投資知識

【結論】初めての証券口座は楽天証券とSBI証券がおすすめ│理由をシンプルに解説

こんにちはイチリタです。

株式投資を始めようと思います。初めての証券口座はどこがおすすめですか?

本記事ではこんな悩みを解決します。

初めての証券口座は楽天証券とSBI証券がおすすめ

結論、「楽天証券」or「SBI証券」でOK。

現状、口座開設もTOP3に入る人気ネット証券です。

人気の理由は以下の通り

  • 取引手数料が安い
  • つみたてNISAの取扱い商品が豊富
  • 取引アプリが優秀

順番に説明していきますね。

理由①取引手数料が安い

取引手数料は大切なポイントですよね。

結論、「ネット証券」である楽天証券、SBI証券共に格安。

良く比較されるのが「総合証券」との手数料。

総合証券とは「実店舗をもっている証券会社」です。

代表的な「総合証券」は以下の通り

  • 野村証券
  • 大和証券
  • みずほ証券
  • SMBC日興証券

 

簡単にいうと、

  • 総合証券:実店舗で担当者の投資アドバイス貰える
  • ネット証券:取引手数料が安く、投資信託の取扱いが多い

総合証券のメリットは、投資アドバイスが貰えるという点ですね。

が、中には「ぼったくり投資信託」と言われる投資商品を案内される可能性があるのでご注意を。

詳しくは以下で解説しています。

【注意】「ぼったくり投資信託」に騙されない4つのポイントを教えますこんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 投資信託の中には「ぼったくり投資信託」が存在します。 ...

簡単に、総合証券の手数料と比較していきますね。

店頭注文の取引き手数料

参考まで、「総合証券」の店頭注文手数料

 

結論、店頭注文が高すぎるので辞めましょう。

ネットでの手数料比較

野村証券、SBI証券、楽天証券を比較してみました。

野村証券 SBI証券
楽天証券
5万以下 55円
10万以下 152円 99円
20万以下 115円
30万以下 330円
50万以下 524円 275円
100万以下 1,048円 535円

数百円程度ですが、ネット証券の方が安い形に。

手数料というのは、買いと売り合計2回発生

金額は数百円の差ですが、売買回数が増えると大きな差となるのでご注意を。

理由②つみたてNISAの取扱い数が豊富

金融庁が勧めるNISA取扱い銘柄数に違い有り。

証券会社 つみたてNISA取扱い数
SBI証券 164銘柄
楽天証券 161銘柄
野村証券 7銘柄

つみたてNISA銘柄を選ぶという点で、「ネット証券」の方が圧倒的に優位です。

理由③取引アプリが優秀

楽天証券とSBI証券の取引アプリは優秀です。

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

Rakuten Securities, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天証券のアプリは操作性、情報量共に最高です。

  • 四季報のチェックが可能
  • 株主優待も閲覧できる
  • 無料で日経新聞が読める

日経新聞を無料で読む方法はこちらで説明しています↓

【朗報】日経新聞を無料で読む方法アリ│楽天証券アプリを活用するべしこんにちはイチリタです。 本記事では、「日経新聞を無料で読む方法」を解説します。 こちらの記事を読む事で毎月の固定費...
SBI証券 株 アプリ - 株価・投資情報

SBI証券 株 アプリ – 株価・投資情報

株式会社SBI証券無料posted withアプリーチ

SBI証券も操作性が抜群です。

  • 主要指標のチェック
  • 株主優待の確認
  • 注目銘柄リスト有り

個人的に使用感は楽天証券のアプリが好みですが、どちらも投資家から高い評価を得ています。

SBI証券、楽天証券の特徴

どちらも優秀ですが、特徴が違うので解説しますね。

SBI証券の特徴

SBI証券の特徴は以下の通りです。

  • IPO取扱い本数が多い
  • 米国ETFの自動積立てが可能
  • 口座開設数NO.1
  • ジュニアNISAで米国ETF購入可能

米国ETFの自動積立てができるのはSBI証券のみ。

また、IPO取扱い本数が多いため、IPO投資をしたいという方はSBI証券一択です。

こんな方はSBI証券をおすすめします。

SBI証券の口座開設はこちら

楽天証券の特徴

楽天証券の特徴は以下の通りです。

  • 楽天ポイントで株や投資信託が購入可能
  • 投資信託を楽天カードで購入可能
  • 楽天銀行と連携する事で、普通預金金利がアップ
  • 無料で日経新聞が読みたい方

楽天のポイント還元率も高まるため、日頃楽天証券で買い物している方におすすめ。

クレジットカードで投資信託積立にも対応しており、ポイントをお得に貯めたい方は

楽天証券を選びましょう!

まとめ

今回のまとめ

・SBI証券と楽天証券はぶっちゃけ神レベルです

・投資初心者にとって総合証券のメリットは有りません

・取引手数料は証券会社選びに重要なポイント

・悩んだら「SBI証券」or「楽天証券」2社口座開設もOK

口座開設に関わる費用、維持管理料共に無料のためご安心下さい。

ちなみに私はどちらの証券会社も使っています。
【2021年】株式投資に便利なアプリまとめ14選│おすすめランキングこんにちはイチリタです。 株式投資に便利なスマホアプリ活用すると、あなたの投資環境を整える事ができます。 しかも、無料でOK...

人気アプリまとめ記事