投資知識

【商社株の特徴とは?】5大商社業績、配当を徹底比較│おすすめ銘柄も解説

こんにちはイチリタです。

悩み人
悩み人
・商社株の特徴を知りたい
・5大商社の業績、配当を比較したい
・おすすめの商社株を教えて欲しい

本記事では、商社株の特徴、5大商社の業績を徹底比較していきます(‘◇’)ゞ

本記事の内容

  1. 商社株の3つの特徴
  2. 5大商社の業績比較
  3. おすすめの商社株

商社株の特徴とは?

先に結論から!商社株の特徴は

万年割安かつ高配当。景気動向の影響を大きく受ける「景気敏感株」

といった感じです。

2020年夏には、投資の神様「ウォーレン・バフェット氏」が5大商社株5%を超える大量購入した事で一時注目されました。

簡単に商社の仕事内容から解説しますね。

総合商社の仕事内容

一言で商社の仕事を説明すると「トレーディング」「事業投資」です。

①トレーディング

  • 売主:商品を世界に販売したい
  • 買主:良い商品を安く購入したい

こんな双方のニーズを繋ぐのが商社の仕事です。

売主、買主を繋ぐ手数料で利益を得ています。

②事業投資

分かりやすい例でいくと、「大手コンビニ」です。

生産から消費に関わる企業を子会社化することで、グループ収益拡大を図っています。

具体的な事例としては

  • 三菱商事:ローソン
  • 三井物産:セブンイレブン
  • 伊藤忠商事:ファミリーマート

など、大手コンビニは総合商社が経営参画をしています。

たとえば、コンビニ「カウンターコーヒー」のコーヒー豆は経営参画をしている総合商社からの購入となります。

これも、事業投資をするメリットの1つです。

続いて、「商社株の特徴」について解説します。

商社株の特徴

商社株は割安

商社株は万年割安な株価と言われています。

PERとPBRを見ると以下の通り

PER PBR
伊藤忠商事 11.7倍 1.5倍
三菱商事 21.3倍 0.8倍
丸紅 6.8倍 0.8倍
三井物産 12.8倍 0.8倍
住友商事 11.1倍 0.8倍

PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)が共に割安の数値なのがよく分かりますよね。

伊藤忠を除く商社は1倍を下回るPBRです。

割安な株価で放置される理由としては

  • 事業が多岐にわたり業績予測が読みづらい
  • コモディティ相場の影響を大きく受ける
  • 子会社からの持ち株配当はコントロールできない

など、事業として自社でコントロールできない要素が多く、リスクが高いと評価されているのが割安で放置される理由です。

商社株は高配当

商社株は高配当として有名です。

5大商社の配当利回りは以下の通り

配当利回り
伊藤忠商事 2.8%
三菱商事 4.6%
丸紅 3.8%
三井物産 3.9%
住友商事 4.7%

「三菱商事」、「住友商事」は4%を超える配当利回りです。

日本を代表する大手企業+高配当株ですから、インカム投資家から人気を得ています。

商社株は景気敏感株

商社株は資源事業の比率が高く、原油・石炭・天然ガスなどの価格影響を大きく受けます。

もちろん、為替の影響も有り。

このため、商社株は景気敏感株と言われています。

但し、最近では商品やカントリーリスクへの対応も取られており、リスク分散も積極的に行われています。

コンビニへの事業投資も、リスク分散の1つです。

5大商社業績、配当比較

本記事の業績比較は、無料分析ツール「バフェット・コード」を活用していいます。

サイトはこちら➤(公式)バフェット・コード

「バフェットコードって何?」という方は以下で詳細を解説しています。

【無料分析ツール】バフェットコード使い方、評判を解説│見るべきポイントは5つこんにちはイチリタです。 本記事では、企業分析に使える情報サイト「バフェットコード」について解説していきます。 既に...

それでは、5大商社業績を比較していきます。

①時価総額

時価総額1位は「伊藤忠商事」です。

時価総額
伊藤忠商事 46,661億円
三菱商事 42,625億円
丸紅 12,868億円
三井物産 34,553億円
住友商事 18,757億円

5大商社すべて1兆円を超える大企業であり、日本を代表する会社です。

長らく、「三菱商事」が時価総額TOPでしたが、2020年6月に「伊藤忠商事」が1位となりました。

商社株時価総額トップ3は

  • 伊藤忠商事
  • 三菱商事
  • 三井物産

と覚えておけばOKです。

②売上

売上1位は「三菱商事」です。

売上
伊藤忠商事 109,829億円
三菱商事 147,797億円
丸紅 68,276億円
三井物産 68,850億円
住友商事 52,998億円

「三菱商事」、「伊藤忠商事」2社は売上10兆円超えと他商社と大きく差をつけています。

③当期純利益、利益率

当期純利益 利益率
伊藤忠商事 501,322億円 4.6%
三菱商事 535,353億円 3.6%
丸紅 -197,450億円
三井物産 391,513億円 5.7%
住友商事 171,359億円 3.2%

利益率としては、「三井物産」が1位です。

食品、流通など「非資源」分野にも力を入れている事が要因です。

丸紅は、米国の「穀物事業」、「インフラ事業」で大幅な減損損失を出した事で赤字と厳しい決算となりました。

④PER、PBR、ROE

PER PBR ROE
伊藤忠商事 11.7倍 1.5倍 16.4%
三菱商事 21.3倍 0.8倍 10.1%
丸紅 6.8倍 0.8倍
三井物産 12.8倍 0.8倍 9.5%
住友商事 11.1倍 0.8倍 7.2%

各種指標を見ると

PER:「三菱商事」のみ若干割高な数値

PBR:「伊藤忠商事」のみ1倍を超え。市場からの評価が高い企業とも言える。

ROE:「伊藤忠商事」、「三菱商事」が10%と優良企業の数値。特に「伊藤忠商事」のROEは素晴らしい。

⑤配当利回り、配当性向

配当利回り 配当性向
伊藤忠商事 2.8% 25.3%
三菱商事 4.6% 36.6%
丸紅 3.8% -30.8%
三井物産 3.9% 34.9%
住友商事 4.7% 58.3%

配当性向は30~40%が理想と言われています。

結論としては、「伊藤忠商事」、「三菱商事」、「三井物産」3社が理想的な配当性向です。

⑥自己資本比率

自己資本比率
伊藤忠商事 27.5%
三菱商事 28.6%
丸紅 25.1%
三井物産 34.9%
住友商事 30.7%

自己資本比率も参考まで記載します。

商社株の特徴ですが、自己資本比率は低い傾向にあります。

理由としては、ビジネスモデルから

  • 固定資産が少ない
  • 契約在庫など流動資産が多い

特徴があるため。

結論としては、自己資本比率が低くても特に問題ではありません。

結論、5大商社でおすすめの銘柄は?

先に結論から!

5大商社でおすすめ銘柄は「伊藤忠商事」をおすすめします。

理由は以下3点です。

伊藤忠商事がおすすめの理由

理由①ROEが高い

伊藤忠商事のROEは「16.4%」と圧倒的な高さ。

ROEが示しているように、資本に対して収益を生み出すビジネス展開が素晴らしいです。

理由②安定した株価

以下、伊藤忠商事の3年チャートです。

株価2,000円を下値にきれいな右肩上がりのチャートを作っています。

底堅い株価を維持しているのもおすすめの理由です。

理由③配当性向が低く増配余力がある

伊藤忠の配当性向は「25.3%」と余力があり、今後増配が期待できます。

以下、伊藤忠商事の配当推移です。

右肩上がりの増配を続けているのが分かりますよね。

結論としては、「伊藤忠商事」は長期保有におすすめの銘柄です。

続いて購入検討するべき商社株は

  • 三菱商事
  • 三井物産

などが候補になるかと。

良ければ、一度バフェット・コードで詳細銘柄分析をお試し下さい(‘◇’)ゞ
※登録無くても使えます。

商社株特徴まとめ

本記事では商社株の特徴、5大商社の業績比較をさせて頂きました。

商社株の特徴をまとめると以下の通り

  1. 商社株は割安
  2. 商社株は高配当
  3. 商社株は景気敏感株

5大商社を比較すると「伊藤忠商事」がおすすめ!

高配当株を検討している方、「商社株」をポートフォリオに組み入れてみてはいかがでしょう。

以上、商社株特徴まとめでした(‘◇’)ゞ

【関連記事】ゲーム株の特徴はこちらでまとめています。

【ゲーム関連株の特徴とは?】テンバガーも夢ではない?│但しリスク高いですこんにちはイチリタです。 本記事ではこんな悩みを解決します。 ゲーム株の特徴 ゲーム株の注意点 ...

【関連記事】高配当株投資の失敗事例はこちらでまとめています。

【配当金生活に失敗】高配当株投資よくある失敗事例6選│対策有りこんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 【配当金生活に失敗】高配当株投資よくある失敗事例6選 高配当...

人気アプリまとめ記事

関連記事