投資手法

【決算またぎはギャンブルか?】発表後上がる株と下がる株の見分け方を考える

悩み人
悩み人
来週保有株の決算があり、売却するかホールドを続けるか悩みます。決算またぎってやっぱりギャンブルですか?

本記事では、「決算またぎはギャンブルか?」をテーマに発表後の動きを解説します。

記事をチェックする事で、決算に対する考え方が学べます。

  1. 決算またぎの株価の動き
  2. 決算発表後上がる株、下がる株の特徴
  3. 決算またぎの注意点

こちらの内容で順番に解説します。

決算またぎはギャンブルか?

まずは結論から!

好決算を期待した「投機」トレードなら間違いなくギャンブルです。

なぜなら、「好業績であれば株価が上がる」という単純なものでは無いため。

具体的な事例を元に解説します。

①(4644)イマジニア決算動向

まずは、決算発表後「急落パターン」です。

「イマジニア」の事業はモバイルコンテンツの配信やキャラクターラインセンス商品販売。

決算は以下の通り

イマジニア決算短信より引用

  • 営業利益は前比2.6倍
  • 売上高前比1.5倍

結論、増収増益の好業績を発表。

それにも関わらず、株価は暴落しています。

1Qの営業益4.4億円対して、2Qは約1.7億円と成長が鈍化している事が要因です。

②(8938)グロームHD決算動向

続いて、決算発表後「急騰パターン」です。

「グローム」の事業は、倉庫不動産のサブリース事業を展開。

現在は病院関連の事業にビジネスを転換中。

決算は以下の通り

グロース決算短信より引用

  • 営業益前比85%減
  • 売上も大幅下落

結論、前年を大きく下回る散々な決算。

但し、株価は大幅上昇しています。

株価上昇の要因は、「悪材料出尽くし」、「病院関連事業の黒字化」という点が評価されました。

2企業決算の動きを紹介しましたが、

結論、決算後の株価は業績連動ではない

という点は覚えておきましょう。

なぜなら、投資家は「株は思惑で買って事実で売れ」という行動を取るためです。

「株は思惑で買って事実で売れ」とは?

言葉の通りですが、株は予測で買われ事実で売られるという意味です。

  • 新事業が始める
  • 新製品の販売が好調

こんな噂に投資家が飛びつきます。

結果、投資家から「買い」が集まり株価は大きく上昇。

但し、決算が発表され期待や思惑が事実に変わると、投資家は一旦利益確定の動きに

結果、株価が急落する・・・

これが、「株は思惑で買って事実で売れ」と言われる由来です。

つまり、「株価は現在でなく未来の期待」で変動します。

決算が発表されると期待が事実に変わり、好業績は株価には織り込み済みと判断され株価が急落。

この株価動向を予測する事は極めて難しく「決算またぎは一種のギャンブルである」と言われる理由です。

決算後の株価の動きは以下の通り
(感覚的な物になりますが)

  • サプライズ好決算:株価が上がる
  • 好決算:株価下げる
  • 昨年同様:株価下げる
  • 悪決算:株価大幅下落

個人的には、決算またぎ後は下がるイメージの方が強いです。

決算発表後上がる株と下がる株の見分け方とは?

あくまで一例ですが、移動平均線の乖離率を見る方法をご紹介します

ちなみに、移動平均線については以下の通り

移動平均線とは

一定期間における終値の平均値を線で繋げたものです。 大まかな動きや現在のトレンド分析、売買タイミングの参考として役立つ指標です。

今回、使用するのは「25日移動平均線」

こちらも具体的な事例でご紹介します。

①(3059)ヒラキの決算動向

ヒラキは780円スニーカーなど超低価格商品を販売しています。

(参考)ヒラキ公式ホームページ

ヒラキの決算は以下の通り

ヒラキ決算短信より引用

営業利益60.7%と大幅増益での着地です。

それにも関わらず、決算発表後に株価は下落。

以下、ヒラキのチャート25日移動平均線との乖離率に注目を。

25日移動平均線から大きく乖離していたチャートは75日移動平均線に戻っています。

推察すると、既に投資家の期待が株価に織り込まれており、決算(事実)で売られたパターンです。

もう1社ご紹介します。

②(7748)ホロンの決算動向

ホロンは半導体電子ビーム測定・検査装置を販売している会社です。

決算は以下の通り

ホロン決算短信より引用

こちらは営業利益44.7%減と2Q決算は前年比マイナス。

ヒラキ同様25日移動平均線と乖離率が大きく急落しています。

これが「見分け方として正解なのか?」と言われと、もちろん例外はたくさん有ります。

見分け方の1つとして参考程度での活用をおすすめします。

結論としては、決算またぎを利用したギャンブルトレードは控える事が大切です。

長期投資家にとって決算はただの通過点

ここまで色々と解説しましたが、長期投資家なら決算はあくまで通過点です。

利益確定に押され、好決算であっても株価は急落する事があります。

デイトレーダーなど短期投資家であれば、決算前後は手仕舞いのタイミングです。

但し、あなたが長期投資家なら決算前後の株価推移を気にするのは辞めましょう。

そこで、長期投資家向けに見るべきポイントを解説します。

結論、注目するべき箇所は「中期経営計画」をチェックしましょう。

中期経営計画とは?

3~5年の将来、企業として売上・利益をどこまで拡大していくのか?を株主にお披露目するものです。

社長
社長
私たちの会社は5年後ここまで拡大させます!

こんな宣言です。

上記で紹介した、グロームHDの中期経営計画を元に解説。

以下、2021~2025年の中期経営計画です。

5年後には経常利益を1,000倍を宣言しています。

グロームHDは、病院関連事業に大きくビジネスを転換中。

  • 病院の支援
  • 病院の収益アップ施策
  • 施設管理、遊休地の活用

上記事業を拡大し、大きな企業成長を宣言した形ですね。

長期投資家の方は、決算直後の株価変動で売却をするのではなく、中期経営計画と比較して「進捗はどうなのか?」

という点に注目する事をおすすめします。

もちろん、企業の不祥事・中期計画との大きな進捗遅れなどの場合は損切りが必要となります。

決算またぎギャンブルまとめ

本記事では、「決算またぎはギャンブルか?」をテーマに解説しました。

記事のポイントは以下の通り

  • 好決算を狙ったトレードはギャンブル
  • 好決算でも株価の急落はある
  • 投資家は期待で買い、事実で売却をする行動を取る
  • 長期投資家は「中期経営計画」をチェックしよう

決算前後は株価の変動率が高まるため、好決算を狙ったギャンブルトレードは控えましょう。

業績と株価は連動しないことがあるため、ご注意下さい。

以上、「決算またぎギャンブルか?」まとめでした!

決算や月次レポートのチェックは株アプリを活用しましょう。

株view(カビュウ)

カビュウ は過去の株トレード履歴を記録~分析してくれるアプリです。

  • 損益推移をチャートで表示
  • 過去の取引履歴から分析
  • 最新の適時開示情報を提供

2021年4月30日のアップデートで機能が大幅進化し「米国株」にも対応。

約6,000銘柄の米国株に対応しています。

おすすめのポイントは、「保有株の適時開示に対応」している点です。

保有株の決算や月次レポートが発表されると、自動であなたに通知。

漏れなく情報取得ができるのが活用するべきポイントです。

気になる方は以下からダウンロードどうぞ(無料でも利用可能です)

カビュウ - 自動でトレード記録・分析

カビュウ – 自動でトレード記録・分析

無料posted withアプリーチ

カビュウ使い方を詳しく知りたい方は以下記事もどうぞ

【株view(カビュウ)】使い方、評判を解説│アップデートで米国株に対応! 株式投資でこんなお悩み有りませんか? 複数の証券口座を一括管理したい 日本株も米国株も同時に可視化したい ...

【関連記事】株のテクニカル分析におすすめのツール、アプリを紹介しています。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析の勉強」をテーマにおすすめアプリ、ツールを紹介します。 無料で使えるアプリ、ツールを紹介してい...

【関連記事】株スクリーニングに対応したアプリを紹介しています。

「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ8選│無料活用できるツールのみ厳選 本記事では「株スクリーニングアプリ」をテーマにおすすめのツールを紹介します。 すべて無料で活用できるのでご安心を! 株の...

【関連記事】おすすめの株メルマガについて解説しています。

【厳選】「株式投資無料メルマガ」おすすめランキング8選│有料課金は不要です 本記事では「株式投資メルマガ」をテーマに無料メルマガおすすめを厳選しました。 記事のポイント メルマガを利用...

人気アプリまとめ記事