投資手法

【重要】理想的なアセットアロケーションとは?6つポイントで解説

悩み人
悩み人
将来のために資産形成を始めたい。どんなアセットアロケーションは組むのが最適だろう?

本記事では「理想的なアセットアロケーションとは?」をテーマにポイントを解説します。

正しい資産形成をするには、アセットアロケーションが必要不可欠。

自身のリスク許容度を超えたポートフォリオの場合、安定した資産形成とは言えません。

但し、資産額やリスク許容度が人それぞれ異なるため、すべての人に対応した最適解はありません。

このため本記事では自身のアセットアロケーションを考えるポイントを解説します。

「アセットアロケーション」とは?

まずは、基本として「アセットアロケーション」について解説します。

アセットアロケーションとは?

運用する資金を国内外の株や債券などにどのような割合で投資するのかを決定。
アセットとは「資産」、アロケーションは「配分」という意味を持つ。

1カ国にだけ投資をした場合「災害、政治、経済」の影響を大きく受けてしまいます。

「卵は1つのカゴに盛るな」という格言があるように、リスク分散を行うことが大切です。

金融庁「金融ガイド」より引用

但し、最適なアセットアロケーションと言ってもリスク許容度は人それぞれ異なり

  • 年齢、家族構成
  • 資産額
  • 投資経験

など、様々な要素により考え方が変わる点は注意しましょう。

一例として、「世界最大の投資機関」と言われている、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のアセットアロケーションは以下の通りです。

引用」年金積立金管理運用独立行政法運用報告

  1. 国内債券:25%±7%
  2. 国内株式:25%±8%
  3. 外国債券:25%±6%
  4. 外国株式:25%±7%
結論、国内外の株式と債券に25%ずつ投資

特に、国内債券はリスクが低い投資商品であるため、守りの資産もしっかりと組み込まれた構成と言えます。

上記、アセットアロケーションでの投資結果は以下の通り

2021年時点のデータですが、累計収益:102兆(利子、配当41兆)と素晴らしいパフォーマンス維持しています。

GPIFがアセットアロケーションを組んでいるように、個人投資家も自身の資産形成に向けてルールを決めることが大切です。

続いて、理想的なアセットアロケーション考えるポイントを解説します。

理想的なアセットアロケーションを考える6つのポイント

アセットアロケーションを考える6つのポイントは以下の通りです。

順番に解説します。

ポイント①金融商品別のリスクを認識する

まずは、金融商品別のリスクをチェックしましょう。

リスクとリターンは相関関係にあり、利回りだけを求めるのではなくリスク許容度に合った投資商品を選択する事が大切です。

投資商品別リスクは以下の通り

リスクとリターン日本証券業協会

預貯金➤債券➤投資信託➤株式の順にリスクが高まる

リスクを抑えた投資をしたい場合、現金及び債券比率を高めるのが最適と言えるでしょう。

続いて、「1984年~2020年」1年間リターン振れ幅です。

野村アセットマネジメントより引用

投資商品だけでなく、投資国によってリターンの違いがあります。

このため、カントリーリスクについても理解をしておきましょう。

新興国やリート投資はリスクが高い

ポイント②自身のリスク許容度を把握する

続いて、自身のリスク許容度をチェックしましょう。

リスク許容度を考える例は以下の通りです。

【家族構成】

リスク許容度
独身 高い
共働き子供なし 高い
共働き子供あり 普通
片働き子供なし 普通
片働き子供あり 低い~普通
独身と子供がいる場合では一般的に許容度が異なる

まずは家族構成からリスクを確認しましょう。

【年齢】

20代 リスク許容度「高い」
30代
40代 リスク許容度「普通」
50代 リスク許容度「低い」
60代

自身の年齢からもリスク許容度を考えることが大切です。

若年層は投資できる期間が長くリスク許容度が高い

60代以上の方は安全資産(現金、債券)の比率を高めるようにしましょう。

ポイント③投資商品を選択する

基本的な考えは「株式」と「債券」の比率でアセットアロケーションを組みましょう。

50代以上の方であれば、将来を見据えて債券の組み入れをおすすめします。

投資期間が長くリスク許容度がある方は「S&P500」など米国インデックスファンドへの投資がベストな選択肢です。

但し、日本人であるため為替の影響を軽視することができません。

このため、外国株式だけでなく国内株式への分散も検討する必要があります。

国内外の分散に悩んだら「全世界株式インデックス」へ投資をすることで、時価総額に合わせて分散投資が可能です。

「全世界株式」と「S&P500」に悩んだら以下記事を参考にしてみましょう。

【比較】全世界株式オールカントリーとS&P500どっちを買うべきか? 本記事では、「全世界株式とS&P500どっちがおすすめか?」をテーマに違いと特徴を解説します。 全世界株式とS&a...

ポイント④現金の比率を決める

投資商品が決定したら、投資と現金の比率を考えましょう。

考え方は「年齢」、「職業」などが比率を決めるポイントとなります。

【年齢】

年齢 株式 現金
20代 80% 20%
30代 70% 30%
40代 60% 40%
50代 50% 50%
60代 40% 60%
例:「年齢=現金比率」を合わせる方法

若年層ほど資産形成ができる期間が長いため、リスク許容度が高まります。

また、職業としては「会社員」、「フリーランス」でも違いがあり。

生活防衛資金
会社員 6~9ヶ月
フリーランス(自営業) 12~18ヶ月

会社員の場合、有給制度や休業補償など会社の制度を活用する事で、生活費の一部補填が可能です。

逆に、自営業やフリーランスの場合、保証制度がないため現金比率を高める必要あります。

投資家の中には、「生活費3ヵ月以外はすべて投資に回す」という考え方も。

考え方は様々ですが、病気や失業など万が一の時にも対応できる現金をしっかりと確保することが大切です。

詳しくは「貯金と投資の理想的なバランス」にて解説しています。

「貯金と投資」理想的なバランスとは?│年齢、生活環境、生活防衛資金で解説 本記事では「貯蓄と投資のバランス」をテーマに考え方を解説します。 株式市場は定期的に大きな暴落が発生するため、貯蓄と投資の...

ポイント⑤投資国を分散させる

米国株式は長期に渡り右肩上がりのチャートを形成。

このため、米国株投資を始める方が増加しています。

代表的な投資商品は以下の通り

  • s&p500
  • 全米株式
  • NASDAQ-100

米国S&P500と新興国株式を比較すると以下の通りです。

結論、5倍近くリターンに差がついています。

但し、「これからの20年はどうなのか?」と言われると未来は誰にもわかりません。

新興国のパフォーマンスが米国を大きく上回るという可能性も考えられます。

「どういった未来にも対応したい」という方は全世界株式を選択するのがベストな選択です。

【検証】全世界株式オールカントリーと除く日本どっちがおすすめか? 本記事では、「全世界株式」をテーマにオールカントリーと除く日本どっちがおすすめか?を解説します。 全世界株式には「オールカ...

ポイント⑥目標金額から考える

「20年後に2,000万円を貯めたい」など、将来の目標金額からアセットアロケーションを考えるのも大切です。

但し、インデックスファンドで得られるリターンは「年5%」程度。

このため、現実的な利回りを元に目標額を決定するのが大切です。

但し、リスク許容度は投資家ぞれぞれ異なるため、利回りだけでなく自身に合わせてアセットアロケーションを組みましょう。

金融庁資産運用シミュレーションを活用することで、必要な積立額をチェックすることができます。

アセットアロケーションを組む場合の注意点

アセットアロケーションを考える際の注意点は以下の通りです。

  1. 投資商品の変更は長期目線で行う
  2. インデックスファンドを選択する
  3. 金への投資は慎重に
  4. 不動産への投資を検討してみる

順番に解説します。

①投資商品の変更は長期目線で行う

一部投資家の中には、頻繁にリバランスを行う方がいます。

結論としては、未来を読む行為でありおすすめできません。

一度アセットアロケーションを組んだら長期目線で積立するのがベスト。

但し、10年に1度などライフステージに応じて、債券比率を上げるなど検討するのが最適です。

債券には格付けがあり、投資不適格な投資商品も存在します。

リスク分散をするためにも、BBB以上の投資適格債への投資をおすすめします。

具体的には米国債券「AGG」、「BND」紹介記事もチェックしてみましょう。

米国債券投資信託(AGG、BND)どっちを買うべき?違いは?│配当利回り、純資産など 本記事では米国債権ETF「AGG、BND」をテーマに違いや特徴について解説します。 代表的な米国債券ETFを調べてみると「...

②インデックスファンドを選択する

投資信託を大きく分けると

  • アクティブファンド
  • インデックスファンド

の2種類に分けれます。

2つの違いは以下比較表の通りです。

インデックス アクティブ
運用方法 指数に連動した値動き 指数を上回る運用を目指す
特徴 ・年5%程度など安定的な動き
・分散性が高い
・値下がりも値上がりも大きい
・テーマに沿った投資が可能
手数料 比較的安い 比較的高い

結論としては、インデックスファンドでの資産形成がベストな選択です。

アクティブファンドは、「手数料」、「分散性」が課題。

投資勝率としても、インデックスファンドが優位が結果となっています。

投資期間 アクティブ勝率 インデックス勝率
1年 29.02% 70.98%
3年 28.87% 71.13%
5年 19.40% 80.60%

以下記事で、具体的に2つの違いを解説しています。

【比較】「アクティブファンドはインデックスに勝てない」と言われる3つの理由 本記事では、「アクティブファンド」をテーマにインデックスファンドとの違いをや注意点を解説します。 アクティブファンドは「プ...

③金への投資は慎重に

アセットアロケーションを組む際、守りの資産として「金」への投資を検討する投資家も少なくありません。

金は鉱物のため、地球上に存在する埋蔵量に限界があり「金は有限である」というのが特徴です。

但し、著名投資家ウォーレン・バフェット氏は「金は何も生み出さない」という発言もしており、投資商品としては賛否が分かれます。

当ブログとしては、金は守りの資産として優秀なものの

  • インカムゲイン(配当金)がない
  • 手数料が高い
  • 資産価値が上がりづらい

などの点を考慮すると、「投資初期に組み込む金融商品ではない」と考えています。

投資家の考え方に左右される部分であるため、以下記事を参考に金投資を検討してみましょう。

【純金積立やめとけ!】おすすめしない5つのデメリット│魅力はあるも注意あり 本記事では「純金積立」をテーマにメリットとデメリットを解説します。 金は現物資産のため「守りの資産」として投資家から人気を...

④不動産への投資を検討してみる

アセットアロケーションの1つとして「不動産」を組み込むのもおすすめです。

不動産投資は「ミドルリターン、ミドルリスク」であり、キャピタルゲインを生みづらく債券よりの投資商品です。

株式との相関関係が低く、現物資産であるため市況が不安定な時に心強い存在と言えます。

但し、投資物件を正しく判断する力が必要であり、まとまった資金が必要な点を考えると手軽に投資をするのは難しい現実があります。

そこで、筆者がアセットアロケーションに組み込んでいるのは、「不動産クラウドファンディング」です。

  1. インターネット上で出資者を募集
  2. 運営会社が不動産事業を行う
  3. 不動産から得られる賃料や売却利益を投資家へ還元

結論、不動産を共同保有しながら運用をする事業を指します。

1万円からと少額購入ができるため、手軽に投資できる点が強みです。

以下、投資商品の例

他にも現在募集中のプロジェクトが掲載されているので、公式も合わせてチェックしてみましょう。

(公式)不動産投資クラウドファンディング【COZUCHI(コヅチ)】

「COZUCHI(コズチ)の魅力とは?」評判と口コミを解説│不動産クラウドファンディング 本記事では、不動産クラウドファンディング「COZUCHI(コズチ)の魅力」をテーマに評判やメリット、デメリットを解説します。 ...

理想的なアセットアロケーション【まとめ】

本記事では「理想的なアセットアロケーションとは?」をテーマにポイントを解説しました。

理想的なアセットアロケーションを考えるポイントは以下の通り

資産形成を行うにはアセットアロケーションを考えることが大切です。

但し、資産額やリスク許容度が人それぞれ異なるため、すべての人に最適解なアセットアロケーションはありません。

このため、「年齢」、「家族構成」、「性格」も加味して、リスク分散を行うようにしましょう。

どんな未来にも対応したい場合、全世界株式の活用がおすすめです。

以上、「理想的なアセットアロケーション」考え方まとめでした。

【関連記事】資産配分を考える上で便利なツールを紹介しています。

【必見】資産配分シミュレーションツールおすすめ8選│ポートフォリオの見直しに最適 本記事では「資産配分」をテーマにシミュレーションができる便利ツールを解説します。 資産形成には、正しいアセットアロケーショ...

【関連記事】ライフプランシミュレーションの方法を解説しています。

家計診断「ライフプランシミュレーション」おすすめソフト、アプリ10選 本記事では「おすすめライフプランシミュレーション」をテーマにソフト、アプリを解説します。 幸せな老後を送るには、将来必要な...

【関連記事】投資資金を増やす方法として家計簿アプリの活用もおすすめです。

【2022年10月】おすすめ無料家計簿アプリ人気ランキング10選│10秒診断ツール付き本記事は、2022年10月記事更新を行っています。 本記事では、「家計簿アプリ」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介し...