

日本も2022年から高校家庭科で投資信託について授業を始めるようです。

海外では子供の頃から、金融教育を行う事は当たり前の事。

その結果、海外との金融資産構成は大きく異なります。

日本 アメリカ ユーロエリア
現金・預金 53.3% 12.9% 34.0%
債務証券 1.3% 6.5% 2.3%
投資信託 3.9% 12.0% 8.8%
株式 10.0% 34.3% 18.8%
保険・年金 28.6% 31.7% 34.0%
その他 3.0% 2.7% 2.2%

特徴的なのは、現金・預金の比率です。

現金・預金

・日本 53.3%

・アメリカ 12.9%

・ユーロエリア 34.0%

世界的に見ても、日本は現金・預金が好きという事が分かりますね。

「貯金=正義」の考えを変える必要が有ります。

②投資をする資金が準備できていない

「結婚式を控えていてお金がいる」、「子供の教育費用で余裕ない」など、お金がないというのは理由として多いですよね。

投資を始めるのは、まとまったお金がいるわけでは有りません。

投資信託であれば、100円から購入が可能。

仮に、月10,000円ずつ25年間積み立てを行えば、約600万円ものお金確保できます。

少ない資金でも、コツコツ長期で運用する事でまとまったお金に。

まず、投資費用をお金を準備するには、固定費の見直しが大事です。

以下、記事でもまとめています。

不要な保険はすぐに見直そう【固定費削減シリーズ】こんにちはイチリタです。 今回は固定費削減として「不要な保険を見直そう」をテーマに記事にしていきます。 保険に加入=悪い事で...
家賃を見直して生活を身軽にしよう【固定費削減シリーズ】こんにちはイチリタです。 今回は固定費削減として「家賃を見直して生活を身軽にしよう」をテーマに記事にしていきます。 家賃は毎...

固定費を削減して、余裕資金から投資を始めましょう!

③投資=ギャンブルだから怖い

投資を行う事で「破産」、「借金」など怖いイメージを持たれている方も多いと思います。

コロナショックの暴落時でも「投資をしてなくて良かった・・・」という声も有りました。

投資をギャンブルにしない方法は以下の通り

・レバレッジをかけない(少ない資金で何倍もの取引をしない)

・広く分散された投資信託を買う

・余裕資金で長期投資を行う

破産をしてしまう主な原因は、レバレッジをかける取引です。

「FX」や「信用取引」などがレバレッジ取引になります。

資金コントロールをしながら取引をすれば、レバレッジ取引は効率が良い取方法ですがリスクも大きいです。

そこで、広く分散された投資信託の購入をおすすめします。

長期投資する事で高い勝率を確保できます。

以下金融庁のデータです。

金融庁調べによると、過去歴史から見て5年間の短期間積み立てでは元本割れリスク有り。

但し、20年の長期となると年5%のリターンが期待できるといった結果になっています。

金融庁より引用

つまり、長期分散投資については「投資=ギャンブル」ではなく、良い資産形成の方法と言えます。

将来を考える男

正しい投資を行えば、投資はギャンブルではなく資産形成に!

④投資について十分な知識を持っていない

「PER」、「PSR」など株式投資には株価を判断する目安があります。

特に、個別株投資では企業の成長性や割安さを知るために、企業を正しく調べ判断する力が必要です。

但し、インデックス投資であれば投資知識や企業研究をする事が不要です。

全世界や数千社に分散された投資信託であれば、経済全体の緩やかな成長と一緒に資産を拡大する事が可能となります。

インデックス投資戦略はこちらでまとめています↓

【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略こんにちはイチリタです。 今回は、【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略についてです。 今回は...

インデックス投資であれば専門知識は不要!

番外編:新たな投資家を誕生させるには

投資の面白さを一人でも多くの方に知って欲しいと思い記事を書いています。

もし、私と同じく新たな投資家を誕生させたい!と思う方に向けて、投資の勧め方は以下の通りです。

投資未経験者のイメージは

投資に対するイメージ日本証券業界証券投資に関する全国調査より引用

まず、プラス効果を教えてあげる

プラスのイメージ

・老後に向けた資産形成になる

・経済市況や企業業績など勉強するようになる

・投資は楽しい

続いて、以下マイナスイメージを払拭してあげる必要があります。

マイナスイメージ

・投資は難しい

・投資はギャンブルのようなもの

・お金がない

・なんとなく怖い

投資は難しくなく、正しい投資であればギャンブルでない事を説明してあげましょう!

投資の勧め方例

①応援をしたい企業の株を試しに購入してみたら?

②飲み会にいくのを1回控えて月5,000円から投資信託を購入してみたら?

③投資信託なら難しい知識もいらないよ?

後は株主優待などについても、教えてあげるのも良いかもですね。

1人でも多くの投資家が誕生する事を祈っています!

まとめ

今回のまとめ

・日本は先進国と比較して、投資人口は少ない

・投資を始めない理由「貯金=正義という考え」、「お金がない」、「投資は怖い」、「難しそう」など

・長期投資であれば、リスクは少なく資産形成になる

・新たな投資家を誕生させるには不安を払拭してあげる必要がある

イチリタ
イチリタ
投資を始めるきっかけとなれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資

こちらの記事もオススメ!