投資初心者の方

【日経平均終値29年ぶりの高値】株は一旦売るべきか?│株価に惑わされるのはNGです

こんにちはイチリタです。

日経平均株価終値が29年ぶりに25,000円を超えたというニュースを見ました。29年ぶりの高値という事は割高という事ですよね・・・保有株は一旦売った方がいいでしょうか?

今回はこんな悩みを解決します。

この記事で得られる事

・日経平均株価とは?

・29年前と現在の日経平均株価の違い

【日経平均終値29年ぶりの高値】株は一旦売るべきか?

29年ぶりの高値というキーワードが目立ちますが、過去と現在の日経平均株価は大きく異なります。

2020年3月コロナショックから一転し、現在は順調に株価が上昇しています。

・米国大統領選の不透明感の解消

・新型コロナウイルスのワクチン実用化に向けた期待

こんな効果も有り、世界的な金融緩和が生んだ余剰マネーの流入が一段と強まり心理的節目である25,000円をしっかり超える形に。

ニュースでも連日、「29年ぶりの日経平均株価!」というキーワードを良く見る機会が増えましたよね。

この報道を見て不安に思うのは

29年ぶりという事は今の株価は割高なんだ・・・一旦売却しよう。

こんな誤解が生まれてしまう事です。

では現在の株価は割安なのか?

と言われると、実態経済はまだまだ復活をしていませんし、首都圏を中心に感染者拡大の懸念が続いています。

ファイザーのワクチンも2021年春以降と時間が掛かるとの事。

先行きの不安はまだまだ残っているため

これからの株価推移は全く分からない・・・というのが本音。

とはいえ、いたずらに「29年ぶりの日経平均株価!」

というワードだけを鵜呑みにして、割高と判断するのはあまりにも軽率です。

そこで、29年前の日経平均株価と現在はどう違うのか?を解説させて頂きます。

29年前と現在の日経平均株価の違いとは?

まず初めに、日経平均株価について簡単に説明します。

日経平均株価とは?

東証1部に上場する約2,000企業の中から選別された、日本を代表する225社の平均株価です

225社は固定された企業ではなく、倒産や東証2部への降格などで定期的に構成銘柄から除外される事が有ります

ちなみに、TOPIXとの違いはなんでしょうか?

よくニュースで聞かれるTOPIXとの違いは以下の通りです。

日経平均株価 TOPIX
対象銘柄 東証1部優良企業
(225社)
東証1部全銘柄
(2178社)
計算方法 平均株価 時価総額加重平均
特徴 値がさ株の影響大 時価総額が影響大

日経平均株価の注意点は225社の平均株価であるという点です。

平均株価を表した数値のため、株価が高い企業の影響力が極めて大きくなります。

ちなみに、株価が高い企業の事を「値がさ株」と言います。

値がさ株で有名な企業は以下の通り(2020年11月11日終値時点)

コード 企業名 構成率
9983 ファーストリテイリング 11.26%
9984 ソフトバンクグループ 5.62%
8035 東京エレクトン 4.24%
6954 ファナック 3.40%
6367 ダイキン工業 3.30%
ファーストリテイリングの平均株価に対する構成率がすごいですね・・・
上記5社だけで28%も平均株価に影響を与えます。

つまり、ファーストリテイリング(ユニクロ)の株価が大きく上がれば、日経平均株価も上昇する可能性が高いという事です。

このため、世界の投資家はTOPIXの動きを重視しています。

日経平均株価で日本の株価推移を判断する事はオススメできません。

日経平均株価の特徴を踏まえて29年前と現在の時価総額上位10社を比較してみました。

1991年と現在の時価総額TOP10比較

時価総額TOP10は以下の通りです

順位 1991年 2020年
1位 NTT トヨタ
2位 日本興業銀行 ソフトバンクG
3位 第一勧業銀行 NTTドコモ
4位 三菱銀行 キーエンス
5位 富士銀行 ソニー
6位 住友銀行 NTT
7位 三和銀行 ファストリ
8位 太陽神戸三井銀行 任天堂
9位 トヨタ リクルート
10位 東京電力 中外製薬
1991年当時は銀行系ばかりですね・・・

1991年はTOP10の内7社が銀行系です。

各銀行は現在のメガバンクの前身。

この時価総額を見て理解して欲しいポイントは

当時と現在では、構成銘柄が大きく異なるという点です!

ちなみに、1991年と現在の企業時価総額上位10社合計はこちら

1991年 約70兆円
(上位10社計)
2020年 約112兆円
(上位10社計)

1991年と比較して、現在は企業の時価総額も向上しています。

この記事でお伝えしたい事をまとめると

1991年と2020年の日経平均株価25,000円というのは全くの別物

という事です。

つまり、全く異なる商品を並べて割高なのか?割安なのか?を判断する行為は危険です!

それぞれ物には適正な価格があるよっ!という事です。

1989年には「日経平均38,915円」の株価に

ちなみに、日経平均最高値は1989年12月29日39,815円です。

当時は現在の値がさ株で有る、ファーストリテイリング、ソフトバングGも日経平均株価225社に組み入れされていません。

また、1989年は15倍前後が適正と言われているPER(株価収益率)も約80倍と驚異的な割高数値でした。

それと比べれば、2020年11月時点PER23倍前後ですので、特別割高という事も有りません。

但し、注意点として、今後も株価は右肩成長を続けるのか?という質問には

この答えは誰にも分かりません。

という答えになります。

なぜなら常に未来は不確実だからです。

大事なポイントをもう1度言うと

29年ぶりの高値という言葉だけを鵜呑みにして、割高と判断するのは辞めましょう!

まとめ

今回のまとめ

・日経平均株価は29年ぶりに25,000円をつけた

・日経平均株価は上位10社の影響を大きく受ける

・29年前と現在では日経平均株価の内容が大きく異なる

・29年前と比較して現在は時価総額も大きい

・日経平均株価を見て割高と判断する事は辞めよう

1991年と現在の日経平均株価は説明した通り別物です。

正しい情報を元に株式投資を継続していきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1989年のバブル経済についてはこちらでまとめています↓

【バブル経済とは?】崩壊した原因をわかりやすく解説│当時の生活も紹介!こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 【バブル経済とは?】崩壊した原因をわかりやすく解説 ...
おすすめ記事
こちらの記事もオススメ!