投資知識

【重要】「株式投資の勉強は意味がない」と言われる4つの理由【5つの対策あり】

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
株の勉強は意味があるのだろうか?

本記事では「株式投資の勉強は意味がない」をテーマに、理由と具体的な対策を解説します。

株式投資に対して「難しい」、「勉強が必要」、「初心者には勝てない」などイメージを持つ方はいるのではないでしょうか。

実際のところ企業の財務分析はもちろん、テクニカルから買い時を判断する必要があります。

一方、必死に勉強をしても「安定して利益を出すことができない・・・」と感じている投資家は少なくありません。

そこで、本記事では株の勉強をテーマに「意味がない」と言われる理由と具体的対策を深掘りします。

本記事のポイントまとめ

①最低限株の勉強は必要

②但し、勉強することで利益が上がるわけではない

③自身の投資手法に合った勉強をする

④テクニカル分析は「買い時」、ファンダメンタルズ分析で「企業の本質的価値」を知る

⑤便利なツール、アプリを活用して勉強してみよう

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

【株の勉強は意味がない】と言われる4つの理由

「株の勉強は意味がない」と言われる4つの理由は以下の通りです。

順番に解説します。

理由①インデックス投資なら勉強は不要

新NISAを活用して「インデックス投資」を始める投資家が増加しています。

インデックス投資は、広く分散された特定の指数に「ドルコスト平均法」で投資を行うのが一般的です。

インデックス投資の強み
  • 投資銘柄が広く分散
  • ドルコストなら定期買付
  • 財務分析が不要

投資企業の成長性や安定性を調査する必要がない点は強みと言えるでしょう。

このため、「インデックス投資であれば株の勉強は不要」と言う意見も間違いではないでしょう。

理由②テクニカル分析の勉強は意味がない

テクニカル分析についても賛否が分かれるポイントがあります。

テクニカル分析で有名な「ランダム・ウォーク理論」より引用

株価の値動きは、どの時点においても長期的にも短期的にも「上昇と下降の可能性」がほぼ同じであり独立した事象であるから、過去のトレンドやデータによって将来の値動きを予測することは不可能であるとする理論。

ランダム・ウォーク理論 – Wikipedia

POINT

過去のデータを活用しても、株価の上昇と下降は独立した事象であり予測することができない

猿がダーツを投げて売買タイミングを決定しても運用結果は変わらず、むしろ「人間の感情がない分勝率は高いのでは?」と説かれている

ランダム・ウォーク理論も「株の勉強は意味がない」と言われる理由の1つです。

但し、投資家の多くはチャートを活用して投資を行っており、節目を狙った売買が行われています。

このため、株価の未来を予測することは難しいとしても、最低限テクニカル分析の勉強は必要と言えるでしょう。

理由③ファンダメンタルズ分析の勉強は意味がない

テクニカル分析とよく比較されるファンダメンタルズ分析。

「企業の本質的な価値」と「市場価格のギャップ」を分析する方法です。

代表的な指標
  • PER(株価収益率)
  • PBR(株価純資産倍率)
  • ROE(株主資本利益率)

株雑誌で特集されている「今買うべき割安株」はファンダメンタルズ分析を活用。

企業価値を調べる分析方法ですが、買い時を失敗してしまうと高値掴みになってしまいます。

また、いくら割安で放置されている企業であっても、市況全体が厳しいシーンでは株価の上昇は困難と言えるでしょう。

「ファンダメンタルズ分析では買い時が分からない」というのも、意味がないと言われる理由の1つです。

理由④投資本を読み漁っても意味がない

株の勝率を上げようと「投資を本を読み漁る」方も少なくありません。

  • インデックス投資
  • グロース投資
  • 高配当株投資

など、投資本によって求める投資手法が大きく異なります。

「結局どの投資法が自身に合っているのか?」と悩み、方向性が定まらないリスクがある点は注意しましょう。

このため、世界的ベストセラー本を手当たりしだい読むのではなく、「自身にあった投資本を読む」、「アウトプットもする」ということが大切です。

株の勉強を行う上で大切な5つの対策

具体的な5つの対策は以下の通りです。

順番に解説します。

対策①投資手法に応じて最低限勉強しよう

投資手法に応じて最低限勉強することが大切です。

誰でも相場の平均を取れるインデックス投資では、「勉強が不要」という意見もあながち間違いではありません。

但し、インデックス投資は簡単であるも継続が難しい現実があります。

  • 利益を見てついつい利確をする
  • 株価暴落を見て狼狽売りをする
  • 目先の生活費がなくなり売却
始めることは簡単であるも継続は想像以上に難しい

このため、長期投資を成功させるために投資法を正しく理解する勉強が必要と言えるでしょう。

筆者の場合、世界的ベストセラー本「敗者のゲーム」でインデックス投資を勉強。

 

POINT
  • 安定した勝率を上げたければインデックス投資をする
  • 収入と支出の管理を行う
  • 短期トレードは行わない
  • 住宅購入は資産でなく負債と考える
  • 銀行や証券会社の窓口で投資商品を購入しない

なぜ「インデックス投資がおすすめなのか?」の本質を理解することができます。

【要約】「敗者のゲーム(原著第6版)は難しい?」学ぶべき7つのポイント 本記事では「敗者のゲーム〈原著第6版〉」をテーマに著書から学ぶべきポイントを解説します。 敗者のゲームは世界的ベストセラー...

対策②テクニカル分析を「利確」、「損切り」に活用する

賛否があるようにテクニカル分析は万能ではありません。

株式投資のプロである機関投資家と個人投資家では「情報量」、「資金量」に大きな差があるためです。

テクニカル分析注意点

個人投資家の多くが買いと判断する場面、機関投資家が大量の資金で売りを仕掛ける

上記のような、個人投資家を狙った売買が行われることも少なくありません。

但し、多くの投資家がテクニカル分析を元に「利確」、「損切り」を行っているため、テクニカル分析のすべてを否定するのは軽率と言えます。

結果として、テクニカル分析の通りチャートが推移する場面もあるため、売買の1つの指標として活用することが大切です。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...

対策③企業分析にファンダメンタルズ分析を活用する

ファンダメンタルズ分析は買い時を判断することができないため、テクニカル分析と併用しながら売買を行いましょう。

また、ファンダメンタルズ分析では企業の価値が「割高か割安か?」を見極めることが可能です。

但し、「割安で放置されている理由」については投資家自身で考える必要があります。

結論、「ファンダメンタルズ+テクニカル分析」どちらも勉強することが大切と言えるでしょう。

対策④シミュレーションアプリ活用する

投資の勉強を始めたらインプットだけでなくアウトプットも必要です。

アウトプットの方法として、シミュレーションアプリの活用も検討してみましょう。

株シミュレーションアプリは、お金を掛けずに新しい投資手法を試すことが出来る点が強みです。

当サイトでは無料アプリ「株たす」の活用を推奨
株たすの特徴
  • 本物の株価を使用しリアル体験
  • 取引銘柄3,600銘柄以上
  • 漫画で株式投資が学べる

対象銘柄も幅広く「東証一部、二部、マザーズ、JASDAQ」に上場している銘柄の購入が可能。

本物の株価を使用しているため、アウトプットをリスクなく行うことができます。

まずは、お金を掛けずにデモトレードで新しい投資手法を試してみてはいかがでしょう。

無料アプリ株たすをダウンロードする

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

デモトレードアプリ「株たす」とは?使い方、評判を解説│株の練習に最適(PR) 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 2024年NISA制度の拡充に伴い、株式投資...

対策⑤スクリーニングツールを活用する

企業の財務分析を行う場合、投資家をサポートするスクリーニングツールを活用するようにしましょう。

当サイトではマネックス証券が提供する「銘柄スカウター」の活用を推奨

銘柄スカウターを活用すると株価の指標として使える

  • PER、PBR
  • 売上高増加率
  • 経常利益増加率
  • 大株主の構成

など、企業名を入れるだけで分析をすることができます。

企業別の四半期業績を表示。

PER、PBR推移を確認できる。

決算スケジュールが用意されており、発表を見逃すこともありません。

「マネックス証券」が提供するツールのため、気になる方は利用を検討してみましょう。

POINT

口座開設が必要であるも、情報量では銘柄スカウターの評価が極めて高い

特に、米国株、中国株を無料で財務分析できるのは他には無い強みと言える

無料で使えるツールのため利用を検討してみよう

マネックス証券公式

銘柄スカウターの使い方は以下で詳しく解説しています。

【完全攻略マニュアル】銘柄スカウター使い方、評判を解説【米国株対応】 本記事では、「銘柄スカウター」をテーマに使い方、評判を解説します。 銘柄スカウターはマネックス証券が提供する無料分析ツール...

「株の勉強は意味がない」対する投資家の口コミ

「株の勉強は意味がない」に対する投資家の口コミを集めました。

株の勉強をしても利益がでない

デモトレードを活用して勉強するという声

意味がないと否定する前にまずは行動。体験してから考える

株の勉強に対しては、賛否があるも行動することが大切という口コミが見られました。

トレード収支を上げることは簡単でありませんが、実体験で得た知識にマイナスはありません。

このため、本書で紹介した、「テクニカル分析」、「スクリーニングツール」を活用して勉強を始めてみるのがおすすめです。

株の勉強は意味がないと言われる理由【まとめ】

本記事では「株の勉強は意味がない」をテーマに理由と対策を解説しました。

「株の勉強は意味ない」と言われる理由は様々であり、勉強だけで安定的に利益をあげることはできません。

但し、「売買を判断するポイント」、「企業の本質的価値」を理解する上で最低限勉強は必要と言えるでしょう。

最近では、手軽に分析~勉強するツールが多数あるため、本記事で紹介した対策も実施するのがおすすめです。

以上、「株の勉強は意味がない」と言われる理由、対策まとめでした。

【関連記事】株の勉強方法を10選まとめています(投資本、雑誌、情報サイトなど)

【株式投資の勉強】独学で一人前の投資家になる方法10選【初心者卒業】 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 株式投資を始める場合、「財務分析」、「テク...

【関連記事】米国株の勉強法をまとめています。

【投資初心者向け】米国株の勉強方法10選を徹底解説【無料・有料まとめ】 本記事では「米国株の勉強」をテーマに無料、有料に分けて方法を解説します。 米国株には魅力があるも、企業の情報取得に苦労する...

【関連記事】株雑誌で勉強をする場合「読み放題サービス」の使用も検討してみましょう。

【必見】「株・投資の勉強に最適」ビジネス雑誌読み放題サービス8選を徹底比較 本記事では、「ビジネス雑誌読み放題サービス」をテーマに選び方や読める雑誌を解説します。 ビジネス雑誌を活用すれば、経済に関...
関連記事