家計簿アプリ

【マネーフォワードME】口コミ、評判を解説│2年間使用した感想を正直レビュー

悩み人
悩み人
家計簿アプリ「マネーフォワードME」が気になります。今まで資産管理と聞くとめんどうでやった事がないんだよね・・・口コミや、評判など詳しくて教えて欲しいな。

本記事では「マネーフォワードME」をテーマに口コミ、評判を徹底解説します。

記事の内容は以下の通り

  • マネーフォワードMEってどんなアプリ?
  • メリット、デメリットついて詳しく知りたい
  • 口コミ、評判はどうなの?

こんな悩みを解決します。

イチリタ
イチリタ
筆者は、複数の家計簿をアプリを日々使用しています。レビュー記事も多数執筆しているため、どこよりも詳しくメリット、デメリットを解説させて頂きます!

\当サイトレビュー記事も良ければどうぞ/

「マネーフォワードME」とは?

先に結論から!「マネーフォワードME」とは?

無料で収入~支出までトータル管理をしてくれる人気NO.1家計簿アプリ。操作性も抜群でに固定費削減に最適!

但し、一部の機能は有料課金が必要なので詳しく解説します。

  • 利用者1,100万人超えの人気NO.1家計簿アプリ
  • 銀行から金融資産まで一括管理
  • レシート自動読み込み機能も有り

ダウンロードは以下からどうぞ(無料でOKです)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

posted withアプリーチ

(参考)マネーフォワードME公式動画

「マネーフォワードME」デメリット

まずは、「マネーフォワードME」デメリットから解説しますね。

デメリット①一部機能は課金が必要

マネーフォワードMEは一部有料課金(480~500円/月)が必要です。

無料版と有料版の比較は以下の通り

無料版 有料版
連携可能数 10件まで 無制限
自動更新頻度 高い
一括更新 ×
カード残高表示 ×
資産推移グラフ ×
家計資産レポート ×
広告非表示 ×

無料版で気になるのは以下2点

  • 連携可能数
  • 資産推移グラフ

「連携可能数10件」はクレジットカード、証券会社など複数連携するとすぐ超えます。

無料でも無制限に連携できる家計簿アプリもあるので、この点はマネーフォワードMEのデメリットと言えます。

続いて、「資産推移グラフ」は以下のようなグラフです。

マネーフォワード公式より引用

資産形成をする人にとって、推移チェックはモチベーションアップに。

「どうしても資産推移グラフを見たい!」という方は有料課金をおすすめします。

但し、個人的には無料でも困っていません

私はマネーフォワードME無料ユーザです。

が、それでも悩みは全くありません。

その理由を解説しますね。

(対策)2つの家計簿アプリを活用すべし!

「連携数10件まで」の悩みは、おかねのコンパスという家計簿アプリとの複数使用がおすすめ。

おかねのコンパスを簡単に説明すると

  • すべての機能が無料でOK
  • 口座連携数は無制限
  • マネーフォワード社と共同開発

無料で制限なく使用ができる家計簿アプリです。

また、マネーフォワード社と共同開発したアプリのため、使用感も抜群です。

私の活用方法は

【マネーフォーワードMEへの連携】

  • 普通預金
  • 証券口座

⇒主に収入~資産の確認

【おかねのコンパスへの連携】

  1. カード
  2. ポイント
  3. 電子マネー

⇒主に支出管理

といった感じです。

2つのアプリを活用することで無料でもストレスなく使用ができます。(ご参考まで)

「おかねのコンパス」ダウンロードは以下からどうぞ

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

posted withアプリーチ

詳しくマネーフォーワードMEとおかねのコンパスの違いを知りたい方は以下レビューをどうぞ。

おかねのコンパスとマネーフォワードME7つの違いを徹底比較 本記事では「おかねのコンパス」と「マネーフォワードME」の違いについて解説します。 ちなみに、筆者はマネーフォワードMEを...

「マネーフォワードME」活用するべき理由(メリット)

メリット①操作性、情報量が抜群

いままで20種類近く家計簿アプリを使用してきました。

その中でも、マネーフォワードMEは「かゆい所に手が届くアプリだな」という感想です。

たとえば、金融資産の「評価損益の有無」

左:おかねのコンパス、右:マネーフォーワード

自身の金融資産が「いくら儲かっているのか?損をしているのか?」アプリ内で簡単にチェック可能。

比較して家計簿アプリを使用していると、「マネーフォワードMEって使いやすい!」と思う事がよく有ります。

メリット②レシート自動取り込みに対応

マネーフォーワードMEは「レシート自動取り込み機能」が無料で使用できます。

現金まで細かく支出管理したい方に嬉しいサービスです。

家計簿アプリ「マネーツリー」などレシート自動読み込み機能があるも、「有料版」のみという場合も。

無料で使えるのはマネーフォワードMEのメリットです。

メリット③複数の資産を手軽にチェックできる

私の場合、証券口座だけで5口座保有しています。

クレジットカードや銀行口座など多くの方が複数所有しているかと。

そこで出てくるこんな悩み

悩み人
悩み人
どこの口座にいくらお金が残っているか分からない・・・

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方にマネーフォワードMEは最適です。

アプリを活用することで、すべての資産確認がボタン一つでOK。

一度使用すれば分かりますが、「使ってよかった~」と思えるアプリですよ。

「マネーフォワードME」おすすめする人

マネーフォワードMEはこんな方におすすめです。

  1. レシート自動読み込み機能は絶対欲しい
  2. 金融商品を保有している
  3. 連携口座数は多くない
  4. 資産更新スピードが速いアプリが良い

他にも人気家計簿アプリは多数あります。

以下で、一覧表を作成しているのであなたに合ったアプリを見つけてみて下さい。

すべて利用した筆者は、「資産更新スピード」、「操作性」から自信をもってマネーフォワードMEをおすすめします

スマホの方は表をスライドする事ができます。

順位 アプリ 口座連携数 レシート
読み込み
資産更新 レビュー
記事
1位 マネーフォワードME 無料:10口座
有料:無制限
有り 1分程度
2位 Moneytree 無料:50口座 有り
(但し有料のみ)
無料:2~6時間
有料:20~60分
詳細
3位 おかねのコンパス 無料:無制限 無し 1分程度 詳細
4位 Zaim 無料:無制限 有り 無料:数日
有料:数分
詳細
5位 OsidOri 無料:7口座
有料:無制限
無し 手動更新なし
(午前自動更新)
詳細

※「詳細」をタップすると各アプリのレビュー記事がチェックできます。

「マネーフォワードME」気になる4つの質問

利用者はこんな疑問を持っているようです。

質問①セキュリティ、安全性は大丈夫?

結論、セキュリティ面は安心です。

メールアドレスや金融機関にアクセスするためのデータは、すべて暗号化され、厳重に管理されています。

ログインには、パスワード、指紋認証(顔認証)が必要なためスマホ紛失時も情報漏洩の心配はありません。

また、連携時必要となるのは、「ログインID」と「パスワード」のみ。

取引に必要なパスワードは不要なためご安心を。

詳しくは公式をどうぞ
安心のセキュリティ|マネーフォワード ME

質問②有料課金はいくら?

支払う方法によって様々です。(詳細以下)

iOSストア(月払い) 480円
iOSストア(年払い) 5,300円(442円/月)
GooglePlay(月払い) 500円/月
GooglePlay(年払い) 5,500円(458円/月)

もし、有料課金契約をするなら「年払い」がおすすめです。

家計簿アプリの特性上、長期的に収入と支出の管理をする事になるため。

ちなみに、1ヶ月間であれば無料で有料版を体験できるので、一度無料で試してから判断するのをおすすめします。

質問③連携できるサービスを知りたい

具体的に連携できるサービスは以下の通り

  • 銀行
  • カード
  • 電子マネー・プリペイド
  • 通販
  • ポンイト
  • 証券
  • 仮想通貨

などなど、身の回りのもので「連携できない!」というものはほぼ無いのでご安心を。

質問④米国株にも対応している?

個人投資家から多い質問ですね。

結論、「米国株に対応」しています。

米国個別株だけでなく、ETFにも対応しているのでご安心を。

マネーフォワードME口コミ、評判まとめ

マネーフォワードME口コミ、評判は以下の通り

マネーフォワードME口コミ、評判をまとめると以下の通り

  • 家計の支出管理に最適
  • 節約する意識が付く
  • 資産推移を見るのが楽しい
  • 有料課金も手間を考えると十分安い

といった感じです。

ネガティブな口コミも探しましたが、見つからずマネーフォワードMEが高く評価されているという結果でした!

「マネーフォワードME」まとめ

本記事ではマネーフォワードMEについてまとめました。

ポイントをまとめると以下の通り

【デメリット】

  • 一部機能は有料課金が必要

⇒但し、固定費削減効果を考えると有料課金の価値は十分あり

【メリット】

  • 操作性、情報量が抜群
  • レシート自動取り込みに対応
  • 複数の資産を手軽にチェックできる

「将来のために貯金をしたい」、「資産形成を始めたい」

と思ったらマネーフォワードMEの活用をおすすめします。

お金を貯めるにはまずは「日頃の固定費削減」が一番です。

  1. マネーフォワードMEを活用して無駄な支出を見つける
  2. 無駄な固定費があれば解約・プラン変更
  3. 浮いたお金でコツコツ貯金、積立投資をする

こんなプランだと日々の生活水準を変える事なくお金が貯まる体質を作る事が可能です。

イチリタ
イチリタ
ぜひ、マネーフォワードMEを活用して将来の自分のためにお金を貯めましょう。

ダウンロードは以下からどうぞ
無料でも利用可能です。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

posted withアプリーチ

\家計簿アプリを比較したい方はこちら/

【関連記事】「マネーフォワードME」とPayPayを連携させる方法を解説しています。

【対策】マネーフォワードMEとPayPayを連携させる4つの方法を解説 本記事では「マネーフォワードMEとPayPayを連携させる方法」をテーマに対策を解説します。 \当サイトレビュ...

【関連記事】「マネーフォワードME」家族、夫婦での共有方法を解説しています。

「マネーフォワードME」家族、夫婦での共有方法を解説│3つの注意点あり 本記事では家計簿アプリ「マネーフォワードME家族、夫婦での共有方法」を解説します。 結論、マネーフォワードMEは共有するこ...

【関連記事】「マネーフォワードME」と「おかねのコンパス」の違いを徹底解説しています。

おかねのコンパスとマネーフォワードME7つの違いを徹底比較 本記事では「おかねのコンパス」と「マネーフォワードME」の違いについて解説します。 ちなみに、筆者はマネーフォワードMEを...

人気アプリまとめ記事