投資信託

【検証】「投資信託100万円を購入後放置」1年後いくらになる?│3つの商品で解説

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
投資信託を100万円購入したら1年後いくらになるだろう?

本記事では、「投資信託100万円購入」をテーマに1年後の期待リターンを投資商品別に解説します。

2024年の新NISAでは、年間360万円まで投資が可能であるため、余裕資金を活用して投資信託の購入を検討している方も少なくないでしょう。

一方、これから投資信託を購入する方の中には「1年後資産はいくらになるだろう?」と疑問を持つ方が存在。

そこで分かりやすい100万円という投資資金を参考に、1年後の期待リターンを解説します。

本記事の注意点

過去のリターンを参考に1年後の期待値を解説

但し、将来の株価は誰にも分からないため参考情報として取扱いをしよう

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「投資信託100万円を購入」投資商品別1年後の期待リターン

投資資金100万円の1年後期待リターンを以下3つの投資商品で解説します。

①TOPIX(日本株)

TOPIXは、東京証券取引所プライム市場の原則全銘柄を対象とした株価指数です。

このため、日本株の値動きを見るのに最適と言えるでしょう。

TOPIX過去10年の年間収益率

eMAXIS Slim目論見書より引用

投資年度 リターン 1年後の保有資産
(投資額100万円)
2013年 54.4% 154.4万円
2014年 10.3% 110.3万円
2015年 12.1% 112.1万円
2016年 0.3% 100.3万円
2017年 19.5% 119.5万円
2018年 ▲16.1% 83.9万円
2019年 17.9% 117.9万円
2020年 7.3% 107.3万円
2021年 12.6% 112.6万円
2022年 ▲2.6% 97.4万円
POINT

最低リターン83.9万円(2018年)

最高リターン154.4万円(2013年)

2013年はアベノミクスの影響で高いパフォーマンスとなっています。

市況によっては、投資信託でも1年あまりで大きく資産を拡大させることが可能です。

②S&P500(米国株)

S&P500は、米国を代表する500社が組み入れされた株価指数です。

手数料も安くパフォーマンスの高さから、高い人気を誇る投資商品と言えます。

S&P500過去10年の年間収益率

eMAXIS Slim目論見書より引用

投資年度 リターン 1年後の保有資産
(投資額100万円)
2013年 60.4% 160.4万円
2014年 31.7% 131.7万円
2015年 0.9% 100.9万円
2016年 6.1% 106.1万円
2017年 17.5% 117.5万円
2018年 ▲7.7% 92.3万円
2019年 30.5% 130.5万円
2020年 10.3% 110.3万円
2021年 44.5% 144.5万円
2022年 ▲6.1% 93.9万円
POINT

最低リターン92.3万円(2018年)

最高リターン160.4万円(2013年)

過去10年間S&P500は安定したパフォーマンスを上げています。

最高リターンは60.4%と米国株の成長性は魅力と言えるでしょう。

【必見】「S&P500の買い時とは?」6つの買うタイミングを徹底解説 本記事では、「S&P500の買い時」をテーマに買い増しタイミングを見極める具体的な方法を解説します。 S&...

③全世界株式(オールカントリー)

全世界株式は、先進国だけでなく新興国への分散投資が可能です。

カントリーリスクに強く、非課税制度を活用して投資をしている方も少なくありません。

全世界株式過去10年の年間収益率

eMAXIS Slim目論見書より引用

投資年度 リターン 1年後の保有資産
(投資額100万円)
2013年 49.2% 149.2万円
2014年 21.1% 121.1万円
2015年 ▲2.2% 97.8万円
2016年 2.9% 102.9万円
2017年 20.3% 120.3万円
2018年 ▲7.5% 92.5万円
2019年 26.8% 126.8万円
2020年 9.0% 109.0万円
2021年 32.7% 132.7万円
2022年 ▲5.6% 94.4万円
POINT

最低リターン92.5万円(2018年)

最高リターン149.2万円(2013年)

S&P500には劣るも、安定したパフォーマンスを上げている点は魅力です。

【疑問】「新NISAはオールカントリーだけでいい?」5つのポイント徹底解説 本記事では「新NISAはオールカントリーだけでいいのか?」をテーマに5つのポイントで解説します。 オールカントリーは、投資...

投資信託のリターンを参考にする際の注意点

投資信託のリターンを参考にする際の注意点は以下の通りです。

順番に解説します。

注意点①元本保証ではない

投資信託は金融商品であり、当然ながら元本保証ではありません。

TOPIXを例に取ると、「2018年」、「2022年」でマイナスリターンとなっています。

POINT

2018年:▲16.1%

2022年:▲2.6%

このため、投資信託1年後のリターンを考える場合元本を下回っている可能性がある点は理解しておきましょう。

注意点②リターンは年度により大きく異なる

単年度で見ると変動が大きく期待リターンは大きく異なります。

POINT

2013年TOPIXは60.4%と高いパフォーマンスを上げた

このため、投資信託の期待リターンを考える場合長期でのパフォーマンスをチェックするのが良いでしょう。

(参考)TOPIX期間別リターン平均

myindex.jpより引用

投資期間 平均リターン
10年 9.9%
15年 6.2%
20年 6.7%
30年 2.7%

20年、30年を参考に3~6%程度のリターンで試算するのがおすすめです。

注意点③単年度では複利の影響を受けられない

投資信託の魅力は複利による資産増加にあります。

試算条件
  • 元本100万円
  • リターン:5%/年
  • 投資期間:20年

20年後100万円→265万円に増加しています。

1年間で見るとパフォーマンスが安定しないため、長期目線で複利による資産増加を狙うのが良いでしょう。

注意点④為替の影響に注意

投資信託を活用して、日本以外への投資を行う場合「為替の影響」を軽視することができません。

  • 1ドル:100円
  • 1ドル:80円

では、同じ株価であっても損益は約20%異なります。

以下米ドル/円10年チャート

  • 2012年:76円
  • 2022年:151円

過去10年で見ても大きなボラティリティと言える

このため、株価が上昇しても為替の影響によりパフォーマンスが大きく落ちる場合があるため注意しましょう。

注意点⑤投資信託の手数料に注意

投資信託で資産増加を狙う場合、複利を活用できるよう10年以上の継続保有が求められます。

このため、長期投資となるため投資商品の手数料には注意が必要です。

2種類の投資信託を例に、将来への影響度をチェックしてみましょう。

シミュレーション条件
投資額 5万円/月
投資期間 20年間
投資商品 A投資信託:手数料年2%
B投資信託:手数料年0.5%
期待リターン 5%/年
備考 投資額は変更せず月1回積立購入を続ける
期待リターン

A投資信託:1,641万円

B投資信託:1,940万円

結果、A・B投資信託の期待リターン差は「299万円」

「1.5%/年」の信託報酬差ですが長期投資の場合、複利の影響で大きな金額差となります。

最近では自動投資に対応したロボアドバイザーをいたずらに推奨するメディアも少なくありませんが、「年1%」の信託報酬が追加で必要です。

広告収入を目的にしている場合もあるため、手数料が将来どれだけ影響を与えるのか理解しておきましょう。

【注意】「買ってはいけない投資信託とは?」5つの見分け方と特徴を解説 本記事では、「買ってはいけない投資信託」をテーマに注意点と見分け方を解説します。 国内には6,000本以上の投資信託が存在...

投資信託を購入する際の4つの対策

投資信託を購入する際の対策は以下の通りです。

  1. 長期目線で投資をしよう
  2. アプリを使って勉強
  3. クレカ積立の活用
  4. 固定費を削減して投資資金の確保

順番に解説します。

①長期目線で投資をしよう

投資信託1年後のパフォーマンスは市況によって大きく変動します。

このため、安定した資産形成を狙う場合10年以上の長期保有が必要です。

試算条件
  • 期間:10年、20年、30年
  • 投資金額:100万円
  • 期待リターン:5%/年
投資期間 期待リターン
10年 162万円
20年 265万円
30年 432万円

30年長期保有で約4倍のリターンが期待できます。

上記は100万円という投資額ですが、更に資金を追加すれば老後資金の確保が可能です。

このため1年間という短期間でのパフォーマンスを求めるのではなく、長期目線で投資をしてみましょう。

【検証】インデックス投資に毎月10万円積立する効果とは?│期待リターンを解説 本記事では、「インデックス投資」をテーマに毎月10万円積立投資をした場合の期待リターンを解説します。 現在、非課税制度を中...

②アプリを使って勉強

投資信託の基本を学ぶ場合、株アプリ「トウシカ」の活用がおすすめです。

アプリ内でNISA制度を活用したシミュレーションに対応。

投資信託を長期積立した場合のシミュレーションを行うことができます。

また、「積立投資の基本」、「個別株のシミュレーション取引」にも対応しているため、勉強~投資の練習にも最適です。

POINT

無料で使えるアプリを活用して投資信託の基本を勉強してみよう

トウシカを無料でダウンロードする

トウシカ

トウシカ

posted withアプリーチ

株練習アプリ「トウシカ」口コミ、評価を徹底解説│投資初心者向き(PR) 本記事では株練習アプリ「トウシカ」をテーマに使い方や利用者の口コミを解説します。 トウシカはゲーム感覚でデイトレードの練習...

③クレカ積立の活用

投資信託を購入する場合、クレカ積立も忘れずに活用するようにしましょう。

POINT

最大月5万円まで1%以上のポイント還元を受けることができる

例:「マネックス証券」はマネックスカードを利用することで1.1%の還元

還元率1.1%と聞くと「あまり意味がないな」と感じる方もいますが、長期的にみると大きな効果があります。

月5万円クレカ積立した場合
期間 ポイント数
1ヵ月 550ポイント
1年 6,500ポイント
5年 33,000ポイント
10年 66,000ポイント

10年間継続することで「66,000ポイント」

証券口座への入金も不要になるため、口座残高のチェックがいらない点も魅力です。

これからインデックス投資を行う方は忘れずに設定しておきましょう。

(詳細)マネックス証券公式サイト

【お得】「投資信託×クレジットカード」おすすめ6選【年間利用額に注目】 本記事では「投資信託×クレジットカード」をテーマにクレカ積立でポイントが貰えるおすすめの組み合わせを解説します。 現在、ク...

④固定費を削減して投資資金の確保

資産を拡大させるには、投資収益だけでなく追加投資も必要になります

投資資金を拡大させる方法として、大きく分けて「収入を上げる」、「支出を抑える」2種類。

その中でも、固定費削減による支出抑制は大きな効果があります。

固定費の削減の一例は以下の通りです。

  • 格安スマホの活用
  • 不要な保険の解約
  • インターネット回線の変更

固定費削減は先送りにしてしまいがちですが、長期でみると大きな効果が期待できます。

以下、記事も参考にストレスのない生活レベルの下げ方をチェックしておきましょう。

「生活水準は下げられない?」生活レベルを下げる方法10選【ストレス無し】 本記事では、「生活レベルを下げる」をテーマにストレス無く下げる方法を解説します。 2022年以降物価高騰の影響により、「生...

「投資信託100万円を購入」1年間放置したらいくらになる?【まとめ】

本記事では、「投資信託100万円購入」をテーマに1年後の期待リターンを投資商品別に解説しました。

POINT
投資商品 2013年~2022年
100万円1年後のリターン
TOPIX(日本株) 最低83.9万円 最高154.4万円
S&P500(米国株) 最低92.3万円 最高160.4万円
全世界株式 最低92.5万円 最高149.2万円

投資信託1年後のパフォーマンスは単年度で見ると大きく異なるのが特徴です。

特にアベノミクスの恩恵を受けた2013年は大きな上昇となっています。

一方、元本を大きく下回る年もあるため1年間で安定したリターンを求めるのは困難と言えるでしょう。

投資信託で安定したリターンを得たい方は10年以上の長期保有が必要です。

手数料が格安なインデックスファンドを活用して、投資信託の購入を検討してみましょう。

以上、「投資信託100万円1年後の期待リターン」まとめでした。

【関連記事】インデックス投資の注意するべき注意点を解説しています。

【厳禁】「インデックス投資で失敗」資産が増えない5つのダメ事例 本記事では、「インデックス投資」をテーマに資産が増えない失敗事例を解説します。 非課税制度を中心に、インデックス投資を始め...

【関連記事】高配当株とインデックス投資の違いを解説しています。

【比較】高配当株と投資信託(インデックス投資)はどっちがおすすめか? 本記事では「高配当株vs投資信託(インデックス投資)」をテーマに特徴や違いを解説します。 非課税制度を活用して投資信託を始...

【関連記事】ぼったくり投資信託をテーマに注意点を解説しています。

【注意】「ぼったくり投資信託」に騙されない5つの対策を解説 本記事では「ぼったっくり投資信託」をテーマに特徴と対策を解説します。 投資信託は「プロが厳選した銘柄が買える」、「分散投資...
関連記事