NISA

【ジュニアNISA】買うべきオススメの金融商品はコレ!

こんにちはイチリタです。

今回は【ジュニアNISA】買うべきオススメの金融商品はコレ!についてです。

先日、新たにジュニアNISA口座を開設しました!

ジュニアNISAの場合、投資信託以外にETF、個別株も運用可能。

そこで出てきたこんな悩み。

ジュニアNISAってどんな金融商品に投資をしたらいいだろう?無難に投資信託?それとも個別株投資かな~

今回は、こんなテーマで記事を書いてみました。

ジュニアNISAとは?

まず、ジュニアNISA制度について説明をします。

ジュニアNISAは子供の教育資金準備に向けた「非課税」制度です。

利用可能者 日本在住0~19歳
口座開設可能数 1人1口座
投資可能額 年80万円まで
投資可能期間 2016年~2023年まで
投資対象 投資信託、ETF、個別株など
払出し 18歳まで払い出し制限有り

ジュニアNISAのイメージ

金融庁より引用

年間80万円と制限は有りますが、運用益に掛かる税金が非課税になります。

非常にありがたい制度なのですが、2024年廃止が決定しました。

ジュニアNISA口座を開設した理由

ジュニアNISA口座を開設した理由は、2024年制度が廃止となるためです。

廃止理由は、ジュニアNISAがとても不人気の制度だったからです。

NISA口座の開設数

一般NISA 約1,176万口座
つみたてNISA 約188万口座
ジュニアNISA 約35万口座

金融庁NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査より引用

2016年から開始された制度にも関わらず、驚くほど不人気の制度・・・

不人気の理由は「18歳まで払い出し制限有り」というのが問題でした。

仮に払い出した場合、過去に遡って課税をする・・・という制度。

中学や高校などで、急な出費が必要となった場合に、払い出しが出来ない・・・

というのは、いくら余裕資金での運用とはいえ不安が残りますよね。

こんな理由で、口座開設が少なく2024年廃止が決定。

但し、制度廃止決定に伴い、こんなメリットが生まれました。

①投資可能期間は2023年まで

②2024年以降はいつでも払い出しが可能に

制度廃止に伴い、一番の問題であった18歳まで払い出し制限が撤廃されました

また、2024年以降5年間の非課税期間が終了しても、継続管理勘定に移管され20歳になるまで運用が可能

つまり、引き出し制限無く20歳まで長期運用が可能!

皮肉にも、制度廃止がきっかけに素晴らしい制度に!

夫婦で子供が1人いる方であれば

夫:つみたてNISA 40万円

妻:つみたてNISA 40万円

子:ジュニアNISA 80万円

合計:160万円

家族で考えると、年間160万円以上の非課税制度を活用可能です。

制度を上手に活用する事でまとまった金額を非課税で運用できますね。

イチリタ
イチリタ
この制度廃止に伴い、新たにジュニアNISA口座を開設しました!

ジュニアNISAオススメの金融商品は?

ジュニアNISAでは、投資信託、ETF、個別株など投資が可能です。

それではオススメの金融商品を見ていきましょう!

①投資信託

やはり一番のオススメは「投資信託」です。

理由は以下の通り

おすすめの理由

①80万円の制限を無駄なく投資が可能

②投資先が広く分散されているため、リスクヘッジが出来る

③長期運用であれば高い勝率が期待できる

金融庁より引用

広く分散された投資信託を20年間長期運用する事で、年間5%程度のリターンが期待できます。

仮に2020~2023年の投資可能額である320万円を15年間投資信託で運用した場合

あくまで理論的な話ですが、15年間運用で元金2倍が期待できます。

これだけのお金を準備できれば、大学進学など子供の教育費には困る事はないですよね。

この事から、ジュニアNISAでのオススメは投資信託での定期積立です。

投資信託の戦略についてはこちらでまとめています↓

【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略こんにちはイチリタです。 今回は、【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略についてです。 今回は...

②ETF

投資信託に続き、長期分散投資の場合ETFが思いつきますよね。

ETFと投資信託の違いは以下の通り

ETF 投資信託
価格決定 リアルタイム 1日1回決定
売買単価 1口単位 金額単位
販売手数料 0.1%程度 0~3%程度
信託報酬 0.1~0.6%程度 0.5%~2%程度
配当金 受取 自動再投資
上場・非上場 上場 非上場
購入場所 証券会社 銀行・証券会社
株式の受渡 即時 翌営業日移行

ETFのメリットは「配当金を受け取る事が出来る、信託報酬が安い」点です。

投資信託との違いはこちらでまとめています↓

米国ETFと投資信託の違いは?メリット・デメリットを解説こんにちはイチリタです! 今回は、米国ETFと投資信託の違いは?メリット・デメリットを解説についてです。 先日兄弟から「米国...
おすすめの理由

①投資先が広く分散されているため、リスクヘッジが出来る

②長期運用であれば高い確率が期待できる

投資信託と同じく、分散投資が可能なため長期運用に向く点がメリットです。

但し、デメリットは以下の通り

①80万円の投資枠を使い切る事は困難

②米国ETF配当金については、米国での税金10%は非課税にできない

米国ETF配当金の税金について

米国での税金 国内の税金 最終的な残り
通常口座 10%
(確定申告で控除可能)
20.315% 約72%
NISA口座 10%
(控除不可)
0% 90%

配当金の税金10%については、非課税とならない点が注意です。

また、ジュニアNISAで米国ETFを購入する場合

SBI証券での口座開設が必要(楽天証券では購入不可)

ジュニアNISAで米国ETF購入を検討している方はこの点も注意です。

デメリットは有りますが、米国ETFの投資は長期投資に向いているため、投資を検討するのは良い選択だと思います。

③個別株

続いて個別株投資です。

個別株の場合、企業の業績影響を大きく受けるため長期投資には不向きと言われています。

それにも関わらず、私はジュニアNISAで(8591)オリックスを最初に購入しました・・・

理由は以下の通りです。

①高配当+優待銘柄で長期保有をしたい銘柄であった

②将来子供の金融教育として、配当金と株主優待を見せて投資について興味を持って欲しい

③つみたてNISAで既に米国投資信託を年80万積立している

オリックスはカタログギフトを優待として株主に還元しています。

カタログギフトの内容も魅力的な物ばかりです。

将来的に、子供には正しい金融知識を持って欲しい。

子供名義で届いた株主優待や配当金を見せる事で、投資に興味を持ってくれるのではと考えました。

イチリタ
イチリタ
単純に個別株投資が好きという理由も大きいでです・・・(笑)

ジュニアNISA投資まとめ

私のジュニアNISA投資方法は、「投資信託+個別株」をで運用していく予定です。

やはり、長期投資を考えると、メインは投資信託での分散投資。

余った投資枠で、興味のある個別株を投資する・・・といったスタンスを考えています。

具体的には

・投資信託・・・月40,000円 年48万

・個別株・・・残り枠32万円を投資

投資信託6:個別株4の運用スタイルで積立予定です。

今回のまとめ

・ジュニアNISAは制度廃止

・制度廃止に伴い、払い出し制限撤廃となり魅力的な制度に

・投資期間は2023年まで

・投資可能額は1年80万合計320万円まで

・オススメは投資信託での長期分散投資

・個人的には投資信託+個別株にて運用を予定

イチリタ
イチリタ
小さな子供がいる方はジュニアNISA口座開設がオススメします!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

学資保険を検討している方はぜひこちらも見て下さい!

【13万円損してまで】学資保険からつみたてNISAに変更した理由こんにちはイチリタです。 今回は、「学資保険を解約してつみたてNISAに変更した理由」についてです。 タイトルの通り、学資保...

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資