株アプリ

【無料】「ヒートマップに対応」株アプリ、ツール7選│効率的な株価チェック

悩み人
悩み人
ヒートマップを活用して株価を効率的にチェックしたい。おすすめのアプリ、ツールを教えて欲しい

本記事では、「株ヒートマップ」をテーマに効率的に株価が確認できるアプリ、ツールを解説します。

ヒートマップは、リアルタイムの株価を視覚的に確認することが可能。

「セクター別、時価総額別に今市況がどう動いているのか?」をチェックするのに最適です。

無料で使えるツールが多数あるため、自身に合った物を活用するようにしましょう。

ヒートマップとは?

まずは、ヒートマップの基本について解説します。

ヒートマップとは?

株価がどれくらい上がっているのか、下がっているのかパネルの背景色によって一目でわかるツール

パネルの背景色により株価の上昇・下落が分かるため、相場状況を視覚的に捉えることができるのが強みと言えます。

アプリ、ツールの中には

  • 保有株
  • 株価指数
  • 登録銘柄

など、ヒートマップを表示する情報は様々。

このため、それぞれの特徴を順番に解説していきます。

「ヒートマップ」おすすめ株アプリ、ツール7選

本記事で紹介するヒートマップツールは以下の通りです。

順番に解説します。

①finviz

「finviz」は米国株のヒートマップに対応したツール。

利用料 無料
対応株式 米国株、世界株式、ETF
特徴 米国株スクリーニング、セクターにも対応

サイズは「時価総額」、色は「騰落率」を表しています。

タブ選択で全世界株式も確認することが可能。

また、期間変更にも対応しており「1ヵ月」、「1年間」など長期的な動向を視覚的にチェックするのに最適です。

「グループ」タブでは米国株のセクター別パフォーマンスも表示。

米国株のヒートマップなら「finviz」を活用しよう

(公式)finviz.comヒートマップ

②カビュウ

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

「カビュウ」は保有株のヒートマップに対応したツール。

利用料 無料(有料プランあり)
対応株式 日本株、米国株、ETF
特徴 保有株式のヒートマップに対応

サイズは「時価総額」、色は「騰落率」を表しています。

保有株の騰落率を視覚的に確認したい方に最適。

株取引の分析ツールとしても優秀です。

「いつ買って、いつ売ったか?」が取引履歴を通してチェックすることができます。

また、自身の投資実績を元に投資家タイプ診断という面白い機能もあり。

自身の性格やタイプを客観的に判断するのに最適です。

保有株のヒートマップなら「カビュウ」を活用しよう

「カビュウ」ダウンロード

③nikkei225jp.com

「nikkei225jp.com」は日経平均株価のヒートマップに対応。

利用料 無料
対応株式 日本株
特徴 日経平均株価のヒートマップに対応

上記同様、サイズは「時価総額」、色は「騰落率」を表しています。

企業名にカーソルを合わせると「株価」、「前日比」など企業情報を表示。

「企業別指数」をタップすると、セクター別の動向を網羅的にチェックすることができます。

(公式)日経平均 寄与度 ヒートマップ

④SBI証券(HYPER SBI2)

SBI証券」が提供するHYPER SBI2でヒートマップをチェックすることができます。

利用料 無料
対応株式 日本株
特徴 デイトレーダーなど取引頻度が多い方におすすめ

日経平均、TOPIX100、マザーズの3種類に対応。

サイズは「時価総額」、色は「騰落率」を表しています。

ヒートマップ上の銘柄にカーソルを合わせると、該当する業種および銘柄の現在値や前日比を表示。

SBI証券で口座を保有している方は「HYPER SBI2」を活用しよう

(公式)HYPER SBI2|SBI証券

⑤楽天証券(MARKET SPEEDⅡ)

楽天証券」が提供するMARKETSPEEDⅡもヒートマップツールを提供。

利用料 無料
対応株式 日本株(登録銘柄)
特徴 デイトレーダーなど取引頻度が多い方におすすめ

気になる銘柄を登録すればヒートマップをいつでも確認することができます。

ザラバ情報から登録を行う

また、「日経テレコム21」から日経新聞を無料で読むことも可能です。

楽天証券で口座を保有している方は「MARKETSPEEDⅡ」を活用しよう

(公式)マーケットスピードⅡ | 楽天証券

【画像で解説】日経新聞を無料で読む方法とは?│楽天証券を活用した見方 本記事では、「楽天証券を活用した日経新聞を無料で読む方法」をテーマにやり方を解説します。 日経新聞は情報収集のツールとして...

⑥マネックス証券(マーケットボード)

マネックス証券」が提供するマーケットボードもヒートマップツールを提供。

利用料 無料
対応株式 日本株、米国株、ETF、為替
特徴 自身の気になる銘柄を登録できる

自身の気になる銘柄のみ登録できるため、効率良く株価の動向をチェックできるのが強みです。

日本株だけでなく、米国株も登録可能

また、SBI証券、楽天証券と異なり取引ツールをダウンロードする必要が無い点も利用者のメリットと言えるでしょう。

詳細を押すとすぐに銘柄情報もチェックできる。

マネックス証券で口座を保有している方は「マーケットボード」を活用しよう

(公式)マネックス証券

⑦松井証券(株価ボード)

松井証券」が提供する株価ボードもヒートマップツールを提供しています。

利用料 無料
対応株式 日本株、国内ETF、為替
特徴 自身の気になる銘柄を登録できる

1グループ当たり、最大100個まで気になる銘柄を登録することができます。

チャート推移も一覧でチェック可能。

松井証券で口座を保有している方は「株価ボード」を活用しよう

(公式)松井証券

ヒートマップで気になる株を見つけたら対応するべき3つのポイント

ヒートマップで気になる株を見つけたら以下対応を行いましょう。

  1. スクリーニングアプリで銘柄分析
  2. テクニカル分析を行う
  3. デモトレードアプリを活用して練習

順番に解説します。

①スクリーニングアプリで銘柄分析

ヒートマップで気になる銘柄を見つけたら企業分析を行いましょう。

株価の指標として活用される

  • PER、PBR
  • 売上高増加率
  • 経常利益増加率
  • 大株主の構成

など、企業名を入れるだけで分析をすることができます。

例:銘柄スカウターを活用した場合

企業別の四半期業績を表示。

PER、PBR推移を確認できる。

米国株も無料でスクリーニングに対応しており、まだ利用していない方は以下記事もチェックしておきましょう。

【完全攻略マニュアル】銘柄スカウター使い方、評判を解説【米国株対応】 本記事では、「銘柄スカウター」をテーマに使い方、評判を解説します。 銘柄スカウターはマネックス証券が提供する無料分析ツール...

②テクニカル分析を行う

スクリーニングアプリで銘柄分析を行った後は、テクニカル分析も行ってみましょう。

いくら優良企業で合っても、買い時を誤ると長期的に含み損の状態になる可能性があります。

代表的なテクニカル分析は以下の通り

  1. 移動平均線
  2. 移動平均乖離率
  3. ローソク足
  4. ポリンジャーバンド
  5. 一目均衡表

など、自身と相性の良い分析方法を活用しましょう。

「テクニカル分析のやり方が分からない」という方は、手軽に勉強できる無料ツールを紹介しています。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...

③デモトレードアプリを活用して練習

上記銘柄分析が終了したら実際に株を購入してみましょう。

但し、「ユーザーの中にはお金を掛けずに練習してみたい・・・」という方も少なくありません。

そこで当サイトでは株デモトレードアプリの活用を推奨しています。

株デモトレードアプリに悩んだら「株たす」を活用しよう

株たすの特徴は以下の通り

  • 本物の株価を使用しリアルなデモ体験
  • 取引銘柄3,600銘柄以上
  • 漫画で株式投資が学べる

対象銘柄も幅広く「東証一部、二部、マザーズ、JASDAQ」に上場している銘柄から購入することができます。

気になる銘柄をお金を掛けずにノーリスクで投資してみましょう。

本番さながらのデモトレード体験が可能

ダウンロードは以下からどうぞ(無料で遊べます)

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

株たすの使い方、評判については以下記事で詳しく解説しています。

デモトレードアプリ「株たすとは?」使い方、評判を解説│株の練習に最適(PR) 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 当サイトでは株デモトレードアプリを多数レビュ...

「ヒートマップに対応」株アプリ、ツール【まとめ】

本記事では、「株ヒートマップ」をテーマに効率的に確認できるアプリ、ツールを解説しました。

本記事のポイントまとめ

その他、自身が保有している証券口座のヒートマップツールも確認。

ヒートマップツールを活用すれば、視覚的に株価の動きを確認することができます。

無料で使えるツールのため、積極的に活用してみましょう。

以上、「株ヒートマップ」をテーマに効率的に確認できるアプリ、ツールまとめでした。

【関連記事】VIX指数に対応しているアプリ、ツールを紹介しています。

VIX指数(恐怖指数)チャートアプリ、ツール5選│確認方法を解説 本記事では「VIX指数」をテーマにチャートが確認できるアプリ、ツールを解説します。 VIX指数は米国S&P500の...

関連記事】株式投資メルマガをテーマにおすすめを紹介しています。

【厳選】「株式投資無料メルマガ」おすすめランキング8選│有料課金は不要です 本記事では「株式投資メルマガ」をテーマに無料で使えるおすすめメールマガジンを解説します。 現在、無料で使えるメルマガが多数...

【関連記事】株シミュレーションアプリを網羅的に紹介しています。

【2022年】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーション」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、「配当...