株アプリ

【株分析アプリ】「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応

悩み人
悩み人
株分析アプリ「カビュウ」が気になる。使い方や評判を詳しく教えて欲しい。

本記事では、株分析アプリ「カビュウ」をテーマに使い方、評判を解説します。

カビュウを活用する事で以下悩みを解決します。

  • 複数の証券口座を一括管理したい
  • 日本株も米国株も同時に可視化したい
  • 過去の取引を分析したい

カビュウは大型アップデートにより

  1. UIの刷新・各種グラフの追加
  2. 米国株式への対応
  3. 月額会員サービス「カビュウプライム」の開始

日本株だけでなく、米国株投資家にもおすすめの株アプリです。

但し、メリットだけでなくデメリットもあるため本記事で詳細を深掘りします。

「カビュウ」とは?

まずは、カビュウの基本について解説します。

カビュウとは?

証券会社のサイトでは蓄積されない過去の取引データを集計及び再整理してグラフ化する株管理・分析アプリ

過去の振り返りから反省点を見つける事は、投資において大切です。

但し、証券会社が提供するアプリは現在の取引データを見る事ができるも、過去のデータには不向きと言えます。

そこで便利なのが「カビュウ」の活用です。

過去の資産推移や取引データから反省点を見つけてみましょう。

ダウンロードは以下からどうぞ(無料で利用できます)
➤有料版も1ヶ月無料体験可能

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

まずは、「カビュウ」のメリットから解説します

「カビュウ」活用するべき5つの理由(メリット)

メリット①複数の証券会社をまとめて管理

カビュウを活用することで、複数の証券口座をまとめて管理することができます。

以下、実際に運用中4口座を連携

円グラフで最新の資産を一目でチェックする事が可能です。

  • 国内株式
  • 米国株式
  • 投資信託
  • 現金

が金額でも表示されます。

また、保有株をヒートマップで表示する機能も追加されました。

タイルの大きさは「運用総額」、色は「前日比の騰落率」を表示。

自身のポートフォリオを様々な形でチェックできるのがメリットです。

メリット②過去の取引が分析できる

株関連のアプリを多数レビューしていますが、「取引分析機能」はカビュウならでは特徴です。

簡単言うと、「いつ買って、いつ売ったか?」が取引履歴から分析可能。

何回かに分けてエントリーした場合でも、銘柄別に累積損益を可視化。

「自身のエントリータイミングは適切だったのか?」アプリを通して簡単にチェックする事ができます。

メリット③保有資産をチャートで管理

複数の保有資産をチャートで表示。

実際の画像は以下の通り

有料機能ですが、「損益」推移にも対応。

前月比と毎日の損益が一目でチェック可能です。

メリット④米国株にも対応

大型アップデートにて「米国株」にも対応。

6,000以上の銘柄に対応しています。

米国株投資家も「カビュウ」の活用をおすすめします。

メリット⑤投資家診断に対応

2022年3月投資家診断コンテンツが追加アップデート。

投資家タイプ診断:自身の投資実績を元にタイプを判定

自身の性格やタイプを客観的に判断するのに最適です。

投資家偏差値:投資家力を7項目で判定

自身の強み、弱みを理解するのに最適です。

自身の保有資産を連携し、投資家診断を行ってみましょう。

「カビュウ」ダウンロードはこちら

「カビュウ」デメリット

デメリット①米国株は課金が必要

カビュウは米国株にも対応しています。

但し、米国株の保有資産確認は課金が必要な点は注意しましょう。

有料プラン:月980円(税込)

カビュウは有料プラン「1ヵ月無料体験」が可能です。

一度体験した後「自身には必要な機能か?」確認する事をおすすめします。

デメリット②投資信託は連携先が少ない

カビュウは投資信託(積立NISA)にも対応しています。

投資信託を管理できるアプリは少なく、カビュウの強みとも言えます。

但し、連携できる証券会社は「楽天証券」、「SBI証券」2社のみという点は注意が必要です。(2022年3月時点)

「自身がメインで利用している証券会社と連携可能か?」という点も確認して、利用を検討しましょう。

「カビュウ」登録方法~使い方(3STEP)

STEP①カビュウを登録する

まずはアプリをダウンロードしましょう。

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

ダウンロード後は以下情報を入力します。

  1. メールアドレス入力
  2. パスワード入力
  3. プロフィール登録

STEP②口座を連携する

①右上の設定ボタンを押す

②「証券口座設定」を押す

③登録したい証券会社を選ぶ

④ユーザーネーム、パスワードを入力

以上で口座連携が完了です。

データ取得に時間が掛かるため連携完了まで少し待ちましょう。

STEP③取引分析を行う

①「損益一覧」をタップ

②「合計損益」から調べたい銘柄をタップ

③取引詳細をチェック

「エントリータイミングとして適切だったか?」を定期的にチェックするようにしましょう。

「カビュウ」利用者の気になる3つの質問

カビュウ利用者の気になる質問をまとめました。

質問①無料版、有料版の違いは?

カビュウの無料版、有料版の違いは以下の通りです。

無料版 有料版
登録口座数 1口座 10口座
米国株式 非対応 対応
資産推移 10日 10日/月間/年間
損益推移 10日/月間/年間
取引履歴 1ヶ月 期間制限なし
損益一覧 1ヶ月 期間制限なし
ポートフォリオ 10日 期間限定なし
データ更新 1回/日 1回/日
(任意のタイミング)

結論、無料版でも問題なく利用することができます。

「複数の証券口座」、「米国株」を連携したい方は有料版も検討してみましょう。

1ヶ月無料体験ができるため、気軽に使用感を試す事ができます。

質問②安全性(セキュリティ)は問題ないか?

お金が関わる情報のため、セキュリティを心配する方も少なくありません。

結論、カビュウの安全性は問題ありません。

国際規格の認証を取得した厳重な管理のもとデータが守られています。

※カビュウは国際規格認証を取得

また、口座連携には証券会社のログインID及びパスワードのみであり、取引パスワードは不要です。

質問③登録可能証券会社を教えて欲しい

連携可能な証券会社は以下の通りです。
※2022年3月時点

  1. SBI証券
  2. 楽天証券
  3. auカブドットコム証券
  4. 松井証券
  5. GMOクリック証券
  6. マネックス証券
  7. SMBC日興証券
  8. 野村証券
  9. 大和證券

また、「米国株」、「投資信託」は連携可能証券会社が限定されます。

米国株:楽天証券、SBI証券、マネックス証券

投資信託:楽天証券、SBI証券

※2022年3月時点

このため、日頃利用している証券会社を確認した上で使用を検討しましょう。

随時、アップデートにて証券会社が追加されています。

「カビュウ」利用者の口コミ、評判

「カビュウ」利用者の口コミ、評判をまとめました。

「資産推移が分かりやすい」、「反省点が見つかる」など多くのユーザーから高い評価を得ているアプリです。

また、資産状況をTwitterで報告されているユーザーが多くいます。

アプリのシェアボタンから手軽に共有ができるため、Twitter利用者にもおすすめのアプリです。

「カビュウ」まとめ

本記事では、株分析アプリ「カビュウ」をテーマに使い方、評判を解説しました。

メリット、デメリットをまとめると以下の通り

「カビュウ」を活用するべき理由

「カビュウ」デメリット

カビュウは「保有資産管理」、「個別株のトレード分析」におすすめのアプリです。

但し、連携可能な証券会社に制限があるため注意しましょう。

カビュウを活用して、自身のトレードを振り返り反省点を見つけてみる事をおすすめします。

以上、カビュウ使い方、評判まとめでした。

ダウンロードは以下からどうぞ

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

【関連記事】他にも投資管理に便利なアプリを紹介しています。

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ11選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマに、筆者が実際に利用しているおすすめアプリを紹介します。 投資管理アプリを活用すること...

【関連記事】カビュウとマイトレードの違いを解説しています。

【正式版】マイトレード使い方、評判をレビュー│カビュウとの違いを徹底解説 本記事では「マイトレード」テーマに正式版の使い方や利用者の評判を徹底解説します。 「2022年1月18日」マイトレードは正...

【関連記事】株シミュレーション取引に対応しているアプリを解説しています。

【2022年】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる! 本記事では「株シミュレーションアプリ」をテーマにおすすめを解説します。 株式投資にはリスクがあるため、「ノーリスクで練習を...

人気アプリまとめ記事