高配当株

【比較】高配当株と投資信託(インデックス投資)はどっちがおすすめか?

悩み人
悩み人
高配当株と投資信託はどっちがおすすめだろう?違いや特徴を教えて欲しい

本記事では「高配当株vs投資信託(インデックス投資)」をテーマに特徴や違いを解説します。

積立NISAを中心に投資信託を始める方が増加。

投資に慣れてくると、次のステップとして「高配当株」に興味を持つ方も少なくありません。

但し、高配当株と投資信託は特性が異なるため、違いを正しく理解する必要があります。

このため、本記事では「高配当株と投資信託はどっちがおすすめなのか?」を深堀りしていきます。

【結論】高配当株と投資信託どっちがおすすめか?

先に結論から解説します。

高配当株と投資信託では投資家がお金を得るタイミングに違いがある

このため、「いつお金が必要なのか?」をポイントにどちらの投資を始めるべきかを検討してみましょう。

  • 投資信託:未来の自分のための資産形成
  • 高配当株:未来と現在のための資産形成

投資信託の場合、配当金は自動で再投資が行われるため、取り崩しを行わない限り現金を受け取ることがありません。

一方、高配当株の場合「配当金」という形でお金を受け取ることができます。

配当金の再投資はもちろん「プレゼント」、「家族との食事」など活用方法は様々。

このため、自身が投資に求めるお金を「いつ受け取りたいのか?」が選択する1つの要素です。

但し、ポイントはこれだけでは無いため以下で特徴を深堀りしていきます。

「投資信託(インデックス投資)」4つのメリット

投資信託のメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①安定した資産形成が可能

インデックス投資は特定の株価指数へ資金を投資。

多数の企業に広く分散投資が可能

このため、誰もが「相場の平均点」を出すことができるのは強みです。

パフォーマンスとしても優秀であり、20年以上積立投資を行った場合「年5%前後」のリターンが期待できます。

金融庁より引用

また、個別株のような業績不振による「倒産」の影響もなく安定した資産形成が可能です。

メリット②複利の効果を生かせる

投資信託は分配金を受け取らず、自動再投資が行われるため複利で運用をすることができます。

分配金を受け取った場合、「約20%」の税金が必要

このため、分配金を受け取らず再投資を続ける方がパフォーマンスは高まります。

投資に効率を求めるのであれば、投資信託がベストな選択肢です。

つみたてNISA早わかりガイドブックより引用

メリット③積立NISAを活用すると非課税で運用可能

積立NISAを活用すれば、「年40万円まで」非課税で運用することができます。

「年40万×20年」年5%で運用した場合の期待リターン

  • 投資元本:800万円
  • 期待リターン:1,370万円

本来必要な100万円以上の税金が非課税で運用できるのはメリットです。

メリット④100円から始めることができる

投資信託は100円から積立を始めることができます。

「お小遣い」、「節約したお金」など無理なく投資を始めることができるのはメリットです。

このため、余裕資金で積立NISAを始める方が増加しています。

「投資銘柄やタイミングを選ばずに積立投資をしたい」という方は投資信託を活用しよう

「高配当株投資」4つのメリット

続いて、高配当株のメリットを解説します。

メリット①配当金を受け取ることができる

高配当株は配当金が貰える点が強みと言えるでしょう。

配当金で実現する事例は以下の通り

配当金 事例
月1万円 電気代がタダに
月5万円 食費がタダに
月10万円 家賃がタダに
月25万円 田舎ならFIREという選択肢も

月1万円の配当金を得るだけでも、「毎月の電気代がタダに」と考えると金額以上に大きな力があります。

このため、将来ではなくすぐにリターンを得たいという方は高配当株がおすすめです。

但し、配当金には約20%の税金が掛かるという点は注意をしましょう。

「NISA」、「ジュニアNISA」など個別株が購入できる非課税制度を活用するのも有効

メリット②日本株であれば株主優待も受け取れる

日本株であれば、配当金だけでなく「株主優待」を受け取ることができます。

株主優待の種類は様々です。

  • カタログギフト
  • お食事券
  • クオカード

【参考】オリックス株主優待(カタログギフト)

このため、配当金だけなく家族にも嬉しい株主優待が貰えるのは高配当株の魅力と言えます。

(参考)ジュニアNISAにおすすめ高配当+株主優待銘柄7選

メリット③単元未満株であれば少額投資が可能

現在、単元未満株取引に対応したサービスが増加しています。

大手企業の単元株(100株)の場合まとまった投資資金が必要
  • KDDI:約40万円
  • 東海旅客鉄道:約158万円
  • 任天堂:約55万円

単元未満株取引であれば少額投資が可能。

  • KDDI:約4,000円
  • トヨタ自動車:約15,800円
  • 任天堂:約5,500円

このため、投資信託の100円~には勝てないものの、ランチ代など少額から投資ができるのは魅力です。

代表的な証券会社手数料比較
※スマホの方スライドできます。

アプリ名 1,000円 1万円 10万円
ferci(マネックス証券)
(売却手数料は0.55%必要)
0円 0円 0円
PayPay証券 5円 50円 500円
LINE証券 2~5円 20円~50円 200~500円
SBIネオモバル証券
(50万円まで)
実質20円 実質20円 実質20円
CONNECT
(約定単価に含まれる)
5円 50円 500円

手数料の値下げ競争が行われており、格安かつ少額から取引を始めることができます。

【ワンコインでOK】お小遣いで投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、「ワンコイン投資」をテーマにおすすめの少額投資アプリの特徴と違いを解説します。 少額投資アプリは気軽に取引を始...

メリット④米国ETFであれば投資銘柄を分散

高配当株投資のデメリットは分散性の弱さです。

企業業績により「減配」、「無配」となった場合投資企業としての魅力は低下します。

そこでおすすめなのが「米国高配当ETF」の活用。

代表的なETFは以下の通り

  • VYM
  • HDV
  • SPYD

米国高配当ETFの御三家と言われています。

ティッカー 特徴 銘柄数
VYM 財務優良+分散性が高い 約400
HDV 財務健全性高い+分散性に課題 約75
SPYD 配当利回りNO.1(リスク有り) 約80

多数の銘柄に分散されているため、リスクを抑えた高配当株投資をすることができます。

各ETFの特徴は以下で解説しています。

米国高配当ETF【VYM、HDV、SPYD】特徴、配当利回り徹底解説 本記事では「米国高配当ETF」をテーマに特徴や配当利回りを解説します。 米国高配当ETFは好調な株価推移を受け、投資をする...
「配当金が受け取りたい」、「株主優待が欲しい」という方は高配当株投資を検討しよう

【検証】高配当株と投資信託どっちがおすすめか?

続いて、「高配当株と投資信託どっちがおすすめか?」を数字を元に検証していきます。

  1. トータルリターンで考える
  2. いつ資金が必要なのかを考える
  3. 投資商品の買い方で考える
  4. 税金面を考える

検証①トータルリターンで考える

高配当株と投資信託のパフォーマンス比較を見ていきましょう。

以下、VOO(S&P500)とVYMの5年チャートです。

  • VOO:インデックス投資
  • VYM:高配当株投資
2020年以降VOO(インデックス投資)の方がパフォーマンスが高い

高配当を維持する企業は成熟企業が多い

売上、利益は安定しているも企業の成長スピードは高くない

このため、パフォーマンスを求める場合インデックス投資を選択するのがおすすめです。

但し、あくまで1つの比較事例であり個別株に投資をした場合、パフォーマンスが逆転することも十分考えられます。

(詳細)【対策あり】「高配当株投資はおすすめしない」と言われる5つのデメリット

検証②いつ資金が必要なのかを考える

「自身がいつ資金が必要なのか?」を今一度考えてみましょう。

  • 投資信託:未来の自分のための資産形成
  • 高配当株:未来と現在のための資産形成

このため、定年まで現金が必要ではない場合、投資信託の選択がベストです。

但し、「すぐに資金は不要」という方も配当金を受け取ることは、モチベーションアップに繋がります。

「お金自身に働いてもらう」という感覚を感じたい方は高配当株投資も検討してみましょう。

検証③投資商品の買い方で考える

インデックス投資は定期積立をするのが一般的。

ドルコスト平均法で積立することで、買付単価の平準化を図ることができます。

一方、高配当株は「逆張り投資」です。

優良企業が市況や一時的なネガティブ情報で叩き売られている時に、買い向かう必要があります。

このため、高配当投資はタイミングを選ぶことから「初心者向きではない」と言えるでしょう。

「買い時を考えず定期積立したい」という方は、素直に投資信託の購入がおすすめです。

高配当株の買い時については以下記事で詳しく解説しています。

【必見】「高配当株の買い時とは?」いつ買うべきか4つのポイントで解説 本記事では「高配当株の買い時とは?」をテーマに4つのポイントを解説します。 株式投資で得られる配当金には、不労所得という魅...

検証④税金面を考える

株の配当金には税金が発生します。

米国ETFの場合米国課税10%も加わり「約30%」の税金が必要

結果、受け取り配当額は「約72%」に減額されます。

米国課税 日本課税
(米国)配当金・分配金 10% 20.315%
(日本)配当金・分配金 0% 20.315%

米国課税分の10%は確定申告で還付されますが、所得税からの還付のため所得が少ない場合は全額は取り返すことはできません。

税金面の支払いが気になる方は、投資信託またはNISAなど非課税制度の活用を検討しましょう。

【2023年】ジュニアNISAで買うべき金融商品とは│個別株?投資信託? 本記事では「ジュニアNISA」をテーマに買うべき金融商品について解説します。 ジュニアNISAは教育資金の確保に最適な非課...

【参考】筆者の投資割合│投資信託70%、高配当株30%

参考まで筆者の投資割合は以下の通りです。

  • 投資信託:70%
  • 高配当株:30%

毎月の定期積立は「S&P500」を中心に20万前後。

高配当株は優良企業が叩き売られている場合にスポット購入しています。

投資信託は安定した資産形成が可能であるも、「何もやることがなくつまらない」と感じる場面があります。

このため、適度に配当金と株主優待を貰いながら投資に楽しみを求めています。

どちらの投資商品にも魅力があるため、聞かれた場合「気になるならどっちもやるべき」と回答

投資スタイルは性格による要素が大きいため、どちらも少額から体験し向いている投資法を試してみるのがおすすめです。

当サイトでは、月末に資産状況を報告をしているの良ければ「資産報告記事」も合わせてどうぞ。

「株管理アプリ」を活用して資産推移をチェックしよう

高配当株、投資信託を購入したら、株管理アプリを活用して資産チェックを行いましょう。

当サイトでは株管理アプリは「カビュウ」の活用を推奨

カビュウは日本株だけでなく米国株にも対応。

保有株をヒートマップで表示する機能があります。

タイルの大きさは「運用総額」、色は「前日比の騰落率」を表示。

カビュウは「取引分析機能」にも対応。

簡単言うと、「いつ買って、いつ売ったか?」が取引詳細から分析することができます。

自身の性格やタイプを客観的に判断するタイプ診断もあり

無料版も用意されているため、カビュウを活用して日々のパフォーマンスをチェックしてみてはいかがでしょう。

カビュウを無料でダウンロードする

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

カビュウについては以下記事で詳しく解説しています。

【2023年2月】株分析アプリ「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応カビュウはユーザー満足度向上を目的に随時アップデートを実施。 このため、本記事では毎月最新の情報を更新しています。 ...

高配当株と投資信託どっちがおすすめか?【まとめ】

本記事では「高配当株vs投資信託(インデックス投資)」をテーマに特徴や違いを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通り

  1. パフォーマンスで見ると投資信託が優位
  2. すぐに資金が必要な場合高配当株
  3. 買い時を選ぶため難易度が高いのは高配当株
  4. 税金面を考慮すると投資信託が優位
  5. 迷ったらどっちもチャレンジしてみよう

高配当株、投資信託どちらにもメリット、デメリットがあります。

どちらも正しい投資を行えば将来の資産形成になる投資法です。

投資家の性格による向き不向きがあるため、迷ったら少額からどちらも体験してみることをおすすめします。

以上、「高配当株、投資信託どっちがおすすめか?」まとめでした。

【関連記事】高配当株投資の練習におすすめなシミュレーションアプリを解説しています。

【2023年最新】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーション」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、「配当...

【関連記事】高配当株投資の失敗事例を解説しています。

【配当金生活に失敗】高配当株投資よくある失敗事例6選│5つの対策あり 本記事では、「高配当株の失敗事例」をテーマに注意点と具体的対策を解説します。 若者を中心に「FIRE」(経済的自立と早期リ...

【関連記事】買ってはいけない高配当株をテーマに特徴を解説しています。

【危険】「買ってはいけない高配当株とは?」注意点と見分け方を解説 本記事では「買ってはいけない高配当株」をテーマに注意点と見分け方を解説します。 高配当株の魅力は不労所得であり、少しずつ配...