証券会社

【体験談】LINE証券で初めての株取引やってみた!│儲かるのか検証

悩み人
悩み人
LINE証券が気になる。初心者でも簡単に取引できるのか教えて欲しい

本記事では「LINE証券」をテーマに投資未経験でも

  • 簡単に注文ができるか?
  • 初心者にも優しい作りになっているか?
  • 実際に儲けることができるか?

などを検証していきます。

LINE証券は「2019年8月」サービス開始から2年2ヶ月で100万口座達成と利用者から高い評価を受けています。

月間8,900万人以上が利用する「LINE」と連携できるのも人気の理由。

こんな人気のLINE証券を株未経験の初心者が実際に取引をやってみた感想を解説します。

イチリタ
イチリタ
これからLINE証券を検討している方におすすめの記事です。

「LINE証券」3つの特徴

特徴①スマホに特化した証券会社

LINE証券はコミュニケーションアプリ「LINE」が提供しているサービスです。

「簡単操作で分かりやすい」をテーマに20代投資家が選ぶネット証券として人気NO.1の評価を受けています。

  • 銘柄が選びやすい
  • 分かりやすい操作設計
  • スマホで手軽に注文

など投資初心者の方におすすめのネット証券です。

特徴②いちかぶ(単元未満株)に対応

LINE証券は1株単位で取引きできる単元未満株に対応しています。

大手企業の単元株(100株)の場合

  • KDDI:約34万円
  • 東海旅客鉄道:約161万円
  • 任天堂:約533万円

とまとまった資金が必要です。

但し、単元未満株の場合

  • KDDI:約3,400円
  • トヨタ自動車:約16,100円
  • 任天堂:約53,380円

など、少額から取引をすることができます。

少額から取引ができるのがLINE証券の強みです。

特徴③最短翌営業日から取引可能

LINE証券の口座開設はオンラインで完結します。

お持ちのスマホをもとに必要書類を写真撮影するだけでOK。

書類のやり取りが不要なため、最短翌営業日とすぐに取引できるのも強みです。

実際の申し込み~口座開設までの流れは後述します。

詳細は公式サイトもチェックしてみましょう。
LINE証券公式ホームページ

「LINE証券」3つの検証ポイント

ポイント①投資未経験の主婦が取引

筆者投資歴は11年。

100株からの単元株がメインであり、単元未満株取引は利用していません。

この属性を加味すると「初心者に優しいLINE証券を本当に活用するべきユーザーなのか?」という疑問が残ります。

そこで、本検証は株取引未経験の筆者「妻」に初めての株式投資を依頼~検証していきます。

ポイント②検証ルール

検証ルールは以下の通り

  1. 個別株のみ
  2. 好きな10銘柄を1株ずつ購入
  3. 1週間後の全株式を売却する

好きな銘柄を10銘柄購入し収支を気にせず1週間後に売却。

LINE証券は投資信託にも対応していますが、他の証券会社も100円から購入ができます。

このため、LINE証券の強みである単元未満株(1株)に絞って検証を行います。

ポイント③口座開設~注文まで手軽にできるのか確認

これからLINE証券を利用する方に向けて

  • 全くの株初心者でも手軽に口座開設ができるのか?
  • 専門用語が分からない方でも注文ができるのか?

なども、実際の画面をもとに解説します。

LINE証券で初めての株取引やってみた3STEP

STEP①口座開設

①公式サイト(https://line-sec.co.jp/)より開設申し込みを実施。

②「キャンペーンにエントリーして口座開設申し込み」をタップ

③いつも利用しているLINEアカウントでログイン

④口座開設に関する書面確認

⑤必要事項の記入
➤年齢、国籍、米国在住など回答

⑥本人情報入力
➤氏名、生年月日、性別、住所を回答

⑦マイナンバーの提出

マイナンバーカードを活用して申し込みを実施しました。

※通知カードの場合、その他にも本人証明書が必要なため注意

  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • マイナンバー入りの住民票の写し+運転免許証
  • マイナンバー入りの住民票の写し+健康保険証

⑧本人証明として顔写真を撮る
➤正面だけでなく、横顔もある(結構難しい)

⑨以上申し込み完了でした。

顔写真で若干苦労するも10分程度で申し込み完了。

後は、LINEに口座開設完了の連絡が来るのを待ちましょう。(筆者は2営業日で開設できました)

結論、全くの初心者でも手軽に口座開設が可能です。

オンラインで完結するため、短期間で取引を始めることができます。

イチリタ
イチリタ
「さすがスマホ特化」といったところでした。

STEP②入金~銘柄検索

口座開設が完了したら、早速入金を実施しましょう。

入金方法は以下4選

  1. LINE Payから入金
  2. クイック入金
  3. 銀行振込
  4. 振替入金

「LINE Pay」を日頃利用している方は簡単に入金処理ができるのは強みです。

筆者は5万円をクイック入金にて実施。

続いて、銘柄検索方法は以下の通り

  • お気に入りが多い
  • 1株3,000円以下で買える
  • 成長期待株
  • 割安ランキング

など、初心者も企業選定をしやすい嬉しい機能がついています。

筆者妻は「お気に入りが多い」カテゴリーを中心に企業を選択。

STEP③銘柄の注文

気になる企業を選択したら「購入価格」と「数量」を選択しましょう。

スマホ特化証券という事もあり、操作性は抜群でした。

今回筆者妻が選択した銘柄は以下の通り

企業名 株数 株価
オリエンタルランド 1株 19,955円
マクドナルド 1株 5,050円
三井住友ファイナンシャルG 1株 4,154円
味の素 1株 3,189円
楽天グループ 3株 975円
イオン 1株 2594.5円
オイシックス・ラ・大地 1株 2,451円
トヨタ 1株 2,227円
キリンホールディングス 1株 1,845円
良品計画 1株 1,654円

誰もが知る大手企業中心のポートフォリオです。

オリエンタルランドは単元株200万円前後資金が必要なため、1株取引は嬉しいサービスと言えます。

ちなみに、楽天グループ3株はLINE証券キャンペーンで無料ゲットしています。

クイズを間違えると貰える株数が減るのでご注意下さい。(答えはGoogle検索から調べました)

スタートから2,955円分無料で株を貰えたため、割と今回の検証は勝ち確かなと思っています。

最新のキャンペーン情報は「公式サイト(https://line-sec.co.jp/)チェック下さい。

それでは、1週間後の検証結果を確認してみましょう。

LINE証券で初めての株取引儲かったのか?

1週間後の結果は以下の通りです。

※スマホ方はスライドできます。

企業名 買値 1週間の株価
オリエンタルランド 19,955円 21,115円(+1,160円)
マクドナルド 5,050円 5,010円(△40円)
三井住友ファイナンシャルG 4,154円 4,244円(+90円)
味の素 3,189円 3,242円(+53円)
楽天グループ 975円 998円(+23円)
イオン 2594.5円 2,679円(+84.5円)
オイシックス・ラ・大地 2,451円 2,510円(+59円)
トヨタ 2,227円 2,269円(+42円)
キリンホールディングス 1,845円 1,881円(+36円)
良品計画 1,654円 1,752円(+98円)

結果、50,000円→53,982円(手数料込み)と3,982円とプラス収支に!

1週間で「8.3%」の利益確保は初めての株取引としては大成功と言えるでしょう。

結果を見ると、保有株の上昇効果もあるも「3株無料プレゼント」のインパクトが大きいですね。

これからLINE証券を活用する方は、必ずキャンペーンを活用するようにしましょう。

「LINE証券」株取引やってみて感じた3つのポイント

ポイント①取引時間によって手数料が異なる

取引時間別に手数料に違いがあり注意が必要

LINE証券1株取引の場合、手数料ではなくスプレッド(差額)として株価に上乗せされています。

例:1株1,000円 → 1%手数料 →1,010円として取得

また、銘柄と取引時間ごとにスプレッドに違いがあります。

【グループA】

9:00~11:20
12:30~14:50
0.2%
11:30~12:20 1%
17:00~21:00 翌日基準値段に1%

その他グループは以下の通り
※日中取引のみ対応

グループB 0.3%
グループC 0.4%
グループD 0.5%

グループ別取り扱い銘柄は公式より確認できます。
いちかぶ(単元未満株)対象銘柄グループA

取引手数料にこだわる方は、「9:00~11:20、12:30~14:50」の間に取引するようにしましょう。

※日中取引時間は通常より「10分間短い」ため注意が必要。

ポイント②決算ビジュアルレポートは便利

「決算ビジュアルレポート」は便利なサービスです。

気になる銘柄があれば忘れずに「お気に入り」をしておきましょう。

お気に入り銘柄は、LINEにてレポートが貰えます。

例:ソフトバンク決算報告

決算内容のポイントをチェック。

自動通知をしてくれるため、決算を手軽にチェックすることができます。

決算シーズンは多くの企業が発表するため、1社ずつチェックするのは大変なものです。

ポイントをまとめて報告してくれるのはありがたいサービスと言えます。

ポイント③キャンペーンは忘れずに活用する

実際に株取引をやってみて感じたのは「キャンペーンが大盤振る舞い」という点です。

期間:2022年1月20日00:00〜終了日未定

  • クイズに正解で最大3,000円相当の株が貰える(3株)
  • 1万円以上株購入で現金1,000円(口座開設翌月末まで)

「合計4,000円分」受け取れるのはこれから株を始まる方に嬉しいサービスと言えます。

クイズに正解すると以下画面が表示されます。

対象銘柄別に1株当たりの株価が異なります。

ポイントは「できるだけ1,000円に近い」、「企業成長が期待」できるものを選びましょう。

「貰った株は翌日すぐに売る」という方は、株価が高いものを選べばOKです。

LINE証券で初めての株取引やってみた【まとめ】

本記事では「LINE証券」をテーマ操作性、口座開設の手軽さなどを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通り

  1. 口座開設はスマホで完結と手軽
  2. 投資初心者でも簡単操作で取引できる
  3. キャンペーン効果が大きく儲けることができた
  4. 取引時間別の手数料には注意
  5. 決算ビジュアルレポートが便利

LINE証券は2年間で100万口座達成と多くのユーザーに評価されている証券会社です。

「LINEとの連携」、「操作性」が強みであり多くの投資家におすすめできます。

単元未満株取引で株を始めてみたいという方は一度検討してみてはいかがでしょう。

以上、LINE証券株取引やってみた!体験談まとめでした。

詳細については公式をどうぞ
LINE証券公式ホームページ

【関連記事】ワンコイン投資(単元未満株)取引に対応している証券会社を紹介しています。

【ワンコインでOK】お小遣で投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、ワンコインから投資ができる「おすすめ少額投資アプリ」の特徴と違いを解説します。 証券会社によって特徴があるため...

【関連記事】「少額投資は意味がない?」をテーマにポイントを解説しています。

(検証)少額投資は意味がない?それともある?【結論:無意味ではない】 本記事では「少額投資」をテーマに投資をする効果を「意味ある派」、「意味ない派」の意見を元に解説します。 積立NISAを中心...

【関連記事】「株式投資は何から勉強を始めるべきか?」をテーマに方法を解説しています。

【初心者向き】株式投資は何から勉強を始めるべきか?10STEPで解説 本記事では、「株式投資の勉強」をテーマに何から始めるべきか?を解説します。 積立NISAの導入により、若年層を中心に投資を...

人気アプリまとめ記事