投資初心者の方

【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略

こんにちはイチリタです。

今回は、【投資初心者向け】金融資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略についてです。

「金融資産1億円って一部の高所得の人しか実現できないでしょ?サラリーマンには夢みたいな話だよ・・・でも実現できたら将来は安心して暮らせるよな」

今回はこんな悩みを解決していきます。

私は、60歳定年までに資産1億円以上を目標にしています!

私の属性はこんな感じ

・超高給取りでもなく、一般的なサラリーマン

・投資知識も人より長けているわけではない

・本業があるため、日々PCに張り付きデイトレードはできない

ようは平凡なサラリーマンです(´・ω・`)

そんな平凡なサラリーマンでも株式投資を長期で続ける事で1億円を築く事は可能です。

まだ、本格的に株式投資を始めて無い方に向けて資産形成の方法をお伝えしたいと思います!

資産1億円に向けたサラリーマン投資戦略

まずはじめにこちらのグラフを確認下さい。

Jeremy Siegel, Stocks for the Long Run, McGraw-Hill; 4th Edition, 2007.

このグラフは、1802年に1ドルを、株式、長期国債、短期国債、金、現金のまま保有した場合、200年後それぞれいくらになっているかをグラフにしたものです。

1802年から200年後の結果は

株式:700,000倍

長期国債:1,800倍

短期国債:280倍

金:4.5倍

現金:0.05倍

なんと現金は0.05倍と紙屑に・・・

200年の歴史が証明しているように、長期的に見て現金は大きく価値を落としています。

もっと分かりやすい例としては、50年前の大卒初任給は約3万円。現在は初任給20万。

金融資産が現金100%というのは、元本割れリスクはありませんが資産価値の低下というリスクが隠れています。

逆に、株式の価値は大きく拡大。

この200年の歴史から私は株式投資による資産形成をすることを決めました!

私の資産1億円に向けた投資戦略は

・60歳定年時1億円以上の資産を目標とする

・レバレッジをかけずリスクは取りすぎない

・毎月15万円積み立て投資を継続する

当然リスクを取れば、得られるリターンも大きいですよね。

但し、結婚して子供がいる。

自宅の住宅ローンが有るなど家庭環境は様々。

私の場合家族がいるため、レバレッジ取引などリスクを取りすぎる事は出来ません。

私が実施している、資産1億円に向けた投資戦略は

「インデックス投資による期分散投資」

を継続しています。

簡単に言うとインデックス投資を毎月決めた日に15万円20年以上長期投資する方法です!

インデックス投資とは

まず、インデックス投資について説明をしていきます。

インデックス投資とは

市場の動きを表す特定のインデックス(日経平均225TOPIXアメリカのダウ指数)と連動した値動きを目指しています。

今日の日経平均株価は?TOPIXは?などニュースで情報流れていますよね。

インデックスの一例

①日経平均225:東証一部に上場している日本企業から独自の基準で選ばれた225銘柄

②TOPIX:東証一部に上場しているすべての日本企業

③ダウ指数:米国を代表する優良銘柄30選

簡単にいうと、特定の特定の指数に連動するパック商品を購入す投資方法です!

反対に、投資信託や年金基金などのファンドにて、特定の指数を上回る運用成績(リターン)を上げることを目標とした運用スタイルのことを「アクティブ投資」と言います。

インデックス投資による期待リターンは?

インデックス投資による期待リターンは年5%程度と言われています。

金融庁調べによると、過去歴史から見て5年間の短期間積み立てでは元本割れリスク有り。

但し、20年の長期となると年5%のリターンが期待できるといった結果になっています。

金融庁より引用

つまり投資を長く続けられる20代など若い人の方はとても有利です。

インデックス投資では長期間保有する事が資産拡大のポイント。

1日でも早く投資を始めることが大事です。

インデックス投資の正しい投資方法

①毎月決めた金額を定期購入する

②株価チェックを頻繁に行わない

③自動注文設定を行う

④絶対に継続するという信念を持つ

この4点です。

①毎月決めた金額購入を定期購入する

毎月同じ金額を定期購入する事がオススメです。

まとめて買付してしまうのは危険。

なぜなら、購入後すぐ暴落が発生した際、大きく資産を減らしてしまうためです。

「毎月」定額積立てをオススメする理由として、ドルコスト平均法を活用できるためです。

簡単にいうと

1万円積み立てしているとして

・株価が高い時は買付株数は少ない

・株価が安い時は買付株数は多い

ドルコスト法のイメージは以下の通り

一般社団法人投資信託協会より引用

株価平均は1,000円ですが、毎月定期買付により平均単価を857円に抑える事が出来ました。

つまり、分散投資をする事で株価を平準化する事が可能です。

この事から、持っている資金をまとめて購入するのではなく毎月分散して投資を行いましょう!

②株価チェックは頻繁に行わない

マーケットは日々上下しています。

長期投資の場合直近の株価の上下は全く関係有りません。

むしろ、暴落時は安く購入できた!と喜べるマインドが大事です。

また、2003年~2013年の10年間で運用結果が良かった顧客を調べたデータが有ります。

運用成績が良かった顧客は以下の通り

成績がよかった人の属性

・1位 亡くなっている人

・2位 運用をしているのを忘れている人

結論、ほったらかしている人が運用成績が良かったのです。

日々株価チェックをしてしまうと、暴落時恐怖から損切りをしてしまう人がいます・・・

インデックス投資による長期分散投資を始める!と決めたら株価チェックを頻繁にするのはやめましょう。

③自動注文設定を行う

インデックス投資の注文は、自動設定が可能です。

定期的に自分で注文設定するのって結構大変ですよね・・・

継続するにはまず楽な注文方法で手間を省きましょう。

④絶対に継続するという信念を持つ

高い勝率を長い歴史が証明していても、継続できる人は多く有りません。

「継続は力なり」です。

将来の自分のためにやりきる信念を持ちましょう。(むしろこれが一番大事)

イチリタ
イチリタ
コロナウイルスによる暴落で継続を辞めてしまった人もいるようです・・・

インデックス投資のデメリット

インデックス投資のデメリットは

「短期間での大幅な値上がりは期待できない」⇒結果「地味でつまらない」

という点です。

「1年間で2倍になった!」など個別株のような大きな値上がりは困難です。

なぜならインデックス投資は、広く分散投資されているため特定の企業が好業績をあげても値上がりは期待できません。

経済の成長に合わせて緩やかに拡大をするため、投資を続けていてつまらない・・・と感じてしまう方もいます。

イチリタ
イチリタ
大きなホームランは打たないけど、確実にバントでつなぐみたいなイメージでしょうか・・・

資産1億円に向けた投資金額と期間は?

1億円以上に向けた期間と投資額

 

要約すると

・35年間の場合 毎月の運用額88,021円

・30年間の場合 毎月の運用額120,155円

・25年間の場合 毎月の運用額167,923円

期間が長くなれば、当然毎月の必要運用額は減る形になります。

つまり、1日でも早いタイミングで投資を始める事が資産形成に向けて大事な事です。

具体的なオススメ投資銘柄

投資銘柄の手数料目安は0.5%以下(理想は0.3%以下)が理想です。

具体的な投資銘柄は以下の通り。

おすすめ銘柄4選

・楽天全米株式インデックスファンド(米国約4,000社に広く投資)

・eMAXIS Slim米国株式S&P500(米国主要企業500社に投資)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(米国中心(約60%)+先進国)

・楽天・全世界株式インデックス・ファンド(全世界の株式に広く投資)

楽天証券のランキングでもトップ10に入る人気インデックスファンドです。

選ぶポイントは、手数料が超低コストかつ500社や4000社など分散がしっかりと効いているて点です。

まとめ

今回のポイント

・長期継続投資を続ける事で、金融資産1億円以上は可能

・継続を続ける信念を持つ

・毎月決めた金額を定期購入する

・日々の値動きは気にしない

・投資期間に合わせた金額で投資を続ける

・継続を続ける信念を持つ(重要)

あくまで1億円以上を目指したシミュレーションですが、人により必要な老後資金は異なります。

無理をしすぎて日々の生活に影響が出てしまっては継続が困難です。

無理なく続けられる金額でまず初めてみる!という事がとても大事です。

イチリタ
イチリタ
投資を始めるきっかけとなれば嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

証券口座をまだ持っていない人はこちらから↓

【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!こんにちはイチリタです。 今回は、【初めての証券口座に悩んだら】楽天証券とSBI証券がオススメ!についてです。 「株式投資や...

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資

こちらの記事もオススメ!