ETF

米国ETFおすすめの投資銘柄3選 高配当編【VYM、HDV、SPYD】

こんにちはイチリタです!

姉からの米国ETFについて教えてシリーズですが、第3弾は米国高配当ETFについて説明をさせて頂きます。

メリットとデメリットなど他ETFについても記事にしています↓

米国ETFと投資信託の違いは?メリット・デメリットを解説こんにちはイチリタです! 今回は、米国ETFと投資信託の違いは?メリット・デメリットを解説についてです。 先日兄弟から「米国...
米国ETFおすすめの投資銘柄5選【VT、VTI、VOO、VIG、QQQ】こんにちはイチリタです! 今回は、米国ETFおすすめの投資銘柄5選【VT、VTI、VOO、VIG、QQQ】についてです。 今...
こんな方に読んでほしい

・米国ETF投資に興味がある方

・高配当投資に興味が有る方

・給料以外の副収入を準備したい方

米国ETFおすすめの投資銘柄3選 高配当編

今回おすすめ米国高配当ETFを選ぶ基準として、「純資産が多い」、「経費率が安い」、「レバレッジをかけていない」か3点を注意して選んでいます。

紹介するETFは大人気の【VYM、HDV、SPYD】です。

まだ、投資をしたことが無い方は銘柄のコードを聞いても何それ?だと思うので分かりやすく説明していきたいと思います。

米国高配当ETFのメリット

高配当ETFのメリットを説明します。

メリット①配当金を得られる

米国高配当ETFは年に4回配当がもらえます。

一度購入した後は、何もすることはありません。

つまり、不良所得として新たな収入を得る事ができます。

「不動産投資」や「副業」などは管理や作業が発生する事がから、一度購入した後何もすることが無いという点は素晴らしいですね。

配当金が月5千円あれば・・・携帯代がタダに

配当金が月1万円あれば・・・電気代がタダに

ちょっとしたお金でも、配当金があれば生活に余裕ができます。

高配当ETFはまさにお金を育てて運んでくれる「キャッシュを生む木」として人気です。

メリット②投資先が分散されている

個別高配当株の場合、企業の業績による株価が大きく変動します。

最悪な場合、業績不振により減配や最悪上場廃止に・・・

ETF投資の場合、投資先が分散されておりリスクが軽減されます。

また、減配などにより配当率が下がった銘柄は自動でファンド側で組み入れを変更してくます。

メリット③収益を管理しやすい

長期インデックス投資の場合、年5%リターンと言われています。

但し、毎年5%リターンがあるという訳ではなく、暴落の年は20%以上など大きくマイナスとなる年も有ります。(長期で見た場合の平均リターン5%です)

つまり、株価変動が大きく来年の資産を計算するという事は極めて困難。

但し、配当金については増配・減配が有りますが配当率は基本的に±1%以内に収まるため管理がしやすい点がメリットです。

簡単に言うと株価の下落と配当率の下落はイコールでは有りません。

仮に毎年100万円を4%の高配当ETFに投資した場合(税引前)

投資額 配当金
1年目 100万円 4万円
2年目 200万円 8万円
3年目 300万円 12万円
4年目 400万円 16万円
5年目 500万円 20万円
6年目 600万円 24万円
イチリタ
イチリタ
月1万円が目標という方は毎年100万円投資で約3年で達成が可能!

目標とする配当額に向けて、毎月いくら投資を続ければ良いか明確ですね。

高配当ETFのデメリット

高配当ETFのデメリットについて説明します。

デメリット①分配金の二重課税

米国ETFを保有して分配金が発生した場合、分配金に対して税金が発生します。

米国で10%、国内で20.315%の二重課税が発生します。
(国内ETFは20.315%のみ)

つまり、手元に残る分配金は約72%となります。

米国課税分10%の部分については確定申告で一部を取り戻せる(外国税額控除)場合がありますが、年末調整で納税を済ませているサラリーマンにとっては手間となります。

デメリット②企業の成長が緩やか

高配当株=成熟した企業への投資が中心となります。

GAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple、Microsoft)など成長企業への投資では有りません。

つまり、成熟企業への投資のため、株価の大きな成長は期待できない可能性が有ります。

また、高配当株は暴落時ディフェンシブ銘柄と言われていましたが、直近のコロナショックでは暴落からの株価戻りが悪く守りの役割は果たしませんでした。

米国高配当ETF【VYM、HDV、SPYD】について

それでは、米国ETF【VYM、HDV、SPYD】について見ていきましょう!

おすすめ米国高配当ETF①VYM

バンガード 米国高配当株式ETF

投資内容 大型株の中でも、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を、重点的に組み入れ。
経費率 0.06%
分配金 四半期ごと
配当率 4.11%(直近の利回り)
純資産 235.62億米ドル
直近の配当金 1株につき0.8368米ドル(2020年6月25日時点)
株価 81.40米ドル(2020年7月17時点)最新の株価を調べる

保有上位10銘柄

Johnson & Johnson 4.3%
JPMorgan Chase & Co. 3.4%
Procter & Gamble Co. 3.3%
lntel Corp. 2.8%
Verizon Communications Inc. 2.7%
AT&T Inc. 2.6%
Merck & Co.Ink. 2.4%
Pfizer Inc. 2.2%
Coca-Cola Co. 2.1%
Cisco Systems Inc. 2.1%

バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)は395社に広く分散された高配当ETFです

特徴は大型高配当株+広い分散性です。

信託報酬も0.06%と非常に安い。

組み入れ銘柄トップ3もジョンソン・エンド・ジョンソン、JPモルガン、P&Gなど大手優良企業となります。

イチリタ
イチリタ
広い分散性と大手優良企業に投資をしながら高配当を得たい!という方はVYMがオススメ!

おすすめ米国高配当ETF②HDV

iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF

投資内容 財務状況が健全な高配当企業75社に投資
経費率 0.08%
分配金 四半期ごと
配当率 4.23%(直近の利回り)
純資産 56.43億米ドル
直近の配当金 1株につき0.879497米ドル(2020年6月19日時点)
株価 83.19米ドル(2020年7月17時点)最新の株価を調べる

保有上位10銘柄

EXXON MOBIL CORP 9.8%
AT&T INC 9.2%
VERIZON COMMUNICATIONS 7.4%
JOHNSON & JOHNSON 7.4%
PFIZER INC 6.3%
CHEVRON CORP 6.3%
CISCOO SYSTEMS INC 4.7%
MERCK & CO INC 4.5%
COCA-COLA 3.9%
PEPSICO INC 3.7%

iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV)は高配当企業75社への分散投資と、VYMと比較して分散性に落ちます。

エネルギー、ヘルスケア、通信、生活必需品となっており、この4セクターで7割の比率が有り。

エネルギーセクターは高配当で有名ですが、コロナショック時は史上初の先物マイナスとなり大きな問題となりました。

イチリタ
イチリタ
HDVはとても優秀なETFですが、セクター比率に偏りが有り次に説明するSPYDと同時購入がオススメです。

おすすめ米国高配当ETF③SPYD

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF

投資内容 S&P500の中で高配当企業61社に分散投資
経費率 0.07%
分配金 四半期ごと
配当率 5.14%(直近の利回り)
純資産 19.38億米ドル
直近の配当金 1株につき0.3657米ドル(2020年6月24日時点)
株価 28.47米ドル(2020年7月17時点)最新の株価を調べる

保有上位10銘柄

Gilead Sciences Inc. 2.57%
AbbVie Inc. 2.55%
General Mills Inc. 2.51%
Digital Realty Trust Inc. 2.46%
Crown Castle International Corp 2.45%
Kraft Heinz Company 2.25%
Amcor PLC 2.14%
Broadcom Inc. 2.12%
Kellogg Company 2.06%
Cardinal Health Inc. 2.00%

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)は、S&P500から高配当銘柄61社に分散投資をしています。

コロナショック前は80社に分散しておりましたが、業績不振による無配発表などで取扱い銘柄が大きく減っています。

特徴は、高配当ETFの中でトップの配当率を出しており「とりあえず一番高配当がいい」という方にはおすすめです。

但し、高配当にするため、不動産セクター比率が高い点が注意する点です。

大変人気の理由として、購入単価が1株約3,100円と手軽な点も人気の理由です。

イチリタ
イチリタ
単価が低く、配当金の再投資先としてもおすすめです!

米国高配当まとめ

高配当3ETFの比較チャートです。

SPYDのみ不動産セクター比率が高い事も有り、戻りが悪い状況・・・

配当率のみでなくセクター比率などを見ながら投資をオススメします。

今回のまとめ

・米国高配当ETFは経費率が安く優秀

・各ETF別にセクター割り振りや配当率など特徴が有る

・VYMであれば400社分散のため1本でも十分

・HDVとSPYDは分散性が弱く、1本ではセクター比率が少しネック。HDV+SPYDを同時に購入すると弱いセクターを補いあってオススメ

イチリタ
イチリタ
投資をはじめるきっかけとなれば嬉しいです!

最後まで見て頂きありがとうございます。

ランキングサイトに参加中!

この記事が良かったと思ったらクリックを頂けると励みになります(´;ω;`)

各カテゴリーに株式投資に関するブログがたくさん有ります!

株式投資情報株式長期投資