米国株

米国ETFとは?投資信託との違いメリット・デメリットを徹底解説

こんにちはイチリタです。

米国ETFって言葉は聞くけどぶっちゃけよく分かりません。投資信託と何が違うんですか?分かりやすく教えて下さい!

こんなお悩みにを解決します。

こんな方にオススメの記事

・米国ETFについて興味が有る方

・米国ETFと投資信託の違いを知りたい方

ETFとは?

まずはETFについて解説しますね。

ETFとは「Exchange Traded Fund 」の略。

日本語で言うと「上場投資信託」です。

分かりやすく言うと上場し、市場で取引できる「投資信託」と覚えておけばOKです(‘◇’)ゞ

様々な指数をベンチマークに運用されています。(後で紹介します)

ETFと投資信託の違い

ETFと投資信託の違いは以下の通り

ETF 投資信託
価格決定 リアルタイム 1日1回決定
売買単価 1口単位 金額単位
販売手数料 0.1%程度 0~3%程度
信託報酬 0.1~0.6%程度 0.5%~2%程度
配当金 受取 自動再投資
上場・非上場 上場 非上場
購入場所 証券会社 銀行・証券会社
株式の受渡 即時 翌営業日移行

違いは色々ありますが

ETFのポイント

  • 配当金が受け取れる
  • 即時購入できる
  • 信託報酬(手数料)が低い

投資信託のポイント

  • 自動で配当再投資をしてほしい
  • 100円から投資ができる
  • 毎月10,000円など定額で積み立て可能

配当金がほしければ「ETF」、少額で投資を始めたいなら「投資信託」と覚えておきましょう(‘◇’)ゞ

米国ETF投資のメリット

米国ETF投資は投資初心者におすすめです。

理由は以下の通り

  • 経費率が激安
  • 幅広く分散投資が可能
  • 純資産が多い配当金が得られる
  • 配当金が得られる

簡単に補足しますね。

メリット①経費率が激安

米国ETFは様々ですが、指数をベンチマークにしたETFなら経費率激安です。

たとえば、バンガードS&P500ETF(VOO)の場合経費率0.03%/年

100万円投資しても、年間たった300円の手数料でOKです。

0.03%の手数料を払うだけで、米国の優良企業500社に分散投資してくれます。

日本のぼったくり投資信託と比較すると神ですね。

【注意】ぼったくり投資信託に騙されない4つのポイントを教えますで詳しく解説しています。

メリット②幅広く分散投資が可能

分散投資は投資の基本です。

個別株も魅力有りますが、業績次第で大きく株価が変動します。

その点、ETFなら全世界8000社への分散投資も可能なので投資初心者におすすめ。

メリット③純資産が多い

米国ETFは純資産が多いのが特徴です。(中には少ないのも有りますが)

投資信託やETFのリスクとして、「早期償還」が有ります。

簡単に説明すると、運営している会社の資産が少なくなった場合、指数に合わせた投資ができなると強制決済に。

つまり、損失でていても強制的に売却が行われてしまうリスクが有り。

米国純資産ランキングTOP5は以下の通り

銘柄 純資産
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF (IVV) 21.1兆円
バンガード・S&P ETF(VOO) 16.1兆円
バンガード・トータル・ストップマーケットETF(VTI) 15.6兆円
パワーシェアーズQQQ(QQQ) 13.2兆円
iシェアーズ・コア 米国総合債権市場ETF(AGG) 8.2兆円

これだけ純資産あれば安心です。

メリット④配当金が得られる

米国ETF投資は、配当金が貰えます。

高配当ETFという商品も有り。

有名な高配当ETFは

  • VYM
  • HDV
  • SPYD

この3つです。

配当利回りは以下の通り

VYM 3.74%
HDV 4.24%
SPYD 6.20%

※2020年6月末時点

興味がれば以下記事をどうぞ(私もSPYDとHDV買ってます)

米国高配当ETF【VYM、HDV、SPYD】特徴、配当利回り徹底解説 本記事では「米国高配当ETF」をテーマに特徴や配当利回りを解説します。 記事の構成 米国高配当ETFのメリッ...

米国ETF投資のデメリット

米国ETF投資にはデメリットも有ります。

デメリットは

  • 為替リスクと手数料
  • 分配金の二重課税
  • 売買手数料

デメリット①為替リスクと手数料

米国ETFは米ドルでの投資です。

日本円から米ドルへ換えるにあたり手数料が発生します。

手数料は証券会社によって異なりますが、ネット証券で適用為替レート+片道25銭の手数料です。

また、株価の下落と合わせて為替リスクが有ります。

株価だけでなく為替リスクもある点は要注意(‘◇’)ゞ

デメリット②分配金の二重課税

米国ETFは二重課税です。

内訳は、米国で10%、国内で20.315%。

つまり、手元に残る分配金は約72%となります。

米国課税分10%の部分については確定申告で一部を取り戻せる(外国税額控除)場合があり。

但し、年末調整で納税を済ませているサラリーマンにとっては手間ですね。

デメリット③買付手数料が高い

楽天証券の買付手数料は以下の取りです。

約定代金 手数料
2.22米ドル以下 0円
2.22米ドル超 ~ 4,444.45米ドル未満 約定代金の0.495%(税込)
4,444.45米ドル以上 22米ドル(税込)

こんな感じです。

基本的に約定代金の0.495%(税込)の手数料が発生します。

但し、米国ETF9銘柄の買付手数料無料を発表している証券会社も有り。

詳しくは公式をどうぞ➤買付手数料無料 海外ETF  楽天証券

米国ETFの買い方

ぶっちゃけ簡単です。(3分OK)

楽天証券の口座で解説しますね。

①米国株をクリック

②購入するETFを記入

③買いボタンを押す

④数量を記入

⑤価格「指値」or「成行」を選択

⑥「円貨」or「外貨」を選択(日本円でもそのまま買えます)

⑦基本的には特定を選びましょう

⑧確認ボタンを押す

以上、お疲れ様でした(‘◇’)ゞ

米国の優良ETFへの投資は簡単です。

まとめ

本記事では米国ETFと投資信託の違いについて解説しました。

米国ETFのメリットは以下の通り

  • 経費率が激安
  • 幅広く分散投資が可能
  • 純資産が多い配当金が得られる
  • 配当金が得られる

米国ETFのデメリットは以下の通り

  • 為替リスクと手数料
  • 分配金の二重課税
  • 売買手数料

米国ETFをぜひ始めてみましょう(*’ω’*)

おすすめの米国ETFに悩んだらこちらの記事をどうぞ

米国ETFおすすめの投資銘柄5選【VT、VTI、VOO、VIG、QQQ】こんにちはイチリタです! 今回はこんな悩みを解決します。 ぜひ、あなたにあったETFを見つけて貰えると嬉しいです(*...

リスクを抑えた債権ETFについてはこちらの記事をどうぞ

米国債券投資信託(AGG、BND)どっちを買うべき?違いは?│配当利回り、純資産などこんにちはイチリタです。 今回はこんな悩みを解決します。 この記事の内容 債権ETF AGG、BNDの...

米国株について勉強したい方はこちらの記事をどうぞ

【厳選】米国株情報収集に使えるサイトまとめ10選│日本語で読める情報源のみ 本記事では「米国株情報サイト」をテーマに日本語で読めるツールを解説します。 米国株情報収集は日本語で読めるサイトを活用しよう ...

人気アプリまとめ記事