株ツール

【有料級】「株式投資に役立つ情報サイト」おすすめランキング15選

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
株の情報を効率良く集めたい。有益な情報サイトを教えて欲しい

本記事では、「株式投資に役立つ情報サイト」をテーマにおすすめをランキング形式で解説します。

企業は株主への責務として「決算」、「月次リリース」を定期的に発表する必要があります。

予想を超える決算発表であれば、ストップ高になる場合もあるため情報をチェックするのは必要不可欠です。

但し、保有銘柄が多くなるにつれて「1つずつ情報を取得するのは大変」という悩みを持つ方も少なくありません。

このため、効率良く情報収集を行う方法として有益な情報サイトを活用してみましょう。

無料で活用できる有益な情報サイトであるためブックマーク推奨

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「株情報サイト」見るべき3つのポイント

株情報サイトでチェックするべき3つのポイントは以下の通りです。

  1. 企業決算をチェックする
  2. 信頼がおける情報サイトを活用する
  3. 新しい銘柄選定に活用する

順番に解説します。

ポイント①企業決算をチェックする

株式投資において「決算」及び「適時開示」のチェックは必要不可欠。

本記事で紹介するサイトは情報の速報性が高いのが特徴です。

情報サイトを活用して、最新の情報をチェックしてみましょう。

ポイント②信頼がおける情報サイトを活用する

情報の真偽や出所が不明な怪しいサイトも存在。

特に、決算や月次レポートは情報の正確性が求められます。

このため、企業や多くのユーザーから高い評価を得ている情報サイトを活用するようにしましょう。

本記事では信頼のおける情報サイトのみまとめています

ポイント③新しい銘柄選定に活用する

情報サイトを活用すれば、新しい投資先を見つけることができます。

長期的な業績をチェックできるツールもあるため、隠れた優良企業を発見するのにも最適です。

情報ツールを活用し企業の本質的価値を調べてみましょう。

株式投資に役立つ情報サイト15選

注目の情報サイト

当サイトではマネックス証券が提供する「銘柄スカウター」の活用を推奨

銘柄スカウターを活用すると株価の指標として使える

  • PER、PBR
  • 売上高増加率
  • 経常利益増加率
  • 大株主の構成

など、企業名を入れるだけで分析をすることができます。

企業別の四半期業績を表示。

PER、PBR推移を確認できる。

決算スケジュールが用意されており、発表を見逃すこともありません。

「マネックス証券」が提供するツールのため、気になる方は利用を検討してみましょう。

POINT

口座開設が必要であるも、情報量では銘柄スカウターの評価が極めて高い

特に、米国株、中国株を無料で財務分析できるのは他には無い強みと言える

無料で使えるツールのため利用を検討してみよう

マネックス証券公式で銘柄スカウターをチェックする

【完全攻略マニュアル】銘柄スカウター使い方、評判を解説【米国株対応】 本記事では、「銘柄スカウター」をテーマに使い方、評判を解説します。 銘柄スカウターは、マネックス証券が提供する無料分析ツー...

その他、株式投資に役立つ情報サイトは以下の通りです。

順番に解説します。

1位:バフェットコード

「バフェットコード」は長期的な企業スクリーニングができるツールです。

  • 企業スクリーニング
  • 過去10年の企業業績がチェック可能
  • グラフで業績を表示

登録不要で使えるスクリーニングに悩んだらバフェットコード活用してみましょう。

「売上高」、「営業利益」など過去10年間の業績推移をグラフで表示。

複数の企業比較にも対応しています。

例:「KDDI」と「ソフトバンク」を比較

企業の本質的価値を調べ、新たな投資先を見つけるのに最適です。

(公式)バフェットコード

【無料分析ツール】バフェットコード使い方、評判を解説【5つの見るべきポイント】 本記事では、「バフェットコード」をテーマに使い方、評判を解説します。 バフェットコードは、効率的な財務部分析が可能な無料分...

2位:Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンス」は投資メディアとして国内最大規模のサイトです。

  1. 最新の経済ニュースに対応
  2. 値上がり、値下がりランキングが分かる
  3. 掲示板機能あり

Yahoo!JAPANが運営であるため情報の信頼性、速報性は抜群。

また、掲示板機能を活用して「投資家が決算を見てどう判断したか?」を知ることができます。

POINT

掲示板は面白い機能であるも、真偽不明の情報も少なくない

自由な書き込みであるため、参考情報として取扱いをしよう

(公式)Yahoo!ファイナンス

「Yahoo!ファイナンス」使い方を解説│ポートフォリオ、アラート機能が便利! 本記事では、金融商品の情報収集に便利な株アプリ「Yahoo!ファイナンス」の使い方を解説します。 「Yahoo!ファイナン...

3位:株探(かぶたん)

「株探(かぶたん)」は個別銘柄の分析に必要な機能が揃っているサイトです。

  • 決算速報が確認可能
  • 簡易スクリーニングに対応
  • 市況を網羅的にチェックできる

投資初心者からベテランの方まで幅広く活用されている株情報サイト。

決算情報に困ったら、株探からチェックをしてみましょう。

株探はプレミアム版も用意されています。

無料版 プレミアム
通期業績(日本) 4期+今期予想1期 24期+今期予想1期
通期業績(米国) 5期 6期以上
日本の株主情報 ×
米国開示情報を翻訳 一部表示 全文表示
株価情報 20分遅れ リアルタイム
テーマ検索(米国) ×
長期チャート ○(長期対応)
会員限定コラム(日本) ×
広告非表示 ×

24期まで遡った長期業績に対応しているのは株探プレミアムの強みです。

(公式)株探

【銘柄発掘に最適】「株探」使い方、評判を解説│プレミアムプランも有り 本記事では情報サイト「株探」をテーマに使い方、評判を解説します。 株探は、有望株の発掘・選択をサポートする投資情報サイト。...

4位:IRBANK

「IRBANK」は各種ランキングから新しい投資先を見つけるのに最適です。

  • 決算速報がチェックできる
  • 各種ランキングで投資銘柄を発掘
  • 長期的な業績確認が可能

特徴は、2013年~2021年と長期的な業績確認に対応している点にあります。

決算データを確認できるサイトは多くあるも「長期データは有料・・・」というサイトも少なくありません。

その点、IRBANKはすべて無料で情報を確認することが可能です。

(公式)IRBANK

【便利】「IRBANKとは?」5つの使い方を解説【過去の決算が丸わかり】 本記事では「IRBANK」をテーマに使い方を徹底解説します。 IRBANKは企業の長期決算を手軽にチェックできる財務分析ツ...

5位:モーニングスター

【更新】

ライセンス契約終了に伴い、モーニングスター・インクに「モーニングスター」ブランドを返還を実施

返還に伴い、PTS株価情報も停止となりました

PTS株価をチェックしたい方は、バフェット・コードPTS株価をチェックするのがおすすめです

「モーニングスター社」が取り扱う株情報サイトです。

  • 株式ニュースに対応
  • PTSランキングが確認できる
  • 投資信託ポートフォリオが学べる

PTS(夜間取引市場)ランキングに対応している点が強みと言えるでしょう。

ランキングはTOP100社まで確認できます。

(公式)モーニングスター

6位:日本経済新聞

「日本経済新聞」は速報性の高いニュースを確認することができます。

  • 日経新聞社と情報の信頼性が高い
  • 政治やスポーツなど幅広く情報取得可能
  • 情報の速報性が高い

多くのビジネスパーソンに評価をされている情報サイト。

但し、すべての記事を見るには有料登録が必要な点が課題です。

無料会員でも月10件であれば閲覧可能

(公式)日本経済新聞

日経新聞を無料で読む方法もあるため合わせて活用してみましょう。

【画像で解説】日経新聞を無料で読む方法とは?│楽天証券を活用した見方 本記事では、「日経新聞を無料で読む方法」をテーマに画像を使って具体的なやり方を解説します。 日経新聞は情報収集のツールとし...

7位:トレーダーズ・ウェブ

「トレーダーズ・ウェブ」は株式投資に特化した情報サイトです。

  • 株に関する情報を効率的に取得できる
  • 米国株情報も取得可能
  • 銘柄スクリーニングもできる

特徴は、「一番搾り」という買い推奨銘柄チェックできる点にあります。

利用には有料会員「月額契約11,000円(税込)」が必要

但し、数日前の推奨銘柄は無料で確認が出来るため、新たな投資先の見つけるのに最適です。

(公式)トレーダーズ・ウェブ

8位:株マップ.COM

「株マップ.com」はクォンツ・リサーチ株式会社が提供している投資情報サイトです。

  • 新しい投資先を見つけるのに最適
  • 各種銘柄ランキングに対応
  • シミューレーション取引ができる

情報サイトとしての活用方法は「ランキング指標」及び「スクリーニング機能」

  • 騰落率、注文ランキング
  • 質問に答えて銘柄簡単検索
  • 株式トレンドマップ

など、投資先を選定するのに便利な機能が用意されています。

例:株式トレンドマップ

また、株シミュレーション取引にも対応しており練習トレードにも最適です。

(公式)株マップ.com

【スクリーニング最適】「株マップ.COM」使い方、評判を徹底解説 本記事では「株マップ.COM」をテーマに使い方、評判を解説します。 株マップ.COMは「銘柄探し」、「銘柄分析」に最適な株...

9位:四季報オンライン

「四季報オンライン」は、書店で販売されている会社四季報のネット版です。

  • 企業業績チェックができる
  • 決算スケジュールが一目でわかる
  • 四季報発売前に情報が先取り可能

特徴は、四季報発売前に先取りして情報を得ることができる点にあります。

但し、有料会員(月1,100円税込)が必要なため、一度無料でサイトを確認後検討してみましょう。

(公式)四季報オンライン

10位:日経225先物リアルタイムCME SGX

「日経225先物リアルタイムCME SGX」は、世界の主要株価指数をリアルタイムに確認できるツールです。

  • 先物指数がチェック可能
  • 主要ニュースも確認できる
  • 原油、仮想通貨にも対応

先物指数をリアルタイムでチェックすることが可能です。

市場オープン前に先物市場を確認したい方におすすめです。

(公式)日経225先物リアルタイムCME SGX

11位:FISCO(フィスコ)

「FISCO(フィスコ)」はマーケット速報や企業情報をチェックすることができます。

  • 個別企業を多面的に分析
  • 当日のピックアップ銘柄をチェック可能
  • 注目ニュースが閲覧できる

FISCO独自のおすすめ銘柄を確認することも可能。

決算や月次レポートを通して、今後の予測を確認してみましょう。

(公式)FISCO

12位:みんかぶ

「みんかぶ」は個人投資家の株価予想をチェックすることができます。

  • 月別の株主優待リストが見れる
  • 為替、先物価格もチェックできる
  • 主要マーケットのニュースも閲覧可能

個人投資家の予想売買を確認することが可能。

個人投資家の「買いたい・売りたい」予測から今注目されている銘柄を知ることができます。

但し、思惑や期待も含まれているためあくまで参考情報として活用しましょう。

(公式)みんなの株式

13位:Ullet(ユーレット)

「Ullet」は上場企業の決算報告をチェックすることができます。

  • 通期、四半期業績が確認可能
  • 企業の関連ニュースも閲覧できる
  • ワンクリックで分析

検索バーに調べたい企業を入力するだけで、企業情報を確認することが可能です。

業績だけでなく、B/S、P/Lにも対応しています。

(公式)Ullet

14位:株アルゴREAL

「株アルゴREAL」はテクニカル分析から、今後上昇が期待できる株を確認することできます。

  • 無料で予測がチェックできる
  • 毎日新しい予測を発表
  • 低位株特注もあり

おすすめはサイト上部の「買いサイン」の活用。

ゴールデンクロスや上値抵抗線突破企業など手軽に情報を取得することができます。

(公式)株アルゴREAL

15位:株価アルゴリズム

「株価アルゴリズム」は東証に上場している全銘柄からシグナルを毎日公開しているサイトです。

  • シグナル別に対象企業を発表
  • テクニカル分析の勉強にも使える
  • 新しい銘柄選びに最適

株のテクニカル分析を学びたい方は、株価アルゴリズムを活用してみましょう。

「買いシグナル」、「売りシグナル」も図解を通して分かりやすく学べます。

(公式)株価アルゴリズム 

アプリを活用して手軽に情報収集

アプリを使って財務分析をしたい方は、金融情報アプリ「moomoo」を利用してみましょう。

moomooは、2022年10月27日誕生した新しい次世代型金融情報アプリ。

日本での知名度は高くありませんが、世界では2,000万人以上のユーザーがmoomooのアプリを利用しています。

革新的なサービスとして世界の投資家に認められているツール
moomooの特徴
  • 日本株、米国株のスクリーニング
  • 日本株、米国株の財務分析
  • シミュレーション取引が可能

moomooに銘柄登録することで、米国株のリアルタイム株価を手軽に確認。

企業分析に強く、気になる日米企業の財務分析が可能です。

企業名を入れるだけで、テクニカル、財務状況をチェックできるのは強み。

日本企業はもちろん多数の米国企業財務分析が無料で確認できるのも、アプリを利用するメリットです。

その他、「銘柄スクリーニング」、「ヒートマップ」など株のトータル管理に対応。

POINT

無料で使える情報アプリとして国内で利用者が増加

完全無料で使えるツールのため抑えておくのがおすすめです

「moomoo」を無料でダウンロードする
※IDを取得すればすぐに利用できます

moomoo

moomoo

posted withアプリーチ

【誕生】次世代型金融情報アプリ「moomoo(ムームー)」9つの魅力を解説 本記事では、「moomoo」をテーマに活用するべき魅力を解説します。 「moomoo」は、2022年10月27日に誕生した...

「株情報サイト」気になる3つの質問

株情報サイトを利用するユーザーの気になる質問を集めました。

Q1.有料の株情報サイトはおすすめか?

株情報サイトの中には「今後株価が上がる10銘柄」など、推奨銘柄を教えることで対価を得るサイトが存在。

サイトの「信頼性」、「予測の正答率」は不明であるため賛否が分かれます。

但し、間違いなく言えるのは「株価の未来は誰にも分からない」ということです。

投資の神様「ウォーレン・バフェット氏」も2020年航空株購入で大きな損失が発生。

このため、未来の株価を的確に予測することは不可能と言えます。

また、本当に上昇する株が分かるのであれば投資顧問業などせず、自身で株を購入した方が効率的と言えるでしょう。

頭ごなしに否定するのも良くありませんが、「自身に本当に必要な情報か?」をしっかりと考えた上で購入するようにしましょう。

SNSの有料商材には特に注意しよう

Q2.情報が最も早いツールを教えて欲しい

今回紹介した情報ツールはすべて速報性が高いのが特徴です。

但し、記事更新にタイムラグが発生します。

このため、最も速報性に優れるツールとしては「Twitter」を中心としたSNSと言えるでしょう。

自身の気になる企業名をTwitterで検索すれば、決算情報など素早くチェックすることができます。

効率良くTwitterの株情報を集めたい方は「株ライン」の活用も有効です。

【必見】「株ラインとは?」使い方を解説│今話題の銘柄が見つかる 本記事では、「株ライン」をテーマに使い方、評判を解説します。 株ラインは、X(旧:Twitter)を活用して株価予測ができ...

Q3.情報収集に最適なアプリを教えて欲しい

株の情報収集に最適なアプリを探している方も少なくありません。

決算や月次リリースを確認したい場合、「適時開示アプリ」の活用がおすすめです。

(参考)ロボフォリオ適時開示

企業の発表と合わせてアプリで通知を受け取ることができます。

無料アプリを活用して情報収集をしたい方は「適時開示アプリ」を活用してみましょう。

【厳選】「適時開示情報アプリ」おすすめ6選│iPhone、Android 本記事では「適時開示情報アプリ」をテーマにおすすめを解説します。 企業が発表する適時開示は、投資家にとって必要不可欠な情報...

株式投資に役立つ情報サイト【まとめ】

本記事では「株式投資に役立つ情報サイト」をランキング形式でまとめました。

紹介した情報サイトは以下の通り
※サイト名をタップすると各種サイトに移動できます。

1位 バフェットコード
2位 Yahoo!ファイナンス
3位 株探(かぶたん)
4位 IR BANK
5位 モーニングスター
6位 日本経済新聞
7位 トレーダーズ・ウェブ
8位 株マップ.com
9位 四季報オンライン
10位 日経225先物リアルタイム
11位 FISCO
12位 みんかぶ
13位 Ullet
14位 株アルゴREAL
15位 株価アルゴリズム 

株式投資には情報収集が必要不可欠です。

このため、無料で使えるサイトを活用して効率よく情報収集を行いましょう。

以上、株式投資に役立つ情報サイトまとめでした。

【関連記事】保有株の投資管理に最適なアプリを紹介しています。

【2024年4月】投資管理におすすめ携帯アプリ10選【すべて無料】 本記事では「投資管理におすすめアプリ」をテーマに、実際に筆者が利用しているアプリを網羅的に紹介します。 非課税制度をフル活...

【関連記事】株式投資の勉強方法を解説しています。

【株式投資の勉強】独学で一人前の投資家になる方法10選【初心者卒業】 本記事では「株式投資の勉強」をテーマに独学で勉強する具体的な方法を解説します。 株式投資を始める場合、「財務分析」、「テク...

【関連記事】米国株に役立つ情報サイト10選を解説しています。

【厳選】米国株情報収集に使えるサイトまとめ11選│日本語で読める情報源のみ 本記事では「米国株情報サイト」をテーマに、情報収集に最適なおすすめサイトを紹介します。 将来的な株価成長を期待し、米国株へ...