株ツール

株ツール【IRBANKとは?】使い方を徹底解説│過去の決算が丸わかり

こんにちはイチリタです。

悩み人
悩み人
企業決算が長期でチェックできる株ツールを探しています。何か良いツールは有りませんか?できれば無料だと嬉しいです。

本記事では企業決算や高収益企業が簡単にチェックできる株ツール「IRBANK」を紹介します(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. 「IRBANK」とは?
  2. 「IRBANK」5つの使い方
  3. 「IRBANK」気になる質問

「IRBANK」とは?

まずは結論から!「IRBANK」とは?

企業の長期決算が一目で分かる無料株ツール。高収益・増収企業が手軽にチェック可能!

ステマなしに神ツールのためぜひチェックを!

こんな方におすすめの株ツールです。

  1. 増収・増益企業を探している
  2. 高利益率企業を探している
  3. 長期的な企業業績をチェックしたい

URLはこちらをどうぞ(登録不要・無料で使用可能です)
IR BANK – 企業分析・銘柄発掘

「IRBANK」使い方

①長期的な業績をチェックする

「IRBANK」の特徴は長期的な業績チェックができる点です。

具体的には、2013年~2021年まで遡って確認可能。

決算データを確認できるサイトは多く有ります。

が、「長期データは有料・・・」というサイトが多い中「IRBANK」はすべての機能が無料でOKです。

業績チェックの方法は以下の通り(例:沖縄セルラーの場合)

①左上検索バーに企業名を入力

②対象企業を選択

③過去の決算をチェックを選択

以上、チェック完了です。(簡単です)

過去の業績推移が一目で分かります。

各業績別の数値にも対応

チェックできる内容は以下の通り

  • 営業収益
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 純利益
  • 包括利益
  • ROE(自己資本利益率)
  • ROA(総資産利益率)
  • EPS

これだけの情報量にも関らず「すべて無料でOK」となると、神ツールですよね。

②企業ランキングをチェックする

こちらも「IRBANK」の神機能です。

様々な企業ランキングがチェック可能。

企業ランキングについて具体的には以下の通り

  • 1億円プレイヤー在籍企業
  • 自社株買い実施企業
  • 最高益企業
  • 増収増益企業
  • 高効率企業(ROE・ROA)
  • 高利益率企業
  • 高売上高成長率企業
  • 高利益成長率企業

個人的おすすめは「増収増益企業」一覧です。

以下の通り、3期以上増収増益を続けている企業がチェック可能。

2020年をタップすると以下の通り

長期に渡り増収・増益が続いている企業が一目で分かります。

優良企業を見つけるのに「IRBANK」は最適です。

③年間値上がり率をチェックする

過去の10年間の「10倍高銘柄」を一覧でチェック可能。

(参考)2013年10倍高銘柄

過去のテンバガー銘柄から特徴や傾向を見つけてみましょう。

【関連記事】こちらでテンバガー(10倍株)の特徴や見つけ方を解説しています。

【テンバガー(10倍株)の特徴とは?】見つけ方を5つのポイントで解説こんにちはイチリタです。 本記事では、テンバガーになる銘柄の特徴を5つのポイントで徹底解説します('◇')ゞ 本記事...

④買い長、売り長ランキングをチェックする

「買長・売長ランキング」タブから信用取引の残高もチェックできます。

「買い長・売り長」について簡単に補足しますね。(知ってる方は読み飛ばしを)

読みは買い長(かいなが)、売り長(うりなが)です。

株式の信用取引において、買い残が売り残より多い状態を「買い長」。
その逆で、売り残が買い残より多い状態を「売り長」という。

結論としては、信用買い残、売り残のチェックは将来的に反対売買が行われるため、短期売買をする方に重要な情報です。

こんな重要情報をランキング形式でチェックできます。

⑤逆日歩ランキングをチェックする

上記で説明した売り長の状態が続いた際に、株が不足し「逆日歩」が発生します。

こちらもランキング形式でチェック可能。

個人的な使い方は「逆日歩銘柄は買わない」です。

相場の格言で「逆日歩に買いなし」という言葉が有ります。

逆日歩目当てに買い方がいっそう増加。また、売り方は逆日歩の支払い回避に損失覚悟で損切りをする。そのため、一時的に株価は高騰するが、株不足が解消されると反転し急落する事から、下手に手を出さない方が良いという意味。

購入する銘柄が「逆日歩がついていないか?」はチェックする事をおすすめします。

「IRBANK」の気になる質問

利用者はこんな事が気になっているようです。

質問①「IRBANK」は米国株に対応していますか?

残念ながら米国株には非対応です。

あくまで、日本株の分析に活用下さい。

質問②「IRBANK」アプリは存在しますか?

結論としては、アプリはありません。

但し、スマホにも「IR BANK」は対応しており、パソコン同様情報取得が可能です。

質問③企業の比較検証は可能ですか?

結論、企業間の比較に対応しています。

但し、若干操作方法が難しいので補足しますね。

【企業比較の使い方】

①左上企業名を入れる

②対象企業を選択する

③過去の決算をチェック

④有価証券報告書を含めた決算履歴をみる(ここまでタップしないと比較選択ができない)

⑤右上「+追加」をタップ

⑥比較したい企業も同じ作業をする

比較検証可能な項目は

  • 収益性分析
  • 効率性分析
  • 安全性・成長性分析
  • キャッシュフロー分析

など様々な角度で比較検証が可能です。
(例:沖縄セルラーとKDDI比較の場合)

「IRBANK」使い方まとめ

本記事では株分析ツール「IR BANK」について解説しました。

使い方をまとめると以下の通り

  1. 長期的な業績をチェックする
  2. 企業ランキングをチェックする
  3. 年間値上がり率をチェックする
  4. 買い長、売り長ランキングをチェックする
  5. 逆日歩ランキングをチェックする

こんな方におすすめです。

  1. 増収・増益企業を探している
  2. 高利益率企業を探している
  3. 長期的な企業業績をチェックしたい

「IRBANK」は無料で使える株分析ツールです。

業績チェックにぜひ活用下さい!

URLはこちらをどうぞ(登録不要・無料で使用可能です)
IR BANK – 企業分析・銘柄発掘

以上、「IRBANK」使い方徹底解説でした(‘◇’)ゞ

【関連記事】株分析ツール「バフェットコード」について解説しています。

【無料分析ツール】バフェットコード使い方、評判を解説│見るべきポイントは5つこんにちはイチリタです。 本記事では、企業分析に使える情報サイト「バフェットコード」について解説していきます。 既に...

【関連記事】株の情報収集に悩んだらこちらをどうぞ

【完全版】株式投資に役立つ情報サイト16選│投資初心者におすすめランキングこんにちはイチリタです。 本記事では、株式投資に役立つ情報サイトを徹底解説します。 記事をチェックする事で、有料級の...

【関連記事】米国株の情報収集に悩んだらこちらをどうぞ

【厳選】米国株情報収集に使えるサイトまとめ10選│日本語で読める情報源のみこんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 米国株情報収集に使えるサイトまとめ10選 米国株を始める不安...

人気アプリまとめ記事