投資本

「ビジネス雑誌」おすすめランキング8選+番外編1│株や経済の情報収集に最適

悩み人
悩み人
株や経済について勉強がしたい。おすすめの「ビジネス雑誌」を教えて欲しい。

本記事では「情報収集に最適なビジネス雑誌」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。

【記事の内容】

  • ビジネス雑誌を選ぶ3つのポイント
  • おすすめのビジネス雑誌8選
  • ビジネス雑誌読み放題サービスを上手く利用する
目次
  1. あなたに合った「ビジネス雑誌」を選ぶ3つのポイント
    1. ポイント①発刊タイミングをチェックする(週刊、月間、季刊)
    2. ポイント②雑誌のジャンルを確認する
    3. ポイント③「ビジネス雑誌」読み放題サービスも活用する
  2. 「ビジネス雑誌」比較表
  3. 「ビジネス雑誌」おすすめランキング8選
    1. 第1位:日経マネー
    2. 第2位:ダイヤモンドZAI
    3. 第3位:週刊ダイヤモンド
    4. 第4位:週刊東洋経済
    5. 第5位:会社四季報ワイド版
    6. 第6位:会社四季報プロ500
    7. 第7位:週刊エコノミスト
    8. 第8位:日経トレンディ
  4. 番外編:日経テレコン(楽天証券版)
  5. ビジネス雑誌を格安で見る方法(読み放題サービス)
  6. 「ビジネス雑誌」おすすめランキングまとめ

あなたに合った「ビジネス雑誌」を選ぶ3つのポイント

ポイント①発刊タイミングをチェックする(週刊、月間、季刊)

ビジネス雑誌に悩んだら「発刊タイミング」も事前にチェックをしましょう。

発刊タイミングは様々で

  • 週刊(週に1回)
  • 月刊(月に1回)
  • 季刊(年4回)

となります。

最新のトレンド情報をすぐにキャッチしたい方は、週刊のビジネス雑誌がおすすめです。

費用面や時間面で難しいと感じたら、月刊や月に2回(隔週)の雑誌を選択しましょう。

ポイントは「無理なく継続できる」という点が大切です。

ポイント②雑誌のジャンルを確認する

雑誌によって掲載されている内容に特徴があります。

例えば以下の通り

  • 日経マネー:株、資産形成、保険がメイン
  • 週刊ダイヤモンド:経済、企業情報がメイン
  • 日経トレンディ:流行のアイテムがメイン

あなたに必要な情報が得られるビジネス雑誌を選びましょう。

ポイント③「ビジネス雑誌」読み放題サービスも活用する

ビジネス雑誌の購読を検討している方は、「読み放題サービス」の活用も検討しましょう。

読み放題サービスの特徴は

  • 格安でビジネス雑誌が読める
  • スマホやタブレットでどこでも手軽にチェック可能
  • 何冊よんでも毎月定額でOK

費用を抑えて多くのビジネス雑誌が読みたい方は、「読み放題サービス」がおすすめです。

悩み人
悩み人
どこの読み放題サービスがおすすめなのかな・・・

と、悩んだら筆者も毎日利用している、「楽天マガジン」がおすすめ。

楽天マガジン」は月418円(税込)で500冊以上の雑誌が定額で読めるアプリです。

31日間であれば無料お試しができるので、気になる方は公式をどうぞ。

(公式)楽天マガジンを31日間0円で試す

\読み放題を比較したい方はこちらもどうぞ/

「ビジネス雑誌」比較表

今回紹介するビジネス雑誌の比較表を作成しました。

「発刊タイミング」と「価格」を事前にチェックしましょう。

雑誌名 発刊 価格
日経マネー 月刊 750円
ダイヤモンドZAI 月刊 750円
週刊ダイヤモンド 週刊 730円
週刊東洋経済 週刊 730円
会社四季報ワイド版 季刊 2,900円
会社四季報プロ500 季刊 1,400円
週刊エコノミスト 週刊 700円
日経トレンディ 月刊 690円

「無理なく続けられる」を考えて、購読する雑誌を選択する事をおすすめします。

「ビジネス雑誌」おすすめランキング8選

おすすめのビジネス雑誌をランキング形式で紹介します。

第1位:日経マネー

おすすめ度
価格(税込) 750円
発売日 毎月21日
特徴 日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌

「日経マネー」は、初めての資産運用から定年後のマネープランまで幅広く学ぶ事が可能。

金融に関する基礎知識だけでなく、本格的な資産運用を考えている方にも満足できる内容です。

個人的には、「今買うべき銘柄紹介」を確認し、新たな投資先を考える参考にしています。

お金に関して勉強できるビジネス雑誌に悩んだら、日経マネーがおすすめです。

第2位:ダイヤモンドZAI

おすすめ度
価格(税込) 750円
発売日 毎月21日
特徴 イラストも多く楽しく学べる初心者向けビジネス紙

「ダイヤモンドZAI」は、これからの時代必要となる金融知識を学ぶ事が可能。

イラストや図解が多く、投資初心者の方も分かりやすく学ぶ事が出来ます。

「買いの10万円株」、「本当に強い株36銘柄」など具体的な銘柄が多く投資先の勉強に最適。

「ダイヤモンドZAI推奨銘柄」を参考に投資対象を探している方もいます。

第3位:週刊ダイヤモンド

おすすめ度
価格(税込) 730円
発売日 毎週月曜日
特徴 経済・金融・企業情報をタイムリーに伝えるビジネス誌

「週刊ダイヤモンド」は、トップ経営層へのインタビューや最新のトレンドニュースがチェックできます。

1913(大正2)年の創刊以来、約100年にわたり日本を代表する経済誌として、企業やビジネスパーソンのニーズに答えている雑誌です。

週刊誌として発行部数NO.1の実力を誇ります。

週刊ダイヤモンドは企業や業界の背景を深堀りして学べるため、経済を学び始めた初心者の方にもおすすめです。

第4位:週刊東洋経済

おすすめ度
価格(税込) 730円
発売日 毎週月曜日
特徴 ビジネスリーダー必見の総合経済誌

「週刊東洋経済」は、日本経済の動き、為替情報からエンターテイメントまでチェックできます。

会社四季報を販売している「東洋経済社」という事も有り、今後成長が期待できる企業を探すのに便利なビジネス雑誌です。

個人的には、週刊ダイヤモンドより難しい印象を受けるため、投資になれた中級者以上の方におすすめです。

第5位:会社四季報ワイド版

おすすめ度
価格(税込) 2,900円
発売日 季刊(年4回)
特徴 日本国内全上場3,822社をフルカバーした四季報

「会社四季報ワイド版」は、東洋経済社が発行している「全上場企業」の業績を網羅した情報誌です。

企業分析に大変便利な雑誌のため、投資家だけでなく就活生にもおすすめです。

会社四季報には「ワイド版」という物が存在しており、個人的には「ワイド版」が好みです。

通常版とワイド版の違いは

  • 通常版より約2倍大きい(文字が見やすい)
  • 袋とじ情報企画有り

という違い有ります。

「四季報の文字が小さくて読みづらい」、「四季報にメモ書きをしたい」方はワイド版をおすすめします。

第6位:会社四季報プロ500

おすすめ度
価格(税込) 1,400円
発売日 季刊(年4回)
特徴 株式市場が注目する要ウォッチ500銘柄を選出

「会社四季報プロ500は、会社四季報に載っている有望な500銘柄を厳選した雑誌です。

今注目の株をチャート、写真などを用いてカラーで見やすく紹介。

「株価トレンド予想」や「値幅予測」も調べる事ができ、初心者からベテランまで多くの方におすすめです。

第7位:週刊エコノミスト

おすすめ度
価格(税込) 700円
発売日 毎週月曜日
特徴 ビジネスマンに愛されるビジネス雑誌の老舗

「週刊エコノミスト」は、毎日新聞社が発行するビジネス雑誌です。

金融経済をグローバルな視点で分析。

市場の状況を多角的に捉え、金融情勢などの情報も豊富にあります。

経済・政治関係の情報をバランスも良く情報収集したい方におすすめです。

第8位:日経トレンディ

おすすめ度
価格(税込) 690円
発売日 毎月4日
特徴 個人の生活を刺激する流行情報誌

「日経トレンディ」は、話題のアイテムや流行を知る事できます。

今後成長が期待できる銘柄を考えるために、「最新のトレンド」を知る事は大切です。

最近の記事では、コロナ禍で変化する生活様式に合わせた製品を特集しています。

番外編:日経テレコン(楽天証券版)

金融や経済を学ぶ上で「日経新聞」からの情報も大切です。

やはり、毎日発刊されているため情報の速報性はピカイチ。

但し、出てくるこんな悩み

悩み人
悩み人
日経新聞をチェックしたいが毎月の購読料がネック・・・

日経新聞の購読料は、「毎月約5,000千円」必要。

店頭、コンビニ 朝刊180円/日、夕刊70円/日
宅配契約① 朝・夕刊セット版地域 4,900円/月
宅配契約② 全日版地域 4,000円/月
日経電子版 4,277円/月
日経Wプラン① 朝・夕刊セット版地域5,900円/月
日経Wプラン② 全日版地域5,000円/月

結論としては、楽天証券を活用する事で、日経新聞を無料で見る事が可能です。

日経新聞を無料で見る方法は以下記事で詳しく解説しています。

【朗報】日経新聞を無料で読む方法アリ│楽天証券アプリを活用するべし 本記事では、「日経新聞を無料で読む方法」を解説します。 こちらの記事を読む事で毎月の固定費(約5,000円)を削減する事が...

ビジネス雑誌を格安で見る方法(読み放題サービス)

ビジネス、マネー雑誌は、楽天マガジンを活用する事でお得に読む事ができます。

楽天マガジンとは「月額418円(税込)で500雑誌以上読み放題」になるサービス。

楽天マガジンで読む事ができる雑誌は

  • 週刊東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊エコノミスト
  • 日経マネー
  • 日経トレンディ
  • Forbes

など、今回紹介したビジネス雑誌はほぼ見る事ができます。

楽天マガジンはビジネス雑誌を安く見たいという方に最強のツールです。

たとえば、「ダイヤモンドZAI」の雑誌版は750円。

結論、1冊読むだけで元が取れます。

但し、読み放題サービスのデメリットとして、「電子書籍はどうしても読みづらい・・・」という方も。

31日間であれば無料で試す事ができるので、「電子媒体でもストレスなく読めるかな?」を一度チェックしてましょう。

(公式)楽天マガジン無料体験はこちら

もっと詳しく楽天マガジンについて知りたい方は以下でレビューしています。

アプリ【楽天マガジン】使い方、口コミを徹底解説│情報収集に最適 本記事では「楽天マガジン」をテーマに使い方、口コミを徹底解説します。 筆者も1年以上楽天マガジンを利用しており、使用感など...

「ビジネス雑誌」おすすめランキングまとめ

本記事ではビジネス雑誌おすすめランキング8選を紹介しました。

記事をまとめると以下の通り

順位 雑誌名 価格
1位 日経マネー 750円
2位 ダイヤモンドZAI 750円
3位 週刊ダイヤモンド 730円
4位 週刊東洋経済 730円
5位 会社四季報ワイド版 2,900円
6位 会社四季報プロ500 1,400円
7位 週刊エコノミスト 700円
8位 日経トレンディ 690円

株や経済について勉強したい方は、ビジネス雑誌の活用がおすすめです。

発刊タイミングをチェックして、「無理なく継続できる」雑誌を選びましょう。

また、「ビジネス雑誌読み放題サービス」も上手に活用する事で費用を抑える事ができます。

どこの読み放題サービスがおすすめか?と悩んだら楽天マガジンの活用がおすすめです。

以上、ビジネス雑誌おすすめランキングでした。

【関連記事】株の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービスを徹底比較しています。

「株・投資の勉強に最適」ビジネス雑誌読み放題サービス8選を徹底比較 本記事では、「株の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービス」をテーマに選び方や読める雑誌など徹底比較していきます。 読み放...

【関連記事】米国株の勉強に最適な雑誌を紹介しています。

【米国株を雑誌で学ぶ】おすすめ情報誌ランキング8選│米国株デビューに最適 本記事では「米国株情報誌」をテーマにおすすめ雑誌を紹介します。 ビジネス雑誌は「読み放題サービス」の活用がおすすめです。 ...

【関連記事】株式投資の勉強方法について解説しています。

【株式投資の勉強方法】独学で一人前の投資家になる方法10選│これで初心者卒業ですこんにちはイチリタです。 本記事では株の具体的な勉強法を解説します。 そもそも、投資を始める前に「勉強は必要か?」と...

人気アプリまとめ記事