株ツール

【手書き管理】株ノート書き方を3STEPで解説│自己流アレンジ可能

悩み人
悩み人
売買記録を株ノートで管理したい。おすすめの管理方法を教えて欲しい

株ノートをつけることで、取引の振り返りができます。

但し、「どうやって株ノートを書いたらいいのだろう?」という疑問を持っている方も少なくありません。

そこで、本記事では「株ノートの書き方」をテーマに解説します。

【記事の流れ】

  • 株ノートを付けるメリットを確認
  • 株ノートの具体的な書き方
  • 株ノートを記入する際の大切なポイントを解説
イチリタ
イチリタ
実際に筆者が記録していた内容を元に解説していきます。(現在は株管理アプリを使用しています)

「株ノート」を活用するべき3つのメリット

株ノートを活用するメリットは以下の通りです。

  1. 投資結果を振り返ることができる
  2. ニュースや市況をチェックする習慣が身に付く
  3. 自己流でアレンジ可能

順番に解説します。

メリット①投資結果を振り返ることができる

株ノートは投資結果を振り返ることができます。

すべての方に共通することですが、完璧な投資家は存在しません。

投資のプロと言われる、機関投資家でも誤ったエントリーをする

大切なポイントは、「失敗した際いかに課題を見つけることができるか?」という点です。

このため、株ノートをつけ過去の取引を振り返る必要があります。

株ノートをつけることで

  • 株価上昇を見て感情的にトレードした
  • 必要以上にポジションを持ち過ぎた
  • 事前に決めた損切りラインを変更してしまった

など、反省点を洗い出すことが可能です。

メリット②ニュースや市況をチェックする習慣が身に付く

株ノートをつけている方の中には、

  • 為替
  • 日経平均株価
  • NYダウ

などの経済指標を毎日記録している方もいます。

代表的を指標をチェックすることで、「なぜ為替は円安になっているのか?」など自然と興味を持つきっかけとなります。

メリット③自己流でアレンジ可能

株ノート最大のメリットは、「自身に合った管理表を作ることができる」という点です。

A4ノートに手書きで必要事項を記入することで、あなた専用の「株ノート」が完成します。

記録を始める方は、まずは自身に必要な情報が網羅された株ノートを作成してみましょう。

「株ノート」おすすめの書き方(3STEP)

おすすめの株ノート書き方を3STEPにて解説します。

順番に解説します。

STEP①目標を記入しよう

株ノートを準備したらまずは「目標」を記入します。

目標例は以下の通り

  • 3年後に投資資金1,000万円を目指す
  • 海外旅行にいくための50万円利益を出す
  • 配当金として年30万円を得る

など、あなたに合わせた目標を記入してみましょう。

ポイントはあまり高すぎる目標ではなく、1~2年で達成できそうな範囲で設定するのがおすすめです。

株ノートは継続してこそ意味があります。

このため、自身の達成感が得られやすい現実的な目標から始めるようにしましょう。

STEP②保有している銘柄情報を記入しよう

あなたが保有している銘柄情報を記入しましょう。

記入する情報に正解はありませんが、おすすめは以下の通りです。

証券コード 例:1111
企業名 ○○株式会社
投資日 2022年〇月〇日
保有株数 100株
株価 1000円(1株当たりの株価を記載する)
備考 購入した理由を記載する
後で振り返りができるよう備考欄に「購入した理由」を記入しよう

筆者の場合、「購入理由+保有予定期間、目標株価」を記入していました。

記入例
  • 配当利回り4%越え+長期保有
  • 10年チャート下値抵抗線
  • ゴールデンクロス+目標株価○○○円

その他にもおすすめの情報としては以下の通り

  1. 時価総額
  2. 自己資本比率
  3. 配当金
  4. 株主優待
  5. 他企業分析情報(売上高など)

年間配当金目標がある方は、貰える配当額も記入してみてはいかがでしょう。

STEP③売買記録をつける

保有株の記入が完了したら、実際に売買記録をつけていきましょう。

売買記録をつけるポイントは以下の通り

  1. 売却理由
  2. 収支結果
  3. 課題や成功のポイント

特に、「売却した理由」と「課題」の記載がおすすめです。

筆者の場合、急騰している株にイナゴトレードしては大きな損失を繰り返していました。

そのため、反省点を生かしバイオ株、ゲーム株などボラティリティ(変動率)が高いセクターへの投資は控えています。

課題は投資家それぞれ異なるため、株ノートを活用して自身の改善するべき点を見つけてみましょう。

「株ノート」おすすめ3選

続いて、おすすめの株ノートを紹介します。

  1. シンプルなA4ノート
  2. エクセルで作成する
  3. 専用のトレードノート

順番に解説します。

①シンプルなA4ノート

まずは「A4ノート」による手書き作成をおすすめします。

コンビニで数百円から購入できるため、気軽に始められる点がメリットです。

あなたに合った必要情報のみ記入を行い株ノートを始めましょう。

但し、デメリットとしては「フォーマットを作るのが手間」という方も一定数います。

株ノートを準備するのが手間という方は以下の方法もご検討下さい。

②エクセルで作成する

「株ノートを作るのが手間」という方はエクセルで作成を行いましょう。

一度作成してしまえば、後はコピーするだけで記入表を作る事が出来る点は強みです。

あなたに必要な情報だけが網羅されたフォーマットを作成してみましょう。

③FX・株式投資どちらでも使えるトレードノート

「作成するのが大変・・・」という方は株トレードノートもおすすめです。

トレード分析に必要な情報が網羅されているため、便利なノートとなっています。

但し、A4ノートと比較して価格が高い点はデメリットと言えます。

「株ノート」をつける際の大切な3つのポイント

株ノートを付ける際は以下3点に注意しましょう。

  1. 投資をする際はスクリーニングを行う
  2. 自動で投資管理を行うアプリを活用
  3. テクニカル分析も勉強しよう

順番に解説します。

ポイント①投資をする際はスクリーニングを行う

投資をする際はスクリーニングを行いましょう。

特に、株ノートから発見した反省点を生かして銘柄スクリーニングを行うことをおすすめします。

セクターによっても株価推移は異なるため、セクター別の動向もチェックが必要です。

株スクリーニングにおすすめのツールは以下で解説しています。

【厳選】「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ8選【無料ツールの活用】 本記事では、「株スクリーニングアプリ」をテーマに筆者が実際に活用しているおすすめツールを紹介します。 株式投資において、銘...

ポイント②自動で投資管理を行うアプリを活用

株ノートを長らくつけていましたが、現在は「株管理アプリ」を活用しています。

株管理アプリのメリットは

  • 自動で株取引を記録
  • 複数の保有資産を一括管理
  • 年間配当金を自動計算

など自動管理を行ってくれます。

現在利用している管理アプリは「カビュウ

カビュウ は過去の株トレード履歴を記録~分析してくれるアプリ。

銘柄別に「いつ買って(IN)、いつ売ったか(OUT)」がアプリ上で一目で分かります。

「自身のエントリータイミングは適切だったのか?」アプリを通してチェックするのに最適です。

また、保有株の適時開示も自動で通知してくれます。

「株ノートを付けるのは大変」という方はアプリの利用も検討してみましょう。

ダウンロードは以下からどうぞ(無料で利用できます)

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

気になる方は以下記事も合わせてチェックしてみましょう。

【株分析アプリ】「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応 本記事では、株分析アプリ「カビュウ」をテーマに使い方、評判を解説します。 カビュウを活用する事で以下悩みを解決 ...

ポイント③テクニカル分析も勉強しよう

株ノートをつけて反省点を見つけたら、テクニカル分析も勉強してみましょう。

代表的なテクニカル分析は

  1. 移動平均線
  2. 移動平均乖離率
  3. ローソク足
  4. ポリンジャーバンド
  5. 一目均衡表

など、様々ですが自身にあったテクニカル指標を活用してみましょう。

以下記事で無料で利用できるテクニカル分析ツールを紹介しています。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...

【まとめ】「株ノート」書き方を解説

本記事では、「株ノートの書き方」をテーマに解説しました。

株ノート書き方のポイントは以下の通り

株ノートをつけることで取引の振り返りが可能です。

自身に合った管理ができるため、あなただけの株ノートを作ることができます。

但し、最近では便利な株管理アプリも多数あるため一度利用を検討してみることをおすすめします。

以上、株ノート書き方まとめでした。

【関連記事】投資管理に最適なアプリをまとめています。

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ11選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマにおすすめアプリを網羅的に紹介します。 資産形成を始めると「個別株」、「投資信託」など...

【関連記事】適時開示に対応したアプリを紹介しています。

【厳選】「適時開示情報アプリ」おすすめ5選│iPhone、Android 本記事では「適時開示情報アプリ」をテーマにおすすめを解説します。 企業が発表する適時開示は、投資家にとって必要不可欠な情報...

【関連記事】株日記アプリで投資管理するという方法もあります。

【厳選】「株日記アプリ」おすすめ9選│トレードの振り返りに最適 本記事では「株日記アプリ」をテーマに筆者が実際に利用したアプリを紹介します。 株価の未来は不確実であり、完璧な投資家は存在...
関連記事