高配当株

【検証】「日経高配当株50ETFとは?」評判から分かる5つのメリットを解説

悩み人
悩み人
日経高配当株50ETFが気になる。手数料や構成銘柄など詳しく教えて欲しい

本記事では、「日経高配当株50ETF」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

日経高配当株50ETFへ投資をする事で、国内の大手優良企業へ分散投資をする事が可能です。

但し、ユーザーの中には「手数料は高くないのか?」、「セクターバランスはどうか?」など疑問を持っている方も少なくありません。

そこで本記事では、日経高配当株50ETFを活用するメリットだけでなくデメリットの部分も深堀りします。

本記事の要点まとめ

①日経高配当株50ETFは少額で分散投資できる点が魅力

②日経平均株価の構成銘柄のうち、予想配当利回りの高い原則50銘柄で構成

③安定した高い配当利回りを実現

④但し、セクター分散や手数料には注意

⑤必要の応じて、米国ETFや単元未満株を活用しよう

「日経高配当株50ETF」とは?

まずは、日経高配当株50ETFの基本をチェックしましょう。

日経高配当株50ETFとは?

日経平均株価の構成銘柄のうち、予想配当利回りの高い原則50銘柄で構成される株価指数

日経平均株価に構成される大手優良企業へ分散投資ができ、高い配当利回りを受け取れる点が強みと言えるでしょう。

実際に投資家本人が50社に分散投資をするには、時間とまとまった資金が必要。

少額から優良企業へ分散投資をしたい方におすすめのETFです。

商品の詳細は以下の通り

①商品詳細

運営会社 野村アセットマネジメント
銘柄コード 1489
銘柄正式名 NEXT FUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信
愛称・略称 NF・日経高配当50 ETF
対象指標 日経平均高配当株50指数
売買単位 1口
信託報酬率 0.3080%/年
分配金支払い
基準日
毎年1月、4月、7月、10月の各7日(年4回)
上場日 2017年02月13日
上場市場 東京証券取引所
公式サイト https://nextfunds.jp/lineup/1489/

投資対象となる50銘柄は以下基準で決定。

日経平均構成銘柄のうち配当利回りの高い50銘柄から構成される配当利回りウエート方式。

配当利回りに流動性(売買代金)を加味して構成銘柄の指数算出上のウエートを決定する。

このため、配当利回りだけでなく売買代金も加味されているため、バランスが良い投資配分になっています。

②銘柄の入れ替え

銘柄の入れ替えは原則毎年1回、「定期見直し」で6月末に構成銘柄が変更されます。

基準日である5月末の予想配当利回りの高い銘柄を定期見直しルールに基づいて選定。

日経平均から除外される銘柄や、予想配当が無配となった銘柄は期中でも除外されます。

原則として構成銘柄が45銘柄未満となるまでは補充は行われず、次の定期見直しで再度50社に補充

③構成銘柄

詳細の構成銘柄は以下をタップすると確認可能です。

構成銘柄(2022年6月時点)
社名 業種 予想配当利回り
日本郵船 海運 11.38%
商船三井 海運 11.27%
日本製鉄 鉄鋼 8.43%
JFEホールディングス 鉄鋼 7.69%
野村ホールディングス 証券 7.06%
神戸製鋼所 鉄鋼 6.48%
日本たばこ産業 食品 6.39%
あおぞら銀行 銀行 5.84%
双日 商社 5.83%
ソフトバンク 通信 5.71%
日本軽金属ホールディングス 非鉄・金属 5.69%
三井住友フィナンシャルグループ 銀行 5.46%
大和証券グループ本社 証券 5.45%
シチズン時計 精密機器 5.43%
NIPPONEXPRESSホールディングス 陸運 5.43%
みずほフィナンシャルグループ 銀行 5.18%
日本郵政 サービス 5.16%
長谷工コーポレーション 建設 5.03%
松井証券 証券 4.97%
UBE 化学 4.96%
住友商事 商社 4.85%
三井住友トラスト・ホールディングス 銀行 4.78%
武田薬品工業 医薬品 4.71%
日本電気硝子 窯業 4.62%
アマダ 機械 4.61%
住友化学 化学 4.52%
MS&ADインシュアランスグループホールディングス 保険 4.45%
デンカ 化学 4.41%
AGC 窯業 4.40%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀行 4.39%
SOMPOホールディングス 保険 4.35%
ふくおかフィナンシャルグループ 銀行 4.30%
ENEOSホールディングス 石油 4.28%
DIC 化学 4.16%
三井化学 化学 4.15%
りそなホールディングス 銀行 4.13%
三菱ケミカルホールディングス 化学 4.07%
沖電気工業 電気機器 4.05%
コンコルディア・フィナンシャルグループ 銀行 4.04%
三井物産 商社 4.01%
積水ハウス 建設 3.96%
T&Dホールディングス 保険 3.82%
東京海上ホールディングス 保険 3.80%
セイコーエプソン 電気機器 3.75%
三菱商事 商社 3.72%
INPEX 鉱業 3.67%
出光興産 石油 3.67%
伊藤忠商事 商社 3.55%
ブリヂストン ゴム 3.43%
キヤノン 電気機器 3.24%

 

「日経高配当株50ETF」口コミ、評判

続いて、「日経高配当株50ETF」の口コミ、評判をチェックしましょう。

日経高配当株50ETFを参考に自身で投資を行う方も存在

老後のインカム資産として検討される声も

メンテナンス不要で分散投資ができるため投資を検討中

相場の下落時に逆張りで追加購入をする投資家も存在

以上、口コミ、評判を参考にメリット、デメリットを深掘りします。

「日経高配当株50ETF」5つのメリット

「日経高配当株50ETF」に投資をするメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①大手優良企業に分散投資が可能

日経高配当株50ETFは、日経平均株価の構成銘柄のうち、予想配当利回りの高い原則50銘柄を採用。

このため、誰もが知る大手優良企業に分散投資をする事が可能です。

グロース株のような急成長は難しいも、安定感があると言えるでしょう。

メリット②高い分配利回りを実現

日経高配当株50ETFは高い分配利回りを実現しています。

2022年7月15日時点4.58%

高配当株に求める利回りは投資家それぞれ異なりますが、4%越えは十分高配当と言えるでしょう。

以下、日経平均配当利回りと比較したチャートです。

日経平均配当利回りと比較すると、高い数値を維持している事が良く分かります。

メリット③数万円から分散投資が可能

日経高配当株50ETFの投資単位は「1口」単位です。

取引単価は日々前後するも、約4万円前後で50社に分散投資できるのは強みと言えます。

最近人気を得ている、単元未満株取引を活用しても50社への投資には資金が必要。

日本郵船だけでも1株1万円前後

このため、少額から分散投資できるのは日経高配当株50ETFの魅力です。

メリット④年4回分配金が受け取れる

日経高配当株50ETFの分配月は年4回。

毎年1月、4月、7月、10月の各7日

個別株の場合、年1~2回の支払いであるため複数に渡り分配金が受け取れるのは強みと言えるでしょう。

【ポイント】

米国高配当ETFは「3月、6月、9月、12月」であり、合わせて購入する事で分配金受け取り時期を分散させる事ができる

メリット⑤構成銘柄の自動組み換え

構成銘柄は、毎年1回「定期見直し」で6月末に自動組み換えが行われます。

また、定期見直し以外にも無配、減配が発表された際は構成銘柄から除外。

このため、投資家本人が配当利回りを見ながらリバランスをする必要がない点はETFに投資をするメリットです。

「日経高配当株50ETF」5つのデメリット

日経高配当株50ETFのデメリットもしっかりと理解しておきましょう。

順番に解説します。

デメリット①手数料が発生

日経高配当株50ETFは当然ながら運営会社への信託報酬が必要です。

信託報酬:0.3080%/年

仮に対象50社に自身で投資をする場合、信託報酬は不要な点を考えると注意するべきデメリットと言えるでしょう。

また、米国高配当ETFと比較すると若干高めの信託報酬です。

信託報酬
VYM 0.06%/年
HDV 0.08%/年
SPYD 0.07%/年

但し、0.3%というのは高すぎる手数料とも言えません。

デメリット②株主優待は受け取れない

日本独自の株主還元のサービスである、「株主優待」は受ける事ができません。

組み入れされている50社の中には、魅力的な株主優待を提供している会社も存在するため注意が必要です。

例:積水ハウス1,000株で魚沼産コシヒカリ5㎏相当

デメリット③不祥事株が組み込まれている

日経高配当株50ETFには、過去不祥事を起こしている「日本郵政」が組み込まれています。

【日本郵政グループの不祥事まとめ】

  1. 郵便局の顧客データ流出
  2. かんぽ生命の大規模不正販売
  3. 職員による6億円分の切手横領

など、数年間で不祥事が続出。

大手企業であればあるほど、組織の改革に時間を要するものです。

この点は、投資家の考え方次第ですが一部不祥事株が組み込まれている点は注意しましょう。

④セクターバランスには課題あり

日経高配当株50ETF「2022年6月30日時点」のセクターバランスは以下の通りです。

銀行 18.22%
商社 9.91%
保険 8.30%
鉄鋼 8.16%
化学 6.97%
海運 6.30%
証券 5.54%
石油 3.74%
通信 3.63%
窯業 3.61%
サービス 3.60%
医薬品 3.57%
食品 3.57%
電気機器 3.08%
建設 2.57%
鉱業 2.00%
ゴム 1.86%
陸運 1.41%
商社 1.34%
機械 1.22%
精密機器 0.71%
非鉄・金属 0.68%

景気敏感株と言われる「銀行」、「商社」の比率が高い点は注意。

詳細の銘柄割合は、投資する前に公式をチェックしておきましょう。

公式「関連データ」より確認可能

➤(公式)指数情報 - 日経平均プロフィル

⑤投資額はユーザーを選ぶ

日経高配当株50ETFは約4万円前後から投資をする事ができます。

50社に分散投資する金額としては、少額ですが投資家を選ぶ金額とも言えます。

投資信託であれば100円から購入できるため、「余裕資金がなく厳しい」という方は他の金融商品も検討しましょう。

「日経高配当株50ETF」おすすめの購入方法

実際に日経高配当株50ETFを購入する場合、取引手数料に注意しましょう。

結論、大手ネット証券である「楽天証券」及び「SBI証券」にて取引手数料無料に対応。

楽天証券 SBI証券 マネックス証券
無料 無料 有料

自身がメインに利用している証券会社の手数料をチェックした上で、購入する事が大切です。

無料対象ETFは定期的に変更になるため最新情報は公式をチェックしよう

「日経高配当株50ETF」を購入する際の3つの対策

日経高配当株50ETFの購入を検討している方は、以下3点の対策も検討してみましょう。

  1. 単元未満株を活用したセクター調整
  2. 日経高配当株70ETFも確認
  3. 米国ETFの活用

順番に解説します。

対策①単元未満株を活用したセクター調整

デメリットでも記載した通り、セクターバランスに課題が残ると感じる投資家も少なくありません。

このため、単元未満株を活用してセクター調整を図るのも検討してみましょう。

【活用方法】

  1. 日経高配当株50ETF購入
  2. バランス取りたいセクターの銘柄を単元未満株で購入する
  3. 定期的にリバランスを実施

単元未満株を始める場合、クイズに答えて株が無料で貰えるキャンペーンを開催している「LINE証券」の活用も検討してみましょう。

口座開設 スマホのみで完結(2営業日)
特徴 決算ビジュアルレポートが受け取れる
キャンペーン
(2022年12月時点)
・いちかぶまたは現物取引5万円以上で3,000円
・10万円以上の入金で1,000円
・いちかぶ取引手数料無料
公式サイト https://line-sec.co.jp/

キャンペーンを上手く活用しながら、お得に高配当投資を始めてみてはいかがでしょう。

最新のキャンペーンは公式サイトをどうぞ
LINE証券公式ホームページ

もっと詳しく知りたい方は口座開設~取引方法まで以下記事で解説しています。

【体験談】LINE証券で初めての株取引やってみた!│儲かるのか検証 本記事では「LINE証券」をテーマに投資未経験でも 簡単に注文ができるか? 初心者にも優しい作りになっているか?...

対策②日経高配当株70ETFも確認

日経高配当ETFには「70ETF」も存在。

銘柄コード 1577
銘柄正式名 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信
愛称・略称 NF・日本株高配当70 ETF
対象指標 野村日本株高配当70
売買単位 1口
信託報酬率 0.3520%/年
分配金支払い基準日 毎年1月、4月、7月、10月の各7日(年4回)
上場日 2013年03月07日
上場市場 東京証券取引所

投資対象となる70銘柄は以下基準で決定。

国内金融商品取引所に上場する全ての普通株式のうち、今期予想配当利回りの高い、原則70銘柄で構成される等金額型の指数

大規模不正販売が行われた、「かんぽ生命保険」が組み込まれているため、投資家を選ぶ投資商品です。

分散性は高いため、一度組み入れ銘柄などチェックしてみてはいかがでしょう。

➤(公式)野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)

対策③米国ETFの活用

米国高配当ETFの活用も検討してみましょう。

おすすめの米国高配当ETFは以下の通りです。

  1. VYM
  2. HDV
  3. SPYD

米国高配当ETFの御三家と言われる3種。

特徴と組入銘柄数は以下の通り
※スマホの方はスライドできます。

ティッカー 特徴 銘柄数
VYM 財務優良+分散性が高い 約400
HDV 財務健全性高い+分散性に課題 約75
SPYD 配当利回りNO.1(リスク有り) 約80

幅広く分散投資できるのが強みです。

また、SPYDであれば5,500円から少額投資ができる点も米国ETFを活用するメリットと言えるでしょう。

「株管理アプリ」を活用して「日経高配当株50ETF」のパフォーマンスをチェックしよう

実際に日経高配当株50ETFの投資を始めたら、株管理アプリを活用しましょう。

当サイトでは「カビュウ」を活用したパフォーマンスの確認を推奨しています。

日本株だけでなく米国株にも対応

カビュウは、保有株をヒートマップで表示する機能があります。

タイルの大きさは「運用総額」、色は「前日比の騰落率」を表示。

また、保有資産のチェックにも最適です。

また、自身の投資実績を元に投資家タイプ診断という面白い機能もあり。

自身の性格やタイプを客観的に判断するのに最適です。

無料版も用意されているため、カビュウを活用して日々のパフォーマンスをチェックしてみましょう。

無料ダウンロードは以下からどうぞ

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

カビュウについては以下記事で詳しく解説しています。

【2022年12月】株分析アプリ「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応カビュウはユーザー満足度向上を目的に随時アップデートを実施。 このため、本記事では毎月最新の情報を更新しています。 ...

「日経高配当株50ETF」【まとめ】

本記事では、「日経高配当株50ETF」をテーマに利用者の評判から分かるメリット、デメリットを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通りです。

日経高配当株50ETFメリット
日経高配当株50ETFデメリット

日経高配当株50ETFは大手優良企業50社に分散投資ができる金融商品です。

4%を超える高い配当利回りが魅力と言えます。

但し、メリットばかりではなくデメリットも存在する点は注意しましょう。

セクターバランスが気になる方は、「米国ETF」、「単元未満株」の活用もおすすめです。

以上、日経高配当株50ETFメリット、デメリットまとめでした。

【関連記事】単元未満株に対応したアプリを解説しています。

【ワンコインでOK】お小遣いで投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、「ワンコイン投資」をテーマにおすすめの少額投資アプリの特徴と違いを解説します。 少額投資アプリは気軽に取引を始...

【関連記事】投資管理に最適なアプリを解説しています。