投資手法

【注意】「ぼったくり投資信託」に騙されない4つのポイントを解説

悩み人
悩み人
これから投資を検討中。ぼったくり投資商品を購入してしまいそうで怖い・・・騙されないポイントを教えて欲しい

本記事では「ぼたっくり投資信託」をテーマに騙されないためのポイントを解説します。

投資信託の中には、販売者側にとって都合が良い高手数料の投資商品が存在します。

自身の自衛のためはもちろん、あなたの両親・友人のためにも正しい知識を身につけましょう。

「ぼったくり投資信託」の3つの特徴

まずは、「ぼったくり投資信託」の特徴を理解しましょう。

特徴①極めて高い手数料

以下、某証券会社のブラジルレアル毎月分配型の手数料です。

  • 購入時:3.3%
  • 売却時:0.75%
  • 運用管理費用:1.54%/年

投資信託の期待リターンは「年5%程度」

結論、上記投資商品では手数料が高すぎて利益を上げることは困難です。

被害を受ける方の特徴は「理想的な手数料を知らない」という点が挙げられます。

必要最低限の知識として「手数料」、「投資内容」を理解する力が必要です。

特徴②銀行や証券会社の窓口で販売される

ぼったくり投資信託は「銀行」や「証券会社」の窓口で販売されることがメインです。

投資商品を購入するには大きく分けて「総合証券」、「ネット証券」に分けられます。

「総合証券」の特徴は以下の通り

  1. 店舗を保有
  2. 直接アドバイスが受けられる
  3. 上場会社が多く安心感がある

但し、デメリットとして店舗を保有していることから、運営するための経費が必要になります。

結果、手数料を上乗せすることで収益確保を行うため高手数料の投資商品が多くなります。

本件は、世界的ベストセラー「敗者のゲーム」でも解説されています。

【要約】敗者のゲーム〈原著第6版〉から学ぶべきポイント7選│私の人生を変えた本こんにちはイチリタです。 本記事では「敗者のゲーム〈原著第6版〉」の学ぶべきポイントを要約します。 「敗者のゲーム」は世界的...

特徴③「毎月分配型」の投資信託である

ぼったくり投資信託は、「毎月分配型」の投資信託であることが多くあります。

毎月分配型とは?

毎月分配金を受け取ることができる投資信託です。

通常、分配金というのは、事業で発生した利益の一部を株主に還元するものです。

毎月分配型の投資信託は「たこ足配当」で運営されています。

シンプルに解説すると、自分の資産を取り崩し分配している形になります。

目先の配当金で釣り、高額な手数料を取る事から「ぼったくり投資信託」と呼ばれています。

「ぼったくり投資信託」に騙されない4つのポイント

ぼったくり投資信託から身を守るポイントは以下の通りです。

  1. 投資の基本を勉強する
  2. インデックスファンドから選ぼう
  3. ネット証券で投資を始めよう
  4. 自身で理解できるシンプルな投資商品を購入しよう

順番に解説していきます。

①投資の基本を勉強する

自身の大切なお金を他人の紹介で投資を行うことはNGです。

情報を受け取ることは否定しませんが、最終判断を行うのはあなた自身。

このため、最低限の投資知識は必要になります。

ぼったくり投資信託を購入しないという点では、「正しい手数料」を理解することで防ぐことができます。

結論、投資信託の正しい手数料は「年0.3%以下」です。

代表的な投資信託は以下の通り

eMAXIS Slim S&P500 0.0968%/年
SBI・V・S&P500 0.0938%/年
eMAXIS Slim 全世界株式 0.1144%/年
SBI・V・全世界株式 0.0938%/年
eMAXIS Slim 国内株式 0.154%/年
ニッセイ 日経平均 0.154%/年

具体的には以下記事でおすすめの投資信託を紹介しているので合わせてチェックしてみましょう。

【厳選】ジュニア(積立)NISAにおすすめ投資信託ランキング5選こんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 【厳選】ジュニア(積立)NISAにおすすめ投資信託 NISA...

②インデックスファンドから選ぼう

手数料が格安なインデックスファンドから投資信託を選ぶことをおすすめします。

投資信託は大きく分けて

  • インデックスファンド
  • アクティブファンド

に分けれます。

2種類の違いを表にすると以下の通り

インデックス アクティブ
運用方法 指数に連動した値動き 指数を上回る運用を目指す
特徴 ・年5%程度など安定的な動き
・分散性が高い
・値下がりも値上がりも大きい
・テーマに沿った投資が可能
手数料 比較的安い 比較的高い

インデックスファンドをおすすめする理由は

  1. インデックスファンドの方が勝率が高い
  2. アクティブファンドは手数料が高い
  3. アクティブファンドは分散性が弱い

という特徴があります。

詳しくは以下記事で解説しています。

【比較】アクティブファンドはインデックスに勝てない!と言われる3つの理由 本記事では「アクティブファンドはインデックスに勝てない!」をテーマに理由を深掘りしていきます。 投資信託なら「インデックス...

③ネット証券で投資を始めよう

「ネット証券」で投資を行うことをおすすめします。

上記でも解説した通り、ネット証券の方が手数料が安い点が理由です。

また、銀行で「退職金」などまとまった資金を受け取る際は注意しておきましょう。

高確率で投資勧誘を受けることになります。

投資未経験の方であれば、ぼったくり投資信託を購入してしまう方も少なくありません。

あなたの両親や親戚が同じ被害に合わないよう、「退職金受け取り時は注意する」という点は覚えておきましょう。

(参考)少額投資に対応しているネット証券まとめ

【ワンコインでOK】少額投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー 本記事では、ワンコインから投資が可能な「おすすめ少額投資アプリ」の特徴と違いを解説します。 証券会社によって特徴があるため...

④自身で理解できるシンプルな投資商品を購入しよう

ぼったくり投資信託の特徴は、複雑な投資商品となっていることが多くあります。

正しくリスクや投資先を理解しない状態で投資をすることは絶対に辞めましょう。

手数料の安い投資信託はシンプルな作りです。

具体的には以下の通り

  • 米国のS&P500に連動した商品
  • 日本のTOPIXに連動した商品

投資している内容が明確です。

一方、毎月分配型など高手数料の商品は複雑な作りになっています。

「目論見書を見ても理解できない・・・」と思う投資信託は購入しないようにしましょう。

「ぼったくり投資信託」は減少傾向

金融庁の指導も有り、「ぼったくり投資信託」は減っています。

毎月分配型商品比率
毎月分配型投資信託については、平成 28 事務年度の「金融レポート」において、我が国の投資信託の残高の過半を占める中、顧客ニーズを十分に確認しない販売が行われている可能性について指摘した。
金融庁 投資信託等の販売会社における顧客本位の業務運営のモニタリング結果から引用

金融庁も「顧客が正しくリスクを認識していない商品を売るな」とプレッシャーをかけています。

このため、ぼったくり投資信託は減少傾向です。

但し、注意点として「現在もぼったくり投資信託が存在」するという点は認識おきましょう。

日本の投資信託販売数を見るとよく分かります。

日本と米国の「買付金額」、「販売数」の違い

投信買付金額 販売数
日本 約100兆円 約6,000本
米国 約2,000兆円 約1万本

日本は投資信託買付金額に対して、販売数が異常に多いのが特徴です。

結論、利益が取りやすい投資信託を量産しています。

「証券会社に勧められた商品をそのまま購入する」という事は辞めておきましょう。

「ぼったくり投資信託」まとめ

本記事では「ぼったくり投資信託」に騙されないポイントをまとめました。

内容をまとめると以下の通り

現在も「ぼったくり投資信託」は存在します。

正しい投資方法を勉強し、不要な手数料を支払う投資家が一人でも減る事を祈っています。

投資信託を買うなら

  • インデックスファンド
  • ネット証券で購入する
  • 最低限投資知識をつける

以上3点については覚えておくことをおすすめします。

以上、ぼったくり投資信託騙されないポイントまとめでした。

【関連記事】株式投資の勉強方法について解説しています。

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業です 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに具体的な方法を解説します。 すべての投資に共通することですが、最低限投資の勉強は必要...

【関連記事】高手数料の投資商品として「仕組債」は絶対に辞めましょう。

【厳禁】「仕組債(EB)はやばい」5つデメリットをわかりやすく解説 本記事では「仕組債はやばい」をテーマにデメリットを分かりやすく解説します。 仕組債と聞いても投資信託のように馴染みがなく「...

【関連記事】手数料の点からロボアドバイザーも注意が必要です。

「ロボアドバイザー」おすすめしない5つのデメリット│結論やめとけ! 本記事では「ロボアドバイザーおすすめしない」をテーマにデメリットとその理由を解説します。 記事の結論 ロボアドバ...

人気アプリまとめ記事