お金

【お金が貯まらない人へ】万年金欠だった後輩T君が貯金のために始めた事5選

こんにちはイチリタです。

後輩T君は万年金欠で「お金が貯まらない」が口癖でした。

そんな彼もついに付き合っている彼女と結婚を真剣に考えたようで、こんな相談が有りました。

そろそろ結婚を考えているんですが、お金が全然貯まってません・・貯金の仕方を教えてください!

今回はこんな悩みを解決します。

【お金が貯まらない人へ】万年金欠だった後輩T君が貯金のために始めた事5選

ちなみに、後輩T君の属性はざっくりこんな感じです。

・年収550万円

・都内在住(家賃補助有り)

・車持ち

・趣味ゴルフ、飲み会

会社の家賃補助が有り、手出しは都内にも関わらず3万円のみ。

となると、属性としてはしっかり貯金ができるはず・・・

それでも貯まらない理由を調べてみると以下の通りでした。

万年金欠だった後輩T君が貯金のために始めた事5選

後輩T君に毎月の支出についてヒアリングをしてみました。

私が聞いた感想はこんな感じです。

・何にお金を使っているか把握していない

・流行に敏感で最新の物はすぐ欲しい

・お得と言われると購入してしまいがち

基本的な問題は「収支管理」が出来ていない点です。

お金が貯まらない人は、「毎月何にお金を使っているからよく分からない」というのが特徴。

また、ブランド物や流行りの商品はすぐに手に入れたいと考えてしまいます。

人間は常に「誰かに良く見られたい」と考えるのは自然ですが、高級ブランドに囲まれる事以外にも方法はあるはず。

たとえば、筋トレであったりダイエットなどあなた自身を磨く事も大切。

その他、「タイムセール」、「今なら40%OFF」というお得に弱い点もお金が貯まらない人の特徴です。

私の知り合いで50%OFFという理由だけでエアロバイクで購入をしていた事も・・・

今や自宅のオブジェの一つになっているようです。

そこで、後輩T君が貯金に向けた始めた事は以下5つです。

・残ったお金を貯金⇒先取り貯金へ

・収支の把握

・大好きな飲み会への参加回数を改善

・見栄で購入していたブランド物を辞める

・消費を減らし投資を開始

1つずつ説明していきますね。

残ったお金を貯金⇒先取り貯金へ

財形貯蓄制度を使い残ったお金を貯金するのではなく⇒先取り貯金へ変更

会社の財形貯蓄制度を活用し、給料天引きで貯金できる習慣を作りました。

毎月3万円ずつボーナス月10万の貯金からのスタート。

貯金が苦手な人にあるのが、手元にあるお金はすぐに使ってしまう・・・という点。

まずは、強制的に貯金をする体質を作る所から開始をしました。

収支の把握

何にいくら使っているかをまとめる習慣を作りました

毎月の収入と支出をグラフにしました。

そこで出てきた問題は、やはり車維持費と駐車場費でした。

車維持費・・・毎月20,000円

駐車場代・・・毎月25,000円

乗るのは月数回とレンタカーで十分という判断になり、ついに車の売却が決定。

この節約で、毎月45,000円と大幅な収支改善ができました。

ちなみに、タイムズレンタカーを調べるとコンパクトカーを月3回12時間ずつ借りたとしても、費用18,000円程度

駐車場だけで25,000円の出費を考えると、庶民が都内で車を持つというのは無理が有りますね・・・

また、家計管理にはマネーフォワードアプリの活用を勧めました。

複数の銀行口座収支管理をアプリ上ですることは、貯金をする上で非常に大切な事です。

大好きな飲み会への参加回数を改善

大好きな会社の飲み会の頻度を大幅に減らしました

お酒が大好きな後輩T君なんと、毎月10回以上飲み会に参加していた事が判明。

1回の参加が5,000円とした場合、これだけで50,000円の出費です・・・

コロナウイルスの影響で、飲み会自粛となりお金が貯まっている事に気付きました。

何だか財布にお金が残っています!

「社内の飲み会にすごいお金使っていたんだ・・・」と理解した瞬間のようです。

とはいえ、飲み会すべて悪いわけでは有りません。

たとえば、他業種の方とのコミュニケーションであったり、得意先との関係構築などの飲み会は良い事だと思います。

一番不毛な飲み会は「社内の愚痴を言い合う」、「日頃の不平不満を慰めあう」この2点です。

一時のストレス発散にはなりますが、この飲み会には新たなものが生まれていません・・・

後輩T君現在は、自宅での飲み会通称「宅飲み」にハマっており交際費の大幅削減にも成功しました。

見栄で購入していたブランド物を辞める

見栄で買っていた流行の服や靴を控えるようになりました

今までは・・・

・芸能人の○○さんが購入していた靴が欲しい

・○○君が新しい携帯を購入していたから自分も変えよう

お金が貯まらない人の特徴として、回りに合わしてしまう傾向が有ります。

人それぞれ収入、貯金も異なるのは当然です。

今一度購入しようとしているブランド物は「本当に自分に必要なのか?」を考えてから購入をしましょう。

最近であれば、フリマアプリの活用も効果的です。

消費を減らし投資を開始

お金を貯めるため、消費を減らし投資始めました

消費とは・・・人が欲望を満たすために、お金を使うこと

投資とは・・・利益を得る目的で、資金を投下すること

毎月の収支管理を行い、スリムな家計を作れた後輩T君は次のステップとして、投資を開始。

まず始めたのは「つみたてNISA」です。

トマ・ピケティの「r>g」について本を読み、労働収入だけではなく投資の大切さを理解したようです。

消費は一度使ってしまうと永遠に戻りません。

正しい投資の場合、将来大きな資産になってあなたのもと帰ってきてくれます

本当に欲しい物があれば、一旦消費を控え投資をする。

投資で得た配当金で消費をする習慣を着ければ、将来大きな資産を築く事が可能です。

当ブログでは、正しい投資をすることの大切さをまとめています。(参考記事までご紹介です↓)

【老後2000万問題】具体的な解決方法をシンプルに解説│やらなきゃ将来詰みますこんにちはイチリタです。 今回は【老後2000万問題】具体的な解決方法をシンプルに解説│やらなきゃ将来詰みますについてです。 ...
投資をはじめて変わった
【体験談】投資を始めて生活が変わった6つの事│得られたのはお金だけじゃないこんにちはイチリタです。 今回は【体験談】投資を始めて変わった6つの事│得られたのはお金だけじゃないについてです。 2012...

まとめ

お金が貯まらない人特徴まとめ

・収支管理ができていない

・残ったお金で貯金を考える

・大好きな事にはお金の自制がきかない

・見栄や誰かがオススメしてたという理由で購入する

・将来に向けた投資をしない

人間は「誰かによく見らたい」、「欲しいものはすぐに購入したい」など欲求があるのは当たり前のことです。

手元に100万円あった場合、消費に使うのではなく投資をする。

将来投資で大きくなって帰ってきた資産で、消費をするようにすればあなたの将来は幸せなものになると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資