証券会社

【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!

こんにちはイチリタです。

今回は、【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!についてです。

「株式投資やるぞ!」と思ったら、まず証券口座を開く必要が有ります。

そこで出てくるこんな悩み

「初めての証券口座を開設したいけど、どこがオススメなんだろう?特徴なんかも分かりやすく教えて欲しいな~」

たくさんの証券会社があるので、どこで証券口座を作ったら良いの?と悩みますよね。

今回は、初めての証券口座のおすすめを紹介します!

初めての証券口座で悩んだら

結論としては、「SBI証券」、「楽天証券」がオススメです!

SBI証券と楽天証券は、「ネット証券」です。

開設ランキングでも常に人気がある証券口座です。

その理由は以下の通りです。

・取引手数料が安い

・取引方法が簡単

・IPO取扱いが多い

それでは順を追って説明します。

総合証券とネット証券の違いは?

まず初めに、総合証券ネット証券の違いについて説明します。

総合証券・・・野村証券や大和証券など

ネット証券・・・楽天証券、SBI証券など

総合証券とネット証券の比較は以下の通りです。

総合証券 ネット証券
実店舗の有無 ×
担当者による投資助言 (但し、資金量の多い顧客中心) (AIチャットやコールセンター)
手数料
IPO (主幹事多い) (最近は主幹事の場合も)
取引のしやすさ
投資信託 (取り扱い限られる) (取り扱い豊富)

簡単にいうと、実店舗で担当者が投資アドバイスを行ってくれるのが「総合証券」です。

取引手数料が安く、投資信託の取り扱が多いのが「ネット証券」です。

特にお年寄りにとっては、実店舗で投資アドバイスが聞けるという点は嬉しいですよね。

但し、「総合証券」の店頭取引手数料は非常に高額です。

取引手数料の違い

ネット証券をおすすめする理由の一番は「取引手数料」の安さです。

まず、店頭で株式を購入した場合の手数料は以下の通りです。

店頭購入手数料について

店頭購入の手数料は非常に高額です。

20万円を100株購入するだけで、2,860円の手数料が発生します。

初心者の場合、電話や店頭で相談しながら株式を購入出来たら安心ですよね。

しかし、20万円以下の株式購入手数料が2,860円はあまりにもイタイ・・・

購入銘柄を追加するたびに、手数料が発生してしまうため取引手数料は口座開設する上で大事なポイントです!

ネット証券の手数料について

ネット証券の手数料は非常に低コストです。

また、購入額に応じて細かく手数料が設定されています。

下記各社ホームページにてまとめてみました。

野村証券 SBI証券  楽天証券
5万以下 55円
10万以下 152円 99円
20万以下 115円
30万以下 330円
50万以下 524円 275円
100万以下 1,048円 535円

野村証券はオンライン注文の金額を記載しています。

上記比較表の通り、手数料は約2倍野村証券が高い

また、ネット証券は5万、10万、20万以下と細かく手数料が区分けされている点も、投資家にとってはありがたい設定ですね。

手数料差は数百円ですが、積み重なる内に大きな差となってしまいます。

手数料を抑えることができる「ネット証券」で口座開設しましょう!

初めて口座開設はSBI証券、楽天証券!

初めて開設するオススメのネット証券については、「SBI証券」・「楽天証券」です。

上記2社はネット証券の人気ランキングでも常に上位に入る優秀な証券会社です。

「SBI証券」、「楽天証券」の特徴は以下の通りです。

SBI証券の特徴

・ネット証券開設数NO.1!

・IPO取扱い銘柄NO.1!

・IPO申し込みに外れても、IPOチャレンジポイントが貰える

・Tポイントで投資信託を購入できる+保有数に応じて貯まる

・米国ETF定期を自動積み立てが可能

・ジュニアNISAで米国ETFを購入が可能

SBI証券はこんな方におすすめ

・みんなに指示されているNO.1が好きな方

・米国ETF自動積み立てに興味が有る方

・IPO投資にもチャレンジしてみたい方

・ジュニアNISAを開設予定の方

こんな方はぜひSBI証券を選びましょう!

 

SBI証券はIPO取扱いがNO.1です。

IPO抽選に外れても、チャレンジポイントが貰えます。

長期で貯める事で、人気IPO銘柄もゲットできる可能性が有ります!

IPO投資について以下で説明しています。

IPO投資のメリット、デメリットは?人気の理由と証券会社選びなど解説こんにちはイチリタです。 今回は、IPO投資のメリット、デメリットは?人気の理由と証券会社選びなど解説についてです。 IPO...

楽天証券の特徴

・楽天ポイントで株や投資信託を買う事できる

・楽天ポイント投資をする事で、楽天SPUが1倍アップ

・投資信託を5万円までクレジットカードで購入できる(つまり1%還元)

・楽天銀行と証券口座を連携する事で普通預金金利が年0.02%に(大手銀行の20倍)

・無料で日経新聞を見る事が可能

楽天証券はこんな方におすすめ

・楽天ポイントを貯めている方

・楽天市場で買い物する方

・つみたてNISAを検討している方

・日経新聞を無料で読みたい方

こんな方は楽天証券を選びましょう!

楽天ユーザーなら迷わず楽天証券がオススメです!

投資信託の積み立てを楽天カード払いにすることで、1%のポイントが貯まる点は他の証券会社には無いサービスです。

また、楽天証券アプリで日経新聞を無料で読む事が出来ます!

日経新聞を無料で読む方法はこちらで説明しています↓

楽天証券で日経新聞を無料で読んで6万円を節約する方法【固定費削減シリーズ】こんにちはイチリタです。 今回は、楽天証券で日経新聞を無料で読んで6万円を節約する方法【固定費削減シリーズ】についてです。 ...

まとめ

今回のまとめ

「SBI証券」or「楽天証券」ともに素晴らしい証券会社

・総合証券のメリットもあるが、取引手数料が課題

・ネット証券は取引手数料が低コスト

・悩んだら「SBI証券」or「楽天証券」2社口座開設する

口座開設に関わる費用、維持管理料共に無料のためご安心下さい。

イチリタ
イチリタ
投資を始めるきっかけになれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資