投資本

「楽天マガジン」アプリの使い方、口コミを徹底解説│情報収集に最適

悩み人
悩み人
ビジネス雑誌を購読しているが毎月の出費が気になる。安くビジネス雑誌を読む方法はないのかな?

本記事では「楽天マガジン」をテーマに使い方、口コミを徹底解説します。

楽天マガジンは「楽天」が運営する雑誌読み放題サービスです。

自身が日頃購入している雑誌が閲覧できる場合、費用を大幅に抑えることができます。

筆者も1年以上楽天マガジンを利用しており、使用感など本音でレビューさせて頂きます。

【記事の結論】

楽天マガジンを利用する事で、毎月の固定費を大幅に抑える事が可能。
ダウンロード機能もあり「オフライン環境」でも閲覧できる。
まずは、自身が購入している雑誌が対象がチェックしよう。

「楽天マガジン」とは?

まずは「楽天マガジン」の基本を解説します。

楽天マガジンとは?

月418円(税込)で700冊以上の雑誌が定額で読める「読み放題サービス」

大手通販サイト「楽天」が運営するサービスです。

楽天マガジンの特徴は

  • 最新号、バックナンバーも見れる
  • キーワード検索にも対応
  • 雑誌はダウンロード可能

筆者も「楽天マガジン」を活用した事で、毎月の雑誌代を大幅に抑えることができました。

但し、電子書籍のためユーザーによっては「雑誌の方が読みやすい」という方も。

申し込み後31日間までなら無料で使用できるため、気軽に使用感をチェックしてみましょう。

無料体験は以下公式をどうぞ
(公式)楽天マガジン

「楽天マガジン」を活用するべき6つの理由(メリット)

メリット①定額で使用OK

楽天マガジンを活用する事で、月418円(税込)と格安で雑誌閲覧ができます。

ビジネス雑誌の価格の一例は以下の通り

日経マネー 750円(税込)
ダイヤモンドZAI 750円(税込)
週刊ダイヤモンド 730円(税込)
週刊東洋経済 730円(税込)
楽天マガジン 定額418円(税込)

結論、ビジネス雑誌一冊購入するより安い価格で閲覧できます。

格安で多くの雑誌を読みたい方におすすめのサービスです。

メリット②700冊以上の雑誌が読める

楽天マガジン読み放題サービスは700冊以上。

ビジネス雑誌の一部抜粋すると

  • 週刊東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊エコノミスト
  • 日経マネー
  • 日経トレンディ
  • Forbes
  • 日経トレンディ

など、「ビジネス」だけでも多くのジャンルから選択できます。

他にもファッション、IT、グルメなど多くのジャンルを取り揃えています。

メリット③楽天ポイントも使用可能

支払いは楽天ポイントも使用OKです。

ポイントは以下3種から選べます。

  1. 毎月の固定ポイントを指定(上限指定)
  2. ご利用可能なポイントをすべて利用
  3. ポイントを利用しない

楽天ユーザーならポイントを利用してお得にサービスを受ける事が可能です。

メリット④雑誌はダウンロード可能

雑誌は事前にダウンロードする事ができます。

ダウンロードしていれば、地下鉄などオフライン環境下でも閲覧可能。

通信量も気にせず使用できるので、移動中も気軽に楽天マガジンを使用できます。

メリット⑤バックナンバーも見れる

楽天マガジンはバックナンバーも閲覧できます。

「前月号を振り返りたい」なんて時に便利です。

但し、期間限定のためご注意を。

メリット⑥PCでも閲覧可能

結論、楽天マガジンはスマホだけでなくPCにも対応しています。

読み放題サービスは気になるも、「画面が小さいので雑誌が読みづらい・・・」という方はPCを活用して閲覧しましょう。

「楽天マガジン」デメリット

デメリット①ダウンロードしても永久保存はできない

電子書籍をダウンロードしても永久保存はできません。

閲覧期限を過ぎた場合、ダウンロードしたものも削除される点はご注意を。

過去の雑誌を閲覧したい方には不向きなサービスです。

デメリット②スマホでの閲覧は確認しにくい

これは個人差がありますが、「文字が小さく見えずらい」という方も一定数います。

特に、スマホの場合画面が小さいため注意が必要です。

電子媒体は苦手という方にはPC画面から雑誌のチェックをおすすめします。

デメリット③一部見れないページも有り

定額読み放題サービスに共通される点ですが「一部見れないページ」も存在します。

メインは広告ページですが、連載ページが抜けている事も。

また、プレゼント企画などのページも利用できません。

その他にも、

  • グラビアなど過激な写真
  • 肖像権が厳しい芸能人

などは、画面が塗りつぶし加工されています。

「いつも読んでいた連載ページが無い!」という方は素直に雑誌を買いましょう。

「楽天マガジン」の使い方

筆者が使用している実際の画面で使い方を解説します。

使い方①ホーム画面

「おすすめ」、「お気に入り」などタブ選択可能。

お気に入りにしておくことで、読み直すのにも最適です。

使い方②記事から探す

カテゴリーを選択⇒記事を見ながら気になる雑誌を選択

特定の読みたい雑誌が無い場合などページを見ながら探すのに便利です。

使い方③雑誌から探す

こちらもカテゴリー選択⇒「好きな雑誌」を選択

お気に入りボタンもあり、気になる雑誌はチェックを。

気になる雑誌をクリック⇒「読む」or「ダウンロード」

以上で閲覧することができます。

「楽天マガジン」口コミ、評判

楽天マガジン口コミ、評判をまとめました。

楽天マガジン良い口コミ

読み放題で閲覧できる雑誌が多いと高い評価がされていました。

楽天マガジン悪い口コミ

「読みたい雑誌が登録されていない」という声もありました。事前に登録雑誌を確認しておきましょう。

楽天マガジン対象雑誌

楽天マガジン、口コミをまとめると

  • 気になる雑誌が読める
  • デザインのインプットに定額雑誌サービスは便利
  • 普通に雑誌を買うよりコスパ良し
  • 操作性は少し気になる

全体的に読み放題サービスのコスパの良さが高く評価されていました。

アプリ【楽天マガジン】まとめ

本記事では楽天マガジン使い方、口コミをまとめました。

記事をまとめると

【メリット】

  1. 定額で使用OK
  2. 500冊以上の雑誌が読める
  3. 楽天ポイントも使用可能
  4. 雑誌はダウンロード可能
  5. バックナンバーも見れる
  6. PCでも閲覧可能

こんな方に楽天マガジンはおすすめです

  1. 電子媒体で読むのに抵抗がない
  2. 半年前の雑誌を振り返る事がない
  3. いつも複数の雑誌を購入していて費用を抑えたい

「月額418円」と格安で読み放題サービスを受けることができます。

また、1ヶ月であれば無料体験できるため、気軽にチェックをしてみてはいかがでしょう。

以上、楽天マガジン使い方まとめでした。

無料体験は公式をどうぞ

【関連記事】株の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービスを比較しています。

「株・投資の勉強に最適」ビジネス雑誌読み放題サービス8選を徹底比較 本記事では、「株の勉強に最適なビジネス雑誌読み放題サービス」をテーマに選び方や読める雑誌など徹底比較していきます。 読み放...

【関連記事】楽天マガジンで読めるビジネス雑誌おすすめを紹介しています。

【2022年】ビジネス雑誌おすすめランキング10選+番外編1│株や経済の情報収集に最適 本記事では「ビジネス雑誌」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。 ビジネス雑誌を活用することで、経済に関する情報...

【関連記事】米国株の勉強におすすめの雑誌を紹介しています。

【米国株を雑誌で学ぶ】おすすめ情報誌ランキング8選│米国株デビューに最適 本記事では「米国株情報誌」をテーマにおすすめ雑誌を紹介します。 ビジネス雑誌は「読み放題サービス」の活用がおすすめです。 ...

人気アプリまとめ記事