投資知識

【悩み】妻や家族に内緒で株取引ってバレる?│「結論バレる」理由と対策を解説

悩み人
悩み人
株を始めたいけど家族の理解が得られず反対されている。内緒で株取引を始める方法ってないのかな?

本記事では「家族に内緒で株取引」をテーマにバレる理由と対策を解説します。

積立NISAを中心に株式投資を始めるユーザーが増加。

但し、まだまだ日本ではマイノリティの存在であり、株取引を反対する方も少なくありません。

「家族に内緒で株取引・・・」と考える方もいますが、結論様々な方法でバレます。

バレにくい取引方法があるも、制約を掛けた取引はあまりにも不利な条件と言えます。

このため、本記事では「家族に内緒で株取引」バレる理由と対策を深掘りします。

【記事の結論】

家族に内緒に株取引は様々な理由でバレる。
投資手法によってはバレにくい方法もあるが制約をかけた取引では安定した資産形成は困難。まずは、家族の理解を得られるように努力をしよう。

妻や家族に内緒で株取引は可能なのか?

結論、同居している限り99%バレる

内緒で始めてトラブルになる前に現実を理解しましょう。

株取引がバレる理由は以下3点

順番に説明していきます。

理由①口座開設の書面が届いてバレる

証券会社に提出する口座開設申込書でバレます。

例えば、「SBI証券」の場合は以下の通り

「〇〇証券サービス申込書」在中としっかり記載。

株取引に興味のないパートナーでも絶対に分かります。

悩み人
悩み人
妻より先に封筒を受け取れば良いのでは?

残念ながら、封筒はまだまだ届きます・・・

理由②株主総会のお知らせ、株主優待が届いてバレる

株式取引を始めたら「株主総会のお知らせ」、「株主優待」が届いてバレます。

株主総会のお知らせ

「議決権行使書」、「配当金のお知らせ」などが年2回企業ごとに届きます。

株主優待

例:オリックスの株主優待

  • カタログギフト
  • お食事券
  • クオカード

など、企業独自の株主優待が届きます。

「株主総会のお知らせ」と「株主優待」は企業によって違いはあるも、年1~2回自宅に到着。

購入している企業が増加すると「保有銘柄×1~2回/年」

ここまで来ると、「家族より先に受け取る」というのは困難です。

理由③ネット履歴でバレる

株を始めたら市況や企業情報を分析する必要があります。

その際、ネット履歴でバレます。

今まで株の話をしていなかったあなたが、急に株の情報を調べていればパートナーは一発で気付きます。

また、取引には証券会社アプリを使用するのですが以下の通り。

楽天証券取引アプリ

この画面を見れば「なにか様子がおかしい・・・」と怪しまれるのは時間の問題です。

(結論)バレるので内緒で株を始めるのは辞めましょう

自宅に届く郵送物をすべて自身で受け取るのは困難です。

バレずらい方法としては以下の通り

  1. 権利月に株を保有しない(売却する)
  2. 投資信託、ETFのみ購入する
  3. 米国株を購入する
投資信託や米国株は株主優待のお知らせが届かない

米国株は、個別株であっても配当金通知もメールのみ。

但し、こんな理由で銘柄を決定していは安定した収益を確保するのは困難です。

不要なストレスを抱えるだけなので株を内緒で始めることはおすすめできません。

結論、素直に家族に株取引の了承を得よう

「株を妻や家族に認めてもらう」5つの対策

日本で投資をしている方は、「10人の1人程度」と言われています。

日本人の金融教育は先進国の中でも進んでおらず、「株なんかやめとけ!」と意見は珍しいものではありません。

具体的な理由は

  1. 株は借金になる
  2. 株は怖い
  3. 株は初心者には勝てない

結論、株に関する誤解と不安を取り除く事が大切です。

方法を順番に解説していきます。

対策①貯金=正義という誤解を解く

「貯金=正義」という誤解が国内では浸透しているのが現状です。

貯金というのは、元本は保証されていますがインフレによる「価値毀損」というリスクが隠れています。

Jeremy Siegel, Stocks for the Long Run, McGraw-Hill; 4th Edition, 2007.

上記グラフは、1802年に1ドルを、「株式、長期国債、短期国債、金、現金」のまま保有した場合、200年後それぞれいくらになっているか?をグラフにしたものです。

200年後の結果は

  1. 株式:700,000倍
  2. 長期国債:1,800倍
  3. 短期国債:280倍
  4. 金:4.5倍
  5. 現金:0.05倍

結果、現金の価値は0.05倍。

株式は700,000倍と驚異的な上昇となりました。

200年の歴史が証明しているように、貯金=安全ではなく「インフレリスクがある」という点は認識して貰う必要があります。

2022年急激な円安により日本円は世界的に見ても価値が減少

内容が難しいと感じたら、世界的ベストセラー本「敗者のゲーム」でお金の勉強をするのもおすすめです。

【要約】「敗者のゲーム(原著第6版)は難しい?」学ぶべき7つのポイント 本記事では「敗者のゲーム〈原著第6版〉」をテーマに著書から学ぶべきポイントを解説します。 敗者のゲームは世界的ベストセラー...

対策②取引ルールを明確にする

「リスクが高い取引はしない」など明確なルールを伝えましょう。

「信用取引」、「ボラティリティが高い金融商品」の投資はNG。

信用取引は少ない資金で大きく利益を上げる事ができる反面、リスクが高い取引方法となります。

最悪、証拠金が維持できず借金になる可能性も。

家族には投資ルールをしっかりと伝え、リスクの高い投資は控えましょう。

(参考)【注意】「信用取引はやめとけ!」やばいと言われる5つのデメリット

対策③定期的に運用状況を報告

月に1回など運用状況は定期報告するべきです。

ちなみに、我が家の投資ルールは

  • 月に1回資産を報告する
  • 信用取引は行わない
  • インデックス投資メイン

パートナーに不安を与えないよう、利益も損失もすべて正直に開示をしましょう。

家族への資産報告は「投資管理アプリ」を活用する事で手軽に報告が可能です。

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ12選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマにおすすめアプリを網羅的に紹介します。 資産形成を始めると「個別株」、「投資信託」など...

対策④株主優待をプレゼントする

「株主優待」をプレゼントして株式投資に興味を持って貰うのも良い方法です。

株主優待には

  1. カタログギフト
  2. お食事券
  3. クオカード

など、家族も嬉しい優待が沢山あります。

家族と一緒に投資先を選び、貰った株主優待を楽しむなど株取引に理解を得る方法として有効です。

長期保有におすすめな株主優待銘柄は以下の通り

【2022年】ジュニアNISAにおすすめ高配当+株主優待銘柄7選│長期保有におすすめ 本記事では、ジュニアNISAにおすすめの「高配当+株主優待」銘柄を紹介します。 ジュニアNISAを活用することで将来の教育...

対策⑤積立NISAによるインデックス投資を行う

結論、積立NISAなど非課税制度の利用がベストです。

個別投資は魅力があるも、「企業の倒産」、「不祥事」などのリスクがあります。

その点、「全米株式」など広く分散された銘柄に、ドルコスト平均法での投資は「年5%」程度リターンが期待できると言われています。

まずはリスクを抑えた投資法として、余裕資金で積立NISAを始める事でご家族の理解は得やすいと考えます。

積立NISAに向いている人、向いていない人については以下記事で詳しく解説しています。

【注意】「積立NISA」やめたほうがいい人の特徴5選│具体的対策有り 本記事では、「積立NISAやめたほうがいい人」をテーマに注意点と特徴を解説します。 積立NISAは2018年から開始された...

【妻や家族に内緒で株取引ってバレる?】まとめ

本記事では「株取引は家族にバレる?」をテーマに解説しました。

本記事のポイント

  • 妻や家族に内緒で株取引は困難
  • 理由は自宅に届く郵便物でバレる
  • 正攻法で家族の理解を得よう

家族に理解を得る方法

  1. 貯金=正義という誤解を解く
  2. 取引ルールを明確にする
  3. 定期的に運用状況を報告する
  4. 株主優待をプレゼントする
  5. 積立NISAによるインデックス投資を行う

結論、株取引は家族にバレてしまいます。

比較的にバレにくい方法として、「投資信託の購入」、「米国株へ投資をする」という方法もあります。

但し、不要な取引制限をかけることは正しい姿とは言えません。

家族の将来のために、長期目線で資産形成をすることは大切なことです。

家族に内緒で取引をするのではなく、理解が得られることを願っています。

以上、「株取引は家族にバレる?」理由と対策まとめでした。

【関連記事】「株やめとけ!」と言われたらこちらの記事をどうぞ

【注意】「株式投資やめとけ!」と言われる4つのデメリット│5つの対策あり 本記事では「株式投資」をテーマにやめとけと言われるデメリットを解説します。 非課税制度を中心に、株取引を始める方が増加。 ...

【関連記事】株の勉強方法に悩んだらこちらをどうぞ

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業です 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 すべての投資に共通することですが、最低限投...

【関連記事】株シミュレーションアプリを活用して投資の練習も可能です

【2022年】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーション」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、「配当...