NISA

【出口戦略】つみたてNISA20年後の正しい行動は?【3パターンで比較】

こんにちはイチリタです。

今回は、【出口戦略】つみたてNISA20年後の正しい行動は?【3パターンで比較】についてです。

「つみたてNISAを始めてみたけど20年後はどうしたら良いだろう?全部売却したら良いの?正しい行動について教えて欲しいな。」

こんな悩みについて答えます。

こんな人に読んで欲しい

・つみたてNISAを続けている人

・つみたてNISAの売り方、出口戦略を知りたい方

つみたてNISAは20年間の長期分散投資です。

20年後には非課税期間が終了します。

つみたてNISA終了時の正しい行動について考えていきたいと思います。

つみたてNISA20年後の正しい行動は?

結論:つみたてNISA終了後も保有を続けましょう!

これがベストな選択です。

但し、年齢やケースによって対応は様々。

順を追って見ていきましょう。

つみたてNISA保有を続ける理由は?

理由:20年後も継続投資ができ、複利の恩恵を受ける事ができるからです。

「そもそも20年後には全部売らなきゃダメなんじゃないの?」

売却する必要は有りません。

よく勘違いされるのは、つみたてNISA終了の20年後すべて株式を売却をしなければいけない・・・と思われています。

正しくは、NISA口座から課税口座に移されるだけで投資継続は可能です。

以下、金融庁Q&Aより引用しています。

抜粋すると、非課税期間終了時の時価で課税口座に払い出しされることになる。

分かりやすくいうと

つみたてNISAで購入した100万円の株式が20年後200万円になった場合。

200万円で買い直したと見なされ、増えた100万円に対しては課税されません。

つまり、20年後も課税口座で継続保有が可能です。

もちろん、課税口座に移された後の利益は20%の税金が発生します。

まず、20年後の期待リターンから見ていきましょう。

つみたてNISA20年後の期待リターン

つみたてNISA満額である年40万円を20年間積立した場合の期待リターンは以下の通り。

あくまで、期待値ですが年5%リターンで約1,370万円となります。

楽天証券積み立てかんたんシミュレーションより引用

投資元本は800万円のため、期待リターンは約570万円です。

本来、この570万円に20%の税金として約114万円課税されます。

この金額が、非課税になると考えるとつみたてNISAの制度って素晴らしいですよね。

期待リターン5%については以下記事にて説明しています↓

【13万円損してまで】学資保険からつみたてNISAに変更した理由こんにちはイチリタです。 今回は、「学資保険を解約してつみたてNISAに変更した理由」についてです。 タイトルの通り、学資保...

それでは、20年後の出口戦略を見ていきましょう!

つみたてNISA20年後の出口戦略

つみたてNISA20年後の出口戦略は以下3点です。

①投資を継続する

②すべて一括売却する

③一部売却する

この3つの対応は年齢やシーンによって異なります。

イチリタ
イチリタ
3つのケースに合わせて見ていきましょう!

ケース①つみたてNISA終了時仕事を続けている場合

たとえば30歳からつみたてNISAを始めて終了時50歳の方。

50歳という年齢であれば、まだまだ仕事を続けている年齢です。

本業からの収入が有り、つみたてNISAを取り崩す必要が無い方の場合。

「投資を継続する」事をおすすめします。

なぜなら、投資を継続する事で複利の恩恵を受けて資産を拡大する事ができるからです。

仮に、20年の積立で得た1,370万円を、そのまま証券口座で10年間保有を続けた場合。

年間5%リターンで計算した場合、複利の効果で60歳時点約2,230万円まで資産拡大が期待できます。

つまり、つみたてNISA終了時年齢が若く、資金取り崩す必要が無い方は迷わず「投資を継続する」を選択しましょう。

ケース②リストラや事業の倒産など大きな費用が必要な場合

いわゆる突発的なトラブルなどによる緊急事態です・・・

生活に困窮するような場合は迷わず「すべて一括売却」または「一部売却する」を選択しましょう。

投資費用を崩すのがもったいない・・・と考え、金利の高いローンを組む行為はNGです。

もちろん、理想は「投資を継続する」なので日頃から緊急事態時にも対応ができる資金を準備する事が大事です。

ケース③定年後の生活で一部資金の取り崩しが必要な方

つみたてNISAを始める理由として、最も多いのが老後資産の確保です。

いわゆる、「老後2000万円問題」の解決。

公的年金だけでは不足する生活費の一部を、つみたてNISAの取り崩しで対応。

必要な分だけ「一部売却」して使うという方法です。

このケースの場合、売却方法は以下2つです。

・「定額」売却

年間決められた金額を取り崩していく

・「定率」売却

年間決められた定率を取り崩していく

おすすめの取り崩し方法は「定率」での取り崩しです。

仮に、年5%の取り崩しを設定を行った場合のシミュレーションは以下の通り。

セゾン投信シミュレーションより引用

定率5%で取り崩した場合、運用リターン5%と相殺されて資産が減らない結果に。

※あくまで理論的な話です。

この事から、資産を長期に渡り活用ができる「定率」での一部売却をおすすめします!

楽天証券での定期売却方法について

将来行うべき「定率」での定期売却方法は以下の通りです。

①口座管理から「投資信託」を選択

②保有商品の売却を選択

③定期売却を選択

④定期売却したい銘柄を選択

⑤売却方式を定率指定、設定値と受取日も設定

これでおしまいです。

定期売却設定をすることで、感情に左右されず決められた率を自動売却し現金化してくれます。

まとめ

今日のまとめ

・つみたてNISA終了の20年後も継続保有が可能

・出口戦略は①投資を継続する、②すべて一括売却する、③一部売却するの3つ

・仕事を続けている場合は「投資を継続する」

・緊急時は迷わず「売却」をする

・定年後の資金の準備は「定率売却」がおすすめ

イチリタ
イチリタ
投資を始める参考となれば嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資