投資本

「株・投資の勉強に最適」ビジネス雑誌読み放題サービス8選を徹底比較

悩み人
悩み人
株の勉強に雑誌を活用したい。最もビジネス雑誌をお得に読むにはどの読み放題サービスを活用したらいいんだろう?価格や選び方などポイントを分かりやすく教えて欲しい。

本記事では、「株の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービス」をテーマに選び方や読める雑誌など徹底比較していきます。

読み放題をサービスを活用する事で

  • お得にビジネス雑誌が読める
  • 雑誌を捨てる手間が省ける
  • バックナンバーもチェックできる

などのメリットがあります。

雑誌1冊の料金で読み放題のサービスを受けられるため、上手く活用することで節約にも繋がります。

イチリタ
イチリタ
記事をチェックする事で、本当にお得な読み放題サービスを見つけることができます!

「ビジネス雑誌読み放題サービス」3つの選び方をチェック

選び方①「料金」で比較する

サービスを選ぶポイントとして、「価格の安さ」はユーザーにとって大切なポイントです。

まずは読み放題サービスの料金をチェックしていきましょう。

サービス 利用料金(税込)
楽天マガジン 418円/月
Kindle Unlimited 980円/月
ブック放題 550円/月
ブックパス 618円/月(総合)、418円/月(マガジン)
U-NEXT 2,189円/月
FOD PREMIUM 976円/月
dマガジン 440円/月
コミックシーモア 1,480円/月(フル)、780円/月(ライト)

「月額料金の安さ」で比較した場合は以下の通り

  1. 楽天マガジン
  2. ブックパス
  3. dマガジン

価格で選ぶ場合、「楽天マガジン」、「ブックパス(マガジンコース)が最安値です。

選び方②「無料お試し期間」で比較する

読み放題サービスを利用するにあたり、「無料お試し期間の長さ」も大切です。

まずは無料体験を利用し、操作性や閲覧のしやすさをチェックしてみましょう。

サービス お試し期間
楽天マガジン 31日
Kindle Unlimited 30日
ブック放題 1ヶ月
ブックパス 30日
U-NEXT 31日
FOD PREMIUM 1ヶ月
dマガジン 31日
コミックシーモア 7日

読み放題サービスを提供している、多くの会社が約1ヶ月の無料体験期間を用意しています。

気軽にサービスを利用して比較してみましょう。

選び方③「ビジネス雑誌ラインナップ」で比較する

続いて、閲覧可能な「ビジネス雑誌」で比較をしてみましょう。

サービス 日経マネー ダイヤモンド
ZAI
ダイヤモンド 東洋経済 エコノミスト トレンディ
楽天マガジン
Kindle Unlimited × × × × ×
ブック放題
ブックパス
U-NEXT × × ×
FOD PREMIUM × × × ×
dマガジン
コミックシーモア × × × × × ×

読めるラインナップで選ぶ場合は以下の通り

  1. 楽天マガジン
  2. ブック放題
  3. ブックパス
  4. dマガジン

4サービスがおすすめです。

続いて、各サービス別に具体的な特徴を解説していきます。

「ビジネス雑誌読み放題サービス」8選を徹底比較

①楽天マガジン

「楽天マガジン」は楽天が運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 418円/月
無料お試し期間 31日
読み放題数 700冊以上
特徴 利用料最安+ビジネス雑誌が豊富
読めるビジネス雑誌 日経マネー
ダイヤモンドZAI
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経トレンディ
Forbes
PRESIDENT

楽天マガジンは多くのビジネス雑誌に対応しています。

価格面でも418円/月と他サービスと比較しても最も安い設定となっています。

また、楽天ポイントを貯めている方は、保有しているポイントを活用して支払いを行う事も可能です。

「ビジネス雑誌読み放題サービス」に悩んだらまずは楽天マガジンの無料体験を活用してみましょう。

アプリ【楽天マガジン】使い方、口コミを徹底解説│情報収集に最適 本記事では「楽天マガジン」をテーマに使い方、口コミを徹底解説します。 筆者も1年以上楽天マガジンを利用しており、使用感など...

②Kindle Unlimited

「Kindle Unlimited」はAmazonが運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 980円/月
無料お試し期間 30日
読み放題数 200万冊以上
特徴 圧倒的な読み放題数の多さ
読めるビジネス雑誌 週刊エコノミスト

特徴は、定額で200万冊以上の本を読む事ができる点です。

ユーザーレビューも多数あり、新しい本や雑誌を探すのにも最適。

ビジネス雑誌だけでなく、洋書や和書など幅広い本をチェックしたい方におすすめです。

但し、「ビジネス雑誌」のラインナップが少ない点はご注意下さい。

③ブック放題

「ブック放題」は㈱ビューン社が運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 550円/月
無料お試し期間 1ヶ月
読み放題数 3.5万冊以上
特徴 利用料割安+ビジネス雑誌が豊富
読めるビジネス雑誌 日経マネー
ダイヤモンドZAI
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経トレンディ
MONOQLO
PRESIDENT

特徴は550円/月と手軽な利用料で500冊を超える雑誌が閲覧できる点です。

また、マンガも35,000冊以上登録されており、ビジネス雑誌以外にコミックを読みたい方におすすめのサービスです。

1ヶ月間無料期間があるため、使用感を試してみてから継続するか確認する事をおすすめします。

「ブック放題」の使い方、口コミを徹底解説│料金や他社読み放題サービス比較 本記事では「ブック放題」をテーマに使い方、口コミを解説します。 記事の構成は以下の通り ブック放題のメリット...

④ブックパス

「ブックパス」は㈱ブックリスタが運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 618円/月(総合)、418円/月(マガジン)
無料お試し期間 30日間
読み放題数 3,000冊以上
特徴 利用料最安+ビジネス雑誌が豊富
読めるビジネス雑誌 日経マネー
ダイヤモンドZAI
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経トレンディ
PRESIDENT
株主手帳

読み放題プランは2種類あり、ビジネス雑誌を読みたい方は「マガジンコース(418円/月)」を契約しましょう。

マガジンコースの場合、300冊以上の雑誌を閲覧する事が可能です。

現状、楽天マガジンと並び最安値の利用料となっています。

「最も安い読み放題サービス」をお探しの方は、ブックパスの使用を検討してみましょう。

⑤U-NEXT

「U-NEXT」は㈱U-NEXTが運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 2,189円/月
無料お試し期間 31日
読み放題数 114冊誌以上
特徴 21万以上の動画も閲覧可能
読めるビジネス雑誌 週刊東洋経済
週刊ダイヤモンド
Forbes
日経トレンディ

ビジネス雑誌はもちろん国内外の映画、ドラマなど動画サービスにも対応しています。

料金は他サービスと比較すると割高に見えますが、「毎月1,200円分」のポイントが付与されます。

最新作のレンタルやマンガ購入にも使えるため、この点も加味して使用を検討しましょう。

ビジネス雑誌+動画サービスを活用したい方におすすめのサービスです。

⑥FOD PREMIUM

「FOD PREMIUM」は㈱フジテレビジョンが運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 976円/月
無料お試し期間 2週間※一部条件あり
読み放題数 150冊誌以上
特徴 フジテレビの作品が見放題
読めるビジネス雑誌 ダイヤモンドZAI
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
MONOQLO

フジテレビが運営の配信サービスのため、FOD独占のラインナップも用意されています。

有料プランに加入することで、動画だけでなく雑誌読み放題もセット。

ビジネス雑誌としては少し物足りないラインナップですが、国内外のドラマを見たい方におすすめのサービスです。

⑦dマガジン

「dマガジン」は㈱NTTドコモが運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 440円/月
無料お試し期間 31日間
読み放題数 700冊誌以上
特徴 月額利用料割安+豊富は雑誌取扱い
読めるビジネス雑誌 日経マネー
ダイヤモンドZAI
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
週刊エコノミスト
日経トレンディ
Forbes
PRESIDENT

特徴は、700冊と豊富な雑誌の取扱いかつ月額料金440円と割安なところです。

ビジネス雑誌だけでなく、「エンタメ」、「スポーツ」など幅広く雑誌をチェックしたい方におすすめです。

⑧コミックシーモア

「コミックシーモア」はエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ㈱が運営する読み放題サービスです。

おすすめ度
料金 1,480円/月(フル)、780円/月(ライト)
無料お試し期間 7日間
読み放題数 8.7万冊誌以上
特徴 月額利用料割安+豊富は雑誌取扱い
読めるビジネス雑誌

8.7万冊と豊富なコミックを取り扱っている読み放題サービスです。

雑誌を読む場合、「ライトプラン(780円/月)」の契約で閲覧可能。

雑誌取扱いも300冊超えと豊富ですが、ビジネス雑誌の取扱いは少ない点はご注意下さい。

コミックをメインに読みたい方におすすめのサービスと覚えておきましょう。

「ビジネス雑誌読み放題サービス」活用する際の注意点

注意点①電子書籍は慣れるまで読みづらい

スマホやタブレットで読める電子書籍は「文字が小さく読みづらい」というユーザーが一定数います。

特に、長らく雑誌で情報を取得してきた方の場合、少なからず抵抗はあります。

「自身には電子書籍は抵抗なく読めるか?」を無料体験でチェックをしてみましょう。

まずは読み放題サービスを無料期間で比較をしてみて、自身にあったサービスを活用することをおすすめします。

注意点②一部見れないページも有り

定額読み放題サービスに共通される点ですが、一部見れないページも存在します。

メインは広告ページですが、連載ページも抜けている事も。

後は、プレゼント企画などのページも利用できません。

その他にも、

  • グラビアなど過激な写真
  • 肖像権が厳しい芸能人

などは、画面が塗りつぶし加工されています。

「いつも読んでいた連載ページが無い!」という方は素直に雑誌の購読をおすすめします。

注意点③ダウンロードしても閲覧期限があります

多くの読み放題サービスには保存機能があります。

バックナンバーなども保存をしておくことで、オフライン環境でも雑誌読む事ができます。

但し、ダウンロードしても閲覧には期限がある点は注意をしましょう。

「株・投資の勉強に最適」ビジネス雑誌読み放題サービスまとめ

本記事では「株・投資の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービス」を解説しました。

今回紹介した比較表は以下の通り
※ビジネス雑誌おすすめ順に記載

サービス おすすめ度 料金表 無料体験期間
楽天マガジン 418円/月 31日
ブックパス 418円/月
(マガジン)
30日
ブック放題 550円/月 1ヶ月
dマガジン 440円/月 31日
Kindle Unlimited 980円/月 30日
U-NEXT 2,189円/月 31日
FOD PREMIUM 976円/月 1ヶ月
コミックシーモア 780円/月
(ライト)
7日

本記事のおすすめ度は「ビジネス雑誌を本当にお得に読むには?」という切り口で比較をしています。

そのため、「コミック」、「エンタメ」、「映画」など求めるものにより大きく評価が異なる点はご注意下さい。

「株式投資の勉強を始めたい!」と思ったらビジネス雑誌読み放題サービスを上手く活用しましょう。

無料体験期間を使いあなたに合ったサービスを見つける事をおすすめします。

以上、株、投資の勉強に最適なビジネス雑誌比較まとめでした!

【関連記事】読むべきビジネス雑誌をランキング形式で紹介しています。

「ビジネス雑誌」おすすめランキング8選+番外編1│株や経済の情報収集に最適 本記事では「情報収集に最適なビジネス雑誌」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。 【記事の内容】 ...

【関連記事】米国株の勉強に最適な雑誌を解説しています。

【米国株を雑誌で学ぶ】おすすめ情報誌ランキング8選│米国株デビューに最適 本記事では「米国株情報誌」をテーマにおすすめ雑誌を紹介します。 ビジネス雑誌は「読み放題サービス」の活用がおすすめです。 ...

【関連記事】投資の勉強に最適な「投資本」を解説しています。

【2021年最新】投資初心者におすすめ株本10選│ネタばれ有り注意こんにちはイチリタです。 本記事では、投資初心者におすすめな株本を10選ご紹介します('◇')ゞ こんな人におすすめ...

人気アプリまとめ記事