NISA

【2021年】ジュニアNISAで買うべき金融商品とは│個別株?投資信託?

こんにちはイチリタです。

ジュニアNISAの口座開設をしました。どんな金融商品に投資するのがおすすめですか?無難に投資信託?それとも個別株?

投資商品が多数あるため、「何を買うべきなのか?」という悩みがあると思います。

今回は、ジュニアNISA買うべき金融商品について解説していきます。

ジュニアNISAについて知ろう

買うべき金融商品を説明する前に、簡単にジュニアNISAについて知りましょう!

NISA制度は以下3種類です。

  • NISA
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

NISAとつみたてNISAって何?という方は以下で解説しています↓

一般(新)NISAとつみたてNISAの違いは?│どちらがあなたにオススメかも解説こんにちはイチリタです。 一般NISAとつみたてNISAどちらも同時に制度を活用する事は残念ながらできません。 1人...
まず、制度を知る事が大切だね。

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAは子供の教育資金準備に向けた「非課税」制度です。

利用可能者 日本在住0~19歳
口座開設可能数 1人1口座
投資可能額 年80万円まで
投資可能期間 2016年~2023年まで
投資対象 投資信託、ETF、個別株など
子供1人当たり、年間80万円まで非課税で運用が出来る制度です。
子供の教育資金を貯めるのにとても便利な制度ですね。

ジュニアNISAの特徴

ジュニアNISAは2024年をもって制度が廃止する事が決定しています。

その理由として元々

18歳まで払い出しが出来ない

という制限があったためです。

将来の教育資金といえ、18歳まで払い出しできないのは困りますね・・・

ジュニアNISAの口座開設が広がらず活用されない制度となりました。

一般NISA 約1,176万口座
つみたてNISA 約188万口座
ジュニアNISA 約35万口座

金融庁NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査より引用

この結果、ジュニアNISA制度は2024年に制度廃止が決定。

但し、制度廃止のよりメリットが生まれました。

廃止前:18歳まで払い出しが出来ない

廃止後:2024年以降は非課税のまま払い出しが可能(年齢制限なし)

制度廃止のおかげで素晴らしいものになりましたね。

ジュニアNISAおすすめのポイント

2024年以降5年間の非課税期間が終了しても、継続管理勘定に移管され20歳になるまで運用ができる点です。

簡単に説明すると

2024年以降もロールオーバーする事で20歳まで長期投資が出来るという事です。

長期投資が出来るという事は、複利の恩恵を受け将来の教育資金をしっかりと貯める事ができます。

子供がいる方ならジュニアNISA口座開設をおすすめします。

もっと詳しく制度について知りたい方は、金融庁ジュニアNISAをご確認下さい。

ジュニアNISAで買うべき金融商品とは?

結論としては「投資信託」、「高配当株」をおすすめします。

その理由を解説します。

投資信託がおすすめの理由

おすすめ理由は以下の通りです。

  • 80万円の制限を無駄なく投資が可能
  • 投資先が広く分散されているためリスクが抑えられる
  • 長期投資と相性が良い

ジュニアNISAのメリットである、ロールオーバーすれば20歳まで投資が可能という点と投資信託は非常に相性が良いためです。

ETFはどうなのか?という疑問があるかと思います。

ETFも分散されているという点で、長期投資に向いています。

但し、80万円までという枠をキレイ使い切るという点では、「投資信託」の方が優位です。

ETFと投資信託の特徴について表にしています。
ETF 投資信託
価格決定 リアルタイム 1日1回決定
売買単価 1口単位 金額単位
販売手数料 0.1%程度 0~3%程度
信託報酬 0.1~0.6%程度 0.5%~2%程度
配当金 受取 自動再投資
上場・非上場 上場 非上場
購入場所 証券会社 銀行・証券会社
株式の受渡 即時 翌営業日移行

ETFと投資信託の違いについては以下でも詳しく解説しています↓

米国ETFとは?投資信託との違いメリット・デメリットを徹底解説こんにちはイチリタです。 こんなお悩みにを解決します。 ETFとは? まずはETFについて解説しますね。 ...

一応、注意点ですがジュニアNISAでETFを取引したい人は

楽天証券ではETFの購入が出来ない

という点は注意して下さい。

ETFを購入したい方はSBI証券の口座開設がおすすめです。

高配当株がおすすめの理由

投資信託と比べるとぶっちゃけリスクは有ります・・・

どんな優良な企業でも20年後はどうなっているか分かりません。

それでも高配当株をおすすめする理由は

  • 配当金を非課税で受け取れる
  • 株主優待は個別株の醍醐味
  • 子供の金融教育として、配当金と株主優待を体験させる事ができる
子供の名前で届く株主優待を見せたら、何か良い刺激になりそうですよね。

高配当株は魅力も多いですが、リスクもあるのでくれぐれも銘柄選定は慎重にやりましょう。

我が家のジュニアNISA投資状況

2020年からジュニアNISAの運用を開始しました。

投資方針は以下の通りです。

投資信託:毎月4万円積立

個別株:高配当+株主優待有りを購入

ちなみに、投資信託はSBI・バンガード・S&P500インデックスファンドを購入しています。

個別株は「オリックス」、「KDDI」2銘柄を購入しました。

上記2社とも高配当かつ優良企業で投資家から大人気の銘柄です。

株主優待内容など詳しくは以下で解説しています。

オリックスの株主優待内容は?いつ届く?権利確定日などポイントを解説│長期保有におすすめこんにちはイチリタです。 オリックスは高配当かつ株主優待が貰えため個人投資家から大人気の銘柄です。 ジュニアNISAなど長期...
KDDIの株主優待内容は?いつ届く?通信大手3社の違いなどポイントを解説こんにちはイチリタです。 KDDIは連続増配銘柄かつ株主優待があるため、インカムゲイン好きの個人投資家に大変人気がある銘柄です。 ...

参考まで2020年12月時点での運用結果を公開します。

  順調な運用状況です。

今後も資産公開カテゴリーで運用状況を報告するので良ければチェックして下さいね。

ジュニアNISAで買うべき金融商品まとめ

ジュニアNISAで買うべき金融商品は「投資信託」メインをおすすめします。

20歳までの長期運用と相性が良いためです。

続いて、優良企業の「高配当株」です。

但し、銘柄選定はくれぐれも注意して下さい。

我が家の2021年投資方針は

投資信託:48万円(4万×12ヶ月)

高配当株:32万円

ざっくり6対4という感じですかね。
ジュニアNISAを検討している方ご参考まで!
【2021年】ジュニアNISAにおすすめ高配当+株主優待銘柄7選│長期保有におすすめこんにちはイチリタです。 ジュニアNISAは将来の教育資金確保に最適な制度です。 但し、個別株は銘柄が多数あるため、...

人気アプリまとめ記事