投資知識

「ミニ株はおすすめしない」と言われる5つのデメリット【手数料に注意】

悩み人
悩み人
将来のためにミニ株を検討中。おすすめしないという声も聞くがメリット、デメリットを教えて欲しい

本記事では「ミニ株」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

ミニ株は少額投資に対応しているため、若年層を中心に取引を始める方が増加。

500円などワンコインで株式投資を体験できるのは魅力と言えるでしょう。

但し、ミニ株取引の手数料や取引ルールから「おすすめしない!」という声があるのも事実。

このため、ミニ株投資を始める方に向けてメリット、デメリットを深掘りします。

本記事の結論まとめ

①ミニ株投資の魅力は少額投資

②投資を体験したいという方におすすめ

③但し、「手数料」、「約定に時間が掛かる」など課題も

④また、取引銘柄に制限がある点も注意

⑤メリット、デメリットを正しく理解してミニ株投資を始めよう

(基本)ミニ株とは?

まずは、「ミニ株とは?」について簡単に解説します。

ミニ株とは「1株」から買える株の事を指す
  • 単元未満株
  • 端株
  • S株
  • ワン株
  • プチ株

など、様々な呼ばれ方がありますが意味は同じです。

売買単位のことを「1単元」といい、基本的に上場会社は100株(一部例外除く)を1単元としています。

このため、100株に満たない小さな株として「ミニ株」という呼び方が生まれました。

ミニ株の魅力は何と言っても少額投資ができる点です。

ユニクロなどの値がさ株は、100株でも700万円を超える投資額が必要。

新たに投資を始める方には、手軽に購入する事は困難と言えるでしょう。

こんな魅力のあるミニ株ですが、「おすすめしない」と言われるデメリットが存在します。

「ミニ株はおすすめしない」と言われる5つのデメリット

ミニ株投資のデメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

デメリット①手数料が割高になる

ミニ株投資の手数料には注意が必要です。

【比較】SBI証券スタンダードプラン(単元株)とミニ株の比較

  • スタンダードプラン:約定代金別に55円~1,070円
  • ミニ株:買付:※実質無料 売却:0.55%

最低手数料はどちらも55円

※買付手数料分は翌月キャッシュバックされる

上記2種類を約定代金別に手数料を比較
(手数料は買いと売りの合算)

約定代金 単元株 ミニ株
1万円 110円 55円
5万円 110円 275円
10万円 198円 550円
50万円 550円 2,750円
100万円 1,070円 5,500円

上記の通り、約定金額が大きくなるにつれて手数料が高くなるのがミニ株の課題です。

また、最低手数料が設定されている点も注意しましょう。

(例)SBI証券で1,000円決済の場合
→最低手数料として「55円」必要

上記の場合、手数料は5%を超える

このため、少額投資の決済には注意が必要です。

デメリット②取引銘柄は制限あり

ミニ株はすべての銘柄に対応しているわけではありません。

例:LINE証券 大型株、中型株を中心に約1,500銘柄

このため、取引できない銘柄がある点には課題が残ります。

但し、取引制限が掛けられているのは小型株が中心であり、投資の練習という点では大きな制約ではありません。

また、SBI証券であればミニ株でも約3,500銘柄に対応。

多くの銘柄に少額から投資をしたい方は、証券会社選びにも注意をしましょう。

デメリット③約定までに時間が掛かる

ミニ株は約定まで時間が掛かる点には注意しましょう。

例:SBI証券「S株」の場合
受付時間 約定タイミング
07:00~10:30 当日後場始値
10:30~13:30 当日後場引け
13:30~07:00 翌営業日前場始値

このため、相場急変動時など思いもよらぬ高値で約定する可能性があります。

単元株のように「指値注文」ができない点はミニ株投資のデメリットと言えます。

デメリット④基本的に株主優待は対象外

株主優待は日本独自の株主への還元制度です。

基本的には100株以上を保有している株主へのサービスであり、ミニ株では優待を受け取る事ができません。

このため、優待を含めた総合利回りでは単元株に劣る点は注意をしましょう。

デメリット⑤株主総会での議決権がない

ミニ株投資の場合、株主総会における議決権の行使は認められません。

「利益配当請求権」、「書類閲覧謄写権」、「株主代表訴訟提起権」等の株主の権利は認められる

議決権の行使は株主としての権利であるため、事前にデメリットの1つとして認識しておきましょう。

ミニ株には様々なデメリットがあります。

特に、指値注文に非対応であり想定した買値で即時に約定しない点は大きな課題と言えます。

また、日本独自の株主優待制度が受けられないという点も注意しましょう。

但し、ミニ株にはメリットもあるため以下で解説します。

「ミニ株」4つのメリット

ミニ株のメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①少額から投資が可能

ミニ株はワンコインで取引可能

ミニ株の魅力は、「少額から株を購入することができる」という点です。

単元株(100株)の場合

  • A社:約10万円
  • B社:約50万円
  • C社:約100万円

など、投資を始めたばかりの方には手軽に購入できない金額です。

その点、ミニ株取引の場合

  • A社:1,000円
  • B社:5,000円
  • C社:10,000円

など、日々の生活で節約したお金を投資に回せるのは魅力と言えるでしょう。

メリット②1株から株主優待が貰える

少額でもお得な株主優待が貰える

限られた銘柄のみですが、1株からでも株主優待を受け取られる銘柄が存在します。

具体的には「端株優待」、「1株優待」と言われる株主優待です。

例:上新電機(8173)

1株保有する事で5,000円分の割引券が貰える

限られた企業のみですが、少額から株主優待が貰えるのは魅力と言えるでしょう。

【端株優待】1株だけで貰える「最強隠れ優待」おすすめ10選 本記事では「端株優待」をテーマにおすすめを解説します。 あまり知られていませんが、1株から株主優待が貰える企業が存在。 ...

メリット③リスクを抑えた投資が可能

少額から分散投資ができる

ミニ株は少額投資に対応しているため、複数の銘柄に分散投資できる点は魅力です。

仮に投資額10万円から単元株を始める場合、「投資銘柄が限られる」、「1企業に集中投資になる」という課題があります。

この点、ミニ株を活用する事でセクター分散をさせながら投資ができる点はメリットと言えるでしょう。

メリット④配当金が受け取れる

少額投資でも配当金が貰える

ミニ株の場合でも、配当金を受け取る事ができます。

このため、ミニ株投資を継続する事で将来的に配当収入を作る事も可能です。

少額から気になる企業の株を分散させながら投資を始めてみましょう。

但し、高配当株は買い時を選ぶ投資法のため以下も合わせてチェックしましょう。

【高配当株の買い時とは?】いつ買うべきか4つのポイントで解説 本記事では「高配当株の買い時とは?」をテーマに4つのポイントを解説します。 株式投資で得られる配当金には、不労所得という魅...

「ミニ株投資」おすすめ証券会社

ミニ株投資におすすめの証券会社は以下の通りです。

  1. LINE証券
  2. PayPay証券
  3. SBIネオモバイル証券

順番に解説します。

①LINE証券

LINE証券は2年2ヶ月で100万口座達成と利用者から高い評価を受けています。

  • クイズに答えて株貰えるキャンペーンあり
  • 最大7%オフの株セール実施
  • LINE公式アプリで決算レポートが見れる

取引コストは以下の通り

取引コスト
開場時 0.2~0.5%
時間外 1.0%

日中取引のコストが格安な点は強みです。

時間外の取引コストには注意

また、クイズに答えて株を無料で受け取るキャンペーンを実施中。

筆者も、「楽天グループ」の株を無料で受け取りました。

最新のキャンペーンは公式サイトをチェックしてみましょう。
(公式)LINE証券

【体験談】LINE証券で初めての株取引やってみた!│儲かるのか検証 本記事では「LINE証券」をテーマに投資未経験でも 簡単に注文ができるか? 初心者にも優しい作りになっているか?...

②PayPay証券

PayPay証券は1,000円から定額購入できるスマホ証券アプリです。

  • 1,000円から定額購入に対応
  • 厳選された米国株に投資ができる
  • スマホファーストで操作性抜群

取引コストは以下の通り

国内株 米国株
投資商品 個別株、ETF 個別株、ETF
開場時 買付価格の0.5% 買付価格の0.5%
時間外 買付価格の1.0% 買付価格の0.7%

特徴は、「定額購入に対応している」という点です。

ファーストリテイリングのような値がさ株の場合、1株からでも数万円の資金が必要。

単元株(100株) 7,200,000円
単元未満株(1株) 72,000円
PayPay証券 1,000円~

その点、PayPay証券であれば1,000円から定額購入が出来る点は強みと言えるでしょう。

詳細は公式をどうぞ
スマホ証券【PayPay証券】

「PayPay証券」評判、口コミを徹底解説│デメリットも正直レビュー 本記事では、「PayPay証券」をテーマに評判や口コミを解説します。 PayPay証券は定額購入に対応した証券会社。 ...

③SBIネオモバイル証券

「SBIネオモバイル証券」は手数料定額の証券会社です。

  • 取引手数料実質20円と格安
  • ひとかぶIPOにも参加できる
  • Tポイントで株が買える

投資初心者の方を中心に現在60万口座を超える人気に。

取引コストは以下の通り

約定金額合計 取引コスト(税込)
50万円 220円
300万円 1,100円
500万円 3,300円
1,000万円 5,500円
以下、100万円ごとに1,100円(税込)加算(上限なし)
別途、毎月Tポイントとして200pt付与される

50万までの固定取引コスト「220円‐200pt」で実質取引コスト20円

国内株のミニ株で取引コストを抑えたい方におすすめです。

詳細は公式をどうぞ
(公式)SBIネオモバイル証券

単元未満株アプリ【SBIネオモバイル証券】口コミ、デメリットなど徹底解説 本記事では「SBIネオモバイル証券」をテーマにメリット、デメリットを解説します。 ネオモバはワンコインから投資ができるため...

「ミニ株」メリット、デメリット【まとめ】

本記事では、「ミニ株」をテーマにメリット、デメリットを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通り

ミニ株のメリット
ミニ株のデメリット

ミニ株投資には「少額投資が可能」、「リスク分散ができる」など、投資初期に最適なサービスと言えます。

但し、「手数料」や「約定までに時間が掛かる」などデメリットがある点には注意しましょう。

このため、ミニ株に慣れてきた方は単元株も併用しながら資産形成を始めるのがおすすめです。

以上、ミニ株メリット、デメリットまとめでした。

【関連記事】ワンコインに対応した少額投資アプリをまとめています。

【ワンコインでOK】お小遣で投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、ワンコインから投資ができる「おすすめ少額投資アプリ」の特徴と違いを解説します。 単元未満株は少額から取引を始め...

【関連記事】単元未満株の手数料対策について詳しく解説しています。

【注意】単元未満株は手数料負けする可能性あり│損しない6つの対策 本記事では、「単元未満株の手数料」をテーマに損しない具体的な方法を解説します。 単元未満株は少額から取引を始めることができ...

【関連記事】大学生の株式投資をテーマに注意するべきポイントを解説しています。

「大学生が株で稼ぐ事は可能か?」注意するべき5つのポイントを解説 本記事では「大学生が株で稼ぐ事は可能か?」をテーマにメリットと注意点を解説します。 2022年4月より高校家庭科にて「投資...
関連記事