NISA

つみたてNISA一本だけ銘柄を選ぶならコレ!│おすすめランキング5選

こんにちはイチリタです。

つみたてNISAを検討しています。色々と勉強した所、沢山種類が有りすぎて考えるのに疲れました・・・迷ったらコレという銘柄を教えて下さい。

今回はこんな悩みを解決します。

この記事で得られる事

・つみたてNISAおすすめ銘柄

・おすすめ銘柄の特徴と選んだ理由

つみたてNISA一本だけ銘柄を選ぶならコレ!

つみたてNISAって投資銘柄が一杯有りすぎて考えるのが大変です・・・
たしかに、投資可能銘柄数はSBI証券164本、楽天証券で161本も有りますからね。
もう、シンプルに迷ったらコレ!という銘柄を教えて下さい。

つみたてNISAは投資初心者の方におすすめの投資方法です。

年40万(月33,333円)までと制限が有る事から、資金が少ない方にも始めやすいためです。

そもそもつみたてNISAって何?という方はこちらでまとめています↓

一般(新)NISAとつみたてNISAの違いは?│どちらがあなたにオススメかも解説こんにちはイチリタです。 一般NISAとつみたてNISAどちらも同時に制度を活用する事は残念ながらできません。 1人...

但し、ここで出てくる悩みは

投資銘柄が多すぎてどれを選んだら良いか分からない・・・

という悩みです。

そんな悩みを解決するために、今回おすすめ5選を記事にしていきます。

今回ランキングに選ぶ基準としては

インデックスファンドのみ

というルールを設けています。

もちろん、アクティブファンドでも優秀は成績を残している銘柄も有ります。

但し、過去の歴史で5年以上運用した場合、インデックスファンドの方が勝率80%超えという統計データが出ています。

このため、安定的な資産形成に向けてインデックスファンドのみから厳選させて頂きました。

アクティブファンドとの違いはこちらでまとめています↓

インデックス投資vsアクティブ投資ってどちらがオススメ?【投資初心者向け】こんにちはイチリタです。 今回は、インデックス投資vsアクティブ投資ってどちらがオススメ?【投資初心者向け】についてです。 ...
手数料の面でもインデックスファンドが優秀です。

その他、早期償還リスクを考慮して時価総額が増えている銘柄へ投資するという事も大切。

但し、つみたてNISAの場合は金融庁が投資銘柄を厳選している事も有りこの心配は基本的に不要です。

つみたてNISAおすすめ銘柄ランキング5選

それでは、つみたてNISAおすすめ銘柄5選を見ていきましょう。

第5位:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

ローリスク、ローリターンの運用をしたい方におすすめの銘柄です。

設定日 2017年5月9日
時価総額 469.8億円
手数料 0.154%
交付目論見書 こちら

株式だけでなく「債権」、「リート(不動産)」にも投資されているバランスファンドです。

投資内容は以下の通りです。

・株式:国内、先進国、新興国

・債権:国内、先進国、新興国

・リート:国内、先進国

上記8資産に12.5%ずつ均等に投資がされています。

バランスファンドのため、一定のタイミングでリバランスが行われます。

この銘柄の特徴は以下の通りです。

8資産均等型特徴

・債権にも投資がされているため、リターン率を安定させる事が可能

・ローリスク、ローリターン

・過去の歴史上、期待リターンは株式100%に劣る

手数料も安く、株式以外にも投資を行うため極めて分散性が高い投資銘柄です。

分散性は神

但し、期待リターンは株式100%に劣る可能性が高く第5位とさせて頂きました。

第4位:ニッセイ外国株式インデックスファンド

日本を除く先進国に投資が可能なインデックスファンドです。

設定日 2013年12月10日
時価総額 1,940億円
手数料 0.1023%
交付目論見書 こちら
時価総額が1,940億円と多く、早期償還リスクが少ないという点で安心です。

投資内容は以下の通りです。

約72%と大部分がアメリカへの投資となります。

続いて業種別組入比率です。

情報技術セクターへの割合が多いのが少し気になる点です。

組入上位10銘柄は以下の通りです。

世界的に有名企業がズラリ
ニッセイ外国株式の特徴

・時価総額1,940億円と他のファンドと比較しても多い

・手数料が格安

・今後、情報技術が伸びると考える方にオススメな銘柄

個人的には、好調なセクターは定期的に変化すると考えているため、比率の偏りが少し気になります。

この点から第4位とさせて頂きました。

第3位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

アメリカの優良企業500社に投資が可能なS&P500に連動されたファンドです。

設定日 2018年7月3日
時価総額 883億円
手数料 0.0968%
交付目論見書 こちら

たった2年で時価総額883億円も集めている超人気のファンドです。

過去のパフォーマンスを考えると1位でも良い銘柄ですよね。
正直、順位付けはかなり悩みました・・・

投資内容は以下の通りです。

GAFAの時価総額が大きいため、「ソフトウェア・サービス」の比率が高まるのは仕方ないですね。

組入上位10銘柄は以下の通りです。

アップル、マイクロソフト、アマゾン3社で構成比16.7%!
米国株式(S&P500)特徴

・米国優良500社へ投資可能な大人気ファンド

・手数料も驚きの0.0968%

ちなみにS&P500は、過去50年の歴史で素晴らしい結果が出ています。

こちらは1970年~2019年までの各保有期間別リターンをまとめた物です。

対象期間に25年間長期投資した場合、最低でも年9%のリターンが得られたというデータ。

こちらで詳しくまとめています↓

【老後2000万問題】290万円一括投資して25年間放置してたら解決ってお話こんにちはイチリタです。 今回はつみたてNISAすら面倒だ・・・というあなたに届ける資産形成方法をお届けし...
このファンドに一括投資して気絶したら老後2000万問題解決!っていう乱暴な記事です(笑)

3位となった理由は・・・

過去のデータを遡ると、新興国投資に比べ米国投資の方がパフォーマンスが高い結果となっています。

但し、これからの未来もそうなのか?と言われると・・・

新興国投資の方がパフォーマンスが高くなる可能性も十分にあると思います。
未来は常に不確実ですもんね。

このため、銘柄を1本だけに絞るとなると地域の分散性として弱く3位とさせて頂きました。

とはいえ、非常に優秀なファンドなので米国がこれからも強いと考える人はS&P500のみでも良いと思います!

第2位:eMAXIS Slim 先進国イデックスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンドと同じく、米国を中心に日本を除く先進国へ投資が可能なファンドです。

設定日 2017年2月17日
時価総額 1,246億円
手数料 0.1023%
交付目論見書 こちら

投資内容は以下の通りです。

ニッセイ外国株式インデックスと同じく時価総額が多いアメリカへ70%以上投資されています。

手数料も同じですよね?なぜeMAXIS Slim 先進国が2位なんですか?
理由は、組入業種のバランスが良いためです。

以下、eMAXIS Slim先進国(左)ニッセイ外国株式(右)の組入業種を比較したものです。

ニッセイ外国株式は情報技術への投資割合が22.9%と非常に大きいです。

2020年現在はGAFAを中心に情報技術セクターは好調です。

但し、これから長期投資をしていれば、好調なセクターは必ず変わると考えます。

未来は常に不確実(2回目)

このため、セクターバランスが良いeMAXIS Slim先進国を2位に選ばせて頂きました。

組入れ上位10銘柄は以下の通りです。

上位10銘柄は外国株式インデックスと大きく変わりはないですね。
eMAXIS Slim 先進国特徴

・投資対象はニッセイ外国株式と同じ

・手数料格安

・投資セクターのバランスが良い

第1位:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

このファンド一本で日本含む先進国、新興国への投資が可能です。

ちなみに、2019年「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」で1位を獲得。
迷ったらコレ1本買っとけってやつですね。
設定日 2018年10月31日
時価総額 521億円
手数料 0.1144%
交付目論見書 こちら

投資内容は以下の通りです。

時価総額からアメリカの比率が高いのは同じですが、新興国も含まれるため56.6%まで抑えられています。

・先進国23ヶ国(構成比率88%)

・新興国26ヶ国(構成比率12%)

これ1本で世界の49ヶ国に分散投資が可能です!
手数料も格安なのが凄いですね。

組入上位10銘柄は以下の通りです。

ちなみに、組入銘柄数は2,990本です。
分散投資の鬼。
オールカントリーの特徴

・これ1本で全世界49ヶ国へ投資可能

・組入銘柄数は驚異の2,990本

・世界の時価総額に合わせて自動でリバランス

ほんとにコレ1本でお悩み解決です。

まとめ

今回のまとめ

・今回ご紹介した5選はどれも優秀な投資ファンド

・未来は常に不確実なため、新興国への投資も検討しよう!

・もちろん、S&P500のみでも問題なし

・つみたてNISA一度決めたら銘柄を変更しないで継続しよう!

最近の傾向を見ると、過去のパフォーマンスの高さからS&P500への投資が増えているのが現状です。

私は、投資銘柄を1本のみにする!

という方であればオールカントリーや先進国ファンドを選び、アメリカ以外の国へも投資する事をオススメします。

または、1本に絞らず

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 50%

・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 50%

なんていう方法も良いかと思います。

私の具体的な投資状況はこちらでまとめています。

含み損銘柄も一杯有りますがご参考まで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事