米国株

大ブーム【SPAC上場とは?】メリット、デメリットを解説│夢あるもリスク大

悩み人
悩み人
Twitterで「SPAC銘柄」という言葉を見ました。正直よく分かりません・・・メリット、デメリットなど詳しく教えて下さい。

本記事では今大ブームになっている「SPAC」について徹底解説していきます。

本記事の内容

  1. SPACとは?
  2. SPAC上場までの流れ
  3. SPACのメリット、デメリット

「SPAC」とは?

先に本記事の結論!

SPACは夢あるも極めてリスクが高い投資先。
デメリットをしっかり認識した上で投資の検討を!

まずはSPACについて解説します。

SPACとは?
⇒「Special Purpose Acquisition Company」の略。

読み方はSPAC(スパック)です。

日本語で「特別買収目的会社」という意味になります。(「裏口上場会社」と呼ぶ方も)

SPAC上場をした会社は

買収目的会社という言葉の通り「買収を目的とした会社であり事業は行わない」

という特徴が有ります。

制度自体は1980年代から有りましたが、2021年からSPAC上場を行う企業が急速に拡大。

以下、SPAC上場の推移です。

2017年 34社
2018年 46社
2019年 59社
2020年 248社
2021年 308社

2020年以降急速にSPAC上場を行う企業が増加しています。

「SPAC上場」が急拡大している2つの理由

理由①著名人が「SPAC」に資金を投入

最近では、ベルナール・アルノー氏(ルイヴィトンのオーナー)がヨーロッパの金融セクターに焦点を当てたSPACに資金を提供。

その他にも

  • シャキール・オニール氏(元NBA選手)
  • コリン・キャパニック(元NFL選手)

など著名人がスポンサーになる事により、注目度が集まり上場が拡大しています。

理由②世界的な金余りにより「SPAC」に資金が流入

2021年現在、各国中央銀行の強力な金融緩和の影響で株高が継続。

結果、株高の影響で、投資先を探している「金余り」の状況が続いています。

その「金余り」資金の投資先としてSPACがブームになっている状況です。

資金が容易に集まる状況のため、SPAC上場を行う会社が急拡大しています。

「SPAC」上場までの4STEP

SPACの一連の流れを4STEPで解説します。

STEP①空っぽの会社を設立し上場させる

SPAC企業は上場を目的としており、事業は行いません。

そのため「売上」、「利益」など当然ながら無し。

まずは、上場審査を通し空っぽの状態でSPAC上場を行います。

STEP②上場後投資家から資金を集める

次のステップとして、上場後投資家から資金を集めます。

結果、事業をしていない会社にも関わらず大量の資金を保有する事になります。

STEP③投資先を見つけ買収する

投資先を選定~買収許可を株主投票にかける。

株主承認を得た後、買収先と交渉を開始。

交渉成立~投資先の買収を行う。

結果として、空っぽだったSPAC会社は買収先の会社に生まれ変わります。

STEP④ティッカーシンボル(社名)を変更し事業を行う

投資先との買収が決定後、ティッカーシンボル(社名)が変更。

【参考例】

ゼネラル・モーターズの工場で電気トラックを製造するローズタウン・モーターズはダイアモンドピークに買収される。

ティッカーシンボルは「DPHC」から「RIDE」に変更。

SPAC上場の流れを振り返ると以下の通り

  1. 空っぽの会社を設立し上場させる
  2. 上場後投資家から資金を集める
  3. 投資先を見つけ買収する
  4. ティッカーシンボル(社名)を変更し事業を行う

続いて、SPACのメリット・デメリットを解説します。

「SPAC」のメリット

メリット①未公開株を手軽に購入できる

SPACのメリットはなんといっても「未公開株」を手軽に購入できる点です。

通常「未公開株」は

  • ベンチャーキャピタル(VC)
  • エンジェル投資家
  • 著名人

など富裕層の一部に限られた投資となります。

その点、SPACの場合個人投資家も気軽に未公開株を売買出来る点がメリットです。

メリット②手頃な投資資金でOK

SPACは上場時株価は「10ドル」スタートというルールが有り。

日本円にして約1,100円程度から投資ができるという手頃さもメリットと言えます。

メリット③簡単に上場ができる

こちらは、買収される企業側のメリットです。

上場を行うには審査に「お金と時間」が掛かります。

また、業績によって上場審査が通らない企業も。

そんな企業もSPACを通して上場する事で、容易に上場をする事が可能になります。

これが「裏口上場」と言われる由縁です。

「SPAC」のデメリット

デメリット①リスクが高い投資先である

SPACは投資先として極めてリスクの高い投資先です。

SPAC上場を行う会社は審査を通していますが、買収先の会社は上場審査がありません。

つまりは、高いパフォーマンスを期待して買収した会社は「不祥事だらけのゴミだった」という可能性も十分あります。

結論としては、

優良な会社であればSPACのような「裏口上場」をする必要が無く自身で上場を行う。

SPACに買収される企業は「様々な裏事情がある」

という事を十分理解した上で投資を行いましょう。

デメリット②投資不適格の企業が買収される可能性がある

SPACは上場後「2年以内に買収先を決定する」というルールが存在します。

2年以内に買収先が決定しなかった場合、出資者に資金が返金。

SPAC上場後、買収先が見つかるのは「4割程度」と言われています。

つまり、出資者への返金を避けるために「あまりイケていない企業」への買収が行われるリスクが有ります。

投資家として考えるべきリスクは以下の通り

通常SPAC銘柄は時価総額4~5倍の企業が買収先ターゲットとなる。

それだけ大きな時価総額かつ優良な企業はそうそう存在しない。

という点は十分覚えておきましょう。

(参考)「SPAC」銘柄一覧

最近注目されているSPAC銘柄は以下の通りです。
(スマホはスライドしてチェックして下さい)

会社名 ティッカー 事業内容
ローズタウンモーターズ RIDE EVピックアップトラック
ドラフトキングス DNKG オンラインカジノ
ブレード EXPC ヘリコプタータクシー
ラッシュストリート RSH 米国最大オンラインカジノ
バクト VIH あらゆるお金をアプリで一元管理

最近Twitterで注目されている、SPAC銘柄の一部抜粋です。(買い推奨ではないのでご注意を)

買収先の事業内容を見ると、現在市場にはない先進的な会社が多い点が特徴です。

特に、「ヘリコプタータクシー」なんて聞くだけでなんだかワクワクしますよね。

「SPAC銘柄」の情報収集について

悩み人
悩み人
SPAC銘柄の情報収集はどうしたら良いのだろう?

米国株の情報収集に悩まれている方も多いかと。

そんな方は無料メルマガ「モトリーフール」の活用がおすすめ。

  • 今注目の特別買収目的会社(SPAC)2銘柄
  • テスラを超える成長が期待できるSPAC3銘柄
  • 話題のSPACについて知っておくべき3つのこと

など、無料でSPAC銘柄の情報がメルマガで受け取れます。

メルマガと聞くと「怪しい」と思う方も一定数いますが、米国本社で1993年の設立から25年実績あり。

SNSにいるよく分からない業者とは全く違うのでご安心を。

メルマガ登録は以下からどうぞ
モトリーフールメルマガ登録はこちら

もっと詳しく知りたい方は、以下記事で解説しています。

【モトリーフールは怪しい?】無料メルマガの評判は?│結論米国株の情報収集に最適 本記事では「モトリーフール無料メルマガ」をテーマに得られる情報を解説します。 記事の構成 モトリーフールとは...

SPACメリット、デメリットまとめ

本記事では最近大ブームになっている「SPAC」について解説しました。

本記事をまとめると以下の通りです。

【SPACメリット】

  1. 未公開株を手軽に購入できる
  2. 手軽な資金で投資OK
  3. 簡単に上場できる

【SPACデメリット】

  1. リスクが高い投資先である
  2. 投資不適格の企業が買収される可能性がある

SPACのブームに個人投資家が乗り、大きな損失を出している投資家が多数います。

リスクやデメリットを理解した上で、SPACへ投資をするのはOK。

が、SPACのリスクを認識せず「○○さんがおすすめしてたから」などで投資をするのは愚の骨頂ですね。

大事な事なのでもう一度記載すると

優良な会社であればSPACのような「裏口上場」をする必要が無く自身で上場を行う。

SPACにて買収される企業は「様々な裏事情がある」

という事はくれぐれも忘れずにSPACへの投資を行いましょう。

極めてリスクの高い投資先と認識し、ポートフォリオの数%程度に抑える事を強く推奨します!

以上、SPACメリット、デメリットまとめでした。

【関連記事】米国株の勉強方法について詳しく解説しています。

投資初心者向け【米国株8つの勉強方法】を徹底解説│無料・有料まとめこんにちはイチリタです。 本記事では米国株取引の勉強方法を無料と有料に分けて解説します('◇')ゞ 米国株8つの勉強方法...

【関連記事】米国株の勉強におすすめな投資本を紹介しています。

【2021年最新】米国株の勉強に最適なおすすめ本ランキング10選 本記事では「米国株投資に最適な本」をテーマにおすすめをランキング形式で解説します。 こんな人におすすめの記事です。 ...

【関連記事】米国株への投資先としてETFの購入もおすすめです。

米国ETFおすすめの投資銘柄5選【VT、VTI、VOO、VIG、QQQ】こんにちはイチリタです! 今回はこんな悩みを解決します。 ぜひ、あなたにあったETFを見つけて貰えると嬉しいです(*...

人気アプリまとめ記事