投資手法

【究極の投資法】恩株とは?│配当と優待がタダ【長期投資家向け】

悩み人
悩み人
「恩株」ってなんだろう?メリット、デメリットを知りたい

本記事では、「恩株」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

ポートフォリオに恩株を増やすことで、市況が厳しい時の強い味方になります。

株を売却する1つの目安にもなるためぜひチェックしておきましょう。

記事の構成は以下の通り

  • 恩株の魅力とは?
  • 恩株のメリット、デメリット
  • 恩株の作り方

恩株とは?

まずは恩株の基本から解説します。

恩株とは、「投資コストが発生していない保有株式」を指します。

もっとシンプルにすると、「投資元本は回収済みの保有株」です。

読み方は「おんかぶ」です。

これだけでは分かりづらいので具体的事例を見ていきましょう。

【事例】

  1. A社の株式を200株 株価1,000円で購入
  2. 半年後株価は2,000円に上昇
  3. 株価2,000円で100株売却
  4. 投資元本を回収した100株が残る

この手元に残った100株が「恩株」です。

無料となった事から、別名「タダ株」とも言われています。

恩株について

「恩株」3つのメリット

メリット①投資元本を回収しているため暴落しても精神的に楽

恩株は投資元本を既に回収しています。

つまり、どれだけ株価が暴落しても投資資金がマイナスになることはありません。

市況が厳しい時は、ポートフォリオの多くが株価下落。

そんな時でも、「元本は回収している」と考えることで精神面で強い味方になります。

メリット②コストゼロで配当や株主優待を毎年届けてくれる

恩株はコストゼロであなたに「配当」と「株主優待」を届けてくれます。

暴落リスクも無くタダで資産を増やしてくれる保有株は「お金の生る木」と言えます。

貰った配当金を貯めて他の株式を購入する事で、コストゼロの恩株を更に増やす事もできます。

恩株が恩株を作るという良いスパイラルを作る事も可能です。

恩株の良いスパイラル

メリット③利益確定する一つのルールにもなる

恩株を利益確定のルールにする投資家も存在。

「株は買うより売る方がはるかに難しい」と言われています。

なぜなら、上昇している株を見て「まだまだこの株は上がるんじゃないか・・・」と欲深く考えてしまうのが人間。

このため、「株価が2倍になったら半分売却する」というルールを設定するのもおすすめです。

「恩株」のデメリット

「恩株を作りたい!」と考える場合、デメリットもチェックしておきましょう。

恩株のデメリットは、「長期間の保有が前提となる」という点です。

つまり、恩株を意識するあまり割高の株を継続保有するというリスクがあります。

恩株はあくまで投資法の1つであり、市況や業績から柔軟な対応をするようにしましょう。

「売り時が分からない・・・」という方はテクニカル分析の勉強もおすすめです。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...

「恩株」の作り方

結論、単元株の場合「200株以上」保有する必要があります。

最近であれば、1株で取引できる証券会社があるため、資金面で不安がある方は単元未満株で取引ができる証券会社を活用しましょう。
(参考)ワンコインで投資できる証券会社

恩株の作り方は以下の通りです。

例①保有株1000株 株価2倍上昇の場合

シンプルに2倍になったら保有株を半分売却する方法です。
※スマホの方はスライドできます。

株価 保有数 評価額
2022年1月1日 100円 1000株 10万円
2022年6月1日 200円 1000株 20万円
500株売却 500株恩株

例②保有株1000株 株価が1.5倍になった場合

※スマホの方はスライドできます。

株価 保有数 評価額
2022年1月1日 100円 1000株 10万円
2022年6月1日 150円 1000株 15万円
700株売却 300株恩株

株価が1.5倍になった場合、700株売却で投資元本が回収され恩株になります。

ポイントは「2倍の値上がりが必須という事ではない」という点は覚えておきましょう。

恩株投資家の師匠は父

珍しいと思うのですが、筆者の両親は証券会社勤務と小さな頃から株式投資と近い関係にある家でした。

そんな事もあり、投資の師匠は株取引歴45年の父。(今も現役の投資家)

色々とアドバイスを貰う1つをご紹介します。

株は200株以上買う。そして、投資元本を回収したら100株だけ売りなさい。そんな保有株を増やしていったら老後幸せな人生になる。

株式投資を始めたばかりの頃は、この言葉の意味が分からなかったのですが・・・

結論「恩株」を作りなさいという事だったようです。

実際に父も恩株投資家であり、恩株リストでも一押しは、トヨタ自動車株価3,200円(200株)との事。
(追記)分割により640円1,000株になったようです。

2012年株価低迷時400株保有し、見事に恩株化

みんなの株式トヨタ自動車チャートより引用

配当として「毎年4万円以上」届けてくれる素晴らしい恩株銘柄です。

大型株が恩株になるには、長期スパンでの保有が必要なためリスクはありますがぜひ目指してみたいと思います。

筆者の恩株候補銘柄

筆者も恩株化ができる銘柄が誕生。

(8591)オリックスを複数名義で保有しており、売却することで恩株になります。

但し、「実際に売却するのか?」となると今のところ考えていません。

オリックスの場合、株主優待「カタログギフト」と配当が素晴らしく継続保有を続けていく予定です。

投資家の性格にもよりますが、筆者が恩株を作るのはまだまだ先になりそうです・・・

オリックス株主優待内容は?いつ届く?権利確定日などポイントを解説 本記事では「オリックス株主優待」をテーマにいつ届くか?優待内容など解説します。 オリックスは高配当かつカタログギフトが貰え...

「恩株」まとめ

本記事では「恩株」をテーマにメリット、デメリットを解説しました。

記事のポイントは以下の通り

「恩株」のメリット

恩株を保有することで株価暴落時の強い味方に。

投資をする目標の1つとして、「恩株を増やしていく」というのも面白いと考えます。

但し、株価が2倍になるには長期保有が前提となるため、市況や業績を見ながら柔軟な対応をするようにしましょう。

以上、「恩株とは?」まとめでした。

イチリタ
イチリタ
株を購入したら投資管理アプリの活用も検討してみましょう!(無料アプリです)

①株view(カビュウ)

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

過去の株取引を記録~分析したい方は「カビュウ」の活用を。

2021年4月30日アップデートで「米国株」にも対応しました。

株取引では失敗トレードから学ぶ事が多く有り。

いつ買って(IN)いつ売った(OUT)情報から日々のトレードの反省点が明確になります。

また、証券口座を登録すると最新の保有資産が手軽にチェックできます。

カビュウの使い方、評判については以下で詳しく解説しています。

【株分析アプリ】「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応 本記事では、株分析アプリ「カビュウ」をテーマに使い方、評判を解説します。 カビュウを活用する事で以下悩みを解決します。 ...

②「マネーフォワードME」

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

posted withアプリーチ

普通預金から証券口座、年金までトータル管理をしたい方は「マネーフォワードワードME」の活用を。

入金された配当金も手軽にチェック可能です。

利用料も無料でOK。(但し、無料版は連携10口座まで)

あまり、知名度高くありませんが無料でも連携数無制限のおかねのコンパスというアプリもあり。

マネーフォワードとおかねのコンパスの違いって何?という疑問はこちらでレビューしています。

【関連記事】独学で株を勉強する方法を解説しています。

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業です 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 すべての投資に共通することですが、最低限投...

【関連記事】他にもワンコイン投資ができる単元未満株アプリを紹介しています。

【ワンコインでOK】お小遣で投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、ワンコインから投資ができる「おすすめ少額投資アプリ」の特徴と違いを解説します。 単元未満株は少額から取引を始め...

【関連記事】テンバガー(10倍株)の特徴、見つけ方はこちらで解説しています。

【検証】「テンバガー(10倍株)の特徴とは?」見つけ方を5つのポイントで解説 本記事では、「テンバガーになる銘柄の特徴」をテーマに5つのポイントを解説します。 テンバガーとは保有株が10倍になる事を指...

人気アプリまとめ記事