投資手法

【悩み】「株を買って1円上がったらすぐに売るはあり?」5つの注意点を解説

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
株を買って1円上がったらすぐに売却するのはあり?

本記事では「株を買って1円上がったらすぐに売るのはありか?」テーマにメリット、デメリットを解説します。

株式投資には「デイトレード」、「スイングトレード」、「中長期トレード」など様々なスタイルがあります。

今回のテーマである「1円上がったらすぐに売る」は、数秒~数分での利益を狙うスキャルピングトレードと言えるでしょう。

1円という僅かな利幅での売買には「勝率が高い」というメリットがある一方、デメリットも多く存在します。

このため、株を1円で短期利確することのメリット、デメリットを正しく理解しておきましょう。

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「株を買って1円上がったらすぐに売る」3つのメリット

「株を買って1円上がったらすぐに売る」場合のメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①当日にポジションを手仕舞いできる

株式投資における株価変動は、企業業績だけではありません。

株価に影響を与える要因
  • 為替(金利)
  • 地政学リスク
  • 他国マーケット市況

スイングトレードや中長期トレードの場合、日本マーケットが終了した後のサプライズ情報で翌日株価が大きく下落する可能性があります。

このため、当日マーケットが動いている間にポジションを決済してしまうのは、リスクを抑える有効な方法です。

株価1円での決済は、スキャルピングよりのトレード手法であるため翌日以降にポジションを保有せず決済できるのは強みと言えるでしょう。

メリット②勝率は高い

「株を買って1円上がったら売る」投資手法は、僅かな利幅で短期決済を行うため勝率が高い投資手法と言えます。

上昇トレンドのチャートを見つけ、投資を行えばすぐに利益に繋がる点は魅力。

勝率が高くすぐに利益を得られやすい点は株価1円抜きメリットです。

メリット③お小遣い稼ぎになる

購入株数により変動するも、1日で数回株価1円抜きに成功すればお小遣い稼ぎに繋がります。

POINT

1,000株購入した銘柄で1円抜きに成功すれば税抜き前1,000円の利益

出来高の多い低位株を活用すれば、少ない資金でも利益を積み重ねることが可能です。

「株を買って1円上がったらすぐに売る」5つのデメリット

「株を買って1円上がったらすぐに売る」デメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

デメリット①塩漬け株になる場合がある

1円という僅かな利益幅であっても、当然ながら購入後株価が下落する場合があります。

結果として、売却タイミングを逃し長期塩漬け株となる場合がある点は注意が必要です。

POINT

購入と同時にマイルールに沿った損切ラインを設定しよう

デメリット②収益は限定的

1トレード当たり狙う利幅は1円であるため、得られる収益は限定的と言えます。

例:100万円で1円抜きを狙う場合

1株500円A社

➤株価500円×2,000株

1トレード当たり得られる最大収益は2,000円

資金量によって異なりますが、購入株数×1円の収益であるため期待リターンは限定的です。

購入銘柄の選定~画面を注視しエントリーを待つことを考えると、時間単価として微妙と感じる方も少なくないでしょう。

資金効率を上げる場合、「信用取引」を活用するのも選択肢ですがリスク面を正しく理解することが大切です。

【危険】「信用取引はやめとけ」やばいと言われる5つのデメリット 本記事では、「信用取引」をテーマにメリット、デメリットを解説します。 信用取引は、少ない資金で効率良く投資をすることができ...

デメリット③利確してもストレスあり

1円抜きトレードの場合、利確してもストレスを感じる方が存在します。

トレードイメージ例

446円で購入

447円で全株売却(1円抜き成功)

売却後そのまま株価は更に上昇・・・

利益1円に成功していると頭で分かっていても、「もっと保有していれば良かった・・・」と考えるのが人の性です。

結果として、ルールである1円での利確を変更してしまう方も少なくないでしょう。

実際に1円での利確を実施してみると分かりますが、「決めたルールを継続する」というのはお金が掛かっている以上簡単なことではありません。

デメリット④コツコツドカンの可能性も

株を買って1円上がったら売る投資手法は、利幅が少ないため勝率の高いトレードと言えます。

但し、「10トレード中9勝1敗」であったとしても大きく損失を出してしまい1日の利益を吹き飛ばすことも少なくありません。

  • 少額でも損失は出したくない
  • 損切りはしたくない
  • 株価が戻るまで待とう

など、都合の良い感情から当初決めていた損切ラインを守らず「コツコツドカン」になる可能性には十分注意が必要です。

POINT

頭では損切りすると分かっていても、利益を積み重ねる内に損失に対する抵抗感がでる

1円抜きを成功させるには、感情を抑え機械的にトレードをする自身のコントロールが必要

デメリット⑤売買手数料に注意

利幅1円で決済をするため、必然的に取引回数が多くなる傾向にあります。

このため、売買手数料による損失には注意が必要と言えるでしょう。

POINT

SBI証券、楽天証券では売買手数料無料を発表

このため、大手ネット証券を活用することで売買手数料を気にせずトレードが可能

(公式)SBI証券

「株を買って1円上がったらすぐに売る」やり方【5STEP】

株を買って1円上がったら売る具体的なやり方を5STEPで解説します。

  1. 取引手数料無料のネット証券を活用
  2. 低位株を選択
  3. 流動性の高い銘柄を選ぶ
  4. 歩み値をチェックする
  5. 短期チャートを確認する

STEP①取引手数料無料のネット証券を活用

1円抜きトレードは取引回数が多くなる投資手法であるため、取引手数料無料のネット証券を活用することが大切です。

取引手数料無料ネット証券

証券会社に悩んだら「SBI証券」、「楽天証券」を抑えておけば問題ありません。

また、特定口座は利益に対して約20%の税金が必要になるため、新NISA「成長投資枠」を活用するのも良いでしょう。

POINT

新NISAでは売却することで再利用が可能

但し、投資枠の復活は翌年以降となるため自身の年間投資予定を元に活用することが大切です

STEP②低位株を選択する

1円抜きを行う場合、株価500円以下の低位株を活用するのが良いでしょう。

資金量にもよりますが、株数が求められる投資手法であるため手頃な株価の銘柄を選定することが大切です。

STEP③流動性の高い銘柄を選ぶ

1円抜きを行う場合、流動性が高い銘柄を選択するようにしましょう。

株の流動性とは?

1日あたりの出来高が多く売買に関する制約が少ない銘柄

出来高が少ない銘柄の場合、「買い板364円・売り板367円」と板が飛ぶことが多くあり購入した瞬間に3円のマイナスからスタートします。

1円抜きどころで無くなってしまうため、出来高が多く板が厚い銘柄を選択するようにしましょう。

STEP④歩み値をチェックする

短期トレードで購入をする場合、チャートだけでなく歩み値をチェックするのも大切です。

歩み値とは?

取引時間中、株価は時々刻々と変動する株価の推移を時系列で表したもの

※表示方法は証券会社によって異なる場合がある(楽天証券歩み値を添付)

歩み値の動きから、銘柄の方向感を確認することができます。

また1,000株以下の注文が続いていた中、突然まとまった株数の注文が入った場合も確認しておくのがおすすめです。

機関投資家のまとまった売買により、今後の株価が大きく動く場合もあり歩み値は短期トレードに必要不可欠の情報と言えるでしょう。

STEP⑤チャートを確認する

出来高と歩み値を確認したら、短期チャートを確認してテクニカル分析をしてみましょう。

  • チャート「1分足」、「2分足」から方向感の確認
  • 移動平均線、一目均衡表、ポリンジャーバンドなどのトレンド系
  • サイコロジカル・ライン、RSI、ストキャスティクスなどのオシレーター系

を活用しながら、エントリータイミングを探すのがおすすめです。

テクニカル分析の勉強方法は関連記事で紹介しています。

「株テクニカル分析の勉強に最適」おすすめアプリ、ツールまとめ10選 本記事では「株テクニカル分析」をテーマに勉強に最適なおすすめアプリ、ツールを紹介します。 テクニカル分析は「移動平均線」、...

「株を買って1円上がったらすぐに売る」3つの対策

株を買って1円上がったら売る投資手法は、勝率が高いトレードであるもデメリットも存在します。

このため、少しでも勝率を上げるために以下対策を検討してみましょう。

対策①過去のトレードを振り返る

過去のトレード結果から反省点を見つけることは大切です。

一方、1円抜きの投資はトレード回数が多くなるため、過去の振り返りに苦労する方は少なくないでしょう。

そこでおすすめなのが投資管理アプリ「カビュウ」を活用したトレードの振り返りです。

カビュウ特徴
  • 複数の保有株を一括管理
  • 過去のトレードを分析できる
  • 保有株の適時開示を通知

カビュウは、複数の金融商品を一元管理。

6,000銘柄以上の米国株にも対応

カビュウは、銘柄別に「いつ買って(IN)、いつ売ったか(OUT)」がアプリ上で一目で確認できます。

「自身のエントリータイミングは適切か?」アプリを通してチェックするのに最適です。

配当金管理にも対応しており、「累計配当金」、「月別配当金」を自動表示。

高配当株投資家にもおすすめと言えるでしょう。

また、自身の投資実績を元に診断する「投資家タイプ診断」という面白い機能も搭載。

自身の性格やタイプを客観的に判断するのに最適です。

投資スタイル、過去のトレード分析などカビュウを活用して分析してみましょう。

カビュウを無料でダウンロードする

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

posted withアプリーチ

【2024年最新】株分析アプリ「カビュウ」使い方、評判を解説│米国株にも対応 本記事では、株分析アプリ「カビュウ」をテーマに使い方、評判を解説します。 カビュウは利用者数業界NO.1の株分析アプリです...

②デモトレードで練習する

1円抜きの練習としてデモトレードを活用してみるのも良いでしょう。

「自身は短期売買が向いてるのか?」を確認するのにも最適です。

例:無料シミュレーションアプリ「株たす
株たすの特徴
  • 本物の株価を使用しリアルなデモ体験
  • 取引銘柄は3,600以上
  • 漫画で株式投資が学べる

3,600以上の銘柄から投資対象を選択することができます。

株価も本物のデータを活用しているため、本番同様の値動きを体験することが可能。

また、クイックモードが用意されており移動平均線を活用した短期トレードの練習にも最適です。

アプリを活用して「自身には1円抜きが向いているのか?」をチェックしてみましょう。

無料で株たすをダウンロードする

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

デモトレードアプリ「株たす」とは?使い方、評判を解説│株の練習に最適(PR) 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 2024年NISA制度の拡充に伴い、株式投資...

対策③独学でお金をかけずに勉強する

現在は、お金をかけずに株の勉強ができる時代です。

株の勉強方法
  • YouTube
  • Twitter
  • 株情報サイト
  • 投資書籍
  • 株雑誌

無料~数千円で有益な情報が手軽に得ることができ、スマホを活用すれば場所を選ばず勉強ができます。

独学で株の勉強をしっかり行ってみましょう。

【株式投資の勉強】独学で一人前の投資家になる方法10選【初心者卒業】 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 株式投資を始める場合、「財務分析」、「テク...

株を買って1円上がったらすぐに売る【まとめ】

本記事では「株を1円上がったらすぐに売るのはありか?」テーマにメリット、デメリットを解説しました。

株1円抜きメリット
株1円抜きデメリット

株1円抜きは僅かな利幅で利確するため、比較的勝率の高いトレードとなります。

一方、投資であるため購入後すぐ下落となり大きな損失を作ってしまう方も少なくありません。

9勝1敗でも大きな損失となる「コツコツドカン」になる場合も多いため、買付と合わせて損切り注文を行うことが大切です。

また、1円抜きを行う場合「出来高」、「歩み値」、「テクニカル」など複数の指標を元にエントリーを行いましょう。

以上、「株を1円上がったらすぐに売るのはありか?」メリット、デメリットでした。

【関連記事】株のスクリーニングツールを網羅的に解説しています。

【厳選】「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ9選【無料ツールの活用】 本記事では、「株スクリーニングアプリ」をテーマに筆者が実際に活用しているおすすめツールを紹介します。 株式投資において、銘...

【関連記事】株の練習に最適なシミュレーションアプリを解説しています。

【2024年3月】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーションアプリ」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、...

【関連記事】株で儲ける人の特徴を解説しています。

【必見】株で儲ける人の特徴11選│センスがある人になるポイントを解説 本記事では「株で儲ける人」をテーマに利益を出せる人の特徴を解説します。 株は投資であるため、同じ市況であっても「利益を出す...