株アプリ

「PayPay証券」評判、口コミを徹底解説│デメリットも正直レビュー

悩み人
悩み人
「PayPay証券」が気になる。評判やデメリットなど詳しく欲しい。

本記事では、「PayPay証券」をテーマに評判や口コミについて詳しく解説します。

PayPay証券は米国株の少額取引に対応した証券会社。

リスクを抑えて米国株投資をしたい方におすすめです。

ちなみに、2021年2月1日にPayPay証券はワンタップバイ(One Tap BUY)から名称変更。

(公式)スマホ証券【PayPay証券】を確認する

「PayPay」証券とは?

まずは、PayPay証券の基本をチェックしておきましょう。

PayPay証券とは?

有名企業の株が1,000円から定額で購入できるスマホ証券アプリです。

1株から株を購入する証券会社が現在増加しています。

但し、米国株取引には対応しておらず、1,000円から定額で購入できるのは現状PayPay証券のみとなります。

アプリ名 米国株の取引有無
ferci(マネックス証券) 取引不可
PayPay証券 取引可
LINE証券 取引不可
SBIネオモバイル証券 取引不可
CONNECT 取引不可
日興フロッギー 取引不可
トラノコ 取引不可(ETFは可)

こんな魅力のあるPayPay証券ですがデメリットもあるため詳しく解説します。

【公式サイト】
(公式)PayPay証券

「PayPay証券」の3つのデメリット

デメリット①買付金額によって手数料は割高

PayPay証券の手数料は以下の通り

国内株 米国株
投資商品 個別株、ETF 個別株、ETF
開場時 買付価格の0.5% 買付価格の0.5%
時間外 買付価格の1.0% 買付価格の0.7%

結論、PayPay証券は少額取引は割安ですが、買付金額が上がると割高に。

具体的には以下の通り

証券会社 1,000円 1万円 10万円
PayPay証券 5円 50円 500円
楽天証券 50円 50円 90円
SBI証券 50円 50円 90円

1万円以上の買付については、単元株取引と比較し割高になります。

約定金額が大きい際は、単元株取引をおすすめします。

デメリット②為替手数料も若干高い

少額投資なら気にするほどでは無いですが、為替手数料についても注意が必要です。

米国株を購入する際は日本円⇒米ドルへ換金。

その際の手数料は以下の通り

  • PayPay証券:1ドル当たり0.35円
  • SBI証券:1ドル当たり0.25円

こちらもデメリットとしてチェックしておきましょう。

デメリット③入出金手数料が発生

PayPay証券は入出金手数料が必要です。

入金手数料はネット銀行を使う事で無料にできますが、出金はどうする事もできません。

細かくお金を入出金していると、手数料負けするのでくれぐれもご注意下さい。

詳しくは公式をどうぞ➤リスク・手数料相当額等 | スマホ証券PayPay証券

「PayPay証券」を活用するべき5つの理由(メリット)

メリット①1,000円から株の定額購入が可能

PayPay証券の最大のメリット「定額購入できる」という点です。

単元株であれば株価×100。

値がさ株である、「ファーストリテイリング」の場合100株で900万円以上になります。

そこで最近人気がでているのが1株から購入できる単元未満株取引です。

「ファーストリテイリング」も1株なら約9万円。

但し、投資家によってはもっと少額で取引したいと考えている方も少なくありません。

こういった需要に見事に答えているのが「PayPay証券」の定額購入サービスです。

例:ファーストリテイリングの場合(2021年1月14日終値株価)

単元株(100株) 9,366,000円
単元未満株(1株) 93,660円
PayPay証券 1,000円~

上記の通り、値がさ株も1,000円からと少額購入が可能。

株数ではなく「金額指定」で購入できるのがPayPay証券のメリットです。

メリット②厳選された米国株が購入できる

投資初心者にとって、投資出来る銘柄が多すぎるのは逆に困るんですよね。

悩み人
悩み人
投資銘柄が多すぎて、何に投資したら良いか分かりません・・・

その点、PayPay証券は初心者の気持ちを理解しており、取扱い銘柄がシンプルです。

  • アメリカンエキスプレス
  • AT&T
  • アップ
  • アドビシステムズ
  • ボーイング
  • コストコ・ホールセール
  • エクソン・モービル
  • マクドナルド

など、限られた米国大手企業への投資となります。

他の取扱い企業が気になったらこちらをどうぞ➤米国株取扱銘柄 | スマホ証券PayPay証券

PayPay証券側で知名度が高い企業を厳選してくれるのは嬉しいサービスです。

メリット③スマホファーストで操作性抜群

スマホ専用証券のためユーザビリティは抜群です。

たとえば、注文画面を見てもらうと

  1. 銘柄選択
  2. 金額入力
  3. 購入ボタン

と、3STEPでOK。

簡単な操作性もおすすめの理由です。

メリット④漫画で投資の勉強が出来る

PayPay証券のアプリで投資の基礎知識を漫画で学べます。

具体的には以下の通り

  • ロードオブザETF
  • 三つのファンド
  • 始めての入金物語

取引だけでなく、投資の勉強にも活用しましょう。

メリット⑤24時間取引可能

PayPay証券は24時間取引に対応しています。

通常の株取引は「前場・後場・PTS」のみ対応しており、24時間取引はできません。

理由としては、売買する相手がPayPay証券で、市場を介さない相対取引のためです。

簡単に言うと、PayPay証券が持っている株を購入する事になります。

そのため、

  • 朝の通勤中
  • 仕事の休憩中
  • 夜寝る前に

24時間いつでも取引ができます。

但し、一時的に株式が売切れて買付できないなどの場合もあるのでご注意下さい。

「PayPay証券」評判、口コミ

PayPay証券の評判、口コミは以下の通りです。

※2021年2月1日名称変更に伴い口コミは「ワンタップバイ」となっています。

口コミ、評判をまとめると以下の通り

  • 少額投資で米国株が買えるのが良い
  • 少しずつ積立が出来るのが嬉しい
  • 投資初心者におすすめ

全体を通して、少額で米国株デビューをしたい方から高い評価を得ていました。

「PayPay証券」おすすめ活用方法

結論、少額取引で米国株を購入したい方におすすめアプリです。

活用方法としては

  • 投資に慣れてみたい
  • 1,000円から定額で株式を購入したい
  • 少額から米国株を買ってみたい

こんな方におすすめです。

また、日々節約したお金を「貯金」⇒「投資」へマインドを変えるのにも最適です。

たとえば、日頃外食している方がお弁当を持参して1,000円節約。

節約した1,000円で興味が有る株式を購入。

ちょっとした事ですが、将来大きな資産を作るきっかけとしてPayPay証券は最適です。

「PayPay証券」まとめ

本記事では、スマホ証券アプリ「PayPay証券」について解説をさせて頂きました。

【メリット】

  1. 1,000円から株を定額購入が可能
  2. 有名企業の米国株を選定
  3. スマホファーストで操作性抜群
  4. 漫画で投資の勉強が出来る
  5. 24時間取引可能

【デメリット】

  1. 買付金額が上がると手数料が割高
  2. 為替手数料も若干高い
  3. 入金手数料が発生

結論としては、少額米国株デビューにおすすめのスマホ証券アプリです。

節約したお金を使ってリスクを抑えて投資を始める事をおすすめします。

以上、PayPay証券まとめでした。

詳細は公式サイトをどうぞ
(公式)PayPay証券

【関連記事】他にも少額投資におすすめのアプリを紹介しています。

【ワンコインでOK】少額投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、ワンコインから投資が可能な「おすすめ少額投資アプリ」の特徴と違いを解説します。 証券会社によって特徴があるため...

【関連記事】「少額投資は意味がない?」をテーマに理由と対策を解説しています。

少額投資は意味がない?それともある?│(結論)お金以上に得るもの多し 本記事では「少額投資の意味ない?それともある?」のテーマを深掘りします。 記事の内容 少額投資は意味が「ない...

【関連記事】投資管理に悩んだらこちらのアプリをどうぞ

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ11選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマに、筆者が実際に利用しているおすすめアプリを紹介します。 投資管理アプリを活用すること...

人気アプリまとめ記事