投資の知識

【投資と現金(貯蓄)】理想的な比率とは?│最適なバランスを考える

こんにちはイチリタです。

今回は【投資と現金(貯蓄)】理想的な比率とは?│最適なバランスを考えるについてです。

現在投資をやってるけど、投資と貯蓄のバランスってどれぐらいが最適なんだろう?まだまだ、年齢も若いしもっと投資に回しても良いのかな?

投資をする上で、投資と貯蓄のバランスはとても大事です。

投資比率が高すぎて大きな暴落が来た時、自分の含み損に耐えきれず損切りをしてしまう・・・

こんな事にならないよう最適なバランスを考えていきましょう!

 

【投資と現金】理想的なバランスとは?

投資と現金の最適なバランスを考える方法は以下3つです。

①年齢=現金比率という考え方

②生活環境から決定

③生活防衛資金から決定

①年齢=現金比率という考え方

一般的に言われている年齢別でみる最適なバランスは以下の通りです。

20代:株式80% 現金20%

30代:株式70% 現金30%

40代:株式60% 現金40%

50代:株式50% 現金50%

60代:株式40% 現金60%

規則性があるのがわかりますよね。

年代と現金比率を合わせています。

20代であれば、定年までの働ける期間が長く大きくリスクを取る事が可能。

逆に定年間際の50代や定年後の60代の方であれば、将来の生活資金に向けてリスクを抑える必要が有ります。

悩んだらまず、自分の年齢と合わせた現金比率を確保しましょう!

②生活環境から決定

続いて、生活環境から決定する方法です。

独身の場合・・・投資比率を高くする事が可能

共働き子供なしの場合・・・投資比率を高くする事が可能

共働き子供ありの場合・・・投資比率は高くする事が可能

片働き子供なしの場合・・・ケースバイケース

片働き子供ありの場合・・・投資比率は抑える必要がる

独身の方であれば、自身の生活資金が確保できれば良いため、投資比率を高める事が可能。

若ければフルインベストも!

但し、家族がいる方であれば万が一の場合に備え、現金比率を高める必要が有ります。

自身の置かれている生活環境に合わせて投資比率を考えましょう!

③生活防衛資金から決定

生活防衛資金から決定する方法です。

この生活防衛資金は、職業によって異なります。

サラリーマンの方の場合・・6ヶ月~9ヶ月分生活防衛資金

自営業やフリーランスの方の場合・・・1年半以上の生活防衛資金

なぜ、職業により生活防衛資金が異なるのか?というとサラリーマンと自営業では万が一の場合の補償が違うためです。

サラリーマンの場合有給制度や休業補償など会社の制度を活用する事で、生活費の補填が可能。

逆に、自営業やフリーランスの場合、保証制度がないため現金比率を高める必要が有ります。

必要となる生活防衛資金から投資比率を決定しましょう!

投資と現金の理想的なバランスについてまとめると

①年齢が若いほど投資比率は上げる事ができる

②生活環境によって投資比率を調整する必要が有る

③必要な生活防衛資金は職業によって異なる

この3点からあなたの理想的な投資と現金のバランスを決定しましょう!

それでも最適なバランスに悩んだら?

それでも、最適なバランスに悩んだら【株式50%、現金50%】の比率にしてみてはいかがでしょう?

株式投資は長期で見れば右肩上がりを続けている事を過去の歴史が証明しています。

但し、大きな暴落は定期的に発生しています。

コロナショックは1ヶ月あまりで38%の大幅下落

投資初心者の方の場合、大暴落を見ながら保有を続ける事が出来るか・・・一度考える必要が有ります。

株式50%、現金50%保有をオススメする理由は以下の通りです。

株式50%、現金50%オススメの理由

①暴落時買い増しをすることができる

②大暴落の時も損失を抑える事ができる

③比率を決める事で、明確なルールに沿って追加購入ができる

大暴落が発生している時は、市場全体が大きく株価を落としています。

こんな時は買い増しのチャンスでもありますね。

フルインベストしてしまい、手持ち現金が無ければ新規買付は不可能です。

一番のメリットは明確なルールに沿って追加購入が出来る点です。

たとえば500万円のお金を株式50:現金50の割合で保有していた場合

株式:250万(50%)

現金:250万(50%)

仮に、大暴落により株式が250万⇒150万になった場合以下の通り

株式:150万(37.5%)

現金:250万(62.5%)

株式の値下がりにより、現金比率が上がりましたね。

ここで、ルールにそって50:50の割合にリバランスすると

株式:200万(50%)

現金:200万(50%)

こんな感じに。

投資のバランスを明確にルール化する事で買い増しの金額を明確にする事が可能です。

ついつい、大暴落の時は「買い増しチャンス!」と考えリスクを取りすぎる事も。

更なる暴落により含み損を拡大させてしまい狼狽売りに繋がります。

【月末に1回リバランスする】

事前にこんなルールを決める事で、落ち着いて追加購入が可能です。

私の場合の投資と現金の比率の考え

私の現在の状況は

・片働き子供2人

・サラリーマン

・年齢は30代

年齢は比較的に若く、サラリーマンとして固定された給料が有ります。

但し、片働きかつ子供が2人。

投資環境としては、大きすぎるリスクは取れないと考えています。

私の場合の投資と現金の考えは生活防衛資金の確保から考えています。

万が一の場合でも、1年半以上生活が可能な現金を残すというルールを取っています。

会社制度として、働けなくなった場合1年半近く休業補償として給料の80%が得られる。

また、会社の保険制度として60歳まで給料の80%が保証される、「就業不能保険」にも加入をしています。

この点を踏まえると、1年半以上生活が可能な現金を一旦保有する事ですぐに生活が困窮する事は無いと考えています。

このため、私の場合「生活防衛資金」確保の点から投資と現金の心地よいバランスを決定しました。

まとめ

今回のまとめ

・投資と現金の理想的な比率【年齢】、【生活環境】、【生活防衛資金】から決める

・最適なバランスに悩んだら株式50%、現金50%

・大暴落した場合のリスクを考える

・狼狽売りをしてしまわない割合で決定する

仮に50%を超える大暴落が発生した時、「ゆっくり熟睡ができるか?」を一度考えてみて下さい。

寝れそうにない・・・と思ったら現金比率を高めてみてはいかがでしょう?

イチリタ
イチリタ
この記事を通して、理想的な投資比率が決まれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資

こちらの記事もオススメ!