株ツール

株式投資の勉強におすすめ「映画ランキング10選」│金融リテラシーアップに最適

悩み人
悩み人
映画を通して株の勉強をしたい。おすすめの映画を教えて欲しい

本記事では「株式投資におすすめ映画」をテーマにランキング形式で紹介します。

映画の中には、株やお金をテーマにしたものが多数存在。

楽しみながら勉強できる点が強みと言えます。

各種、Youtube予告を掲載しているため気になる映画があればチェックしてみましょう。

本記事のポイント

気になる映画があれば「U-NEXT」を活用した視聴がおすすめ。

220,000本以上の動画と150誌以上の雑誌を取扱い。

本記事で紹介する映画も多数ラインナップ。

31日間であれば無料視聴できるため、無料トライアルを活用してみよう。

映画で株式投資を学ぶメリット

「株式投資の勉強」と聞くと書籍、雑誌をイメージするのが一般的。

特に偉人が書いたベストセラー本からは投資について学ぶ事が多数あります。

但し、ユーザーの中には「活字を読むのが苦手・・・」という方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが、映画を活用した株式投資の勉強です。

映画はストーリー性があり、楽しみにながら勉強できるのが強みと言えます。

本記事で紹介する映画をチェックする事で、「株式投資」だけでなく「お金」についても学ぶ事が可能。

人生を豊かにするためには、金融リテラシー向上が必要不可欠なため、気になる映画があればチェックしてみましょう。

(補足)本記事ではネタバレはなくあらすじのみまとめています。

Youtube予告を参考に気になる映画をチェックしてみましょう。

株式投資の勉強におすすめ「映画ランキング10選」

それでは、ランキング形式でおすすめ映画を紹介していきます。

10位:マネーボール

資金の少ない弱者の戦い方、マインドが学べる野球映画

「マネーボール」はこんな事が学べます。

  • 常識を覆すマインド
  • 弱者の戦い方、行動力
  • 新たな事へチャンレンジする勇気

主演ブラット・ピットが、弱小の野球チームを再生させる映画です。

資金難に見舞われながら、統計戦術を元に勝利を掴む展開を見る事ができます。

野球好きの方を中心に熱くなる展開が多数です。

「マネーボール」あらすじ

メジャーリーグの常識を覆した真実の物語。選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。ある時、ビリーは、イエール大学経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、周囲の反対を押し切って、後に“マネーボール理論”と呼ばれる戦略を実践していく。当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!!

9位:幸せのちから

全財産21ドルから立ち上がった、父子の奇跡の感動作

「幸せのちから」はこんな事が学べます。

  • 株の仲買人の仕事について
  • 困難にも負けない不屈の精神
  • 実話を元に作られたドキュメンタリー映画

主演ウィル・スミスが証券会社の養成コースから採用を目指す映画です。

厳しい倍率の中から、契約数で1番になる必要があり多数の困難があります。

最愛の息子のために、ひたむきに努力する実話を元に作られた作品です。

「幸せのちから」あらすじ

1980年代。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、貯金も底をついてしまう。そんなクリスが最後に選んだ道は自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社することだった。しかし6ヶ月の無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。愛する息子のため、奇跡を信じてクリスの過酷な戦いの日々が始まった。

8位:国家が破産する日

未曾有の危機に直面した国の裏側を描く衝撃作

「国家が破産する日」はこんな事が学べます。

  • 1997年韓国通貨危機をリアルに学べる
  • IMF危機による韓国の変革を知る
  • 実際に起きた社会的事件を描いた作品

1997年7月より発生したアジア通貨危機を題材にした映画です。

韓国国内でも甚大な被害があり、多くの中小企業が破綻。

歴史的事件を学びたい方におすすめです。

「国家が破産する日」あらすじ

1997年の「韓国通貨危機」の知られざる真実を初映画化し、政府批判にも言及した問題作。正義のヒロインに美貌のキム・ヘス、若き野心家に実力派ユ・アイン、国際通貨基金(IMF)の交渉人に国際的スターのヴァンサン・カッセルを迎え、息づまる交渉プロセスをスリリングに追う社会派エンターテイメントの大傑作!!韓国銀行のハンは通貨危機の予兆を国に報告するが、無責任な政府と対立する。金融コンサルタントのユンは、独自のデータを元に大胆な投資に動きだす。好景気に躍らされた中小企業は次々に倒産。政府が対策チームを立ち上げた時、国家破綻は7日後に迫っていた!

7位:ハゲタカ

国境を越えた買収戦争という極限の状況をリアルに描く

「ハゲタカ」はこんな事が学べます。

  • 企業買収(敵対的TOB)について
  • 敵対的TOBの防衛策
  • 外資の国内市場参入は、日本社会に様々な変化

LBOというM&Aの手法を活用したファンドが敵対的TOBを行う映画です。

エンターテイメント要素もあり楽しみにながら学ぶ事ができます。

「ハゲタカ」あらすじ

かつて瀕死の日本企業を次々と買い叩きながらも、日本のマーケットに絶望した鷲津(大森南朋)。海外生活を送っていた彼の元へ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」を、中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと、かつての盟友・芝野(柴田恭兵)が頼みに訪れる。名門「アカマ」の前に突然現れたのは、“赤いハゲタカ”こと劉一華/リュウ・イーファ(玉山鉄二)。巨額の資金を背景に鷲津を圧倒し続ける劉。彼の本当の狙いとは何か? 世界金融危機前夜に幕を開けた“ハゲタカVS赤いハゲタカ”の壮絶な買収戦争。「日本が中国に買い叩かれる!?」という未曾有の危機に、鷲津はどう立ち向かうのか?

ハゲタカ公式より引用

6位:殿、利息でござる!

庶民vsお上の利息をかけた銭バトル

「殿、利息でござる!」はこんな事が学べます。

  • 利息を取る側(お上)、取られる側(農民)のリアルな生活
  • 農民の年貢制度について
  • お金の大切さ

映画タイトルはコメディ要素が多いと思われますが、笑いあり涙ありの映画です。

お上にお金を貸し付けるにあたり、いくつもの苦難を乗り越えるシーンは必見。

「殿、利息でござる!」あらすじ

金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。
さびれ果てた小さな宿場町・吉岡藩で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ人のために私財を投げ打ち悲願に挑む!

殿、利息でござる!公式より引用

5位:マージンコール

リーマンショック直前の外資系銀行の裏側をリアルに描く

「マージンコール」はこんな事が学べます。

  • 外資系銀行の裏側
  • 破綻の危機を前にした投資銀行の幹部の落胆と葛藤
  • リーマンショック直前のリアルな実態

マージンコールとは、保証金以上の評価損が生じた場合「追加の保証金を払い込み」または「決済するか」の意思決定を促すシステム。

リーマンショックおいて、投資銀行が膨大の損失を出した実態が確認できます。

「マージン・コール」あらすじ

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエリックは、意味深な言葉と共に後輩のアナリスト、ピーターにUSBメモリーを託す。その晩、USBメモリーに記録されたデータを調べたピーターは、会社倒産にも繋がる衝撃の事実を知る。

4位:インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

ホラー映画より恐ろしい金融業界における真実

「インサイド・ジョブ」はこんな事が学べます。

  • リーマンショックについて
  • 金融危機の裏側を投資家、金融機関にインタビュー
  • ドキュメンタリー形式で金融業界を知る

本作の特徴は、リーマンショックだけでなく金融業界の問題点に踏み込んでいる点です。

「格付け会社との癒着」、「市場支配」など金融知識として知っておいて損はありません。

「インサイド・ジョブ」あらすじ

2008年に起きたリーマン・ブラザーズの経営破綻(いわゆるリーマンショック)をはじめ、世界中を巻き込んだ経済崩壊の真実に肉迫する!金融業界を代表するインサイダー、政治家、大学教授、ジャーナリストなどキーパーソンとなる人物へのインタビューや徹底的なリサーチ、データ収集によってあらゆる観点からメスを入れた本格的な経済ドキュメンタリー作品。

3位:ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

世界的企業「マクドナルド」成功の真実を描く

「ファウンダー」はこんな事が学べます。

  • グロース株の見つけ方
  • 世界企業マクドナルドの成功の秘訣
  • 経営のヒントや注目するべくポイント

世界的なハンバーガーチェーンであるマクドナルドが1950年代に大成長を遂げた実話を元にした映画です。

マクドナルド兄弟の方向性の違いによる全面対決は見物です。

世界的に企業になるまでのいきさつをチェックしておきましょう。

「ファウンダー」あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために兄弟との全面対決へと突き進んでいく!

2位:ウルフ・オブ・ウォールストリート

レオナルド・ディカプリオが演じるアメリカンドリーム

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」はこんな事が学べます。

  • 営業セールスや心理テクニック
  • 投資の詐欺事例
  • マネーロンダリング(資金洗浄)について

主演レオナルド・ディカプリオの天才的な話術は必見です。

どや顔、キメ顔などすべて自然体でありディカプリオにひきこまれながら視聴できます。

3時間と長めの映画ですが、飽きる事なく最後まで見る事が可能です。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」あらすじ

一攫千金を夢見るジョーダン・ベルフォートは、ウォール街の証券会社に就職する。しかし、トレーダーとしてデビューを飾る日に“ブラック・マンデー”が起こり失業してしまう。その後レストランで出会ったドニーとドラッグのディーラーを雇い株式会社を設立、1ドルにも満たない“ペニー(クズ)株”を巧みな話術で金持ちに売りつける商法で巨額の富を手にする。一気にウォール街のカリスマとなったジョーダンは、稼いだ金を高級車やドラッグ、娼婦につぎこみパーティ三昧の狂乱の日々を続けるが……。

ウルフ・オブ・ウォールストリート公式より引用

1位:マネーショート華麗なる大逆転

2008年に起こったアメリカのリーマンショックを勉強したい方必見

「マネーショート」はこんな事が学べます。

  • リーマンショックについて
  • 専門的な金融商品について
  • サブプライムローンの裏側

サブプライムローンの破綻に気付いた投資家達を描いた映画です。

不動産バブルの間に世紀の空売りを仕掛けるも、何度も苦難に見舞われます。

「悪魔のローン」とも言われた、サブプライムローンは投資家であれば一度チェックをしておきましょう。

「マネーショート」あらすじ

金融トレーダーのマイケルは、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品(サブプライム・ローン)が債務不履行に陥る可能性が有る事に気付く。同じころ、マイケルの戦略を察知したウォール街の銀行家ジャレットは、信用力の低い低所得者に頭金なしで住宅ローンを組ませている大手銀行に不信感を募らせるヘッジファンド・マネージャーのマークを説得し、「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるよう勧める。また、今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンはこの住宅バブルを好機と捉えウォール街で地位を築こうと野心に燃える投資家の二人から相談を持ち掛けられる。ベンは自分のコネクションを使って、彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。三年後、住宅ローンの破綻をきっけに市場崩壊の兆候が表れ、マイケル、マーク、ジャレット、ベンは、ついに大勝負にでる・・・

マネーショート公式より引用

(必見)映画をお得に見る方法

本記事で紹介した映画は「U-NEXT」を活用する事でお得に視聴する事ができます。

月額利用料 2,198円(税込)1,200円分のポイントバック有り
動画数 見放題20万本、レンタル2万本
特徴 見放題作品数NO.1の動画サービス
サービス 31日間無料トライアル有り

本記事で紹介した映画の取扱いは以下の通り
※結論、ほとんどの映画が視聴可能

  • 幸せのちから
  • ハゲタカ
  • 殿、利息でござる!
  • マージンコール
  • インサイドジョブ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
  • ウルフ・オブ・ウォールストリート
  • マネーショート
31日間であれば無料視聴が可能

気になる映画があれば、U-NEXTを活用してお得に視聴してみましょう。

(公式)U-NEXT

株式投資の勉強におすすめ映画まとめ

本記事では株式投資におすすめの映画をランキング形式で紹介しました。

今回紹介した映画は以下の通り

1位 マネーショート華麗なる大逆転
2位 ウルフ・オブ・ウォールストリート
3位 ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密
4位 インサイド・ジョブ世界不況の知られざる真実
5位 マージン・コール
6位 殿、利息でござる!
7位 ハゲタカ
8位 国家が破産する日
9位 幸せのちから
10位 マネーボール

リーマンショックについて詳しく学びたい方は、「マネーショート」、「インサイド・ジョブ」のチェックを。

個人的には子育てをしている方に「幸せのちから」をおすすめします。

キャストが本当の親子「ウィルスミス」と「ジェイデン」が演じており、ラスト3分は涙なしには見れません!

以上、株の勉強におすすめな映画まとめでした。

【関連記事】株の情報収集に最適なテレビを紹介しています。

【必見】株式投資の勉強に最適「おすすめテレビ番組」7選│最新の経済市況を取得 本記事では「株テレビ番組」をテーマにおすすめのチャンネルを放送時間と共に紹介します。 株テレビ番組は最新情報を取得できるの...

【関連記事】株の勉強におすすめな「投資系YouTuber」はこちらをどうぞ

【投資系YouTuber】おすすめランキングTOP10│有料級のチャンネルのみ厳選 本記事では「投資系YouTuber」をテーマにおすすめを解説します。 「投資の勉強をしたい!」という方におすすめしたいのが...

【関連記事】お金の勉強に最適な「ビジネス系Youtuber」はこちらをどうぞ

【ビジネス系YouTuber】おすすめランキングTOP10│人生を豊かにしたい人必見 本記事では「ビジネス系YouTuber」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。 豊かな人生を送るにはお金の勉強が...