投資知識

【注意】「不労所得やめとけ!」と言われる4つのデメリット│5つの作り方を解説

悩み人
悩み人
不労所得を作りたい。但し、「不労所得はやめとけ」と言う声も聞く。メリット、デメリットを教えて欲しい

本記事では、「不労所得」をテーマにメリットだけでなくデメリットについても深堀りします。

不労所得は労働を対価としない賃金を指します。

このため、「不労所得が欲しい!」、「私も作りたい!」と夢を持つ方も少なくありません。

一方、不労所得に対して否定的な意見もあり「ずるい」、「胡散臭い」、「危険」など否定的な意見があるのも事実です。

そこで本記事では、不労所得におけるメリット、デメリットを深掘りし現実的な作り方についても解説していきます。

本記事の結論まとめ

①不労所得はあなただけのお金の生る木

②不労所得を作る事でお金の悩みを解決できる

③但し、完全なる不労所得は存在しない

④怪しい勧誘には注意をしよう

⑤不労所得を得る方法は様々あり自身に合うものを選択しよう

「不労所得」とは?

まずは「不労所得」基本について解説します。

不労所得とは?

不労所得とは、労働の直接的対価として得る賃金・報酬以外による所得を示す。一般に、何らかの権利や状態を維持管理すれば継続して得られる収入源という意味で用いられることが多い。
➤wikipediaより引用

結論、労働以外の「利子、配当、賃貸収入」などを指します。

あなただけの「お金のなる木」を保有している状態とも言えます。

不労所得の具体例は以下の通り

  1. 預貯金(利子収入)
  2. 債権(利子収入)
  3. 不動産投資(賃貸収入)
  4. 株式投資(配当収入)
  5. 太陽光発電(売電収入)
  6. Youtube、ブログ(広告収入)
  7. CD、本(印税収入)

「不動産による賃貸収入」、「株の配当金」など不労所得として馴染みがある実例です。

不労所得には夢があり、あなたの生活を大きく変える力があります。

事例
月1万円 電気代がタダに
月5万円 食費がタダに
月10万円 家賃がタダに
月25万円 田舎ならFIREという選択肢も

月1万円の不労所得でも「電気代が掛からない」と考えると、金額以上の力があると言えます。

このため、「胡散臭い」、「危険」などの声に負けず、少しずつ不労所得を作る努力をする事が大切です。

まずは、不労所得のメリットをチェックしましょう。

「不労所得」を作る3つのメリット

不労所得のメリットは以下3点です。

  1. お金に対する悩みを減らせる
  2. 新しい事にチャレンジできる
  3. 仕事を辞める事ができる

順番に解説します。

メリット①お金に対する悩みを減らせる

不労所得を作る事でお金に対する悩みを減らす事ができます。

月数万円の不労所得を作るだけでも、「お小遣いが増える」、「旅行に行ける」など人生の選択肢が増えるのは間違いありません。

まとまった不労所得を得るのは簡単ではありませんが、少額でも大きな力があるのはメリットと言えます。

メリット②新しい事にチャレンジできる

不労所得がある事で、新しい事にチャレンジする事ができます。

人生はお金だけではありませんが、お金がある事で自由度は確実に上がります。

  • お金が無いから自己投資出来ない
  • お金が無いから転職できない
  • お金が無いから時間が取れない

など、お金が無い事で様々な制約が生まれるのも事実です。

不労所得を作る事で「新しい仕事に転職する」など新たなチャレンジが出来るようになります。

フリーランスやお店の開業など「夢はあるも実現できない」という方こそ不労所得を作ることをおすすめします。

メリット③仕事を辞める事ができる

自身の生活費を超える不労所得を実現する事で、仕事を辞めることも可能性です。

最近では「FIRE」という言葉も若年層を中心に人気を得ています。

経済的に自立した状態を作り、早期退職を行い自由な生活を送る事を指します。

労働に対する考え方は人それぞれですが、「仕事をいつでも辞められる」状態を作れるのは不労所得の強みと言えます。

こんな魅力のある不労所得ですが、「やめとけ!」と言われるデメリットもあります。

「不労所得やめとけ!」5つのデメリット

不労所得のデメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

デメリット①詐欺に合う可能性がある

不労所得を作ろうとする場合、詐欺に合う可能性があります。

「不労所得は胡散臭い」と言われる要因の1つです。

  • 未公開株投資
  • ワンルームマンション投資
  • ねずみ講、マルチ商法

など、詐欺案件は様々。

最近では、「アービトラージによる月利〇%」など情報弱者を狙った詐欺が存在するため注意が必要です。

不労所得を作ろうとした結果、「詐欺に合い大損・・・」という可能性があるのもデメリットと言えるでしょう。

デメリット②不労所得を作るのは簡単ではない

不労所得を作ることは簡単ではありません。

会社員やアルバイトなどの「労働収入」であれば基本的に一定のお金を稼ぐ事ができます。

但し、「広告、配当、賃貸収入」などの不労所得の場合「努力をすれば確実に儲かる」というものではありません。

つまり、「Youtubeで稼ごう!」と動画を100本上げたとしても1円も稼げないという事も十分に考えられます。

デメリット③そもそも不労所得などない

完全なる不労所得は存在しないという声があるのも事実です。

広告収入 新規動画、記事のアップデートが必要
家賃収入 リフォームや空室リスク
配当収入 保有している金融資産の見直し
売電収入 国の制度見直し
印税収入 販売の減少

上記の通り、完全に放置してしまうと所得は減少していきます。

このため、定期的なメンテナンスが必要な事から「不労所得など存在しない」という意見もあながち間違いではありません。

但し、リフォームや動画更新を外注化している方もいるため、方法次第で不労所得に近づける事は可能です。

デメリット④不労所得を作るにはリスクがある

不労所得にはリスクがあります。

「不動産投資」であれば、物件金額の違いはあるも「数百万~数千万円」の融資を受けるのが一般的です。

融資を受ける事で、効率よく収益を生める反面

  • 空室により支払いができない
  • すぐに現金が必要だが物件が売れない
  • 物件を売ると残債が多く、借金だけが残る

などのリスクがあります。

株や債権の「配当収入」の場合、保有している商品が大暴落という事も。

2020年3月の「コロナショック」では、短期間で株式市場は40%越えの暴落となった事から資産の減少というリスクがあります。

デメリット⑤まとまった資金が必要

不労所得を作るにはまとまった資金が必要です。

配当利回り年4%の高配当株を購入した場合(税金は考慮せず)

投資額 配当金
300万円 月1万円
900万円 月3万円
1,500万円 月5万円
3,000万円 月10万円
7,500万円 月25万円

月1万円の配当金を得るには「300万円」の投資額が必要になります。

「不労所得で生活しよう!」と考えた場合、7,500万円以上必要と誰でも目指せる金額ではない点は注意しましょう。

このため、不労所得には魅力があるも「時間」と「労力」が必要です。

続いて、おすすめの不労所得の作り方を解説します。

「不労所得」5つの作り方

不労所得を作るのは簡単な事ではありません。

但し、少額でも準備をしていく事で将来大きな力となって帰ってきます。

また、不労所得の作り方に正解はありません。

  • 積極派:不動産投資で数億円の借金もOK
  • 消極派:借金はしたくない

など、資金量や性格面に違いがあるため自身に合った方法で不労所得を目指しましょう。

今回紹介する不労所得の作り方は以下3点にポイントを置いています。

  1. 少額から始める事ができる
  2. リスクを分散できる
  3. 出口戦略が容易

順番に解説していきます。

①投資信託

投資信託を積立投資を行い資産を拡大させていく方法です。

例:毎月5万円×20年を5%で運用した場合

  • 元本:1,200万円
  • 期待リターン:2,055万円

あくまで期待リターンですが、長期的な歴史上安定して年5%以上のリターンを出しているのも事実です。

注意点として、投資信託では配当金を受け取る事ができません。

このため、目標額まで貯まったら「自動売却設定」にて数%ずつ取り崩しをする事で疑似的に不労所得を作る事が可能です。

おすすめのインデックスファンドが気になる方は以下も合わせてチェックしましょう。

【厳選】ジュニア(積立)NISAにおすすめ投資信託ランキング5選 本記事では、「ジュニアNISA、積立NISA」をテーマにおすすめの投資信託を5選紹介します。 現在、非課税制度を中心に積立...

②高配当株投資

年3~6%の配当金が貰える高配当株に投資をする方法です。

一度購入すれば、配当金が無配にならない限り一定額を受け取る事ができます。

高配当株の購入方法は様々ありますが、おすすめは「米国高配当ETF」です。

米国高配当ETFのメリットは

  • 多くの銘柄に分散されている
  • 減配銘柄は自動で組み換え
  • 数千円から少額積立ができる

個別株は魅力があるも、企業業績次第で「配当が貰えない」というリスクがあります。

このため、広く分散されたETFを活用するのがおすすめです。

詳しく米国高配当ETFについて知りたい方は以下で解説しています。

米国高配当ETF【VYM、HDV、SPYD】特徴、配当利回り徹底解説 本記事では「米国高配当ETF」をテーマに特徴や配当利回りを解説します。 米国高配当ETFは好調な株価推移を受け、投資をする...

③不動産投資

不動産投資も不労所得を作る方法として有効です。

但し、不動産投資は魅力があるも、

  • 物件の選定が素人には難しい
  • 詐欺に合う可能性がある
  • 物件を売るのに時間が掛かる(または売れない)

など、優良物件を一般投資家が購入するのは簡単な事ではありません。

対策としては、「不動産クラウドファンディング」の活用です。

不動産クラウドファンディングとは、インターネット上で出資者を募集し、運営会社が不動産事業を行います。

特徴は以下の通り

  • 1万円から投資が可能
  • 不動産に関する管理は一切不要
  • 優先劣後構造で 投資家を保護

など、都心のマンションやアパートに複数の投資家と一緒に出資をすることができます。

数億を超える都心の物件に手軽に投資をする事は困難であるため、サービスを活用した投資を検討してみるのも有効です。

筆者も実際に「COZUCHI」を通して投資を行っています。

直近の募集物件も掲載されているので、気になる方はホームページをどうぞ。

(公式)不動産投資クラウドファンディング【COZUCHI(コヅチ)】

COZUCHIの魅力については以下記事で詳しく解説しています。

「COZUCHI(コズチ)の魅力とは?」評判と口コミを解説│不動産クラウドファンディング 本記事では不動産クラウドファンディング「COZUCHI(コズチ)の魅力」をテーマに評判やメリット、デメリットを解説します。 ...

④債券

債券に投資をすることでも不労所得を得ることができます。

債券投資の特徴は「ミドルリスク・ミドルリターン」である点です。

このため、安定的に収入を得たい方におすすめと言えるでしょう。

但し、国内債券は超低金利の現在投資先としての魅力はありません。

そこでおすすめなのが米国債券ETFである「AGG」、「BND」の活用です。

米国優良債権に分散投資がされており、年2%前後の分配金を受ける事ができます。

詳しくは以下で特徴を解説しています。

米国債券投資信託(AGG、BND)どっちを買うべき?違いは?│配当利回り、純資産など 本記事では米国債権ETF「AGG、BND」をテーマに違いや特徴について解説します。 代表的な米国債券ETFを調べてみると「...

⑤ブログ、Youtube

ブログ、Youtubeなども新たな所得を作るのに有効です。

ブログ、Youtubeの場合

  • パソコン
  • 編集ソフト
  • サーバー、ドメイン

など、初期投資が少ないのが魅力。

新たにチャレンジする事で、お金だけでなく「スキル」が得られるのも強みです。

但し、労働収入と異なり確実にお金が貰えるものではないため、「初めてみたが1円も稼げなかった・・・」となる可能性がある点は注意しましょう。

「不労所得」を作る際の3つの注意点

不労所得を作る場合の注意点を解説します。

注意点①税金には注意をする

不労所得を得た場合、税金を支払う必要があります。

  • 株、債券:利益確定時約20%の税金
  • 不動産所得:不動産取得税、印紙税、登録免許税
  • ブログ、Youtube:本業以外の所得が年間20万円を超える場合には別途確定申告が必要

このため、不労所得を計算する場合、税金を考慮した金額でシミュレーションするようにしましょう。

注意点②不労所得は自身で勉強する

不労所得を作ろうした場合、詐欺に合う可能性があるのも事実です。

結論、他人のために本当に美味しい儲け話を持ち込む事はありません。

  • スマホだけで簡単に儲かる
  • 1日5分の作業でOK
  • 元本保証でノーリスク

などの詐欺に惑わされないようしましょう。

このため、不労所得を作る時は自身で勉強し金融商品を購入するのが大切です。

参考:儲け話に騙される人の特徴5選

注意点③金融商品は分散させる

不労所得を実際に作る場合、金融商品を分散させるようにしましょう。

ポートフォリオの100%を株式にした場合、金融ショック時に大きな損失となります。

  1. 国内株式:30%
  2. 海外株式:30%
  3. 海外債券:20%
  4. 不動産:20%

上記の通り、金融商品だけでなく投資国を分散させるなど、アセットアロケーションを組むのが大切です。

詳しくは以下「理想的なアセットアロケーション」にて解説しています。

【重要】理想的なアセットアロケーションとは?6つポイントで解説 本記事では「理想的なアセットアロケーションとは?」をテーマにポイントを解説します。 正しい資産形成をするには、アセットアロ...

「不労所得」メリット、デメリットまとめ

本記事では「不労所得」をテーマにメリットだけでなくデメリットについても深堀りしました。

「不労所得」はやめとけと言われるデメリットは以下の通り

月1万円の不労所得を得るのに、300万円以上の資金が必要と簡単な事ではありません。

但し、不労所得を作ることで将来あなたにとって大きな力になる事は間違いありません。

このため、「月数万円ずつ高配当株を購入する」など行動を始める事が大切です。

以上、「不労所得やめとけ」と言われるメリット、デメリットまとめでした。

【関連記事】高配当ポートフォリオの作り方を解説しています。

【不労所得】高配当ポートフォリオ3つの作り方解説│月数万円のお小遣い 本記事では「高配当ポートフォリオ」をテーマに具体的な作り方を解説します。 高配当株の魅力は、不労所得で得られる配当金です。...

【関連記事】高配当株の買い方、見つけ方を解説しています。

【高配当株の買い時とは?】いつ買うべきか4つのポイントで解説 本記事では「高配当株の買い時とは?」をテーマに4つのポイントを解説します。 株式投資で得られる配当金には、不労所得という魅...

【関連記事】配当金生活に必要な金額について解説しています。

「配当金生活にはいくら必要か?」結論〇千万円必要│【現実は厳しい】 本記事では「配当金生活はいくら必要か?」をテーマに具体的金額と対策を解説します。 コロナウイルスの影響で、業績不振を発表す...

人気アプリまとめ記事