株ツール

【画像で解説】日経新聞を無料で読む方法とは?│楽天証券を活用した見方

悩み人
悩み人
楽天証券を活用した日経新聞を無料で読む方法を知りたい

本記事では、「楽天証券を活用した日経新聞を無料で読む方法」をテーマに画像を活用して解説します。

日経新聞は情報収集のツールとして多くのビジネスパーソンから高い評価を得ています。

但し、毎月購読料が費用必要なことから「固定費を削減したい・・・」という方も少なくありません。

本記事をチェックする事で、毎月5,000円の固定費削減に繋がるため積極的に活用してみましょう。

本記事の要点まとめ

①楽天証券を活用する事で日経新聞が無料で閲覧できる

②スマホ、パソコンどちらにも対応

③毎月購読している人は年間6万円の固定費削減

④情報収集が必要なビジネスパーソンにおすすめ

⑤但し、デメリットもあるため本記事をチェックしよう

 

一般的な「日経新聞」を読む方法【購読料比較】

まずは、一般的な日経新聞を読む方法をチェックしましょう。

日経新聞の読む方法は以下の通り

  1. 日経新聞を毎月契約
  2. 売店やコンビニで購読
  3. 日経電子版で購読
  4. 日経電子版無料会員

日経新聞の購読と聞くと「自宅のポストに届く」が一般的と言えるでしょう。

続いて、「日経電子版」の利用となります。

日本経済新聞ホームページ

「日経電子版」は無料会員でも有料記事を閲覧することできます。

但し、有料記事は毎月10記事までという制限がある

このため、多くのビジネスパーソンは新聞を購読しています。

「日経新聞」の購読料は以下の通り

店頭、コンビニ 朝刊180円/日、夕刊70円/日
宅配契約① 朝・夕刊セット4,900円/月
宅配契約② 全日版地域4,000円/月
日経電子版 4,277円/月
日経Wプラン① 朝・夕刊セット5,900円/月
日経Wプラン② 全日版5,000円/月
日経新聞の購読料は「毎月5,000円前後」必要

年間約6万円(年間5,000円×12月)と考えると大きな固定費と言えるでしょう。

こんな固定費を「楽天証券」を活用することで無料にすることができます。

楽天証券の特徴

「楽天証券」は口座開設数1位の人気証券会社です。

2021年SBI証券を抜き1位を獲得
取り扱い商品 国内株式、外国株式、投資信託、FX、CFD、債券、先物・オプション、金・プラチナ等
積立NISA 対応(177銘柄)
単元未満株 非対応
特徴 楽天ポイントを活用した投資が可能
公式サイト https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券の強みは楽天グループのサービスをお得に利用できる点です。

  • 楽天ポイントで投資が可能
  • 楽天ポイント獲得倍率が上がる
  • 楽天クレジットカード投資ができる

など、「楽天経済圏」にサービスを集めることで、お得にポイントを貰う事ができます。

また、日経新聞を無料で読めるのは楽天証券の強みです。

顧客獲得のためのサービスですが、取引の有無に関わらず無料で日経新聞を読む事ができます。

楽天証券公式ホームページ

日経新聞を無料で読む方法(スマホ、パソコン)

無料で閲覧できるのは以下3種です。

  1. 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  2. 日経産業新聞
  3. 日経MJ

結論、楽天証券を活用すればすべての情報を閲覧することができます。

それでは、具体的な操作方法をチェックしてみましょう。

無料で閲覧するには楽天証券の口座開設が必要

日経新聞を無料で読む方法「スマホ編」

スマホで閲覧する場合は、楽天証券が提供する「iSPEED」を活用します。

ダウンロードは以下からどうぞ

iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

無料posted withアプリーチ

アプリをダウンロードしたら以下方法で閲覧しましょう。

①楽天証券アプリ「iSPEED」へログイン

②メニューをクリック

③日経テレコムをクリック

④日経テレコム「同意する」をクリック

⑤日経テレコム右上のタブをクリック

⑥きょうの新聞をクリック

⑦記事一覧から興味のある記事をクリック

以上で閲覧可能です。

新聞PDFも添付されているため、読みやすさは紙面と変わらない

続いて、パソコンで閲覧する方法を解説します。

日経新聞を無料で読む方法「パソコン編」

続いて、パソコンで日経新聞を見る方法です。

パソコンの場合、楽天証券が無料で提供している取引ツール「MARKETSPEEDⅡ(マーケットスピード2)」をダウンロードしましょう。
マーケットスピード2をダウンロードする

操作方法は以下の通り

①マーケットスピードにログイン

②タブ「ニュース」→「日経テレコム21」をタップ

③日経テレコムをクリック

④同意するをクリック

⑤記事一覧から興味のある記事をクリック

⑥画像付きで詳細の記事がチェックできる

以上で閲覧可能です。

結論、スマホ、パソコンどちらでも手軽に読むことができます。

楽天証券で「日経新聞」を読む際のデメリット

念のため、無料で閲覧する際の注意点を解説します。

デメリット①電子媒体が苦手な方には不向き

一部ユーザーの中には「電子媒体での閲覧は苦手」という方がいます。

昔から紙面で新聞を読んでいる方は、慣れるまで抵抗がある方も少なくありません。

無料で読むことができるため、「どうしても自分には合わない」と感じたら紙面を購読するようにしましょう。

デメリット②過去3日分しか情報が見れない

「日経テレコム」は過去3日間分しか読めません。

日経電子版と比較すると以下の通り

  • 日経電子版:3ヶ月分
  • 楽天証券:3日間分

この点はデメリットと言えます。

但し、「記事検索」機能を活用することで、1年前までの関連記事を探して読む事ができます。

「日経新聞」楽天証券で閲覧ユーザー口コミ、評判

実際に、日経新聞を楽天証券で無料閲覧しているユーザーの口コミ、評判をまとめました。

毎月4,700円の固定費の削減になるという口コミです。

日経新聞が無料で読めるなら投資に興味が無くても口座開設したいという意見も。

実際に、日経新聞を解約して固定費削減を図ったユーザーもいます。

難しい操作もなく無料閲覧できるので一度試してみる事をおすすめします。

「日経新聞」を無料で見る方法まとめ

本記事では「楽天証券を活用した日経新聞を無料で見る方法」をまとめました。

本記事のポイントは以下の通り

【メリット】

  • 楽天証券口座を開設する事で日経新聞が無料で読める
  • 固定費の削減効果は6万円/年
  • キーワード検索も可能

【デメリット】

  • 電子媒体が苦手な方には不向き
  • 過去3日分しか情報が見れない

ユーザーの中には、「新聞は紙面で読みたい」という方も一定数いるため、「自身に電子媒体は向いているのか?」をチェックしてみましょう。

楽天証券が本サービスを提供している理由は「他ネット証券とのサービス差別化」です。

楽天証券は本サービス以外にも

  • 投資信託クレジットカード決済に対応
  • 楽天市場のポイント倍率アップ
  • 手数料も格安

など、投資スタートに最適な証券口座です。

投資に興味がない方も、日経新聞を無料で見るために楽天証券で口座開設してみてはいかがでしょう。(口座開設は無料でOKです)

以上、日経新聞を無料で見る方法まとめでした。
楽天証券公式ホームページ

【関連記事】楽天証券で積立NISAを始める方法を解説しています。

【簡単】積立NISA「楽天証券」での始め方5ステップ│3つのデメリットあり 本記事では、「楽天証券+積立NISA」をテーマに始め方を解説します。 楽天証券は口座開設数NO.1の人気会社です。 ...

【関連記事】投資信託を検討している方は「クレカ積立」を実践しましょう。

【積立NISAに最適】投資信託×クレジットカードおすすめ6選│デメリットも解説 本記事では「投資信託×クレジットカード」をテーマにポイントが貰えるおすすめの組み合わせを解説します。 現在、クレジットカー...

【関連記事】他にも情報収集に最適な無料ニュースアプリをまとめています。

【2022年】おすすめ無料ニュースアプリランキング15選│経済・株の情報収集に最適 本記事では、手軽に情報収集が可能な「無料ニュースアプリ」を紹介します。 ビジネスパーソンであれば、経済や市況など情報収集は...

人気アプリまとめ記事

関連記事