証券会社

【ワンコインでOK】お小遣いで投資が出来るおすすめアプリ7選│スマホで投資デビュー

悩み人
悩み人
少額投資に対応したアプリが気になる。どこの少額投資アプリがおすすめか教えて欲しい

本記事では、「ワンコイン投資」をテーマにおすすめの少額投資アプリの特徴と違いを解説します。

少額投資アプリは気軽に取引を始めることができるため、若年層を中心に口座開設が増加。

リスクを抑えて投資を体験するのに最適なサービスと言えるでしょう。

但し、証券会社によって強みや特徴に違いがあります。

このため、本記事を参考に自身に合った証券会社を活用するようにしましょう。

【お得なキャンペーン紹介】

LINE証券はクイズに答えて株が貰えるキャンペーンを開催中。

  • クイズ正解で最大1,000円相当の株が貰える
  • 取引金額1万円以上を対象に現金3,000円

お得なキャンペーンを活用して投資資金を確保してみましょう。

「ワンコイン投資」とは?

まずは、ワンコイン投資の基本をチェックしましょう。

ワンコイン投資とは?

500円から少額取引できる単元未満株を活用した投資

株式投資と聞くと「まったお金がいる」というイメージを持っている方も少なくありません。

現在は、少額投資に対応したアプリが多数存在しており

  • お小遣いの範囲で投資を始める
  • 500円で株主になる
  • ランチを節約したお金で株を買う

など、投資に対するハードルが低下しています。

投資に慣れてみたいという方は「少額投資アプリ」の活用を検討してみましょう。

「ワンコイン投資」を始める前に知っておくべき4つの事

ワンコイン投資を始める前に知っておくべきポイントは以下の通りです。

  1. 「ワンコイン投資」のメリット、デメリットを理解する
  2. 1株からでも株主優待が貰える企業もある
  3. 米国株は1株から購入可能
  4. 投資信託なら100円から投資ができる

順番に解説します。

①「ワンコイン投資」のメリット、デメリットを理解する

上場会社は100株(一部例外除く)を1単元としています。

このため、通常1株1,000円の株を購入する場合、10万円(1,000円×100株)の投資額が必要です。

このため、「気軽に投資ができない」という悩みを持つ方も少なくありません。

そんな方におすすめなのがワンコイン投資アプリの活用。

「ランチを節約したお金」など少額から投資を行うことができます。

こんな魅力のあるワンコイン投資ですが、正しくメリット、デメリットを理解しておきましょう。

ワンコイン投資のメリット、デメリット
メリット ・少ない資金で購入できる
・投資の練習に最適
・複数の株を買う事でリスク分散できる
・配当が受け取れる
デメリット ・通常と比べて手数料が割高になりやすい
・株主優待は基本的に貰えない
・投資額が少ない分資産形成には不向き
・注文から買付までに時間が必要

メリットが多数ある反面、「手数料」には注意する必要があります。

証券会社によっては「最低手数料」が設定されており、500円の投資に対して550円の手数料が掛かるという場合も。

証券会社を選ぶポイントとして「手数料」について注目しましょう。

(参考)【注意】単元未満株は手数料負けする可能性あり│損しない6つの対策

②1株からでも株主優待が貰える企業もある

一般的に単元株(100株)保有する事で、株主優待を受け取ることができます。

このため、少額投資では株主優待を受け取ることができません。

但し、一部の企業では1株から株主優待を提供。

優待獲得株数「全株主」になっている企業に注目しよう

(参考)【端株優待】1株だけで貰える「最強隠れ優待」おすすめ10選

③米国株は1株から購入可能

米国株の場合すべての証券会社で1株から購入する事ができます。

このため、資金量に不安がある方は米国株の活用もおすすめです。

但し、1株でも5万円を超える米国株もあるため、今回紹介する「米国株に対応した少額投資アプリ」の活用も検討してみましょう。

④投資信託なら100円から投資ができる

「投資信託」の場合、少額投資アプリは不要です。

などの大手ネット証券であれば、100円から投資信託を購入する事ができます。

「リスク抑えて投資をしたい」という方は、積立NISAなど非課税制度から投資デビューをしてみましょう。

(参考)【簡単】積立NISA「楽天証券」での始め方5ステップ

「少額投資アプリ」比較表

今回紹介する少額投資アプリの比較表を作成しました。

①手数料で比較する

「単元未満株(ミニ株)」の各種買付単価別の手数料です。
※スマホの方はスライドできます。

アプリ名 1,000円 1万円 10万円
LINE証券 2~5円 20円~50円 200~500円
ferci(マネックス証券)
(売却手数料は0.55%必要)
0円 0円 0円
PayPay証券 5円 50円 500円
SBIネオモバイル証券
(50万円まで)
実質20円 実質20円 実質20円
CONNECT
(約定単価に含まれる)
5円 50円 500円
日興フロッギー
(100万以下の手数料)
5円 50円 500円
トラノコ
(別途、運用手数料0.33%年必要)
300円 300円 300円

短期売買中心の場合、「50万円まで実質取引コスト20円」のSBIネオモバイル証券が有利。

買付手数料の点ではferci(マネックス証券)が0円と優秀。
※但し、売却手数料として0.55%必要

1回あたりの手数料としては、「LINE証券」の活用が最適です。

②米国株の取引有無

続いて、米国株の対応について確認してみましょう。

アプリ名 米国株の取引有無
LINE証券 取引不可
ferci(マネックス証券) 取引不可
PayPay証券 取引可
SBIネオモバイル証券 取引不可
CONNECT 取引不可
日興フロッギー 取引不可
トラノコ 取引不可(ETFは可)

米国株の少額取引となると、現状「PayPay証券」一択となります。

「1000円から米国株に少額投資」など定額購入をすることが可能です。

【ワンコインでOK】少額投資が出来るおすすめアプリ7選

ワンコインに対応しているおすすめの少額投資アプリは以下の通りです。

順番に解説します。

①LINE証券

LINE証券は2年2ヶ月で100万口座達成と利用者から高い評価を受けています。

  • クイズに答えて株貰えるキャンペーンあり
  • 最大7%オフの株セール実施
  • LINE公式アプリで決算レポートが見れる

取引コストは以下の通り

取引コスト
開場時 0.35%
時間外 1.0%

市場開場時の取引コストが格安である点が魅力です。

また、クイズに答えて株を無料で受け取るキャンペーンを実施中。

  • クイズ正解で最大1,000円相当の株が貰える
  • 取引金額1万円以上を対象に現金3,000円

また、お気に入り銘柄は「LINE」を通して、決算レポートを受け取ることができる。

最新のキャンペーンは公式サイトをチェックしてみましょう。
(公式)LINE証券

LINE証券についてもっと詳しく知りたい方は以下記事で解説しています。

【体験談】LINE証券で初めての株取引やってみた!│儲かるのか検証 本記事では「LINE証券」をテーマに投資未経験でも 簡単に注文ができるか? 初心者にも優しい作りになっているか?...

②ferci(マネックス証券)

ferci かんたん株式投資アプリ

ferci かんたん株式投資アプリ

posted withアプリーチ

ferciは「マネックス証券」が運営する投資アプリです。

  • 運営元は安心のマネックス証券
  • 投資コミュニティで勉強できる
  • 注文は成行のみのためシンプル

特徴は単元未満株「買付手数料が無料(0円)」に改定。(2021年7月5日約定分より)

手数料は以下の通り

手数料 0円
最低手数料 0円

※但し、売却手数料は0.55%

高配当株の積立投資など長期投資メインの方におすすめのアプリです。

ferciはアプリを通して株について相談する機能も付いてします。

口座開設が無くても、コミュニティは確認できるため一度チェックをおすすめします。

ダウンロードはこちらをどうぞ
ferci(フェルシー)ダウロード

ferciについてもっと詳しく知りたい方は以下記事で解説しています。

SNS型投資アプリ「ferci(フェルシー)」口コミ、手数料を徹底解説 本記事では「ferci(フェルシー)」をテーマに口コミ、手数料など解説していきます。 ferciはマネックス証券が運営の投...

③PayPay証券

PayPay証券は1,000円から定額購入できるスマホ証券アプリです。

  • 1,000円から定額購入に対応
  • 厳選された米国株に投資ができる
  • スマホファーストで操作性抜群

取引コストは以下の通り

国内株 米国株
投資商品 個別株、ETF 個別株、ETF
開場時 買付価格の0.5% 買付価格の0.5%
時間外 買付価格の1.0% 買付価格の0.7%

特徴は、「定額購入に対応している」という点です。

ファーストリテイリングのような値がさ株の場合、1株からでも数万円の資金が必要。

単元株(100株) 8,250,000円
単元未満株(1株) 82,500円
PayPay証券 1,000円~

その点、PayPay証券であれば1,000円から定額購入が出来る点は強みと言えるでしょう。

詳細は公式をどうぞ
スマホ証券【PayPay証券】

PayPay証券についてもっと詳しく知りたい方は以下記事をどうぞ。

「PayPay証券」評判、口コミを徹底解説│デメリットも正直レビュー 本記事では、「PayPay証券」をテーマに評判や口コミを解説します。 PayPay証券は定額購入に対応した証券会社。 ...

SBIネオモバイル証券

ネオモバ株アプリ

ネオモバ株アプリ

posted withアプリーチ

ネオモバ株アプリとは「SBIネオモバイル証券」が運営する取引アプリです。

  • 取引手数料実質20円と格安
  • ひとかぶIPOにも参加できる
  • Tポイントで株が買える

取引コストは以下の通り

約定金額合計 取引コスト(税込)
50万円 220円
300万円 1,100円
500万円 3,300円
1,000万円 5,500円
以下、100万円ごとに1,100円(税込)加算(上限なし)

別途、毎月Tポイントとして200pt付与されます。

50万までの固定取引コスト「220円‐200pt」で実質取引コスト20円。

国内株の単元未満株で取引コストを抑えたい方におすすめのアプリです。

詳細は公式をどうぞ
(公式)SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券についてもっと詳しく知りたい方は以下記事をどうぞ。

単元未満株アプリ【SBIネオモバイル証券】口コミ、デメリットなど徹底解説 本記事では「SBIネオモバイル証券」をテーマにメリット、デメリットを解説します。 ネオモバはワンコインから投資ができるため...

⑤CONNECT

CONNECT ~未来をつくる、1株と出会おう。~

CONNECT ~未来をつくる、1株と出会おう。~

posted withアプリーチ

CONNECTは 「大和証券グループ」が運営する投資アプリです。

  • 運営会社は安心の大和証券グループ
  • 分かりやすい手数料体系
  • 1株投資「ひな株」に対応

手数料は以下の通り

手数料
(ひな株)
無料
約定単価に0.5%含まれる
手数料
(単元株)
一律売買代金の0.033%
手数料上限660円(税込)

特徴は、夜間、休日でも予約注文を受付。

いつでも気にせず取引ができるのが魅力です。

また、単元株については毎月10枚まで手数料無料クーポンが貰えます。

詳細は公式をどうぞ
(公式)CONNECT

⑥日興フロッギー

日興フロッギーはSMBC日興証券が提供する単元未満株サービスです。

  • 100万円まで購入手数料が無料
  • dポイントで投資ができる
  • 日興フロッギーの記事で株の勉強ができる

手数料は以下の通り

注文金額 購入手数料 売却手数料
100万円以下 0% 0.5%
100万円超 1% 1%

特徴は、企業が紹介される記事を起点に「学びながら気になった株がすぐ買える」という点です。

日興フロッギーが特集した記事を見た後、記事内からそのまま株を購入する事ができます。

詳細は公式をどうぞ
(公式)日興フロッギー

⑦トラノコ

トラノコ―おつりで投資

トラノコ―おつりで投資

posted withアプリーチ

トラノコは毎月少額ずつコツコツと自動的に投資ができる「おつり投資」に対応。

  • 事前に設定したおつりを自動計算
  • 家計簿アプリと連携し手間なし自動管理
  • 毎月おつり合計を指定口座から自動引き落とし

手数料は以下の通り

運用報酬 0.33%/年
月額利用料 300円(固定)

一度設定する事で、家計簿アプリと連動し自動でおつり投資ができます。

運用はリスク許容度に応じた3つの「トラノコファンド」から選ぶ形に。

おつりを自動で投資したいという方におすすめのサービスです。

詳細は公式をどうぞ
トラノコ公式サイト

少額投資アプリ【まとめ】

本記事では「ワンコインでOKな少額投資アプリ」をまとめました。

今回紹介したアプリは以下の通り
※アプリをタップすると紹介記事に戻れます。

アプリ名 特徴
LINE証券 キャンペーン実施
ferci(マネックス証券) 買付手数料が無料
PayPay証券 定額買付が可能
SBIネオモバイル証券 20万円まで取引コスト20円
CONNECT 夜間、休日も取引可能
日興フロッギー 買付手数料無料
トラノコ おつりを自動で投資

少額投資アプリの特徴は各社異なります。

「キャンペーン」や「手数料」を比較して自身に最適なツールを選択するようにしましょう。

以上、少額投資アプリまとめでした。

【関連記事】少額投資を始めたら投資管理アプリの活用がおすすめです。

【すべて無料】投資管理におすすめ携帯アプリ11選【投資初心者向け】 本記事では「投資管理アプリ」をテーマにおすすめアプリを網羅的に紹介します。 資産形成を始めると「個別株」、「投資信託」など...

【関連記事】投資の練習には「株シミューレーションアプリ」の活用がおすすめです。

【2022年】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーション」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資にはリスクがあるため、「ノーリスクで練習し...

【関連記事】少額投資の方法としてポイント投資の活用も検討してみましょう。

【注意】「ポイント投資は増えない?」意味がないと言われる3つのデメリット 本記事では「ポイント投資」をテーマにメリットだけでなくデメリットを深掘りします。 現在、ポイント投資ができるサービスが拡大...