投資手法

【株つらい】そんな投資家必見!株のストレス解消方法4選│含み損との向き合い方を解説

こんにちはイチリタです。

給料2ヶ月分の含み損を抱えています。ぶっちゃけ株をしていてつらいです・・・ストレスの解消方法って有りますか?

今回はこんな悩みを解決します

本記事の内容

  • 株つらい事例4選
  • 株のストレスの解消方法
  • おすすめの投資方法

【株つらい】そんな投資家必見!株のストレス解消方法4選

株つらい気持ちすげぇ分かります。

この記事に訪れてくれたあなたはもしかすると大きな損失を抱えているかもですね(´;ω;`)

安心して欲しいのは、今年で投資歴10年目の私も株つらいという感情が有ります。

ちなみに、私の父(投資歴45年)も株つらいという感情有るとの事。

結論としては、何年たっても「株はつらい」時があるようです。

残念ながらストレスをゼロにする方法は有りません。

が、ストレスを緩和する方法は有るので説明していきますね(‘◇’)ゞ

株つらい事例としては以下の通り

  • 大きな含み損で株つらい
  • 保有株が含み損ばかりで株つらい
  • 売却した後すぐに株価が高騰して株つらい
  • 日々の株価チェックをしてしまい株つらい

順番に説明してきます。

大きな含み損で株つらい

含み損が10万超えました・・・

株のつらいNO.1はぶっちゃけコレですよね。

誰しもが通る道。

そこで、1点行動心理学についてぜひ理解をして欲しいです。

今回紹介する行動心理学は「プロスペクト理論」

1979年にダニエル・カーネマン氏とエイモス・トベルスキー氏2名にて発表された理論です。

プロスペクト理論を一言で説明すると

人間のファイナンスにおける利益と損失の感情は違う

  • 1万円の利益:「まだ1万円の利益だけ」
  • 1万円の損失:「もう1万円も損失が出てる(泣)」
プロスペクト理論

多くの投資家は含み益に比べ含み損の方が感情が大きく動くという事です。

投資を始めた初心者あるあるですが、利益は少なく、損失は大きいトレードをしてしまいがち。

いわゆる「コツコツドカン」ですね。

含み損に対する、ストレスの解消方法は以下の通り

  • プロスペクト理論を理解して「損小利大」の投資家になる
  • 感情でナンピンをするべからず
  • 短期的な株価の変動を意識せず、長期目線の投資家になる

株の格言で「株の儲けは我慢料」なんていう言葉も有ります。

大きな利益の裏に投資家は含み損と戦っています。

あなただけじゃなく皆通る道なので安心して下さい(‘◇’)ゞ

保有株が含み損ばかりで株つらい

私の保有株は含み損ばかりでつらいです・・・

保有株が含み損ばかりだとつらいですよね。

自分は投資家としてセンスがないかもと、ネガティブな思考にもなりがち。

このストレスの解消方法は

含み益となっている銘柄は大切にする

です。

ついつい含み益になっている銘柄を見ると、「またマイナスになったらどうしよう・・・」と微益で利益確定をしてしまう。

但し、含み損は損切りが苦手で塩漬けに・・・

こんな方も多いですよね。

一例でみると以下の通り

含み益を大切にする人

結論としては、ぜひ含み益の銘柄も事業が成長しているのであれば、ホールドを続けて見て下さい。

もちろん、市況なども見ながら冷静な判断は必要ですが。

あくまで投資法の一例ですが、「恩株」という考え方もあるのでよければどうぞ↓

【究極の投資法】恩株とは?│配当と優待がタダ【長期投資家向け】こんにちはイチリタです。 本記事では、「恩株」について解説をしていきます。 記事の構成は以下の通り 恩...

売却した後すぐに株価が高騰して株つらい

売却した翌日株価が上がっていました・・・
  • 利益確定をした翌日に株価がストップ高になった
  • 損切りをした後、順調に株価が戻った
チャート売却後高騰

これもあるあるですね。

こんな時ぜひ思い出し欲しい格言が有ります。

それは

「頭と尻尾はくれてやれ」という格言です。

意味は株価の天井(頭)と底値(尻尾)を狙った取引をするのではなく、腹八分目で気持ちでトレードするべきという意味。

投資の神様であっても株価の天井で売却する事は不可能です。

その後株価が上がろうが、下がろうが気にしないのが一番。

このストレスの解消方法は

  • まとめて売却せずに少しずつ売却する
  • 売却した株はお気に入りから削除する

という方法も有り。

私は、売却した(特に損切りした株)は必ずお気に入り銘柄から一旦削除しています。

なぜなら、感情トレードをしてしまう元だからです。

何度も、売却後上がった株にイナゴトレードして失敗しています(´;ω;`)

日々の株価チェックをしてしまい株つらい

いつも株価が気になってつらいです・・・

気持ちはすごく分かります。

が、この行為は愚の骨頂ですね。

集中力も欠けてしまい、サラリーマンとしての本業に影響あれば尚さら最悪。

このストレスの解決方法は

  • 投資額を落とす
  • 投資方法を見直す

それだけ株価が気になるという事は、ぶっちゃけリスクを取りすぎですね。

1ヶ月株価チェックをしなくてもゆっくり寝れるぐらいの、投資額へ落とすべき。

最適な投資額と貯金について解説しているので良ければご確認下さい。

「貯金と投資」理想的なバランスとは?│年齢、生活環境、生活防衛資金で解説 本記事では「貯蓄と投資のバランス」をテーマに最適解を解説します。 記事をチェックする事で、年齢や家族構成別でのベストな投資...

また、投資方法の見直しも検討を。

投資方針
【重要】あなたに合った投資スタイルとは?「まずは理解しよう」 本記事では「投資スタイル」をテーマに投資方法について解説します。 投資に置いてスタイルを決める事が大切です。 まずは...

個人的おすすめはインデックス投資

毎月15万円ずつ米国インデックスファンドを中心に積立をしています。

最近では1ヶ月に1回しか株価を見てません。

ぶっちゃけ半年に1回でも大丈夫ですね。

株価が上がろうが下がろうが、20年以上の超長期ホールドですから。

超長期で見れば個人的には世界経済は成長すると思っています。

このため、「株つらい」という感情はあまり有りません。(コロナショックはつらかったですが・・・)

このスタイルにたどり着いた理由は・・・

「敗者のゲーム」という良書に出会えたためです。

簡単に内容をまとめると以下の通り。

  1. 安定した勝率を上げたければインデックス投資をする
  2. 収入と支出の管理を行う
  3. 短期トレードは行わない
  4. 住宅購入は資産でなく負債と考える
  5. 銀行や証券会社の窓口で投資商品を購入しない
  6. 現金はインフレリスクに弱い事を知る
  7. テーマ型投資商品を買ってはいけない
  8. 資産計画を立てる

ステマ抜きに世界で売れている良書なので一度チェックしてみて下さい。

忙しい方は、ポイントを以下でまとめているので良ければどうぞ↓

【要約】敗者のゲーム〈原著第6版〉から学ぶべきポイント7選│私の人生を変えた本こんにちはイチリタです。 本記事では「敗者のゲーム〈原著第6版〉」の学ぶべきポイントを要約します。 「敗者のゲーム」は世界的...

株つらいまとめ

今回のまとめ

・株つらい感情は何年たってもある

・含み損は含み益と比べて感情が大きく動く

・頭と尻尾はくれてやれ

・投資と貯金の比率を見直す

・投資スタイルの見直しも検討を

もし今「株つらい」と思っている方の参考になれば嬉しいです。

ぜひ、楽しい株ライフをお送り下さい(‘◇’)ゞ

株の勉強方法も解説しています。

「ビジネス雑誌」おすすめランキング8選+番外編1│株や経済の情報収集に最適 本記事では「情報収集に最適なビジネス雑誌」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。 【記事の内容】 ...
株の情報収集に便利な「おすすめテレビ番組」8選│最新のニュースが分かる! 本記事では「株テレビ番組」をテーマにおすすめを解説します。 記事をチェックすることで、株の勉強に最適なテレビ番組を知ること...

人気アプリまとめ記事