投資知識

「財形貯蓄はやめたほうがいい!」5つのデメリットを解説│具体的対策あり

悩み人
悩み人
上司の勧めもあり財形貯蓄を検討している。メリット、デメリットを詳しく教えて欲しい。

本記事では、「財形貯蓄やめたほうがいい」をテーマにメリットだけでなくデメリットについても深堀りします。

財形貯蓄は「マイホームの頭金」、「老後資金の確保」を目的に利用している方も少なくありません。

筆者も一般財形貯蓄で300万円ほど貯蓄をしていた経験があります。

正直な所、「もったいない事をしたな・・・」と感じておりその理由を本記事で解説します。

本記事の結論まとめ

①財形貯蓄は元本保証

②利子は非課税で受け取る事ができる

③但し、超低金利の現在非課税の恩恵は少ない

④「引き出しに時間が掛かる」、「インフレリスクに弱い」点には注意

⑤インデックスファンドを活用した資産形成も検討しよう

財形貯蓄とは?

まずは、財形貯蓄の基本をチェックしましょう。

財形貯蓄とは?

金融機関などと契約を結んで賃金からの控除(天引)により、事業主を通じてお金を積み立てる制度です。

財形貯蓄は3つの商品に分類されます。

  1. 一般財形貯蓄
  2. 財形住宅貯蓄
  3. 財形年金貯蓄

順番に制度の違いを解説します。

①一般財形貯蓄

目的を問わない使途自由な貯蓄制度

メリット ・使用目的が自由である
・貯蓄から1年が経てば自由に引き出せる
デメリット ・利子等に対する非課税制度はない

純粋に貯蓄を行いたい方は、一般財形貯蓄がおすすめです。

但し、非課税の恩恵がない点は注意しましょう。

②財形住宅貯蓄

持家取得を目的とした貯蓄制度

メリット ・利子等に対する非課税措置(550万円までの貯蓄は利子が非課税)
・持家の増改築にも対応
デメリット ・住宅以外の目的の場合、過去5年分の利子が課税対象になる
・原則積立期間5年以上

マイホームの頭金を貯めたい方におすすめの制度です。

550万円までの利子を非課税で受け取れる点は強みと言えます。

但し、原則5年以上の継続がルールのため、引き出し制限には注意しましょう。

③財形年金貯蓄

老後の生活資金として貯蓄をする制度

メリット ・利子等に対する非課税措置(550万円までの貯蓄は利子が非課税)
・「公的年金」と合わせて貯蓄が可能
デメリット ・老後の生活資金以外の目的の場合、過去5年分の利子が課税対象になる
・原則積立期間5年以上

老後の生活資金確保を目的としている方におすすめの制度です。

財形住宅貯蓄同様、550万円までの利子を非課税で受け取れる点は強みと言えます。

但し、引き出し制限(原則5年以上)がある点には注意が必要です。

財形貯蓄制度【比較表】

3種類の制度をまとめると以下の通りです。
※スマホの方はスライドできます。

一般財形貯蓄 財形住宅貯蓄 財形年金貯蓄
使い道 目的自由 住宅 老後資金
積立期間 原則3年以上 原則5年以上 原則5年以上
非課税制度 ×
非課税枠 住宅財形・年金財形は合算で
残高550万円まで利息が非課税
利用制限 × 満55歳未満 満55歳未満
積立金額 1,000円以上1,000円単位
備考 他制度との併用可能

非課税制度の恩恵があるのは、「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の2種類です。

また、制度を利用する方の年齢制限がある点は事前にチェックしておきましょう。

続いて、財形貯蓄のメリットを解説します。

「財形貯蓄」4つのメリット

財形貯蓄のメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①元本保証である

財形貯蓄は会社が指定した金融機関と定期預金を組む事になります。

定期預金であるため、金融資産と異なり貯蓄が目減りする事はありません。

金融商品のように価格に左右にされず安定してお金を貯める事ができるのは、財形貯蓄のメリットと言えます。

「マイホーム」や「マイカー」など数年後にまとまった資金が必要な方におすすめの制度です。

メリット②自動で貯蓄ができる

財形貯蓄は、給与からの自動控除(天引き)です。

このため、手間無く貯蓄できるのが強みと言えます。

また、「口座にお金があるとついつい無駄遣いしてしまう」という方にもおすすめ。

気付かぬうちに「まとまったお金が貯まっていた」というのも財形貯蓄の強みです。

メリット③利子が非課税で受け取れる

「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の場合、550万円まで非課税として利子を受け取る事ができます。

通常、利息には約20%の税金が必要。

このため、非課税で利子が受け取れる点も財形貯蓄のメリットです。

メリット④住宅購入時融資を受ける事ができる

財形貯蓄残高の合計額が50万円以上の方を対象に、住宅ローン融資が受けられます。

貯蓄残高合計の10倍までの額で、最高4,000万円まで融資が可能。

(参考)財形住宅融資:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

但し、ネット銀行の方が金利が安い場合があるため、借り入れの際はしっかりと比較するようにしましょう。

「財形貯蓄はやめたほうがいい!」5つのデメリット

財形貯蓄は様々なメリットがあります。

但し、結論「財形貯蓄はおすすめできません」

やめたほうがいい理由は以下の通りです。

順番にデメリットを解説します。

デメリット①金利が低い

財形貯蓄の利息は超低金利です。

(参考)三菱UFJ信託銀行の場合

受け取れる金利は「0.002%/年」

仮に毎月「5万円」を5年間積立した場合

  • 元本:300万円
  • 受け取れる金利:148円

結論、受け取れる金利は「148円」のみです。

「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の場合、残高550万円まで非課税という恩恵がありますが、低金利の現在では大きな恩恵とは言えません。

ネット銀行である「UI銀行」など年0.1%の金利に制限なく対応している点と比較すると、財形貯蓄は見劣りする金利です。

(参考)「UI銀行の魅力とは?」利用者の口コミ、評判を解説

デメリット②引き出しまでに時間が掛かる

財形貯蓄解約後、お金が入金されるまでに「1週間」程度時間が必要です。

  1. 会社へ解約を通知
  2. 会社から金融機関に書類提出
  3. 数日後、金融機関から入金

ゴールデンウィークや年末年始を挟むと更に日数を要します。

つまり、緊急でお金が必要になった場合、対応ができないという点は注意しましょう。

急な出費にも対応できるよう、財形貯蓄とは別に預金を残しておく事が大切です。

デメリット③要件外の払い出しは課税される

「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の場合、残高550万円まで非課税で利子が受け取れます。

但し、要件外の受け取りは過去5年間を遡って、課税される点は注意しましょう。

例:財形住宅貯蓄の場合「住宅購入、増改築」であること
※住宅取得の証明書提出が必要

払い出し制限がある点もデメリットの1つです。

デメリット④他の財形貯蓄への預け替えは不可

「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」の場合、保有期間に関わらず、任意に別の金融機関の財形商品に預け替えることはできません。

※一般財形貯蓄の場合:3年以上財形貯蓄を保有していれば預け替え可能

このため、「住宅購入予定が無くなったため財形年金貯蓄へ変更したい」と思っても預け替えはできません。

デメリット⑤インフレリスクに弱い

財形貯蓄はインフレリスクに対応できない点は注意が必要です。

財形貯蓄はある意味「日本円の価値が上がることに投資」しています。

物の価値は常に変動しており、50年前の100円と現在の100円では価値が全く異なります。

一例として、公務員の給料推移をチェックしてみましょう。

国家公務員の初任給の変遷(大卒)

  • 昭和24年:4,223円/月
  • 昭和50年:80,500円/月
  • 平成27年:207,900円/月

(参考)人事院発表

上記の通り、物価と合わせて初任給も上昇しています。

政府は「インフレ目標2%」を掲げており、物価上昇を目的とした経済対策を継続。

つまり、5年後・10年後利子を含めた現金を受け取ったところで、インフレした商品価格を加味すると「資産価値はマイナス」という事も十分考えられます。

「財形貯蓄」おすすめする人

財形貯蓄にはメリット、デメリットがあります。

制度の特徴からおすすめする方は以下の通りです。

  • 貯金が苦手
  • 給与天引きで貯蓄をしたい
  • 数年後にマイホームを購入する

財形貯蓄は給与天引きのため「先取り貯蓄」ができるのが強みと言えます。

また、元本保証である事から数年後に「マイホーム」、「マイカー」など使用用途が明確な方にも最適な制度です。

自身のライフイベントに合わせて活用を検討してみましょう。

但し、デメリットで解説した通り資産形成を行うベストな選択肢ではありません。

受け取れる金利は「0.002%」と超低金利であり、インフレリスクに脆弱である点に課題が残ります。

特に、10年以上財形貯蓄を継続する方は以下をチェックしましょう。

(対策)財形貯蓄ではなく投資を始めよう

将来のために資産形成をしたい方は、投資初めてみましょう。

まずは以下グラフを解説します。

上記グラフは、1802年に1ドルを、「株式、長期国債、短期国債、金、現金」のまま保有した場合、「200年後それぞれいくらになっているか?」をグラフにしたものです。

200年後の結果は以下の通り

  1. 株式:700,000倍
  2. 長期国債:1,800倍
  3. 短期国債:280倍
  4. 金:4.5倍
  5. 現金:0.05倍

結果、株式は大きく上昇し現金の価値は減少しています。

長期的な歴史で見ても現金のインフレリスクには注意が必要です。

結論、将来のために資産形成をしたい方は非課税制度を活用した「長期・分散・積立投資」がベストな選択です。

非課税制度の種類は以下の通り

  • NISA
  • 積立NISA
  • ジュニアNISA

特に、少額から始めたい方は「積立NISA」の活用をおすすめします。

金融庁発表でも、20年間長期で積立をした場合「年5%前後」の安定したリターンを得られています。

つみたてNISA早わかりガイドブック 金融庁

財形貯蓄と積立NISAの比較すると以下の通り

例:月3万円×10年間積立(元本360万円)

  • 財形貯蓄:360万円
  • 積立NISA:466万円

10年後の保有資産では約100万円の期待リターンに違いがでます。

複利で運用されるため、20年以上となるとその差は更に拡大。

「将来のためにお金を貯めたい」と思ったら、安易に財形貯蓄を始めるのではなく非課税制度の活用を検討してみましょう。

株式投資の勉強方法に悩んだら以下記事で詳しく解説しています。

【初心者向き】株式投資は何から勉強を始めるべきか?10STEPで解説 本記事では、「株式投資の勉強」をテーマに何から始めるべきか?を解説します。 積立NISAの導入により、若年層を中心に投資を...

(おすすめ)将来の資産をシミュレーションしよう

将来の資産をシミュレーションしたい方は、株アプリ「トウシカ」の活用がおすすめです。

アプリ内でNISA制度を活用したシミュレーションに対応。

投資信託を長期積立した場合のシミュレーションを行う事ができます。

また、「積立投資の基本」、「個別株のシミュレーション取引」にも対応しているため、投資の練習にも最適です。

無料アプリであるため気軽に活用をしてみましょう。

ダウンロードは以下からどうぞ

トウシカ - 投資は株取引&つみたてシミュレーションで学ぶ

トウシカ – つみたてNISAの投資シミュレーション&株ゲーム

posted withアプリーチ

トウシカについては以下記事で詳しく解説しています。

株練習アプリ「トウシカ」口コミ、評価を徹底解説│投資初心者向き(PR) 本記事では株練習アプリ「トウシカ」をテーマに口コミ、評価を徹底解説します。 トウシカはゲーム感覚で株の練習ができるアプリで...

「財形貯蓄はやめたほうがいい」まとめ

本記事では、「財形貯蓄はやめたほうがいい」をテーマにメリットだけでなくデメリットも解説しました。

財形貯蓄のデメリットは以下の通り

財形貯蓄は数年後に計画的な資金が必要な方におすすめの制度です。

但し、受け取れる金利が低く、インフレリスクに弱い点が課題と言えます。

このため、積立NISAを活用した長期投資についても検討してみましょう。

以上、財形貯蓄おすすめしない理由まとめでした。

【関連記事】積立NISAの始め方について以下記事で解説しています。

【簡単】積立NISA「楽天証券」での始め方5ステップ│3つのデメリットあり 本記事では、「楽天証券+積立NISA」をテーマに始め方を解説します。 楽天証券は口座開設数NO.1の人気会社です。 ...

【関連記事】学資保険をテーマにメリット、デメリットを解説しています。

「学資保険は必要ない!」おすすめしない5つの理由【解約しました】 本記事では「学資保険は必要ない」をテーマにおすすめしない理由を解説します。 「子供が生まれたら学資保険」というイメージから...

【関連記事】外貨預金をテーマにメリット、デメリットを解説しています。

【注意】「外貨預金はやめとけ!」おすすめしない5つの理由を徹底解説 本記事では「外貨預金」をテーマにおすすめしないデメリットと具体的対策を解説します。 外貨預金は日本円と比較して高い金利を受...

人気アプリまとめ記事